« ところ変れば・・・ | トップページ | アニメギガ(7)~声優:朴璐美 »

2007/09/18

「ミス・ポター」みた。

Potter

”ピーター・ラビット”には、絵本というより、ウェッジ・ウッドの食器でお世話になったかな~てなもので、実は読んだことが無かったりする。しかし、あのイラストを見れば、ミス・ポターがどんなに動物たちと大自然を愛していたかは想像に難くない。
20世紀初頭のイギリス・・という雰囲気に満たされた物語。心あたたまる作品だった。
(以下、若干ネタに触れてます)

これは、ミス・ポターのサクセスストーリーではなく、ラブストーリーが主軸。それでも、彼女のアーティストとしての成功は、ノーマンの助力があってこそという同時進行な物語。
まだまだ階級意識、身分差別が横行し、特に身分の高い女性は教養を身に付け、つり合いの取れたお金持ちに嫁ぐことが最良とされていた時代。ミス・ポターは、世間的にも幾つになっても”ビクトリアスお嬢様”だった。
同じくイギリスが舞台だった『高慢と偏見』と同じく、「身分相応の良き結婚こそが女の幸せ」と豪語し、それ以外にはまるで理解を示さない母親の存在がポイントかな? 時代的に世の中が少し進歩して、女性でも相続権が認められたようだが、未だ職業婦人が公認されるには至ってはおらず、結婚に関しては対立するばかりの母娘だ。
政略的な結婚を厭い、独身を貫き、好きな絵を描くことで身を立てたいと夢見るビクトリクスは既に32歳。「ピーター・ラビット」ほか数々の作品の出版により、やっと自立の道が開け、愛も手に入れようとした矢先に起こったまさかの事態。こんなにも過酷な運命の仕打ちと、身内ではなかった彼女の嘆きが見ていてとてもつらかった。
ひとりロンドンを離れたビクトリクスのその後の活動は「自然保護」という、結局は幼き日の夢そのものというのがなんとも彼女らしい。印税での豊富な財力を有効に活用したモノで、簡単に言えば「買い占め」でもあり、一見、金にモノを言わせた”お嬢様のワガママ”のような手段ではあったけれど、大自然を描いた絵本の印税で自然を守る。循環的な自然との共存を願った結果のこと。
「一部でも欠けたらこの美しい風景がなくなる。」
幼き日の、ウィリアムとの何気ない会話がきっかけとなり、ビクトリクスの想い、そこに暮らす人々、全ての生き物の想いが、今も尚、変わらぬ姿を存続させていることが素晴らしいと思う。彼女の意志を継き、この先も変わらずいつまでの残していって欲しい。

ミス・ポターの活動、彼女を突き動かしたモノが何だったのか、”ピーター・ラビット”発祥の地として有名な観光地に隠された、ひとりの女性の物語がとても良かった。

総評:★★★★☆    好き度:★★★☆☆++   オススメ度:★★★☆☆++

|

« ところ変れば・・・ | トップページ | アニメギガ(7)~声優:朴璐美 »

コメント

こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。

とても穏やかで優しい映画でしたね。
レニーが可愛らしくてポターを好演していたと思います。
ちょっと盛り上がりには欠けた気がしましたが、これはこれでいい雰囲気を持った映画だったなぁ~と思いました。

ノーマンとの悲恋は切なかったですね~
まさかあんな事になるなんて・・・ビアトリクスはさぞ哀しんだ事でしょう。哀しむビアトリクスの姿には涙が止まりませんでした。

投稿: 由香 | 2007/09/18 22:36

こんばんは♪
だいたいがイギリスを舞台にしたこの時代の映画は好みなんですけれど、実話だけに危惧していた部分もありました。
でも、やっぱり風景といいファッションといいイギリス英語といい、私はこういうテイストが好きなんだと再認識(笑)
>印税での豊富な財力を有効に活用したモノで、簡単に言えば「買い占め」でもあり、一見、金にモノを言わせた”お嬢様のワガママ”のような手段ではあったけれど
そうなんですよね。
確かにそう見えました。
でも、お金をそういうことのために使ってくれて本当に良かった~。
一度でいいからあの地方に行ってみたいです。

