« 『おおきく振りかぶって』 (1-8巻)を読んで。 | トップページ | 「アヒルと鴨のコインロッカー」みた。 »

2007/09/23

「プラネット・テラー in グラインドハウス」みた。

Planetterror こんどは”ゾンビ”だというし、お食事後の鑑賞がいいかなーと思ったら、残念なことにレイトショーはなかった(><) でも大丈夫。鑑賞後には塩味の効いたソースたっぷりの「バーベキュー」だけはさすがにいらないと思ったけど、なんとなく「牛丼」を食べちゃった私だから。(意味不明?)
笑いの種類は微妙に違うけど、先行で上映された「デス・プルーフ」に負けず劣らず面白作品だった。
(以下、若干ネタに触れてます)

好みで言えば、私はやっぱりコッチが好き♪ 勿論”ゾンビ”が好きという意味ではなく、カタチの良く見えない恐怖より、見える化け物の方が精神的に楽だから、くらいな差で。
次々に湧いて出てくるゾンビや、ドロンドロンの飛び散り具合は、やっぱり見ていて気持ちの良いモノではないけれど、これだけたくさんのゾンビがまるで水風船を割ったかのようにドピュッドピュッと弾けまくってく様子は、ほとんどテレビゲーム感覚で、だんだん慣れてくる。やはりこちらも「もう笑うしかない」という感じだね。
ゾンビ発生に至った経緯や複数のドラマの同時進行、やがては全部が合流しちゃうとなれば、飽きることなく・・どころか、一瞬の目も離せない面白さだ。
妙にかっこいい謎の男レイと、元カノのチェリーの濡れ場の途中から、フィルムの一部が欠損。再開してみれば一気に話が進んでいるという、意表をついた演出には大拍手!
そこでレイが何者なのかが見事に省略され、観客には分らずじまいになるのだが、とにかく名実ともに”スゴイヤツ”とだけは分る仕掛け。欠損の前後で態度が豹変する保安官との関係性が実にイイ。また女たちが強いこと強いこと。マシンガンを脚に装着したチェリーはもちろん、女医のダコタも圧巻だ。
敵も味方もバッタバッタと倒れて行き、このラストは・・・なに?ではあるけれど、とにかく、場違いな小道具に、小ネタが満載で、ドキっしちゃうところあるけれど、これは決して「恐怖映画ではない」・・と断言できる楽しい作品だった。

総評:★★★★☆   好き度:★★★☆☆+  オススメ度:★★★☆☆++

|

« 『おおきく振りかぶって』 (1-8巻)を読んで。 | トップページ | 「アヒルと鴨のコインロッカー」みた。 »

コメント

観てきましたよ~。(^^;)
「めがね」にしようかな、と思っていたけど、たいむさんからのお話で、こっちにしました。おもしろ過ぎ! タランティーノ、太っちゃって(ゾンビ変化でなくても)、こんなに太っていたかしらって考えちゃいましたっけ。さすがにあの役は、他の俳優さんには気の毒だったのかも…。(爆)
記事は、まだ書いてないので、TBは後からお送りしますね~。

投稿: あかん隊 | 2007/09/24 03:18

■あかん隊さん、こんにちは♪
素早い!
面白かったでしょ~。オススメした甲斐があってよかったです。
タラさん、オイオイ(^^;)な恥ずかしい役をすっかり楽しんでましたね。結構長丁場だしww
バカだけど、バカでもない笑いが楽しい作品でしたね。ハチャメチャには違いないけど。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/24 10:04

こんにちわ、コメントありがとうございました。

中盤のフィルム欠損の演出は面白かったですね。まさかこれほど技術が進んでいる現代であれをやっちゃうなんて、いいセンスしてますわ。

そして最後もチェリーの無駄な能力が次々と必要な能力として発揮されていくのも面白かったのですが、できればもっとチェリーの活躍を見たかったです。

投稿: にゃむばなな | 2007/09/24 16:26

たいむさんこんばんわ♪

一巻紛失は唐突だった反面、不手際お詫びしますの謝罪文でかなり吹いてしまいました♪
せっかくイイ場面だったのにいきなりフィルムが焼け焦げて『オイッ!(;`▽´)シ』と異論唱えたくなりましたが、その後のシーンに何の違和感も無く入り込めた自分が何か不思議ですw
でもマイケル・ビーンはちょっとかわいそうでしたね。ピンピンしてたのに、シーンが変わったらいきなり瀕死って・・・(笑

