« 「ドレスデン、運命の日」みた。 | トップページ | 「精霊の守り人」~第14話:結び目 »

2007/07/06

『陰陽師~夜光杯ノ巻 : 夢枕獏(著)』 よんだ。

Yakouhai_2 短編九篇を収録した久しぶりの新刊。書き下ろしがないのは残念な気はするが、掲載雑誌をまったく読んでいない私としては何ら問題なく、新刊を遺憾なく楽しめた。
必要以上に説明がないこのシリーズなだけに、スルスルと読めるのは相変わらず。あっというまだった。
釈然としないことを嫌う博雅に対して、多くを語らない清明も相変わらず。清明&博雅コンビも長くなってきただけに、より親密度が増しているように感じられる。

「もったいぶるのはおまえの悪い癖だぞ」と博雅に嫌味を言われながらも、確信の無いことは一切語らならいスタイルを貫く清明。全てを理解したところで”百聞は一見に如かず”とばかりに必ず博雅を巻き込み、本人の目で事の顛末を見届けさせて納得させる手法は、何よりも説得力がある。やはり清明が一枚上手。
博 雅が好まない「呪」の話を「呪」の話としてしなくなった清明、というのは少々物足りないのだけど、逆に博雅は無意識に自分から「呪」の話をしているわけ で、そんな博雅に感心しつつ、無自覚さを愛おしくも思いつつ、「お前はすごい」と褒め称え心を開く清明、という図も悪くない。・・・やはり清明は博雅には敵わない、ということか?(^^)

『夜光杯ノ巻』は全体的に穏やかな雰囲気のお話ばかり。大半がシミジミなのだけど、「浄蔵恋始末」はホロッと、「魔鬼物小僧」はググッとくる。ま た、博雅が鬼から貰った笛-”葉二”の活躍が多かったかな?お馴染みの蘆屋道満や、最近では一番印象深いキャラとなっている露子姫が一編とはいえ登場する が嬉しい。ほか、かつて清明が関わった事件での登場人物がちらほらと見受けられるのも、長年の読者として懐かしく思う。そこでおぼろげな記憶を頼りに、書 棚のシリーズ本をパラパラとめくって「ああ、そうだった」とザッと読み直す作業がまた楽しい。
逆に、”初めて読む本”にするには、枠組みが出来上がってしまっているのであまりオススメ出来ないかな?けれど、もし興味を持ったのなら、シリーズ最初の『陰陽師』を是非にとオススメしたい。彼此20年近くも前の作品だけれど、まったく問題なしと太鼓判を押しておこう。

|

« 「ドレスデン、運命の日」みた。 | トップページ | 「精霊の守り人」~第14話:結び目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/15672041

この記事へのトラックバック一覧です: 『陰陽師~夜光杯ノ巻 : 夢枕獏(著)』 よんだ。:

» 『陰陽師/夜光杯ノ巻』 夢枕獏 [【徒然なるままに・・・】]
安倍晴明と源博雅のコンビが、妖かしの世界に挑む『陰陽師』シリーズの、7冊目となる短編集。 全部で9篇収められているが、いずれも独特の世界観、独特の語り口が楽しめる。 正直言ってしまえば物語の展開はパターン化されているし、謎解きも毎回毎回納得行くわけではないのだが、この世界、いつまでも佇んでいたい心地好さがある。 以前にも書いたが、元々はTVドラマを観ていたので晴明はSMAPの稲垣吾郎のイメージが強かったのだが、最近は読んでいると自然に映画版の野村萬斎の立ち振る舞いが浮かんでくる。当初は萬斎... [続きを読む]

受信: 2007/07/13 22:49

« 「ドレスデン、運命の日」みた。 | トップページ | 「精霊の守り人」~第14話:結び目 »