« アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson17 | トップページ | 「精霊の守り人」~第9話:渇きのシュガ »

2007/06/01

「ザ・シューター~極大射程」みた。

Shooter_1 『このミステリーがすごい!』第1位ってホントなの?どのあたりがミステリー???・・・というのが感想か(^^;) おそらく、原作は確かにそうなのかもしれないけれど、少なくとも映画での印象は違う気がする。描ききれなかったんだろうなぁ。
まぁ、火薬の量はハンパじゃないし、そこんとこは流石。ヘリをも撃ち落す”孤高の狙撃手”は、桁違い強かった!
(以下、若干ネタに触れてます)

おぃおぃ、これでいいのかこの結末で!
正直言って、何の解決にもなっていないラストに思わず苦笑い。でも、あまりの清清しさに笑っちゃうラストでもあり、「どうしたもんかね、コレ。」という感じだなぁ。
途中、核心に迫ったところで『人間の本質なのだよ』という言葉が飛び出し、ならばこの物語に決着はないものだろうと、一体どのように終わらせるのかが見ものだな、と思って期待していただけに、かなり残念。

アフリカでの偵察任務。最初から単なる手駒として才能を利用されただけで、挙句に切り捨てられたスワガーと相棒ドニー。実はその事件こそが後々まで尾を引くこととなる出来事だったのが・・・あまりこの伏線が生きていなかった。ドニーを失い、自らも退官して山篭りしていたスワガーが、復隊した理由を聞かれて「愛国心」というのもなんだかなぁ・・・。
用意周到に大司教の暗殺(大統領の暗殺未遂)の罪を着せられ、更に命を狙われるスワガー。”容疑者=スワガー”に疑問を持つFBI新人捜査官のメンフィス。メンフィスの独自の捜査は「お、やるじゃん!」とワクワクしたのだけど、それもそこまででお終い。スワガーと合流した後は、可愛そうにおいしいところをみんなスワガーに持っていかれちゃったわ(^^;)
とにかくスワガーがスゴイ!正確無比な狙撃の腕は超一流。戦闘能力は言うまでもなく、戦術やサバイバルの知識にも精通し、何より誠実で正義感あふれる熱血漢だ。しかし、その割には平気で他人を巻き込むし、迷いや躊躇がどこにも感じられないどこか人間離れしたスワガーだ。
一方的にバッタバッタを敵を仕留めていくところはカッコイイし爽快なのだけど、あまりにも圧倒的過ぎってのはスリル感を味わえないんだよね。

ドニーの妻・サラの、ドニーの誇りと名誉を訴えには少し考えさせられるものがあった。夫が命を懸けてまで守りたい何かがあって自ら志願した道。肯定は出来なくても否定したくない妻の嘆きと行き場のない怒りと悲しみ。自分ならどのように受け止めるのか、どのように受け止めようとするのか、咄嗟に思い浮かべることが出来ずに戸惑い感じた。

暗躍する諸悪の根源とは、”個人”などというものではなく、私利私欲と利害のみで集結しては散開するという、実体はあれど姿のない複合的な”人間の本質”が作り出す化け物。いくら表面化した”個人”に復讐したところで戻るものは何もない。”化け物”が消えてなくなるわけでもない。それでもそうせざる得なかったこのような結末をどう捉えて良いものか。
私は、違うんじゃないかな?・・・と思っている。
スワガーは決して英雄なんかではない。

総評:★★★☆☆  好き度:★★★☆☆  オススメ度:★★★☆☆

エンタメとして、ドンパチだったり、一撃必死の一流スナイパーの知恵と技は観ていて気持ちがいいことは確か。深く考えるか考えないかで評価は分かれるんじゃないかな?

そういえば、サラ!「24」にでてきたCTUの潔癖お姉ちゃんジャン(^^)

|

« アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson17 | トップページ | 「精霊の守り人」~第9話:渇きのシュガ »

コメント

たいむさん、こんばんは!
私は原作を読んでいましたので、映画の出来には少々ガッカリしました(泣)
本当のボブ・リー・スワガーは英雄なんですぅ~
あの内容だと悪者が薄っぺら過ぎて、スワガーまでが薄っぺらに・・・グスン
最後の展開には呆気にとられました。ふぅ~

投稿: 由香 | 2007/06/01 23:10

■由香さん、こんばんは♪
あははははっ。ちゃんと「英雄」ですか?
それは失礼いたしました(^^ヾ
いやぁ~、なんていうかB級になってしまっているんで、どうしても「英雄」に見えなくって。。。
きっと、原作はハラハラドキドキなんだろうなーと想像しております。仮にも第一位ですから。(揶揄しているわけじゃないですよ)
でも、やっぱり最後はアララ~ですよね(^^;)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/06/02 00:18

こんにちは♪
うーん、またTB出来てないみたいです(泣)
そっか、サラは「24」の潔癖オネエチャンでしたか!
私はドニーが「プリズンブレイク」の脱走囚の一人だってことにばかり気を取られてました(汗)
ラストはねぇ・・・・あれでいいのかなって思いましたよ、ホント。
たくさんの人が死んでましたよねぇ。
ドンパチとかアクションを楽しんでみてればいい作品なのでしょうが、なんとなく見終わった後味が良くなかったなぁ。

投稿: ミチ | 2007/06/03 14:20

■ミチさん、こんばんは♪
ありゃ、TBだめですか??
でも、goo全部でもないのでたまたまかな?

