« じゃすと・IN・たいむ(8/12号・・エヴァ・ピクチャーS) | トップページ | DVD『怪-ayakashi-化猫』みた。 »

2007/08/14

『コードギアス(24&25)』みました。

心待ちにしていた相棒の帰省。一番の目当ては、お土産の『コードギアス 反逆のルルーシュ』:STAGE24『崩落のステージ』・STAGE25『ゼロ』 ヾ('o'ヾ('o'ヾ('o';)ォィォィ
長いこと待たされたけど(もっともっと待たされているのもあるけど)、やっと続きを見ることが出来た。出来たんだけど、、、これじゃあ、さらにお預けをくらったようなものなのでは???
(以下、若干ネタに触れていますが、あらすじはなし)

23話のラスト、ルルーシュとスザクの会話においては、ストレートな意味でも、裏の意図含んだものとしても話が噛み合う遣り取りがなされ、ゾクゾクさせられたものだった。
スザクは「V.V.」によってどんな入れ知恵をされたのだろうか?それによって全部を知ってしまったのだろうか?ならば、それでも尚・・ということなのだろうか?等々。対してルルーシュは、既に後戻りが出来ないどころか進むしか道はないと悟りきり、全てをスザクに、仲間に知られることとなったとしても「それがどうした」と言わんばかりの覚悟を感じさせられたわけで、とにかく24・25話での決着を期待して待っていた。
しかしながら”続編ありき”で臨まれた最終回では、【結局コーネリアは何も知らなかった】、【スザクとカレンに『ゼロ』の正体がルルーシュであることが発覚した】、【C.C.の過去がほんの少しだけ明らかになった】程度に留まり、多くの謎が残されたどころか謎が深まるばかり。さらに「どう収拾をつけるんだ?」と深みに嵌っていく様相の多いこと多いこと。『コードギアス』の続編が、一体いつ頃(何話)の時点で決定していたのかは知らないけれど、張り巡らした伏線、投げまくった布石に対して、これはあんまりな〆方であり、やや興醒めしてしまった。
『コードギアス』はテンポの良い展開、収拾のウマさがとても面白く、内容の深さも合わせて評価できる作品だった。確かに、そもそもが”ギアス”という反則技あってのルルーシュ(ゼロ)の優位(勝利)であり、緊急非難的に”ギアス”に頼る、危ない綱渡りを繰り返すルルーシュでもあった。だから、いずれ逆にその力が破綻を招き出すだろうと、早くから想像はしていたけれど、ここまでめちゃめちゃになるとはね。巻き込むだけ巻き込んでおきながら放棄するかのルルーシュの器の小ささ、浅はかさが浮き彫りになったようで、少々ガックリしてしまった。
『デスノート』で、”キラ”(ライト)の正義を勝たせた(認めた)まま終わるわけにはいかないと思っていた私は、その最終回に納得だった。それと同じで『コードギアス』も、「ルルーシュを勝たせたまま終わらせちゃいけないよなぁ」と、だからやはり「ルルーシュは最後に死ぬんだろうな」と思ったし、今でも思っている。けれど、ルルーシュが憎めないキャラだからこそ、なんとか全てが上手くいく方法を見出す、周到なダークヒーロー:ルルーシュ、で魅せてくれることを期待していただけに、今のこの状態は残念でならない。
・・とはいえ、ルルーシュとスザクには、いつもアスランとキラを重ねてみている部分もあり、25話のラストは、まさしくデジャヴのような互いに切羽詰った殺し合い。アイタタタタタ・・・(><) ドキドキしながら「なんてことを!こんなところで終わらせないでください!!」というのが第1番の感想であることは間違いなく、「最後まで見届けるまでやめられない!」という気持ちも本当。
「続編の制作順調!」の文字を残して終わった番組。その言葉を信じて、続編を楽しみに待ちたいと思っている。

|

« じゃすと・IN・たいむ(8/12号・・エヴァ・ピクチャーS) | トップページ | DVD『怪-ayakashi-化猫』みた。 »