投稿: ミチ | 2007/09/18 23:27

こんにちは。TB&コメントありがとうございました。

僕もピーターラビットとは縁のない人生を送ってきましたが、魅力的なキャラクター、所々に挿入されるアニメーション、豪華な役者陣と、予備知識無しでも十分楽しめる作品に仕上がってました。特にレニー・ゼルヴィガーが魅力的でしたね。

投稿: えめきん | 2007/09/19 06:52

■由香さん、こんばんは♪
ポターに人柄がそのまま反映されていたのか、エンタメ的な盛り上がりには欠けてましたね。はじめての本が売れた喜びも控えめ?やはりお嬢様だなーって思いましたからw
でも、雰囲気は好きです。

まさかの愛の結末に泣けました~。でも、ウィリアム??
そうなる運命も感じちゃいましたが、それは脚色ですね
たぶんwww


■ミチさん、こんばんは♪
イギリスって良いですよね~。
同じ島国として似たところとか、親近感とかあるし、けど、全然違ところもいっぱい。
湖畔と田園の風景が素敵です。

お金も使い方次第ですねw
何であれ、皆がその意思をついでくれると嬉しいです。
私も一度行ってみたーい!!


■えきめんさん、こんばんは♪
あのアニメーションがとても効果的で可愛らしかったですねw
ミス・ポターもバッチリはまっていましたね。(ちょっと老けて見えたけどw)
観てよかった作品でしたw


投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/19 17:52

たいむさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

身分相応の結婚でもお見合いの相手が『アレ』じゃあ、ビアトリクスじゃなくてもドン引きする女性は多いと思うんですけどね~(^▽^;)ママもある意味ビアトリクスの結婚に対して障害を作った1人ですね。あれじゃあ弟も駆け落ちするわけですw

でも農地を本の印税やらオークションやらで購入したりしてましたが、ビアトリクスの本ってどの位売れていたのか想像も付きませんね。本のお金で4000エーカーって相当広いんじゃないでしょうか?最後は東京ドームで分かり易く表して欲しかったです(笑

投稿: メビウス | 2007/09/19 21:36

■メビウスさん、こんばんは♪
特別「王子様」を願っていたわけじゃないだろうけど、いくらなんでも見合い相手があんなのばっかりじゃ萎えますね。行き遅れると、いくらお金持ちでも、それなりの相手しか見つからないのかもしれませんね。
弟は賢いのかな?結局大人になってからは出ませんでしたね。

ピーターラビット。最初はわからないけど、遂には世界規模ですからねぇ。本の印税のみならず、キャラクターの製品化・使用契約料など、寝ても覚めても秒単位でチャリンチャリンですよ、多分(^^)

>最後は東京ドームで分かり易く表して欲しかったです
(笑)いったい何個分でしょうね?
もしかしたら、山の手線内かもしれませんよ(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/19 22:35

こんにちはーー。
伝記映画に、あのアニメのピーター・ラビットの予告、パスだなぁ~~なんて思っていましたが、観て良かったです。
自分の意志を通す頑固さで、自分の人生を切り開いた人なんですよね。母親の言うとおり結婚していたら、自分を嘆いて暮らすだけだったかもしれない・・・。
ところで、版権は、結局、ノーマンの甥が相続したそうですが・・・。

投稿: mariyon | 2007/09/20 15:05

■mariyonさん、こんばんは♪
ピーターの予告で?私は「観よっ」でしたがwww
今ひとつ、頑固な印象は受けなかったのですが、実はそんな感じですね。

>ところで、版権は、結局、ノーマンの甥が相続したそうですが・・・。
うひょ~。そうでしたか。
やはり初恋は強し(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/20 19:26

イングランドの大自然はもちろん、ロンドンの街並みや衣装、
家具・調度品、馬車・・・
これらを整えた中での物語りは、一層素晴しかったです。
誰もが知っていて親しんでる‘ピーターラビット’の作者、
とても感慨深いものがあります。
レニー&ユアンはもちろん、魅力的なキャスティングで、
見応えも十分でした。

投稿: 未来 | 2007/09/20 23:27

伝記だからほんと淡淡々・・
でも湖水地方の映像はすごいきれいでした!
癒し系の1本ですネ~
タランティーノが続いてたので、たっぷり癒やされましたデス^^

投稿: かいこ | 2007/09/21 00:20

■未来さん、こんばんは♪
イングラントの独特の雰囲気は私も好きです。
穏やかで優しい作品でしたが、見応え充分でしたね。
俳優陣も素晴らしかった!