投稿: メビウス | 2007/09/24 16:30

■にゃむばななさん、こんばんは♪
中盤の欠損をわざと入れてスキップする。ホントいいセンスですよね~。

チェリーの「無駄な能力」も伏線が効いてましたね~。あの身体の柔らかさは戦闘を美しく魅せてくれましましたし。
GOGOダンサーからの豹変振りがカッコよかったですね!


■メビウスさん、こんばんは♪
>不手際お詫びしますの謝罪文
あの意表をついた演出はビックリでしたね~
色っぽいシーンだっただけに、どこまで見せるのかな~と思った矢先でしたしね、上手い!・・・あ、メビウスさんはソコが残念でしたっけww

フィルムを焼いたといえば、ハウスが燃えてるところから始まるのも上手かったです。
それにしても、イキナリ撃たれてるマイケル・ビーンには笑いました。
「間違って俺を撃つなよ」と言っていたのに、ぼんくら部下に撃たれてるってのもGOODですよねーww

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/24 19:19

B級映画の魅力がこれでもかと詰まった最高の娯楽映画でした。片脚マシンガン美女・チェリーも最高!
とにかく全編見せ場だらけで全くダレる事無く映画が進行してましたね。『デス・プルーフ』での不満を払拭してくれる素晴しい出来でした。
残酷描写も笑えるくらい安っぽくて全然気持ち悪くなかったのが良かったですね。

投稿: えめきん | 2007/09/25 06:48

こんにちは!
ホントにゾンビが水風船みたいにグチャグチャと出てきましたね~
普段はゾンビ映画のようなホラーは苦手なのですが、こちらは気持ち悪いんだけど面白い・・・みたいな妙な映画でした。
フィルムの1巻消失のタイミングが絶妙で笑っちゃいました~
エル・レイって何者?って思わせるところが上手かったです。
タラちゃんは最後はスゴイことになっていましたね・・・
しかも喜んで演じていたところがアッパレ!!

投稿: 由香 | 2007/09/25 08:04

■えきめんさん、こんばんは♪
B級には違いないのに、B級とは思えない面白さでした。
>残酷描写も笑えるくらい安っぽくて
そうそう、もっとグロイかと思ったら、ゾンビが安っぽいのが逆に良い効果になっていましたね。(よかったw)
爆笑したのは、デス・・だけど、ずっと面白いのはコチラでした。


■由香さん、こんばんは♪
>こちらは気持ち悪いんだけど面白い・・・
同じく!私も痛いのと気持ち悪いのは苦手なのですが、コレならばセーフでした。

>エル・レイって何者?
そうですよねー。凄腕だけはわかるのだけど一体なんだったんでしょう、彼(^^)
謎が謎のままでも許せちゃう、ところも面白いですw

タラちゃんは。。。ハハハ(^^;)ノリノリでしたねw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/25 18:14

明るいスプラッターだったのに、もう駄目で...(泣く)
でも、キャラは楽しかったなぁ。
タラちゃん、恥ずかしい役、頑張ってましたね。

投稿: あん | 2007/09/26 00:10

こんにちは♪
見てきましたよ~!
かなりウケまくって一人で笑ってました。
私って案外ゾンビ映画イケるかもしんない!(って、ホントのゾンビ映画はこんなもんじゃないんでしょうけど)
比べるのはヘンかもしれないけれど、ぶっ飛び具合という意味では『スキヤキ~』はまだまだだな~なんて思った次第です。

投稿: ミチ | 2007/09/26 08:34

■あんさん、こんばんは♪
あらら、こんなでもダメですか~(><)
個性的なキャラが楽しくって魅力的でしたよね。
ゾンビも平気でやちゃう、ブルースもGOODでしたしw


■ミチさん、こんばんは♪
大うけですね♪良かったです!!

