« あっというまにヱヴァが・・・ | トップページ | 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX CD-BOX』買ったよ。 »

2007/09/04

「デス・プルーフ in グラインドハウス」みた。

Deathproo 「エログロ下品、でも・・」に期待?が持てるお話を頂き、”考え中”を返上して早速鑑賞に出かけた。
タランティーノ監督の来日時にゲスト出演された番組での、作品紹介によって興味は持っていたでの、この決断は素早かった(笑)
まさに”エログロ下品”の三拍子揃った、思いっきり趣味に走ったB級おバカ作品。ここまでやられちゃったら、もう笑うしかない!(^^)ってね。
(以下、若干ネタに触れてます)

特集を見ていた割には、真剣に見ていなかったのか、「デス・プルーフ」がなんなのか知らなかった。それにしても「耐死仕様」って・・・・(^^;) これほど的確な表現はないかもしれないけど、常用日本語にはないよね?ってか、あり得ない?(爆)これは全く以て「百聞は一見に如かず」なのだけど、「なるほどねぇ」と唸ってしまう。
特集は公開前であり、当然核心を突くようなことはなかったのだけど、暴走する白い車のシーンを見せてくれていた。時速約160キロをノースタントで実写撮影だったとか。なんともすさまじいことだが、その甲斐あってリアル感はバリバリのガンガン。実は、撮影車こそが正真正銘「デスプルーフ」だったらしい(笑)
それにしても、なかなかグロが登場しないため良くも悪くも気になり始めたところに、一気にマイクが本性を剥き出しにした暴走シーンはショッキングだったなぁ。
これ見よがしの足には「コレ、絶対にヤバイって」と心臓がバクバク。追い抜いて方向転換したところで思わず目を覆う。まったく期待を裏切らない展開に絶句(爆)
その後、次なるターゲットの品定めをするマイクを不気味に思い、「また足ですかぁ~」と萎えたところに、待ち受けていた驚愕の顛末に唖然。
「いやぁ~やってくれるなぁ(そこまでやるか?)」と、派手さはA級、見事なB級作品に拍手を贈った私だった。面白かった。

総評:★★★☆☆++  好き度:★★★☆☆+  オススメ度:★★★☆☆++

好みかと言えばそれはないけれど、笑うしかない開き直りに乾杯(完敗)。

|

« あっというまにヱヴァが・・・ | トップページ | 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX CD-BOX』買ったよ。 »

コメント

こんばんは♪
(こんな大事な記事に限ってTB入らんゾーーー泣)
たいむさんの速攻に感心しました~。
この女の子たちいつまで喋ってるんだ?と飽きてきた頃に始まるカーチェイス!
この緩急が好きでした。
クラッシュの瞬間を何度も何度も角度を変えて見せてくれて、「もーいいよー」って気分になりました(笑)
最後にマイクのキャラが一変するのもさすがB級!
たいむさんは「プラネット」の方がお好みの予感?

投稿: ミチ | 2007/09/04 20:29

たいむさん、こんばんは〜♪
いつもありがとう☆
いくらぶつけても死なない、耐久仕様の車、面白い発想ですよね〜。
タラらしい(笑)
中盤からの展開もフツウじゃあり得ないし☆
早くもDVD欲しくって☆

投稿: mig | 2007/09/04 20:44

たいむさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

後半は痛快だったけど、前半はグロさ全開で担当パートがはっきりしてるのもなんか面白かったです♪
それにジャングルジュリアの足出しは自分も嫌な予感してましたねー。マイクが横切る瞬間に車ぶつけて、その拍子で足が吹っ飛んで『ぷぎゃーーー!!』なんてシーンも思い浮かべたんですが、スローで見せた正面衝突のほうが凄いキモかった・・w

キモいって言えば、これから公開される『プラネット・テラー』ではゾンビが出るので、さしずめジャンルは『キモグロ痛快』の3拍子?

投稿: メビウス | 2007/09/04 20:47

たいむさん、こんばんは。
タラちゃんは嫌いじゃないので、これも少し気にはなっていたのですが、
劇場でみるのは恐らく我が家の大蔵省の許可が下りないので、
たぶんDVD待ちになりそうな予感(またしても!?)
ただ、「グロくて笑える」というのは、昔みた映画『シリアル・ママ』を思い出してとても気になります。
『シリアル〜』では息子を酷評した担任を待ちぶせて車で二度引きしたり、
レンタルビデオを巻き戻さないおばさんを、“アニー”を歌いながら殴り殺したりするブラックコメディーでしたが、
たいむさんのレビューからデス・プルーフもそれに近しい印象を受けました。
やばい、またしてもだんだん気になりだしてしまった。。。

投稿: GAKU | 2007/09/04 21:22

■ミチさん、こんばんは♪
えへ(^^)フットワークの軽さが取り得なものですから。
そうそう、飽きたころにドガンとかましてくれましたね=。
ほんと、「もういいってばっ(><)」って感じで、うげぇ~って(^^;;;;;;;;
後半でのマイクにはちょっぴり「アルアル」って笑っちゃいましたが、ちょっと可哀想だったかな?

