« トム・リドルは・・・ | トップページ | 「レミーのおいしいレストラン(字幕版)」みた。 »

2007/07/26

DVD「FREEDOM4」みた。

Freedom4 昨年12月に『FREEDOM1』、4月『FREEDOM2』 、5月『FREEDOM3』と順調?に消化している。『FERRDOM4』はレンタル開始日にたまたま借りられた。映像特典は「3」のダイジェストと「STAFF CROSS TALK」(森田修平:監督×佐藤大:脚本)。トークは見応えがあります!!
遂に「月」を飛び出したタケルとビス。
物語は折り返し地点ということで、「月」視点ではまったく描かれないという『地球編』として再出発。(カズマのその後も気になっているのだが・・)
(以下、ネタバレです)

カズマの機転から間一髪で脱出に成功したタケルとビス。一路地球”フロリダ”へ向けてまっしぐら。しかし、大気圏突入時の入射角の微妙なズレから、不時着した場所は傾いた”自由の女神”が見える場所、いや”ピラミッド”もあるぞ?!・・・ということで、実際には”ラスベガス”だった。
ラスベガスからフロリダへの道のりはアメリカ大陸横断にも匹敵する距離だ。脱出艇の食糧備蓄ももって1週間。けれど今更そんなことでめげるタケルではないわけで、持ち込んだビークルを”地球仕様”に改造してフロリダを目指す。タケルの相棒がカズマではなく、エンジニアであるビスだったのは不幸中の幸いだったってことになるわけだねw
4巻はロードムービー。フロリダへ向かう途中に初めて出会う”地球人”とのあたたかな交流。カズマを回想しつつ、友情を確かめ合うタケルとビス。『EDEN編』とは一味違うのんびりとした雰囲気ではあるけれど『地球編』の第一歩として掴みはOKかな。
「我々は(月から来た)宇宙人だぁ~」コレはさすがに一笑に付されてしまうが、それもそのはず、地球では「月」の都市こそ滅んだものと思われていた。
愉快な仲間達と別れ、いよいよフロリダへ到着する2人。写真の彼女探しは難航するものの、一緒に写真に写っていた少年と遭遇。そして遂に少女:アオと対面するタケルだった。・・・つづく。

特典のトークは本編以上?に楽しく、興味深い内容だった。
1~3へと巻が進む毎にキャラが立ってきた『FREEDOM』。基本的には「人間を描く」というのがコンセプトだということ。構成は1-3は千葉克彦氏、1-6は佐藤大氏と分担になっているようだ(どーりでw)。
「誰が地球へ降り立つのか?」については裏話が。実は割と早い段階で「ビス」が地球へ行くというのは決まっていたらしい。”人間を描いた”作品中でもカズマが一番の成長株。おバカ路線のタケルに対して、イイヤツでカッコいいカズマは人気も右肩上がりだったそうだ。そんなカズマの3話退場は誰しも意外に思ったのではないだろうか?逆にそれが物語を盛り上げ功を奏した、というのは嬉しい誤算だったらしい。
森田監督はお若い監督でもあり、「やっちゃえ、やっちゃえ」という勢いを感じる。これまでのお気に入りのカットは1話でのタケルの「太陽のバッキャロ~」だそうだ。今、それを言わせたことが、そのまんま監督のスタンスを反映しているらしい。(ちなみに大さんは3話でのビスのマヌケ顔。ビス大好きだそうだ。)
ほか話題満載なのだけど、興味のある方は是非レンタルして観てほしい。

”リセット”でもある第4話。舞台も地球と一変。どことなく先が読めなくなった『FREEDOM』。
次回、5巻は10/26リリース。これまで以上に楽しみになったかもしれない。

|

« トム・リドルは・・・ | トップページ | 「レミーのおいしいレストラン(字幕版)」みた。 »

コメント

たいむさん、こんにちは。
連続書き込みで失礼します。
「FREEDOM4」私も観ました(記事にはしていませんが・・・汗)
地球に降り立ってから、何だか世界観が一気に広がった気がします。
月面だとどうしても、[タケル達 VS 運営局]という構図のみが
下地にあるだけに、それ以上の広がりが感じられなかったのが正直なところ。
地球が町は廃墟になっていても、暮らしている人たちは至って人間味があって
そこがとても共感できたのと、地球や自然の美しさや力強さ、怖さも
同時に描かれていた点は、人間の精神的な奥行きと、世界の広さという
広がりが描かれていて、
一時冷めかけていた個人的な期待が一気に上がりました。

投稿: GAKU | 2007/08/04 08:37

■GAKUさん、こちらにも♪
連書き嬉しいですよ~
完全に2部構成、と考えたほうがいいのかな?ってあまりのギャップにちょっとビックリでしたね。
私も、月面でのありきたりの展開には飽きてましたし。
やはり地球は広いですね。地球を見せる4話だったけれど、この先は、彼女の話を絡めつつ、地球を隠すEDENの謎(もしかしたらその逆も?)解明。どんな真相が隠されているのか?(どうぶっ壊すのか?)など、佐藤大さんの脚本なだけに、期待度急上昇ですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/08/04 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/15906167

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「FREEDOM4」みた。:

« トム・リドルは・・・ | トップページ | 「レミーのおいしいレストラン(字幕版)」みた。 »