>私って案外ゾンビ映画イケるかもしんない!
いやぁ、コレだからじゃないですか?
こんだけゾンビらしいゾンビは今はやらないもの(^^)

>ぶっ飛び具合という意味では『スキヤキ~』
スキヤキはまだ観てないんですよ~
もういいか、って気になってきちゃいましたw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/26 17:51

こんばんわ!
TB&コメントありがとうございます!

≫カタチの良く見えない恐怖より、見える化け物の方が精神的に楽だから

うんそうそう。私も同じ理由でやっぱりゾンビの方が好きです(笑)。なんたって、大好きなハゲ様・・・もとい、ウィルス様が出演していることもポイント高かったな♪

なんとなくグロいんだけれど、あまりにも過激にチープすぎて、逆に楽しいんですよねえ(笑)。B級テイストへのあのこだわりっぷりは職人技だと思いましたよ♪

投稿: 睦月 | 2007/09/27 23:44

■睦月さん、こんばんは♪
ハゲ様もすてきなゾンビッぷりでしたよね♪
私も高ポイントです!!

やはり見えない恐怖って精神的にダメージが大きいんですよね。スピルバーグの「激突!」なんて気持ち悪くて恐くって、あの手のヤツは巧いな~と思うけど、怖くて嫌い(><)

>B級テイストへのあのこだわりっぷりは職人技
同感!

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/28 18:02

いやいや、ホントに引き金どうすんの???
なーーんて考えててはいけない映画でした。
とはいえ、わざとB級テイストに仕上げた二人の監督の心意気には感動してしまいますね。

投稿: ひらりん | 2007/10/10 00:30

■ひらりんさん、こんばんは♪
>わざとB級テイストに仕上げた二人の監督
遊び心満点の素敵な作品でしたね。お二人には感謝したいです。
こういう風潮は広がってくれると嬉しいのですけど。
数年後にでもまたやって欲しいですねw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/10/10 19:11

たいむさん、こんばんは。

うんうん、あのフィルム欠損の演出はナイスでしたよね。
スワロも「うお~そう来たか!!」とやられた感がありました。
しかも一気にストーリーを進められて一石二鳥ですね。

>カタチの良く見えない恐怖より、見える化け物の方が精神的に楽だから
なるほど~
その感覚、わかる気がします。
目に見えない物って「恐怖」の対象でもありますものね。
スワロは『ダークナイト』でバットマンが英雄扱いされずに
逆に悪の対象となってしまうのは「姿が見えない」からだと思いました。

投稿: swallow tail | 2008/09/20 18:20

■swallow tailさん、こんにちはsun
まさか「ダークナイト」と”コレ”の恐怖が対比されるとは思いませんでしたが(笑)、まったく私もそのように思います。
見えないものを信じるには勇気がいりますしね。とりあえず「悪」だといっておけば何かあっても楽ですから(^^;;;

投稿: たいむ(管理人) | 2008/09/21 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/16547597

この記事へのトラックバック一覧です: 「プラネット・テラー in グラインドハウス」みた。:

» 「プラネット・テラーinグラインドハウス(GRINDHOUSE/PLANET TERROR )」映画感想 [Wilderlandwandar]
こういうのが見たかったんだよ!B級お馬鹿映画! てえことで、ロドリゲス版グライン [続きを読む]

受信: 2007/09/24 03:34

» プラネット・テラーinグラインドハウス [めでぃあみっくす]
クエンティン・タランティーノ監督作の『デス・プルーフinグラインドハウス』と比べると、一般的にはまだこちらの方が見やすいかな?と思えるくらい単純明快なゾンビ映画でした。ロバート・ロドリゲス作品にしてはちょっと右脚マシンガンの活躍シーンが少ないかな〜という不....... [続きを読む]

