« 「やじきた道中 てれすこ」みた。 | トップページ | 「のだめカンタービレ」19巻 »

2007/11/13

うさ耳はカガリだけではなかった!

ちょっとした思い付きから、アニメ雑誌のどれかを買うことになった。またしても欲しいのは応募用紙だけで内容はどうでも良かったのだけど、それでも数種の選択肢の中からこの雑誌選んだのは正解だった!
「あぁ、なんてことでしょう!!おそろいだぁ。”うさ耳あすらん”だぁ~~~(TT)」

Athusa_2 とにかく、下心がなければアニメ雑誌は買わないので本当に何でも良かった。それなのに発売されたばかりの「NT」を選ばず、この「NT-R]を選んだのは、私が知っているタイトルが最も多く見られから。それにしてもここでの『SEED Club』はノーマーク。こんなところでも活動していたとは知らなかった!
しかも、イラストが小笠原さんだったなんてね(^^)
昨年1回だけ買った「NT」は、付録のカレンダーと”アスキラ図書カード”応募の為だった。小笠原さんの描くアスキラ(SEEDキャラ)が大好きな私。今回の不意打ちには小躍りだ♪
『SEED Club えほん』は今回で【第1部 《完》】ということで、連載モノのようだ。知らなかった、悔しい、ちょっと惜しいことをしていた気がする。しかし、こーなってしまっては【第2部】が開始されても、これだけの為に雑誌は買わないと思う。よって、ちゃんとした”絵本”として発売される日を切に願い、発売を信じて待ちたいと思う。(角川さん、何卒ヨロシク!)
Seedclubehon ちなみに、物語は『SEED Club』なだけに(やっぱり)”らくすさま”に振り回される面々というもの。タイトルは『無敵らくす伝説の巻』で、今回の憐れなターゲットは、”忠犬?しん”だった。(どの道、あすらんは第2の被害者になるのだが・・)
ウサあすらんの「俺はこんなキャラじゃないのに」という情けなさそーな呟きから、やはり(第3弾だと信じる)あすらんのピクスタに”アニマル系”はありえんっ!と確信するところだが、このような可愛らしいあすらんを是非にとお願いしたいところではある。
【イラスト:小笠原智史 文:加納新太】
【出演】:犬耳のしん、キツネ耳のれい、猫耳のるなまりあ、猫耳のすてら、タヌキ耳のきら、ウサギ耳のあすらん、ヒツジ耳のらくす。(盗賊一味みたいだなぁ・・^^;)
残念ながら、かがりは登場しないのだけど、これまでの連載の中に居ないはずがない。はやく”絵本”になぁれ~~~!!である。

その他、コードギアスとか、マ王とか、彩雲国とか、知っているアニメの話題が半分で、めずらしく値段の分だけ楽しめたアニメ雑誌だった(^^)
この雑誌で「HHH」という言葉をはじめて知った。「へなちょこ・ほっとけない・ヒーローズ」だそうだ。要はヘタレってことで、オレ様系・カモフラ系・天然系といろいろジャンルはあるらしいが、筆頭に「ルルーシュ」が来るあたりには、妙に納得してしまった(^^)
少し前なら必ずアの方が筆頭だったに違いない(><)。・・・私は断じてヘタレだなんて思っていないけれど、いやー、今で良かった!(爆)

|

« 「やじきた道中 てれすこ」みた。 | トップページ | 「のだめカンタービレ」19巻 »

コメント

たいむさん、こんばんはっ。瀬無です。
普段読まない雑誌を読むのは、ガンダム系でもあっても新鮮でした(笑)

「00」に関してもいろいろ製品情報(キャッチャーも含む)が載っていて、ついついゲーセンに行きたくなってしまいます。
 自分は姫鷲さんに感謝ですよー。

 それにしてもたいむさんの方の、ぷちseedとは少し違った画風でほにゃっとしてる猫マリアさんも良いですね~(違)
>盗賊一味
たしかに(笑) その心は風車の弥七といったところでしょうか?
 やっぱり黄門さまはあのお方なんでしょう(えー

>HHH
自分も初めて知りました!
SGGKと何だか発想が一緒だな~と思ってしまいました。

投稿: 瀬無 | 2007/11/15 00:22

■瀬無さん、こんばんは♪
遂に「ガンダムエース」にまで手を出しましたか!なんだかもう、まっしぐらですねぇ・・・(^^;;
何の為にそうなったかのは分りませんが、得る所があったようで何よりです。一石二鳥でもありましたしね、結果的に(^^)

>ぷちseedとは少し違った画風でほにゃっとしてる猫マリア
実は、暴走したためにレイに蒔かれた”マタタビ”のせいで酔っ払ってしまった図だったりもするんですが・・・(^^;;;;
それはともかくとしても小笠原さんの絵、いいでしょ♪
私もお仲間の受け売りでファンになったクチですが。

>やっぱり黄門さまはあのお方なんでしょう(えー
もちろんですわ(ニッコリ)
スケさん・カクさんはもちろんあの2人です。

>HHH
単なる雑誌ネタかもしれませんが、最近のヒーローは二枚目半もしくは、ツンデレ系が大多数かもしれません、そういえば。
その手のヒーローを求める昨今の乙女(もしくは乙女心を持つオ○さん)なのかな?
ニュータイプ・ロマンスは、ほんと女性向けの雑誌で、乙女のツボをツツキまくる作りが実に巧妙です(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2007/11/15 18:57

はじめまして><
あの、良ければなんという
雑誌か教えていただけませんか?

投稿: あさみん | 2007/12/03 21:46

■あさみんさん、はじめまして♪
本文に雑誌名を載せないという無粋なことをしてすみません。
↑のコメントでは書いていますが、雑誌名は「ニュータイプロマンス」です。
ちなみにここでのお話は、10/25に発売された「autunm(11月号)」です。
季刊誌なので、まだ手に入ると思いますよ(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/03 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/17062247

この記事へのトラックバック一覧です: うさ耳はカガリだけではなかった!:

« 「やじきた道中 てれすこ」みた。 | トップページ | 「のだめカンタービレ」19巻 »