« 『おおきく振りかぶって』 (1-8巻)を読んで。ぱーとⅢ | トップページ | 早っ&やっと »

2007/10/09

「サウスバンド」みた。

Southbound なんだか一郎さんとさくらさんに感動してしまった。その血をしっかりと引いている姉弟妹も素敵だ。今時ありえなさそうな上原家。とても私には真似のできない彼ら一家がどこか羨ましい。
二郎くんの視点で、二郎くんを中心に描かれた<東京編>も、一郎さんの本領発揮な<沖縄編>も、どちらもとても良かった。
(以下、若干ネタに触れてます)

なんてカッコイイお父さんだろう。
過激派でアナーキスト。聞こえは良くないけど、純粋に自ら信ずるものを信ずの精神を貫き、間違っているモノに対しては断固として「NO」と言える日本人(一応)。人として世界に生きる自分自身に君臨する王様だね。けれど、自分以外の世界を否定しているわけではないし、権利を主張し、偽善を語っているわけでもない。ただ利害のない人として、助け合う心・無償の愛こそが人としての基本であり本来の姿であると言っているだけなのである。よって、それなくして、強制的に理不尽が行われようとしていたならば、身を挺してでも闘う男であり続けよう、ってことなんだよね。
確かに、世界中の誰しもが同じ心を持つことが出来たなら、おそらく戦争なんて起きないんだろうなぁ~と思える。理想だ。
しかし、現実はかけ離れたもの。人々は、「何が当たり前なのか?」等と考えることなく、当たり前を受け入れる。権利があれば当然義務がある。そういうものだと思っていることは確かであり、それが「オトナになること」なのだと勝手に悟っていく。
破天荒で世間ズレした父の言動や背中をみて育った二郎は、表面では父の非常識を恥じ、”世間”と同化したいと思いつつも、”これは何かが違う”とハッキリモノが言える子に育っていた。事件を起こしてしまった二郎の正義を理解し、決して二郎を責めない両親(褒めたり庇ったりもしないが)。そして、児童施設送りを頑なに拒絶する二郎の姿にグッときた。長女洋子もそんな両親を理解し、家族を愛し、父には手を余しながらも尊敬の念を抱いている。なんてステキな家族なんだろう。

ちょっと夢のような生き方と、理想を地でいく家族ではあるけれど、「こういうのもアリなのか?」と、無為に大人になってしまった自分自身を顧みてしまう作品だった。

総評:★★★★☆  好き度:★★★★☆  オススメ度:★★★★☆

豊川悦司に天海祐季は言うまでもなく、どちらも見事にハマリ役だった。
二郎君役の田辺修斗くんは、張り過ぎない演技の中にも華があってとても素晴らしかったし、松山ケンイチの新垣巡査!味があって良かったぁ~(^^)

|

« 『おおきく振りかぶって』 (1-8巻)を読んで。ぱーとⅢ | トップページ | 早っ&やっと »

コメント

こんばんは♪
あのぶっ飛んだお父さんさえクリアできればこの映画は楽しむことができるかな(笑)
いつものことですが、原作はもっともっとちゃんとしてるんですよ。
上原家が東京から沖縄に行くことになったきっかけは二郎のことではないんですよ。(映画ではそう見えるような脚本でした・汗)
言ってもせん無いことですが、それでもたいむさんがこんなに感動してくれてなんだか嬉しいです。
マツケン君、本当に主でも脇でもいい味出しますね~。

投稿: ミチ | 2007/10/09 21:31

■ミチさん、こんばんは♪
ぶっ飛んだお父さんに拒絶反応を示す人は、確かにいそうですね。
非常識だなぁーとは思うけど、話を良く聞けば筋が通ってますし、一理あるかな?とも思えます。

>上原家が東京から沖縄に行くことになったきっかけは二郎のことではないんですよ
そっか、違うんですか。
映画では二郎君の事件が切っ掛けにしか見えないですよね。
いや、それだけではないだろうとは想像がつきますが、映画ではあまりにも唐突で、これでは「逃げた」と思われちゃうんじゃないかな?って思ってました。