受信: 2007/09/24 12:00

» プラネット・テラー in グラインドハウス(評価:☆) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】ロバート・ロドリゲス 【出演】ローズ・マッゴーワン/フレディ・ロドリゲス/マイケル・ビーン/ジェフ・フェイヒー/ジョシュ・ブローリン/マーリー・シェルトン/ナヴィーン・アンドリュース/ブルース・ウィリス 【... [続きを読む]

受信: 2007/09/24 16:17

» プラネット・テラー in グラインドハウス [It's a Wonderful Life]
イソイソとロドリゲス編も初日に観てまいりました。 いや~オモロイ!最高でした。 もうむっちゃくちゃ。でカッコイイ。そしてかなりグロい。 ローズ・マッゴーワンの片足がマシンガンになってる写真を始めて見た時から 心を奪われてましたけど、想像した通りの面...... [続きを読む]

受信: 2007/09/24 19:31

» プラネット・テラー in グラインドハウス [5125年映画の旅]
スタンダップ・コメディアンを夢見る女性チェリー。しかし彼女の夢は、軍の毒ガスによって大量発生したゾンビに片脚を奪われた事によって途絶えてしまう。ゾンビはみるみる内に勢力を拡大し、チェリー達生存者は完全に孤立してしまう。しかしチェリーは失った片脚の代わり....... [続きを読む]

受信: 2007/09/25 06:35

» プラネット・テラーinグラインドハウス [★YUKAの気ままな有閑日記★]
タランティーノ監督の『デス・プルーフinグラインドハウス』が思いの外面白かったのでコチラも楽しみにしていた。↓の【story】を見る限りじゃー小躍りしたくなるくらいぶっ飛んでいそうではないか【story】テキサスの田舎町。米軍の部隊長マルドゥーン(ブルース・ウィリス)の生物兵器実験により、町中に謎のウィルス感染者が増殖。感染者たちは次々と恐ろしく凶暴なゾンビと化す!ゴーゴーダンサーのチェリー(ローズ・マッゴワン)は片足に深い傷を負うが、失った片足にマシンガン・M16を装填し立ち上がった!一方女医のダ... [続きを読む]

受信: 2007/09/25 07:54

» プラネットテラー / PLANET TERROR [我想一個人映画美的女人blog]
                                                                                                                                                                                                     ... [続きを読む]

受信: 2007/09/25 13:53

» プラネット・テラー in グラインドハウス [cococo]
もう一作の「デス・プルーフ」は、見逃してしまった。残念。 しかし、この作品を鑑賞 [続きを読む]

受信: 2007/09/25 22:34

» プラネット・テラーinグラインドハウス [描きたいアレコレ・やや甘口]
爆発の中から飛び出してくる片脚マシンガン美女、チェリー・ダーリン!一番っカッコいい!! このシーンが、一番テンション上がりまくり! このチェリーをやってるローズ・マッゴーワンって『デス・プルーフ』で、... [続きを読む]

受信: 2007/09/26 00:06

» 映画 【プラネット・テラー in グラインドハウス】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「プラネット・テラー in グラインドハウス」 ロバート・ロドリゲス監督によるグラインドハウス映画。タランティーノ監督の『デス・プルーフ in グラインドハウス』と二本立てで見るのが正しい鑑賞法(?) おはなし:軍の化学薬品によって人々がゾンビ化した田舎町から脱出を図る生存者たちのサバイバル。 決して好きなタイプの映画ではないのに、ハチャメチャにぶっ飛んだパワフルな映画を自分でも意外なほど堪能してしまったのです。グラインドハウス映画恐るべし! まずはキャラクターが皆クセモノ揃いで... [続きを読む]

受信: 2007/09/26 08:30

» プラネット・テラーinグラインドハウス [UkiUkiれいんぼーデイ]
昨日、TOHOプレックスから、TOHOシネマズに変わったばかりの 私のホームグラウンド・シネコンで鑑賞してまいりました!!! しかもぉ〜、シネマイレージカードで、プレミアシートで観ても通常料金なのよぉ。 で、今日はレディースデイなんで1000円でよっヾ(´▽)ゞ さて、今作は先に公開された『デス・プルーフ』と同じB級テイストをベースにしていて、味付けはゾンビ映画となっているロバート・ロドリゲス監督作品。 ふん〜〜〜、やっぱねぇ、これはねぇ、スプラッターとかがお好... [続きを読む]