>「プラネット」の方がお好みの予感?
うーん、見てみないことにはわかんないけど、B級らしく嘘っぽいほうが見てて楽しいかなって(^^)
TBはやっぱ内容が引っかかるのかなぁ?


■migさん、こんばんは♪
”デスプルーフ”ってそういう意味なのね、って笑っちゃいました。
フォアローゼズの瓶がカキンカキンと当たる音に、内装もしっかり鋼鉄だわ~って思っちゃいましたしw
スタントマン同士のプライドをかけた戦い、激しかったですねー(爆)
マジ、ありえないって!

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/04 22:08

■メビウスさん、こんばんは♪
大きくは2部構成でしたね。後半のリベンジには驚きの連続でしたが、あのまま気持ち悪い終わり方をしなくて良かったですw

私もジュリアの足には同じような想像をしてました。
なのに、それどころかあけてビックリ玉手箱。あんなに何度も見せられたから、もう見なくていいです(笑)

プラネット・・はどうかな?ゾンビはともかく、最終的には「痛快」であって欲しいっす(^^)
グロは外れないだろうし(爆)
ブルース・ウィルスが何気に出演してるとことがポイント高いんですよね~。


■GAKUさん、こんばんは♪
おや、ちゃんと大蔵省が財政を管理しているのですねw
この作品ですしねぇ。私の場合は、劇場で見ておなかがいっぱいかな?その場限りってのがイイんですよ。
DVDなんかで巻き戻し出来た日にゃぁ~、多分見ません(爆)
ほんと、グロいけど笑えるんです。
若手お笑いのネタなんてヘですよ。(笑いの種類がちがうかw)
気になるのなら、こっそりいかが?レイトショーならまだマシっしょ。映像の汚し加減とか音響はやっぱ劇場が似合いますw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/04 22:24

ホント『耐死仕様』って、常用日本語に無いですよね。
だいたい、一発で変換出来ないし(笑)
あんまりグロじゃないと思ったら、美脚があーー!でした。
面白かった。どうやら、タランティーノの映画に慣れてきたようです。

投稿: あん | 2007/09/05 00:14

■あんさん、こんばんは♪
そうそう、一発変換できないの(笑)
美脚がねぇ(><)冷凍倉庫に吊るしているアレを一瞬想像。
イヤァー!やっぱ想像したくないわ。

タラさん、好きじゃないんだけど癖になりそうですよね(^^;)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/05 20:13

たいむさん、こんにちは!
会話が長く続いた時は「しまったかな?」と思ったのですが、前半の激突シーンのグロさや後半のカーチェイスは迫力ありましたね~
あとカート・ラッセルのキャラ激変ぶりも面白かったです。
前半はサイコな感じだったのに後半ビビリまくりで・・・可笑しかったなぁ~
1番好きなのは終り方!!唐突過ぎて笑っちゃいました~

投稿: 由香 | 2007/09/06 10:14

■由香さん、こんばんは♪
グダグダとどうでもいい会話が延々でしたしね。
それでも、「面白いかった」のお言葉を頂いていたので期待し続けていた私でした。
前半と後半のギャップの激しさったらなかったですね。
ほんと、終わり方もgoodでしたね。
苦笑い半分ですが、終盤からはずっと肩をゆらして笑ってましたw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/06 19:21

こんばんわ!

≫実は、撮影車こそが正真正銘「デスプルーフ」だったらしい(笑)

そうそう!私がジャパンプレミアに行った時、タラちゃんがそんなことを話していて大笑いしたのを覚えています(苦笑)。
ホントに大変で危険な撮影だったみたいですね。あの女性スタントの人・・・マジですごい。彼女自体がデス・プルーフ・・・。

これみよがしな足・・・あれには私もドキドキしながら観ていましたが、「ああ!やっぱりそうきたかああ!」と派手な人体破壊のシーンを観て思いました。強烈ですよね(苦笑)。

それにしてもタラちゃんは裏切りませんねえ。
ラストにかけてのスパートっぷりには拍手喝采のフィーバーでした。
面白く観れましたです♪

投稿: 睦月 | 2007/09/07 00:21

■睦月さん、こんばんは♪
ジャパンプレミアでお話されてましたか?>デスプルーフ車
特集では映像もみせてくれた、鉄パイプで囲まれた見事走る凶器でしたよ~(爆)

