« 『モノノ怪』をみるなら『怪-ayakashi(化猫)』はみたほうが良さそうだ。 | トップページ | 「精霊の守り人」~第20話:狩穴へ »

2007/08/17

高校野球がらみで色々・・・『おお振り』バンザイ!

『モノノ怪』絶賛!なこの頃だけど、もう一つ絶賛なアニメが『おおきく振りかぶって』。・・の前に、高校野球ということで、まずはこちら。
今年は我が新潟県代表の「明訓高校」が頑張っている。
どうしたことか(おぃっ!)2回戦を突破して”ベスト16”に勝ち残っている。実際の甲子園では、常連でも強豪でもない「明訓高校」だけど、『明訓』と言えば、甲子園では別の理由で名の知れた高校。・・ということもあり、架空の世界と現実が重なり合うというのは、なんだかちょっと嬉しくもあり、このまま勝ち進んで23年ぶりの「ベスト8」を勝ち取って欲しいと思っている。(漫画のように行けばとても嬉しいけれど、そこまでは言わない。)

さて、同じく”高校野球”を題材にしたアニメ『おおきく振りかぶって』でも”県大会”が始まっている(予選、しかも1回戦なのだがw)

我らが西浦高校は、一回戦で昨年の県大会優勝校の桐青高校と当たってしまうというくじ運のなさ。それでも、公立の新設硬式野球部で全員が一年生だからといって「負けてもともと」などという考えは一切なく、「勝てないことはない。勝つんだ!甲子園を目指すんだ!」と、監督をはじめ西浦ナイン全員が超ポジティブ思考で挑んでいる真っ最中。そう思えるだけのキツイ練習も、イメージトレーニングも、情報収集・分析も、とにかくやれるだけの事は全てやったという自負が+αのパワーとなっているようだ。(開花の予感も??)
『おお振り』は、これまでの高校野球漫画とはひと味違ったストーリー展開がとても面白い。(・・といっても、実はあまり知らないけど・・^^;)
ズバ抜けた野球センスを持つ子や、高校野球のレベルってここまで高いの?と思っちゃうほど専門的に語っちゃう頭の良い子もいるけれど、日常だったり”素”の部分ではみーんな等身大の高校生で、悟った大人子供が居ないところに好感が持てる。
スポーツモノでありがちな、”ありえねぇ魔球や必殺技”もなく(技術・センス・身体能力での突出はあっても)、”絶対大丈夫”なお約束を感じさせないリアル感が、見ていて清々しくて心地いい。
つまりは、スゴイ奴はいるけれど、スーパースターはいない。例えば、一番スーパースターに近い田島君が、絶好のチャンスで打順を迎えたとしても、必ずしも結果を出すわけではない。(練習試合では唸るバッティングをしたけど、桐青戦では4回までに2打席2三振)野球界に10割バッターなどいる筈もなく、確率的にもきっちりとした”野球”をみせてくれるのが非常に良い点であり、すごく嬉しい。

実力がそこそこあって、頭も良い。それなりに自信をもって野球をしていた花井君は、田島君に抜群のセンスと身体能力をみせつけられ、更に野球に対する姿勢が一歩も二歩も先を行く田島君を、「何なんだよコイツ、すげぇ。(オレ、そんな頃考えたこと無かった)」なんて素直に思っちゃう標準的な高校生。そんな花井君がキャプテンなのもイイ。
田島君は、素質に恵まれた(だから)野球が楽しくって大好きでなスペシャル高校球児。でも健康で健全なフツーの男子高校生だ。(感覚で生きる天才肌が、脳天気に近い明るい性格を形成しているようではあるけれど。)
阿部君は、冷静さや状況分析力・知識が豊富であることからやや高校生離れしたイメージがあるけれど、長年キャッチャーをやっていると思えば許容範囲といえる。三橋君に振り回される彼は、ストレートに怒って、泣いて、笑って、感動しちゃうような、感情や心の動きが分かりやすい子であり、やっぱりまだまだ高校生だと思わせてくれる。
厄介な性格が災いしている三橋君は、高校生以下(辛っ)。けれど、負けず嫌いと辛抱強さ、人一倍に努力する根性は大人顔負け。そんな彼のスゴさは、損得勘定がまったくないピュアな心と一生懸命さ。これは子供だからこそのもの。感動に価する天然記念物。出来ることならヘンに色気づくことなく、ここままずっとピュアなままでいて欲しい・・・なんて思ってしまう。(挙動不審とドモリは直さなくちゃだけどねw)
ほかの子達(ゴメン)も、誰もが極々普通の高校球児でしかない。緊張したり、ミスったり、ノリノリになったり。だから、敵も味方も、何時何処で何が起こっても不思議ではない野球の試合を繰り広げてくれる。
フツーにそこらへんの野球の試合を見ている気分。でも『おお振り』はアニメ(エンタメ)だから、フツー(生)では知りようのない、それぞれの心情が場面場面でそれぞれに語られちゃったりもして、耳も目も、片時だって離せなくなる。誰の打席でも、打つのか?打ち取られるのか?と、ドキドキしながら1球1球を見つめ、何かが起こればゾクソクしてしまう。時には息を止めて成り行きを見守ってしまったりも・・・。
こんな”野球アニメ”はたぶん初めて。原作はもちろんなのだろうけど、アニメの作り方が実に上手い!さすが水島努監督!!
細かいところでは双方の応援団もなかなかいい。攻撃での応援歌も、実際の高校の吹奏楽部が演奏しているだけあって、今風のアレンジだし、ほとんど本物と変わらない。(本当は音がトチ狂ったり、ブレたりしたら完璧なんだけどw) 
この作品は、全てにおいて「等身大、よりリアルに近い、アルアルな感じ」、というこだわりを感じさせる丁寧な作りが素晴らしいと思う。そんなこんなで、このアニメを絶賛してしまう私というわけだ。

