« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」みた。 | トップページ | あっというまにヱヴァが・・・ »

2007/09/01

「精霊の守り人」~第22話:目覚めの季

「オレは、精霊の守り人のだから。」
ジグロとバルサの話を聞き、バルサと自分に重ね合わせ、立場や環境は違えど、今自分が出来る事を精一杯やろう、という気持ちが芽生えたチャグムだ。
ニュンガ・ロ・イム=”水の精霊”に卵を産み付けられた者をヤクーの人々は、ニュンガ・ロ・チャガ=”精霊の守り人”と呼んだ。一見、一方的な寄生・片利共生関係にもかかわらず”守り人”と呼ばれる由縁はここありそうだ。そして、その心が”守り人”の生死を分けるカギかもしれない。

出来ることをやらないことこそが罪。英雄とはなるものではなく、されるものであって、やるもの。やるもやらないも本人の自由だが、理屈ではなく、結局はその人間の持つ度量や器量がそのまま反映するわけで、ジグロは真の英雄だったということだ。
蛙の子は蛙。そうした人間を間近見、育てば、その心は自然と受け継がれるものだ。チャグムは元々賢い子だが、それが損なわれることがなかったのは、育ての親となったのが、ジグロに育てられたバルサだったからかもしれないね。

なんとか元気を取り戻し、来る日に備えて武術を習い始めたチャグム。再び訪れた一時の穏やかな日々。思うことあってか”湯治”(情報収集)に出 かけたトロガイ師の不在も手伝い、タンダの片思いもピークに達してしまい、つい「この修羅場を乗り切ることが出来たなら、このまま3人で・・・」という本 心をバルサにもらしてしまう。
困るバルサ。バルサはバルサで、タンダの気持ちも、タンダを憎からず想っている自分もわかっているわけで、色々なしがらみであり、未だ自分の心を計りかねているだけなのだろ うが、何分時期が時期。バルサのほとんど瞬殺にやや卑屈になったタンダの物言い。不憫なタンダに同情はするけれど、やはり先を楽観できる状況ではないわけ で、もう少し我慢できなかったのか?とは思ってしまう。すまん、タンダ(^^ゞ

宮では、碑文解読に全力が挙げられ、約束の地についてはなんとか見当が付けられたようだ。しかし水没してしまっている碑文の引き上げに手間取り、確信に触れた部分は未だ解読に至っていない。雪は溶け始め、空は青く澄み始めた。春は直ぐそこ。

魂がナユグとサグを行き来しはじめたチャグム。卵の中はニョロニョロと。。。(><)
期は熟したか?次回、「ジグ・サルアを追って」
髪が少し伸び、精悍な顔つきをするチャグムが宴の地へと動き出す。

田植え歌、今回は一番のみかぁ(笑) なあじ、とーべとべ♪  

|

« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」みた。 | トップページ | あっというまにヱヴァが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/16302518

この記事へのトラックバック一覧です: 「精霊の守り人」~第22話:目覚めの季:

» 精霊の守り人 第二十二話「目覚めの季」 [よう来なさった!]
三十路のバルサでも、そう見えずに若いなと思ってたけど 10代の頃に比べると、やはり30なんだなぁ、とw十分若く見えるんですけどねw ただ10代では、歳相応の可憐さや可愛さが見えて感じるわけでw でも今のバルサには、可憐さではかなわないけど逞しさが備わっ....... [続きを読む]

受信: 2007/09/01 13:53

» 精霊の守り人 22「目覚めの季」 [はざまの欠片]
「俺にも武術を教えてよ。タマゴと自分の身を守る為に、少しでも出来る事をやっておきたいんだ。体を鍛えておけばラルンガが襲って来ても逃げられるかもしれないし、例え俺が死んだとしても卵だけは無事孵す事が出来るかもしれない。俺は精霊の守り人だから!」 「そうだね....... [続きを読む]