■かいこさん、こんばんは♪
たんたんたん・・(^^)
伝記だからそんなもんでしょうが、癒されますよね、あの風景は。

タラちゃんと比較?!
アハハハハh!

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/21 21:08

こんにちは♪
やっとおんなじ映画を見れた。笑
「ミス・ポター」なんてハリーの一族かいな?って思ってた私を殴ってください。凹
だってピーター・ラビットは好きだったけど誰が描いたとかすっかり忘れていたのですもの;
結構我が家にはグッズが溢れていたりする・・・
いやー、それにしても、あの景色の為だったら私も「お金があれば」オークションで金額をつりあげちゃうかもな。
レネーはお嬢様姿よりも農婦姿の方がなんか自分の中ではしっくりきますです;

投稿: シャーロット | 2007/09/29 09:09

■シャーロットさん、こんにちは♪
ですね(^^)>やっとおんなじ

うはは。ポッターとポター、私もね、イギリスつながりかな~くらいは思いましたよ(笑)
それ以前に、作者なんて気にしてなかったからぜーんぜん知らなかったし。
最初はユアンのために観ようと決めていたくらいですから(爆)

>レネーは農婦
なるほど!どちらかといえばそちらがお似合いかもしれませんね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/29 15:24

 こんにちは♪
 TBどうもありがとうございました。

 ポターの純粋でまっすぐな生き方が、
 とてもいいなぁと思いました。
 風景も美しくて、癒されました。
 よい映画でしたよね!

投稿: miyukichi | 2007/09/30 17:21

■miyukichiさん、こんばんは♪
純粋でしたね~。羨ましい(^^)
イングランドの田舎の風景はほんと素敵ですよね。
ずっと残したい風景ですねw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/09/30 18:59

いつもトラ・コメどうもです。
ユアン・マクレガーの役柄は意外でしたね。
歌うのは、ニコール・キッドマンと共演した「ムーラン・ルージュ」以来ですかね??

投稿: ひらりん | 2007/10/03 01:44

■ひらりんさん、こんばんは♪
コチラこそ、まいどどーもですw

>「ムーラン・ルージュ」以来
そんなですか(^^)
ユアンは歌って踊るタイプではないって言うか、珍しいモノみたかの「ノーマン君」でしたねw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/10/03 18:43

たいむさん
今晩は☆★
TB&コメントありがとうございます!
そうなんです。ユアン・マクレガー
役作り、ばっちりでした。本当の
ノーマンとそっくりですよね。
シンプルな作品が少ないので、
凄く新鮮に感じました。久々に
心癒されました。

投稿: mezzotint | 2007/10/03 23:56

■mezzotintさん、こんばんは♪
ノーマンのあの画像、本当にビックリでしたよ。
そう、最近あまりシンプルな作品がないですよね。もう少し見たかった・・・くらいの時間と内容でちょうど良い作品でした。
癒されましたねw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/10/04 17:25

たいむさん、こんばんは☆
さすがに湖水地方までは行けませんが、ミスポターの映画を撮影したお屋敷を見学してきました。
とってもゴージャスで、ビックリ!
ポターの家も、しっかり立派でしたが、こちらは度肝を抜く素晴らしさです。
しかもポターの愛した大自然も残っているという、イギリスってすごいです。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2010/06/24 01:47

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
まいどまいど羨ましい限りです♪
やっぱり、夢見る夢子ちゃんが育つだけのお金持ちってことですかねぇ(笑)

「プライドと偏見」とか英国を舞台にした映画をみるのって大好きです。
私も映画の世界めぐりをしたいですよ~~~!!

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/24 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/16489858

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミス・ポター」みた。:

» ミス・ポター [そーれりぽーと]
『恋は邪魔者』のコンビ、レニー・ゼルウィガーとユアン・マクレガーが再び恋人同士の役? ピーター・ラビット出生の逸話を描いた『ミス・ポター』を観てきました。 ★★★ ピーターラビットの作者ヘレン・ビアトリクス・ポターのユニークな半生を描いた映画。 キュートでユニークに見えたのはレニー・ゼルウィガーが演じたおかげかもしれない。 エミリー・ワトソンは存在するだけでファンタジー色が強くなる。 彼女の視点では、ピーター達が生き生きと動き回るので、ピーターラビットファンにはたまらないんじゃないかな? レニ... [続きを読む]