彼女は強者でしたねー。いったい何者なんでしょう?
実はターミネーターかもしれませんね(笑)

くるぞくるぞ、きた~と捻りがないのがB級。けれど、下手な細工で失敗するA崩れより面白いっす。
プラネット・・も楽しみですw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/07 17:25

ひらりん的には、タランティーの作品は、マニアック過ぎてよく判らん・・・という印象だったけど、
本作は、B級感丸出しで、単純なストーリーを楽しむ事が出来ました。
エロくて、グロくて、下品が、上手く混ざると、
面白ーーーーい・・・というのが、タラちゃんの凄いところなんでしょうか。
「プラネット~」も観に行くぞーーーーー。

投稿: ひらりん | 2007/09/19 22:10

■ひらりんさん、こんばんは♪
私も、タラちゃんの作品はノレるかノレないかの微妙な綱渡りばかりなのですが、今回は完全に楽しんじゃってます、って作品でヤミツキ警報が鳴りそうです(笑)
ほんと、上手く混じってましたね~

>「プラネット~」も観に行くぞーーーーー。
行きますともw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/19 22:50

こんばんわ!
TB&コメントありがとうございました~^^

>笑うしかない開き直りに乾杯(完敗)

ぷぷぷ
ほんとその言葉どおり!て感じでしたネ!!
カートラッセルのまぬけっぷりも笑えました~
ニューシネマ詳しくないんで
わかんないタラちゃんのこだわりもあったんだと思いますが・・^^;

プラネットテラーも楽しみデス^^

投稿: かいこ | 2007/09/21 00:07

■かいこさん、こちらにもw
誰が見たって「笑うしかない」ですよね(^^)
私もこの手の作品は詳しくないけれど、細かなこだわりにファンは大喜びなのでしょうねw

明日からプラネット・・が公開ですね!

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/21 21:31

たいむさん
今晩は★☆
いやあ~面白かったですね。
スタント・マイクの最後はあまりにも
惨め(>_<)それにしてもあのガールズたちの
パワーには恐れ入りました。
ゾーイ・ベル、さすがスタントウーマン
だけに凄い!!

投稿: mezzotint | 2007/09/26 23:02

■mezzotintさん、こんばんは♪
スタントウーマンがアッパレ!自前でやっちゃうのはスゴ過ぎですよね。
ちょっぴり心配させちゃうトコロも上手く入れてあったし、後半は大爆笑でした♪

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/26 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/16341287

この記事へのトラックバック一覧です: 「デス・プルーフ in グラインドハウス」みた。:

» デス・プルーフ in グラインドハウス(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】クエンティン・タランティーノ 【出演】カート・ラッセル/ロザリオ・ドーソン/ローズ・マッゴーワン/シドニー・ターミア・ポワチエ/ゾーイ・ベル/メアリー・エリザベス・ウィンステッド/ヴァネッサ・フェルリト/... [続きを読む]

受信: 2007/09/04 20:36

» デス・プルーフinグラインドハウス [描きたいアレコレ・やや甘口]
クエンティン・タランティーノ監督の『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観た〜! ”グラインドハウス”とは60〜70年代のアメリカに沢山あった低予算のB級映画を2〜3本立てで上映する映画館のこと。 はじめは、ロドリ... [続きを読む]

受信: 2007/09/05 00:15

» デス・プルーフinグラインドハウス [★YUKAの気ままな有閑日記★]
少し秋めいてきましたね・・・通常料金でプレミアスクリーン&レディスデイのダブルでお得な日、いざヲタク体験へ【story】スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、愛車『デス・プルーフ』に乗り、美女をナンパしては死のドライブに誘っていた。ある日マイクは、テネシー州で豪快なスタントライドを楽しむ3人の女性たちに目を付ける。いきなり車をぶつけ、しつこく追いまわすマイクにキレたゾーイ(ゾーイ・ベル)たちは、決死の猛反撃に出る―     監督 : クエンティン・タランティーノ 『パルプ・フィクション』... [続きを読む]

受信: 2007/09/06 10:10

» 「デス・プルーフ」  Death Proof [俺の明日はどっちだ]
本編が始まる前に上映されたロバート・ロドリゲスの『プラネット・テラー in グラインドハウス』の予告編がまるで『シン・シティ』テイストたっぷりで、とてもワクワクさせられただけに、無意味にガールズトークが延々と続く前半はどうなるかと思ったけれど、ジョン・カーペンター映画の常連、カート・ラッセルが怪演ぶりをみせるあたりからB級プログラムピクチュアらしい面白さに満ちてきてひと安心。 とにかく斧でもチェーンソーでもなくクルマそのものを凶器として女の子を追い詰める発想がさすがというか何というか(苦笑)。 ... [続きを読む]