コメント

たいむさん、こんばんは。
ギアスの最新話、見られたんですね。私もしばらく前に眠さに堪えて見ましたが、思わず「伏線を撒き散らしといて、回収なしかいっ!」とツッこんでしまいました。
これを見たら、たいむさんも「・・・、で?」となるだろう想像もしつつ。。。
ラストも何だかオレンジはやたらと出るわ、V2は意味不明、スザクは性格変わってるしもう泥沼でした。

続編が始まったら、既にあれから5年後、みたいなオチは勘弁してほしいと願わずにはいられません。

投稿: GAKU | 2007/08/15 02:05

■GAKUさん、こんにちは♪
やっとみましたよー(^^)
>たいむさんも「・・・、で?」となるだろう想像もしつつ。。。
あははw 思い出していただけて光栄ですwww

まぁね、伏線に関しては続編が発表される前から、どう考えたって25話で収拾がつかないだろうと思っていたので、そのつもりでどんどん広げているんだなとは思っていたのだけど、22・23話の展開で、これは一旦なんらかのけりをつけるのかな?と感じられただけに、肩透かしでした。
続編決定なら、「ルルは死なない」は確定だと覚悟はしていたけど、これじゃぁなぁ~。
スザクの豹変は、どうもV.V.が怪しいと思ってます。
C.C.と同類のようだし、あの目の据わりようは操られているのか、もしかしたら何らかの契約をしたかな~って可能性を感じ、判断は保留してます(^^)
オレンジはウザいだけだったけど(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/08/15 17:04

たいむさん、こんばんは~。お久しぶりです。
古い話題で申し訳ないのですが、地震の被害は大丈夫でしたか?
新潟は、なんだか災難続きな感じがして、他県人から見ても大変そうに見えます。
ただ、うちのほうも「南海大地震」という爆弾を抱えているので、他人事ではないなぁと思います。

コードギアス、おなじくらいにみられたんですね! わぁい♪仲間~(゜▽゜)人(゜▽゜)
しかし、ものすごい終わらせ方だったですね^^;。
「風呂敷広げるだけ広げて、責任取るのは無しか~!!」と、TVに向かって旦那と一緒に突っ込みを入れておりました(笑)。
エンターテイメントとしてはものすごく楽しめましたが、話そのものはグダグダでしたね。
>巻き込むだけ巻き込んでおきながら放棄するかのルルーシュの器の小ささ、浅はかさが浮き彫りになったようで、少々ガックリしてしまった。
ルルーシュの、というよりは、作り手さんの浅はかさが浮き彫りになった感じがします。あの話運びでいけてる! と、思ったりしているのではないでしょうか?
もうちょっといろんな本を読んで、勉強して欲しいですね。
「責任」ということについて、もう少し考えた方がいいのかもしれません。
>ルルーシュとスザクには、いつもアスランとキラを重ねてみている部分もあり、25話のラストは、まさしくデジャヴのような互いに切羽詰った殺し合い。
あ、それ分かるかも(笑)
私もラストで銃を向け合う二人に、思わずアスランとキラが脳内光臨をしておりました。
と、言うことは、続編を作るのならあの二人は和解する、ということなんでしょうね^^;。あの状況から、どうやって二人が再び手を組めるようにするのか、ちっとばかし興味があります。
>「最後まで見届けるまでやめられない!」という気持ちも本当。
これは私も思います。
いろんな意味で冒険をして楽しませてくれた作品ですので、続編があったらぜひ見たいと思っています。
ではでは(^_^)/~
長々とすいませんでした

投稿: 農家の嫁 | 2007/08/15 23:50

■農家のお嫁さん、こんばんは♪
お気遣いありがとうございます。
幸いなことに、私は直接被災者にはなっていませんが、身近で気の毒なことになってい知人もおり、災害はもうしばらく勘弁願いたいなぁ。
東海地震、南海地震・・・日本全国、いつどこで起こっても不思議はないですから、人ごととは思わず教訓を学習していきたいですね。