なんか目から鱗のような感動でしたねー。
松山くんサイコー!「L」も楽しみです。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/10/09 22:31

こんにちは♪

二郎クンは親父さんのことを恥じてても友人の
黒木クンを守ったり、不良少年に立ち向かった
りと、血はもちろんのことその精神もきちんと
伝わってましたよね。
親父さんも西表島の校長先生や新垣巡査と体制
側の人間でも気にいれば受け入れる姿勢がカッコ
よかったです♪ (゚▽゚)v

投稿: 風情♪ | 2007/10/14 00:06

こんにちは♪
言いたいことは分かるんですけどこの映画のお父さんだと
わがまま言ってるようにしか感じられませんでした(苦笑)
きっと原作はいいんだろうなっていうのは分かりました。

松ケンはいい味出してましたよね★

投稿: こーいち | 2007/10/14 00:27

■風情♪さん、こんにちは♪
良し悪しはともかく、信念を持ち、貫く覚悟のある人はカッコよいです。
二郎君は、もしかしたらお父さん以上の好人物になるかもしれませんね(^^)


■こーいちさん、こんにちは♪
この映画ではちょっと足りないのかもしれませんね。東京も逃げ出した見たくなってしまったし。
オススメされたこともあり、原作を読んで補完してみたいと思ってます。

松山くん何をやらせてもイイですね~ww

投稿: たいむ(管理人) | 2007/10/14 09:28

こんばんは!
コメントありがとうございました。
キャストは確かにハマってましたね。
トヨエツの振り切れ具合がよかったです(笑)
松山ケンイチの素朴そうな警官役も。

投稿: keikei | 2007/11/08 22:52

■keikeiさん、こんばんは♪
トヨエツ&天海夫婦は絵になりますね~(^^)
松山くんは何ヤラしてもいい味を出してくれますね。
「L」と「椿三十郎」の松山君が楽しみです!

投稿: たいむ(管理人) | 2007/11/09 17:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/16697126

この記事へのトラックバック一覧です: 「サウスバンド」みた。:

» 映画 【サウスバウンド】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「サウスバウンド」 奥田英朗の同名小説の映画化。森田芳光監督作品。 おはなし:浅草に住む小学6年生の上原二郎(田辺修斗)は、疑問に感じたことには猛然と盾つく父親の一郎(豊川悦司)を恥ずかしく思っていた。ある日、母親さくら(天海祐希)の発案で、一家は父の故郷である沖縄の西表島に引っ越すことに・・・。 原作はかなり好きです。東京篇と沖縄篇に分かれているのは原作どおり。 この映画のジャンルは“社会派コメディ”なのでしょうか。 元過激派の父親・一郎の言動にはかなりドキッとするものが含まれて... [続きを読む]

受信: 2007/10/09 21:27

» 【2007-140】サウスバウンド [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 東京→西表島 この一家、どこへ行っても何かある!! ナンセンスな奴らを蹴散らして、 上原一家の冒険が始まった! あの日、永遠に残る 父の姿を見た・・・ ... [続きを読む]

受信: 2007/10/09 22:00

» サウスバウンド [ネタバレ映画館]
国民やめよっかな・・・日本が沈没するからというわけではなく・・・ [続きを読む]

受信: 2007/10/09 23:30

» 「ナンセンス」親父はカッコいいか?~「サウスバウンド」~ [ペパーミントの魔術師]
正しいことを言うてなにが悪い? ナンセンスってツッコミいれて何が悪い。 己の信念に対してここまで正直に生きられたら 確かにスゴイわな。 それに関しては一歩も譲らない。 融通のきかなさも妥協のなさもピカイチ。 あれだけ理屈っぽくまくしたてたら ホンマはめちゃ嫌..... [続きを読む]

受信: 2007/10/10 00:14

» 「サウスバウンド」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「サウスバウンド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:豊川悦司、天海祐希、北川景子、田辺修斗、松本梨菜、松山ケンイチ、平田満、吉田日出子、加藤治子、村井美樹、他 *監督:森田芳光 *原作:奥田英朗 感想・評価・批評 等、レビューを含..... [続きを読む]