受信: 2007/09/18 20:49

» ミス・ポター [★YUKAの気ままな有閑日記★]
今週から続々と期待している新作が公開される何本観れるかなぁ〜【story】1902年、ビクトリア王朝時代。身分の高い女性が仕事を持つことなど考えられなかった時代に、上流階級の女性ビアトリクス・ポター(レ二ー・ゼルウィガー)は、『ピーターラビットとその仲間たち』の物語を次々と出版する。やがて編集者のノーマン・ウォーン(ユアン・マクレガー)と恋に落ちるが、身分違いの恋には思わぬ運命が待っていた―     監督 : クリス・ヌーナン  『ベイブ』【comment】上品で静かな映画だった―物語は穏やかに淡々... [続きを読む]

受信: 2007/09/18 22:22

» 映画 【ミス・ポター】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ミス・ポター」 ピーターラビットの生みの親、ビアトリクス・ポターの半生を描いた作品。 おはなし:1902年、ヴィクトリア王朝時代。上流階級の女性ポター(レニー・ゼルウィガー)は“ピーターラビットとその仲間たち”の物語を次々と出版する。やがて編集者のノーマン(ユアン・マクレガー)と恋に落ちるが・・・。 18世紀のイギリスの上流社会の恋愛を描いた『プライドと偏見』が記憶に新しいですが、それから200年近く経ってもイギリス社会における女性への封建的な考え方というのは全く変わっていないよ... [続きを読む]

受信: 2007/09/18 23:23

» ミス・ポター [5125年映画の旅]
イギリス上流貴族の娘、ビアトリクス・ポターは、32歳になっても結婚せずに絵本ばかり書いていた。そんな中で生まれたキャラクター「ピーターラビット」を出版しようとするビアトリクスだったが、なかなか出版社が見つからない。やっと見つけた出版社からやってきたのは...... [続きを読む]

受信: 2007/09/19 06:41

» 「ミス・ポター」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「ミス・ポター」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー、エミリー・ワトソン、バーバラ・フリン、ビル・パターソン、他 *監督:クリス・ヌーナン 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからの..... [続きを読む]

受信: 2007/09/19 06:43

» ミス・ポター [UkiUkiれいんぼーデイ]
正直、ピーターラビットってよく知らないんですけどね、私(((*・・*) 観た感想は・・・そうですねぇ、手堅く仕上げてあるっていう印象ですかね。 上映時間も93分と、ダレない、程よい時間に収めてありまして。 女性客で割といっぱいでしたよ〜。 多分、ピーターラビット好きな方々ではないかと・・・。 これほんとに、ピーターラビットに幼い頃から親しんでこられた方ならもっと楽しめたかもしれないですね。 と、言いましても、お話し自体は児童作家であり画家であったビアトリクス・ポタ... [続きを読む]

受信: 2007/09/19 16:08

» ミス・ポター [Akira's VOICE]
こらピーター,魔法を使っちゃダメ! [続きを読む]

受信: 2007/09/19 16:51

» ミス・ポター(評価:○) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】クリス・ヌーナン 【出演】レニー・ゼルウィガー/ユアン・マクレガー/エミリー・ワトソン/ビル・パターソン/バーバラ・フリン/マッティエロック・ギブス 【公開日】2007/9.15 【製作】イギリス、アメリカ ... [続きを読む]

受信: 2007/09/19 21:10

» 「ミス・ポター」 [かいコ。の気ままに生活]
9/7 試写会で 観てきました。「ミス・ポター」公式サイトあらすじ:1902年、ヴィクトリア王朝時代。封建的で身分の高い女性が仕事を持つことなど考えられなかった時代に、上流階級の女性ポター(レニー・ゼルウィガー)は“ピーターラビットとその仲間たち”の物語を...... [続きを読む]

受信: 2007/09/19 21:13

» ミス・ポター [ポケットの中から]
世界で一番愛されているウサギ「ピーター・ラビット」。その生みの親である、ビアトリクス・ポターの半生を描いた映画『ミス・ポター』。史実とは違う部分もあるらしいが、おおむね... [続きを読む]

受信: 2007/09/19 22:13

» ミス・ポター [描きたいアレコレ・やや甘口]
ピーターラビット!世界一有名なうさぎ(あっミッフィーも好きだけどw) 子供がいる人なら、あの小さな絵本を育児バックに入れてた事があるだろう。 で、観たかったの!映画の印象は、静かな落ち着いた作り。 レ... [続きを読む]