さて、コードギアス。
>作り手さん
それを言ったらお終いじゃないですか(笑)確かにそうなんでしょうが。
上でも書いたけど、続編決定が早くから決まっていたのだとすれば、最終的には全てが回収できるラインまで風呂敷を広げたのだと考えたいです。私がはじめて続編確定の噂を聞いたのは、まだ1ケタの話数だったことも確か。そのあたりから、どんどん話がふくらんでいったのも確か。だから怒濤の展開が面白かったし、続編決定で「だよね」って素直に思ったしね。
ルルーシュにしても、その脆さは最初から要所要所でちゃんと描かれているし、今回のアホな言動も想定外ではなかったのがホントの所です。(ちなみにネタバレは完全にシャットアウトしてました)
ただ、ルルの自爆テロさながらのサクラダイトが、予想以上に茶番劇に成り下げてしまったのはいただけなかったなぁ。
そこが制作陣の力量と言えばそうなのだけど、質の低いアニメが氾濫する中、原作マンガのないオリジナル作品では大健闘だと思ってます。良くも悪くも続編ありきだったということで、評価は最後まで見てからにしたいかなーって思います。

ところで、話は変わって先日話題にしていたかの「明訓高校」の健闘にお気付きですか?(^^)
今現在、”ベスト16”まで勝ち残ってます♪
関係ないのだけど、応援して頂けると嬉しいです。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/08/16 17:34

こんばんは、たいむさん。(^^)
コメント返しに参りました。ホント、こちらは毎度ながら丁寧に細かく書き綴ってあって、感心いたします。(*^.^*)

> 巻き込むだけ巻き込んでおきながら放棄するかのルルーシュの器の小ささ、
> 浅はかさが浮き彫りになったようで‥

う~ん、やはり真面目で義理堅いA型だとそう受け取っちゃいます?
ただ、黒の騎士団そのものがルル-シュの人柄等に魅了されてといった純な信頼関係でなく、利害や打算の一致する者同士としての結びつきといった意味合いが強い組織だったし。
彼とて裏切った訳でもつもりでもないし、それこそ優先順位の違いだから、あれは仕方ないとしか・・。ルル的にはナナリーが失われれば、ユフィをも犠牲にした意味がなくなりますからね。

ルルーシュの場合、そもそもの初めから、どんな犠牲も厭わない、世界全部敵に回してでもひたすらナナリーの為に‥っていう徹頭徹尾シスコン男で妹至上主義者ですから。
その、いかなるときも揺るぎない価値観・優先順位にこそ、「彼の潔さを見た」って書いてる人もいましたし。
私も「身勝手でも自己チュウでも真っ正直で身内最優先」な部分はO型として痛いほど共鳴できるんで、かなり微妙なところです。(^^;

とにかく、デスノートのライトとは、立場も動機も違いすぎるんで、どれほど手を汚そうといくらかの救いはあってほしいかな。(=^ェ^;=)

> ルルの自爆テロさながらのサクラダイト

ここまで姑息さも厭わずやってくれちゃうところがルルの真骨頂かも。(苦笑)ちっとも自分大事じゃないところがね。その点ではスザクも引けをとらないから、ちっとも脅しになってないし。(爆)

> ルルーシュとスザクには、いつもアスランとキラを重ねてみている部分

そうですね。でも小説版を読んだら、スザクの父親も相当ひどいし。(×_×;)
境遇とか家庭環境には雲泥の差がありますね。( ̄_ ̄|||) どよ~ん
私はやっぱSEEDの二人は、多少のことでは潰されないだけの充分な愛情を受けて育った子だと思うので余計愛しく感じるのかも。(^^;

投稿: 風海 | 2007/08/22 00:35

■風海さん、こんばんは♪
風海さんには、いつも何かを気付かされるので感謝しています。

>う~ん、やはり真面目で義理堅いA型だとそう受け取っちゃいます?
いや~、というよりは、希望を完全否定された嘆きがそのまま感想に反映したようです(^^;
私もね、黒の騎士団は利害や打算が集結した組織、ルルの超シスコン・犠牲やツケに対する覚悟は、念頭の入れていたつもりなのですが、決意や言動とは裏腹に動揺したり涙するルルーシュの姿に、いつの間にか勝手な理想像を創り上げてしまってたんですね。
当初から「父への反抗、ナナリーだけの為、それだけかよ!」って突っ込んでいたのになぁ。しかも、毎度アバンのC.C.の語りでそう言っているのに・・・。いつから聞こえなくなってしまったのか(><)
それが今回、イザ本当にそれだけだと見せ付けられた24・25話となり、勝手な失望がこのような記事になったと、風海さんのコメント返しを読んで目が覚めた思いがしています。