受信: 2007/09/06 11:28

» デス・プルーフinグラインドハウス(ジャパンプレミア) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ デス・プルーフな女たち [続きを読む]

受信: 2007/09/07 01:34

» デス・プルーフinグラインドハウス [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
究極のスリルと最強のヒロイン。スッキリ爽快なガールズ・スラッシュ・ムービー誕生! その車が走り出す瞬間、男の欲望は燃えさかり、女の本能は剥き出しになる! 1作目:夕暮れのテキサス。オースティンのラジオ局の人気DJジャングル・ジュリアは、親友のシャナ、久...... [続きを読む]

受信: 2007/09/12 16:22

» デス・プルーフ in グラインドハウス [そーれりぽーと]
何かとつるんでやるのが好きなクエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスの二人が、今度はあえてB級カルト映画をそれぞれ1本ずつ撮った企画“グラインドハウス”。 今回は、先に上映されたタランティーノ監督作『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観てきました。 ★★★★ ぜーんぶ計算ずくの113分。 ネタバレ 映画館で椅子に座って観ていなかったら、ながら見になって途中から他の事でもしてそうなくらいにツマラナイ序盤の展開。 フィルムが劣化したかのように見せる演出も逆効果、実際に劇中で起きてい... [続きを読む]

受信: 2007/09/13 02:34

» デス・プルーフ in グラインドハウス を観ました。 [My Favorite Things]
スリルとスピードがこの作品のキーワードらしいけれど、私としてはもうひとつ加えたいなぁ…ってね。 [続きを読む]

受信: 2007/09/14 18:20

» 映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』★★★★☆ [てっしーblog]
(大ネタバレ注意)  70年代のB級アクション映画に大オマージュを捧げたカーアクション映画。やってくれたねぇ、タランティーノ!  タランティーノ監督と私は同世代。私は彼のような超映画オタクではないけれど、同じような映画を見て育ったせいか、映画の嗜好はよく似ている。 劇中のセリフに『バニシング・ポイント』『ダーティメリー・クレイジーラリー』『爆走トラック76』『バニシングin60』といったクルマ映画のタイトルが登場するだけで嬉しい。そいでもって『バニシング・ポイント』に登場した白い70年型ダッジ・... [続きを読む]

受信: 2007/09/14 23:55

» ★「デス・プルーフ in グラインドハウス」 [ひらりん的映画ブログ]
B級映画2本立て劇場(グラインドハウス)で上映してるような作品作りをして・・・ クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が1本ずつ作ったうちの1本。 [続きを読む]

受信: 2007/09/19 03:52

» 「デス・プルーフinグラインドハウス」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。【グラインドハウス】タランティーノ×ロドリゲス公式サイトデス・プルーフ=耐死仕様のシボレーで女の子の乗る車をつけまわし、大激突して殺すのを快感とする スタントマン・マイク(カート・ラッセル)前半は みなさん書かれてますが 退屈・...... [続きを読む]

受信: 2007/09/19 21:11

» デス・プルーフ in グラインドハウス [八ちゃんの日常空間]
毎回、通常上映で拍手が起こる映画なんて、そうザラにはないよね。 まさに「爽快」! さすがタランティーノ! グラインドハウス万歳! [続きを読む]

受信: 2007/09/20 23:50

» デス・プルーフ in グラインドハウス [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <新宿武蔵野館> 監督:クエンティン・タランティーノ 脚本:クエンティン・タランティーノ デス・プルーフ。それはスタントマンが乗る「耐死仕様」のスタントカーのこと。 面白かった!ENDマークが出たときはスカッとして思わず大笑いしてしまいました! 前半のなかなか事件らしい事件が起きない展開を「きっとストーリーが進むにつれパズルのピースがキレイにはまるような、何か意味のあるシーンなんだ、タランティーノ流の演出なんだ」と思って食い入るように見ていたのですが、見事に裏切られました... [続きを読む]

受信: 2007/09/22 14:06

» DEATH PROOF★ デス・プルーフ in グラインドハウス [銅版画制作の日々]
  クエンティン・タランティーノ監督最新作は「デス・プルーフinグラインドハウス」だ 9月14日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、10周年記念日ディーということで、1000円でどの映画も鑑賞できるラッキーな日でした。 さて今回のこの「デス・プルーフ」と「プラネット・テラー」は二本立てにして、フェイクの予告編を挟んだ『グラインドハウス』という1本の作品として公開するという企画で、実際アメリカではこのスタイルで公開されているそうだ 「プラネット... [続きを読む]

受信: 2007/09/26 01:08

« あっというまにヱヴァが・・・ | トップページ | 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX CD-BOX』買ったよ。 »