受信: 2007/09/26 15:10

» プラネット・テラー in グラインドハウス [ネタバレ映画館]
レシピ泥棒はゾンビ? [続きを読む]

受信: 2007/09/26 17:27

» プラネット・テラー in グランドハウス [Important ones]
今日は「プラネット・テラー in グランドハウス」を見て来ました。 いや〜グロイです。でも笑わせて貰いました〜。 ゾンビがゾロゾロとグロイシーンが多いですが、ココまでやってくれたらソレさえも楽しめました^^ 面... [続きを読む]

受信: 2007/09/27 00:21

» プラネット・テラー in グラインドハウス [そーれりぽーと]
クエンティン・タランティーノの『デス・プルーフ』に続くグラインドハウス企画は、ロバート・ロドリゲス監督の『プラネット・テラー in グラインドハウス』。 タラちゃんは楽しませてくれたけど、こっちはどうかな?と、公開初日の朝イチを狙って観てきました。 ★★★★ この二人の監督はよく釣るんでやってるけど、視点を変えて観ないとどうしてもロバート・ロドリゲス監督作の方が見劣りしてしまう。 計算ずくのタランティーノに比べて、ロバート・ロドリゲスはリアリティーを犠牲にしても“カッコ良さ”を追求してて、質が全く... [続きを読む]

受信: 2007/09/27 01:57

» プラネット・テラー in グラインドハウス [シネクリシェ]
 2部作のうち、タランティーノ版(『デス・プルーフ in グラインドハウス』)が予想外に面白くなかったので、こちらの作品にはかなり期待していたのですが、こちらも同様の結果となり、いささか肩すかしを食... [続きを読む]

受信: 2007/09/27 06:02

» ★「プラネット・テラー in グラインドハウス」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウ鑑賞は・・・ タランティーノとロバート・ロドリゲスのコラボ企画「グラインドハウス」の二本目。 タラちゃんの「デス・プルーフ」は9月はじめに鑑賞済み。 [続きを読む]

受信: 2007/10/09 04:08

» 映画『プラネット・テラーinグラインドハウス』を観て [KINTYRE’SDIARY]
70.プラネット・テラーinグラインドハウス■原題:RobertRodriguez'sPlanetTerror■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:105分■鑑賞日:9月24日、みゆき座(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作・脚本・音楽・撮影監督・編集:ロバ...... [続きを読む]

受信: 2007/10/14 12:22

» プラネット・テラーinグラインドハウス☆ロバート・ロドリゲス監督 [銅版画制作の日々]
  ゾンビがいっぱい〜 クエンティン・タランティーノ×ロバート・ロドリゲス、二人の最新作がデレクターズ・カットとして日本上陸 ということで、前回はタランティーノの「デス・プルーフinグラインドハウス」の鑑賞記事を紹介しました。遅くなりましたが、今回はロドリゲス監督の「プラネット・テラーinグラインドハウス」を紹介したいと思います。 かなり過激ですね。でも面白いですやはりあの「シン・シティ」をしのぐホラーアクションですね。タランティーノとは対照的... [続きを読む]

受信: 2007/10/17 12:08

» プラネット・テラー [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  タランティーノの兄弟分、ロバート・ロドリゲス監督の本領発揮。ザラザラでわざと雨あとをつけたドギツイ映像は、同監督の『シン・シティー』を思わせる超B級映画である。 プラネット・テラー プレミアム・エディション販売元:ジェネオン エンタテインメント... [続きを読む]

受信: 2008/04/09 22:01

« 『おおきく振りかぶって』 (1-8巻)を読んで。 | トップページ | 「アヒルと鴨のコインロッカー」みた。 »