>いかなるときも揺るぎない価値観・優先順位にこそ、「彼の潔さを見た」
素晴らしい解釈ですね!「希望」を取っ払って考えれば、確かにそのようにも感じられます。
ユフィをはじめ、どれほどの犠牲を払ったとしても、首尾一貫した考え方を曲げなかった彼には、それこそ賞賛に値する強さを持っているように思えますね。

これは余談ですが、映画「トランスフォーマー」にて、主人公の爺ちゃんの教えに「犠牲なくして自由(勝利)はない」というクダリがあったのね。よく言えば「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」とか「自己犠牲」なんだけど、実はそうじゃなくって、「犠牲はつきもの、当たり前」な意味なんですよ、コレは。いかにもアメリカンな発言で「えー」だったのですが、ふと、まんまコードギアスに当てはまるかも~なんて思ってしまいました。
ルルーシュは所詮あの皇帝の息子であり、同じ穴の狢。しょーもない似たもの親子喧嘩が世界を巻き込んだだけの、しょーもないお話がベース??って、思えてきたりしてね(辛)

いずれにしても、ただそれだけの茶番劇に”魔法”を加えた作品で終わらないことを祈りたいです。やはり、完全な虚構の中にもリアルさは不可欠。リアルさを完全に失ってしまってはお終いですから。

>ここまで姑息さも厭わずやってくれちゃうところがルルの真骨頂かも
(_(T▽T)ノ彡☆ばんばん!
そういえばルルーシュってサバイバル能力はゼロに近かったですしね。もっぱら頭脳戦な人だから、姑息な手段とはいえ、背に腹はかえられないか(^^)
これも、みっともないルルーシュに勝手に失望したからの感想ですね。実は、想像できない範疇の事ではないですねw

それもこれも、TV放送分以外の知識がまるでないので、スザクやルルーシュの人間像を勝手に創り上げやすいのかもしれません。(それほど作品に思い入れがないので)
それでこれだもの、参っちゃいました(^^;)

サウンドEPの連載、日本でのスザクとルル&ナナのお話を知ると感想も変化するかしら?・・と思う今日この頃です。
(スゲー長くなっちゃたわw)


投稿: たいむ(管理人) | 2007/08/22 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/16116452

この記事へのトラックバック一覧です: 『コードギアス(24&25)』みました。:

» 「コードギアス」23、24、25話感想 [農家の嫁の日記]
暑い日が続きますね~。こんばんは、農家の嫁でございます。 このくそ暑い中、甲子園に青春をかける高校球児の皆様には、本当に頭が下がります。 農家の嫁は、高校野球が大好きでございます。 できれば1日中TVの前に座っていたいものですが、そうは行かないのが難しいところです。... [続きを読む]

受信: 2007/08/15 23:36

» ギアス特番。 [O型・風海のアスラン考察日記]
≪追記あり≫ ようやっと少しばかり小説の続きをアップでき、なんか長らく背負った 借金を返したような気分の管理人でございます。(苦笑) で、夕べ見ました。まさかの怒涛の展開。打倒ゼロの妄執にとりつかれ、 彼を追う... [続きを読む]

受信: 2007/08/22 09:56

» レビュー・評価:コードギアス 反逆のルルーシュ/Stage24『崩落のステージ』・25『ゼロ』 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 20 / 萌え評価 15 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 18 / シリアス評価 47 / お色気評価 19 / 総合評価 22レビュー数 1099 件 24話『崩落 の ステージ』 一斉蜂起したイレヴン達を率いてブリタニア政庁を目指す黒の騎士団。それを迎え撃つべく出陣するコーネリア。 その租界が突如崩落した。地盤を支える構造体自体を破壊するという恐るべき手段でブリタニア軍に大ダメージを与えたゼロは混乱に乗じて敵本陣に突入する!さらにユーフェミアの復讐を... [続きを読む]

受信: 2007/08/30 20:13

« じゃすと・IN・たいむ(8/12号・・エヴァ・ピクチャーS) | トップページ | DVD『怪-ayakashi-化猫』みた。 »