受信: 2007/09/01 15:55

» [アニメ『精霊の守り人』]『精霊の守り人 第22話』 [どっかの天魔日記]
『精霊の守り人』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第22話 『目覚めの季』。 ストーリーは…。 バルサの話はなおも続く…。 ジグロと親友“王... [続きを読む]

受信: 2007/09/01 15:56

» 精霊の守り人 第22話 目覚めの季 [Happy☆Lucky]
第22話 目覚めの季 [続きを読む]

受信: 2007/09/01 16:07

» 精霊の守り人 第22話 [ACGギリギリ雑記]
『目覚めの季』 タwwンwwダww わかってる。お前の気持ちはよーく、わかってるんだ! よしっ、俺の嫁になれ!(マテ なんならケツだって貸してやる・・・来い! 来いよ!!(最悪 ・・・そんな気持ちにさせられた、今週の精霊の守... [続きを読む]

受信: 2007/09/01 18:24

» アニメ「精霊の守り人」第22話 感想。 [ぎんいろ(旧夢の日々)。]
第22話「目覚めの季」 雪降る中、残りの王の槍全てと対峙する事になったジグロ。 彼等はジグロの言葉には全く耳を貸さずに襲い掛かってくる。 王の槍と対峙しつつ、走り抜けていけば、当然のように、彼等は追いかけて来て攻撃を仕掛けてくる。 1人、また1人と片付けていくジグロ。そして最後とおぼしき1人と対峙した時、どこからか槍が飛んできて、それはジグロの肩に突き刺さる。槍を飛ばしてきた男は、ジグロにやられはしたものの、まだ動けるようだった。 刺さった槍を抜いたジグロを見て、とうとう我慢できな... [続きを読む]

受信: 2007/09/02 00:51

» 「精霊の守り人」第22話 [ひねもすのたりの日々]
精霊の守り人アニメ公式サイト出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意で [続きを読む]

受信: 2007/09/02 07:52

» 精霊の守り人 ♯22 目覚めの季 [鳥飛兎走]
タンダがーーー  タンダがフラれちゃったよぉぉお〜!      ウァーーン(TдT)姐さん・・そんな殺生な・・・『バルサ・・・  この修羅場を生き延びたら、     ずっと3人でこの冬みたいに暮らさないか?』『・・・・・・・・・・。         どうし...... [続きを読む]

受信: 2007/09/02 11:33

» 精霊の守り人#22「目覚めの季」 [Sweetパラダイス]
チャグムはかつてのバルサ姐さんとジグロに今のバルサ姐さんと自分を重ね合わせていた。そしてチャグムはついに自らの運命に立ち向かう決意をしバルサ姐さんに武術を教えてもらおうとする。水汲みして手合わせ。チャグムの可愛い膝に傷が!!ちょっと待ってて舐めてあげる...... [続きを読む]

受信: 2007/09/04 19:55

» レビュー・評価:精霊の守り人/第22話「目覚めの季」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 17 / 萌え評価 28 / 燃え評価 13 / ギャグ評価 6 / シリアス評価 65 / お色気評価 2 / 総合評価 22レビュー数 46 件 第22話「目覚めの季」のレビューです。 [続きを読む]

受信: 2007/09/06 18:41

» 精霊の守り人 #22『目覚めの季(とき)』 [シチュー鍋の中の混沌]
やっとまとまったよママン! でもいつもより素晴らしくグダグダだよ! もともとまとめる力がない上に、のーみそ半分寝てるんだよ、許してたもれ。明後日の放送日までには間に合ったし、良しとしてくれー(逃) 精霊の守り人 4ジェネオン エンタテインメント安藤麻吹(俳優)安達直人(俳優)辻谷耕史(俳優)真山亜子(俳優)浅野まゆみ(俳優)広橋涼(俳優)麻生我等(デザイン)神山健治(監督)上橋菜穂子(原著)発売日:2007-09-21おすすめ度:Amazy「お前を守る。私の命にかえて」 文章・映像問わず... [続きを読む]

受信: 2007/09/07 18:46

« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」みた。 | トップページ | あっというまにヱヴァが・・・ »