受信: 2007/09/20 08:16

» 映画「ミス・ポター」 [<花>の本と映画の感想]
ミス・ポター 監督 クリス・ヌーナン 出演 レニー・ゼルウィガー 、ユアン・マクレガー 、エミリー・ワトソン 、ビル・パターソン 、バーバラ・フリン 、マッティエロック・ギブス 2006年 映画館にて鑑賞 1902年、ヴィクトリア王朝時代。ビクトリクス(... [続きを読む]

受信: 2007/09/20 11:25

» あたたかな思い広がる「ミス・ポター」 [茅kaya日記]
ユアン・マクレガーが似合わない付け髭をつけて 突然歌いだす・・・と、聞いていたので 大丈夫か??と、とっても心配でした(笑)。 ものすごく、気持ちが穏やかに、 そしてあたたかな思いが、身体にあふれるような そんな映画でした。 ユアンくんの声がとってもステキでした。 ... [続きを読む]

受信: 2007/09/20 14:58

» ミス・ポター [future world]
とても癒される素敵な作品でした。 特に女性にオススメです。 ピーターラビットが大好きな人はもちろん、あまり興味なくても十分心安らげる。 青いジャケットを着たピーターラビット、その家族や仲間達〜 私も絵本こそ持ってはいないが、子供の頃からいろんなグッズな....... [続きを読む]

受信: 2007/09/20 23:34

» 映画vol.134 『ミス・ポター』*試写会07-13 [Cold in Summer]
*オリジナル・サウンドトラック 公開:2007年  公式HP 主演の「レニー・ゼルヴィガー」、活き活きしてました! 今までの彼女の役の中で1番好きでした。 ←よろしくです♪ ... [続きを読む]

受信: 2007/09/21 09:40

» 「 ミス・ポター/ MISS POTTER (2007) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【ミス・ポター 】 9月 日(土) 公開 監督 : クリス・ヌーナン 出演  [続きを読む]

受信: 2007/09/21 14:54

» 「ミス・ポター」みました♪ [★Shaberiba ★]
   「 ピーターラビット」を生んだ「ビクトリクス・ポター」の半生♪              彼女はありあまる財産をこの湖水地方の豊かな自然を守るために使ったという。彼女の強く優しい意志によって、今も現存しているという「ピーターラビット誕生の地、イングランド湖水地方」この地での撮影が実現したとあっては みにいかなければならないでしょう(笑)  その風景は、ため息が出るほど美しかった〜。  時々絵の中から動き出すピーターたち♪なんともかわいい〜♪1902年、イ... [続きを読む]

受信: 2007/09/21 20:31

» ミス・ポター [ケントのたそがれ劇場]
★★★★☆  青い上着をつけたあの可愛いうさぎ、ピーター・ラビットが生まれて100年が経つ。この愛らしいうさぎの絵本は、今だに全世界の子供たちと女性の心を掴んで離さない。  ピーター・ラビットを生み出したのは、英国のビアトリクス・ポターである。彼女は上流階... [続きを読む]

受信: 2007/09/22 09:59

» ミス・ポター・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「Potterさん」と言っても、眼鏡を掛けた魔法使いの少年ではない。 英国の児童文学者で画家、というよりは世界一有名なウサギ、ピーター・ラビットの生みの親として知られるビアトリクス・ポターの半生を描いた「ミス・ポ... [続きを読む]

受信: 2007/09/23 11:21

» ミス・ポター を観ました。 [My Favorite Things]
When You Taught Me How To Dance の歌が頭のなかで鳴っている…そんな作品でした。 [続きを読む]

受信: 2007/09/24 15:43

» 『ミス・ポター』 [・*・ etoile ・*・]
'07.09.15 『ミス・ポター』@TOHOシネマズ市川コルトン 水色ジャケットの世界一有名なうさぎピーター・ラビット。その作者ビアトリクス・ポターの人生を描いた映画。ピーター・ラビットとイギリス湖水地方が大好きなので見る。 「ロンドンの上流家庭に生まれたビア...... [続きを読む]