【BS-i】の放送では、現在第17話「サードランナー」まで。
一回戦の相手校:桐青ナインは西浦を、”新設で全員一年坊主だから”と、楽勝ムードのどこかで舐めていた雰囲気があった。しかし、打者一巡で7三振。決して手を抜いたつもりはなかったのに手も足も出せていない我が陣営を振り返り、「西浦、侮り難し」と意識を変化させてきた4回裏だ。そんな桐青の隙をつき、2回表に先取点を獲得した西浦だけど、その後はまったくの沈黙状態。とりあえず勝ってるだけで、余裕があるわけではない。
17話では、桐青の同点となる”スクイズ”を阻止する瞬間に震えがきた。
雨でぬかるみだしたグラウンドに転がらないボール。処理には間に合わないサード田島。キャッチャー阿部の葛藤する状況判断。ダッシュするピッチャー三橋。三橋に的確な指示をおくる田島。田島のアドバイスどおり右手でボールを拾いそのまま阿部にトスする三橋。キャッチしてホームベースをブロックする阿部。挙がる主審の右腕。・・・「アウトォ!」・・・・・・・・・くぅぅううううううう~~~!たまらんっ!!

次回18話は「追加点」ということで、ゲームに動きがありそうだ。
三橋君のハイテンション(暴走)が気になるところではあるけれど、「まさか?!」も期待しまうような予告編。原作にない、オリジナルな部分も含まれ始めたらしいし更に期待度UPだね。来週はDVD3巻も発売だし(買ってないけど)、毎週金曜日が待ち遠しいぞ!!

最後に、高校野球がらみ色々、というからにもう一つ。
実写版『キャプテン』が18日から劇場公開される。むかーし昔にアニメをチラッとみた程度で全く内容は覚えていないけれど、確かこれもイイお話だったような記憶がある。
18日から公開の観たい映画が既に3本待機していてスルーするつもりだったけれど、どうしようかなぁ、困った。(にわか高校野球月間に入っちゃったからなぁ。)

|

« 『モノノ怪』をみるなら『怪-ayakashi(化猫)』はみたほうが良さそうだ。 | トップページ | 「精霊の守り人」~第20話:狩穴へ »

コメント

きりんです!
ちょっと今バタバタで、記事よめてなくってすみません(汗)
取りあえず例のメアドはっつけてありますので☆

お待ちしてますw

投稿: きりん | 2007/08/17 21:50

■きりんさんへ
どうもありがとうございます。
お忙しい中、お手数をおかけいたしました。
あとは、メールのとおりです。ご検討ください♪

投稿: たいむ(管理人) | 2007/08/17 23:27

私も高校野球にからめて『おお振り』の記事を書こうかと思ってました。
...とはいうものの、暑いんで閉店休業状態なんですが...だはぁ。
ドカベン?!の明訓、ウチも応援していましたが、大垣に負けて残念でしたね〜。

最近『モノノ怪』と『おお振り』どっちも録画してます。
『おお振り』のマンガ、欲しいんですが、もう少し待ってイッキ読みしよう、と思っています。
野球マンガって、進行が遅いですからね。
『プレイボール』も『キャプテン』も持ってて家族でファンなんですが、検討した結果、私は観ないことにしました...。どれを観るか、マンガやDVD、何を買うか、色々悩みますね〜(汗)

投稿: あん | 2007/08/18 19:20

■あんさん、こんばんは♪
意外なところにコメントをいただきまして、一瞬目を疑いましたよ(笑)
そうなんです。残念ながら明訓高校、メタメタにやられちゃいました(><)それでも完封じゃなかったし大健闘ですよねw
「プレイボール」も「キャプテン」もご存知ならば、「ドカベン」を知らないわけないですよね♪
新潟にはドカベンストリートなんかもあるんですよ~(^^)

>『おお振り』のマンガ、欲しいんですが、もう少し待ってイッキ読み
私も同じこと考えてます!あらすじを知らずにアニメを見たほうがきっと楽しめそうですから、アニメが終わったら大人買いしようと思ってます。
ほんと、野球マンガは一試合を平気で2ヶ月くらいやっちゃいますからね(^^;)
一球で15分なんてのも「ドカベン」あたりじゃ日常茶飯事だったし(爆)

「モノノ怪」もご覧になっているのですか?
うわぁ~仲間が増えて嬉しいなぁ!!
涼しくなったら、薬売りさんと加世ちゃんと天秤さんを是非お願いします!!
あ、阿部君と三橋君もね(笑)

>どれを観るか、何を買うか、
本当にそうですよね。両方欲しいのだけど、なかなか・・・
とりあえず「おお振り」はマンガ、「モノノ怪」はDVDを買おうかなーっと思っていますが。。。ふえ~

投稿: たいむ(管理人) | 2007/08/18 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/16148340

この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球がらみで色々・・・『おお振り』バンザイ!:

« 『モノノ怪』をみるなら『怪-ayakashi(化猫)』はみたほうが良さそうだ。 | トップページ | 「精霊の守り人」~第20話:狩穴へ »