受信: 2007/10/10 03:53

» 大人の理不尽な世界、子供の理不尽な世界。『サウスバウンド』 [水曜日のシネマ日記]
元学生活動家の父親とその家族の物語です。 [続きを読む]

受信: 2007/10/10 23:30

» サウスバウンド  称号:愚作 [映画細胞~CinemaCell]
小学6年生の二郎は、言動が子どもっぽい父の一郎を恥ずかしく思っていた。父が元・ [続きを読む]

受信: 2007/10/12 07:57

» サウスバウンド [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 日本  コメディ&ドラマ&青春  監督:森田芳光  出演:豊川悦司      天海祐希      北川景子      山ケンイチ 【物語】 東京、浅草。小学6年生の上原二郎は、両親と姉、妹の5人家族。そんな 二郎の悩みの種は無職の父親、一郎のこと。年金....... [続きを読む]

受信: 2007/10/13 23:46

» 『サウスバウンド』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:]         2007/10/06公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:]   【監督】森田芳光 【脚本】森田芳光 【原作】奥田英朗 『サウスバウンド』(角川書店刊) 【主題歌】中島美嘉 『永遠の詩』 【時間】114分 【出演】 豊川悦司/天海祐希/北川景子/田辺修斗/松本梨菜/松山ケンイチ/平田満/吉田日出子/加藤治子/村井美樹 <ストーリー> 「税金など払わん、学校へなんか無... [続きを読む]

受信: 2007/10/14 00:18

» サウスバウンド [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。<新宿ガーデンシネマ>監督:森田芳光原作:奥田英朗 『サウスバウンド』(角川書店刊) 脚本:森田芳光 上原二郎、小学6年。元過激派の父、一郎はとにかく反体制。区役所の職員に、二郎の担任に、とにかくかみつきまくる毎日。ある日、二郎と妹の桃子が通う小学校に一郎が乗り込んできて・・・... [続きを読む]

受信: 2007/10/19 00:45

» サウスバウンド [空想俳人日記]
無関心 無感動こそ ナンセンス   まず、この映画、特に予告見た人なら、あんなぷくぷく元気な豊川悦司くん、見たくないわあ、あんな親父、なんてね。気持ち分かるなあ。でも観ちゃった私からすれば、そう思って敬遠するの、もったいない。まあ、騙されたと思って観てみる... [続きを読む]

受信: 2007/10/20 17:06

» サウスバウンド 観てきました [よしなしごと]
 風邪が完全に治らず、辛いのですが、サウスバウンドを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2007/10/22 01:09

» 『サウスバウンド』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「サウスバウンド」 □監督・脚本 森田芳光□原作 奥田英朗(「サウスバウンド」角川文庫刊) □キャスト 豊川悦司、天海祐希、北川景子、田辺修斗、松本梨菜、松山ケンイチ、平田満、吉田日出子、加藤治子■鑑賞日 10月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5) <感想>  ここのところあちこちの映画に顔を出しているトヨエツ。 この作品では破天荒な元学生活動家の過去を持つ父親を演じている。 そしてその一家の物語を描いていくハチ... [続きを読む]

受信: 2007/10/22 08:46

» サウスバウンド [bibouroku]
豊川悦司が破天荒な父親を演じて新境地を開いた 作品は、ある意味今の日本の現状も映し出してました。 あらすじは・・・ 東京、浅草。小学6年生の上原二郎は、両親と姉、妹の5人家族。そんな二郎の悩みの種は無職の父親、一郎のこと。年金の督促に来た区役所... [続きを読む]

受信: 2007/11/04 13:10

» サウスバウンド [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『この一家、どこへ行っても何かある!!』  コチラの「サウスバウンド」は、奥田英朗の同名小説を「間宮兄弟」、リメイク版「椿三十郎」の森田芳光監督が映画化した青春コメディです。  主人公は、破天荒な父・上原一郎(豊川悦司)、いわゆる学生運動に身を投じた青春時...... [続きを読む]

受信: 2010/03/11 21:04

« 『おおきく振りかぶって』 (1-8巻)を読んで。ぱーとⅢ | トップページ | 早っ&やっと »