受信: 2007/09/24 22:04

» ミス・ポター [Yuhiの読書日記+α]
ヴィクトリア朝の封建的な空気が残る1902年のロンドン。上流階級の家庭に育ったビアトリクス(レニー・ゼルウィガー)は、子供の頃からの夢であった絵本を出版しようとしていていた。主人公は、青い上着を着た愛らしいうさぎ、ピーター。新人編集者、ノーマン(ユアン・マクレガー)はビアトリクスの絵に魅了され、二人で制作した絵本はたちまちイギリス中に知られるようになった。いつしか愛し合うようになる二人だったが、ビアトリクスの両親は身分違いの結婚を許さなかった。 前宣伝などで見た限りでは、かなり地味なイメージがあ... [続きを読む]

受信: 2007/09/25 00:25

» ミス・ポター [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
その恋が私を変え、私の絵が世界を変えた。大好きだから叶えたい──良家の子女ビアトリクスの夢。恋と波乱に満ちた半生を描く感動作。 時は1902年、ロンドン。新しい世紀が訪れたが、イギリスにはまだヴィクトリア朝の封建的な空気が漂っている。上流階級の女性が仕事を...... [続きを読む]

受信: 2007/09/26 14:09

» ええとこのお嬢やのにカッコいい。~「ミス・ポター」~ [ペパーミントの魔術師]
フツーなら社交界でお姫様みたく生きてゆけばよいわけです。 親の決めた結婚をし、ダンナに恥をかかせない立ち振る舞いをし、 そして家のことやってればオケーなお嬢様。 でもそうじゃないのな。 貴族の女性が働くことも、 身分違いの恋をすることも、 とにかくやたら不自..... [続きを読む]

受信: 2007/09/26 18:34

» ミス・ポター [シャーロットの涙]
美しい心の故郷と、可愛い友達 [続きを読む]

受信: 2007/09/29 09:10

» ミス・ポター [Movie] [miyukichin’mu*me*mo*]
 映画 「ミス・ポター」(クリス・ヌーナン:監督)  を観てきました♪  ※チケットくれたMちゃん、ありがとう!    ビアトリクス・ポターの名前は知らなくても、  彼女が作りだしたピーターラビットという  キャラクターなら、たいていの方がご存知でしょう。  食器など、いろんなグッズにも  プリントされてたりしますしね。    私が初めて知ったのは、  オーソドックスに絵本でした。  子どもの頃、母が買ってきてくれたのを  よく読んでいました。  いや、読むというより、絵を見てたって感じかな。 ... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 20:19

» 映画「ミス・ポター」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Miss Potter その物語の初版登場は今から100と5年も前のこと、第1作の「ピーターラビットのおはなし」だけでも4500万部を超えいまも世界中に親しまれているという・・ ビアトリクス・ポター(レニー・ゼルウィガー)は少女時代、両親に連れられロンドンから避... [続きを読む]

受信: 2007/09/30 11:53

» ★「ミス・ポター」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウは・・・ 「スキヤキウェスタン・ジャンゴ」とか、先行上映の「アーサーとミニモイ・・・」など、 見たいものが目白押しだったけど・・・ 何故か苦手系女優レニー・ゼルウィガー主演の本作を鑑賞。... [続きを読む]

受信: 2007/10/02 03:42

» MISS POTTER☆ミス・ポター [銅版画制作の日々]
その恋が私を変え、私の絵が世界を変えた。 9月17日、MOVX京都にて鑑賞しました。「ピーターラビット」を生んだビアトリクス・ポターの物語。お話も素敵ですが、イギリスの湖水地方の景色もたまらなく美しく、心が和む映画です。 STORY 時は1902年、ロンドン。新しい世紀が訪れたが、イギリスはまだヴィクトリア王朝の封建的な空気が漂っている。ビアトリクス(レニー・ゼルヴィガー)は上流階級の子女。この時代そのような子女が仕事を持つようなことはあり得ない頃だった・・... [続きを読む]

受信: 2007/10/03 10:16

» 映画「ミス・ポター」ゆかりの地をたずねて [ノルウェー暮らし・イン・London]
いや~、正直言って、お土産付試写会でなかったら応募していなかった地味そうな映画。 ところがどっこい! なんだか~いいんだな~~この映画。 本当に癒される映画・・・・・・自然と微笑んで観ている自分がそこにいた。 このレビューは、2007年に試写会で観た時のもの。 今回はその撮影場所を訪れたのでレポを追記したYO☆... [続きを読む]

受信: 2010/06/24 00:37

« ところ変れば・・・ | トップページ | アニメギガ(7)~声優:朴璐美 »