>ドニーが「プリズンブレイク」の脱走囚の一人
うわ~そうでしたか!完全にスルー・・というより、今顔すら思い浮かばない。。若さから言うと裏切り者の彼?(違うか)

ドンパチのアクションモノにするには、ちょっと勿体無い作品です。
長官の言葉で嫌な予感はしたのですが・・・ラストで完全に打ち壊してしまって残念です。
せめて、苦汁を舐めさせたままにして、復讐劇を新聞やTVのニュースとかでほのめかす程度にして欲しかったです。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/06/03 17:51

こんばんわ!
TB&コメントありがとうございます!

銃を持ってないときのスワガーはピンチピンチのピンチまみれ
だったのに・・・。
いざ銃を持たせると面白いくらいに完璧な男なんですよね(笑)。
奴は銃さえ持っていればピンチになることなんかないんですもん(苦笑)

あれこれと細かいこといえばツッコミたい部分は死ぬほどあるんですが
・・・この手の映画はとりあえず楽しんだもん勝ちって意識で観てる
ので私は案外満足しました(笑)。

でも・・・おっしゃるように。
スワガーは英雄ではないですわ(泣)。
山でだまって愛犬と過ごしていれば、
まだ英雄扱いも出来たかもしれないけど・・・。
愛犬を殺された恨み晴らしもこみで、最後は悪どくて真っ黒な
人間と化しちゃいましたもんね・・・(苦)

投稿: 睦月 | 2007/06/03 19:13

■睦月さん、こんばんは♪
瀕死の重傷を1人でなんとかしちゃうところであり、銃を持たせたら敵なし!ってところはとにかく「スゴイ!」の一言に尽きますよね。それだけで十分引き込まれるわけで、楽しんだモン勝ち、って意味はとってもわかります。
いつもならそこで切り替えるのだけど、今回は割り切れなかった私です。私怨のこもった復讐劇の中心人物を「英雄」扱いはできないですよ、やっぱり。
どうせなら、社会派の方向へ持っていって欲しかったです。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/06/03 20:29

 こんばんわ。
はじめまして、うっちーと申します。

 最初の「このミステリーはすごい」というロゴですが、あれは嘘です。あの「極大射程」という小説はアクション小説です。しかも14年前に出版されたベストセラーで、とっくの昔に映画化権を取得していたにもかかわらず、なぜか今まで制作されなかったのです。
 だから社会派なんてしてしまったら、なおさら変な映画になってしまうんです。

 ちなにみ原作ではボブはもっともっと人を殺します。なぜならこれは戦争。狙撃手とはやるかやられるかの世界。
 
 映画では24人の戦闘部隊がロッジで待ち伏せしているシーンがありましたが、原作では120人の戦闘部隊がボブ一人を待ち構えているのです。
 だかボブはメンフィスとあらかじめ打ち合わせしており、ロッジの丘に狙撃ポイントを確保。敵の戦闘部隊がいっきに丘の頂上を攻撃しようとしたその時、

 ボブのライフルがはなった1発目が敵の隊長の顔面を吹き飛ばし、続けて副隊長、通信士とわずか数秒で3人を殺し敵に指揮系統を混乱させます。
 その後は地獄。ボブは次々に敵兵を次々に仕留め、さらに敵の攻撃ヘリが攻撃してこようとした時、パイロットを狙撃して撃墜。もう一方的に狙撃しまくって、結局120人のうち約40名が死亡、残り全部負傷というありさまとなった。
 これによりシュレックは実働部隊を失い、主導権をうしなってしまったのである。

 今回の映画は、ボブは正直撃ってる弾がはるかに少なく、原作のパワーが全然でてない。リアリティを追求しているのだろうけど、逆に突っ込み所満載なってしまっている残念B級アクション映画なんです。

 

投稿: うっちー | 2007/06/04 01:11

■うっちーさん、こんばんは♪
詳細なご説明をありがとうございます。
「このミス」って、言うなれば固有名詞のようなものであり、それを文章として捉えるから齟齬が出てしまっているようですね。宣伝文句に踊らされ、ジャンルがまどわされてしまった感じでしょうか。。
スナイパーとは、捕虜にもなりえない存在であると聞いてますので、「やるかやられるか」のみの攻防であるとするならば、当然社会派にはなり得ないものだと私も考えます。
今回の場合、その辺りがしっかりと描かれていないので、逆に社会派要素が見え隠れしてしまい、さらには私怨まで入り込んでしまったばかりにこのような感想となりました。
原作のある作品(特に秀作)の映像化は本当に難しいですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/06/04 17:46

たいむさん、こんばんは。

ラストは僕もちょっともう少しなんとかならないのかなと思いました。
個人だけに復讐してもね・・・。
映画の中だけでもすっきりしたかったです。

投稿: はらやん | 2007/06/10 18:21

■はらやんさん、こんばんは♪
ドンパチでもスッキリする作品は時々ほしいですしね。
でも、私怨じゃなーとスッキリしきれないのがちょっと残念でしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/06/10 20:43

こんばんはーー
原作は面白そうですね。

いくら自分の身の潔白とはいえ
罪もない人間を殺し、事故を起こして
逃げまくる・・・・なんだか、釈然としないものが残りました。
でも、マークがおもいっきりかっこよかったので、
まあいいかってかんじです。
楽しむなら理屈抜きで楽しめるものにしてほしかったです。

投稿: mariyon | 2007/06/11 19:32

■kayamariyonさん、こんばんは♪
原作の方が面白そうだけど、迫力は映像でしょうか?
釈然としないのは描ききれない題材だったからかもしれませんね。
理屈抜きで観る分にはスカッとする楽しさなんですけどねw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/06/11 21:18

たいむさん
今晩は☆★
TB&コメントどうもですm(__)m
確かに、罠に嵌められたスワガー
の復讐は、罪のない人まで巻き込み
殺してしまうという結構身勝手な
奴ですよね。ヒーローとはいえませんね。
原作本はベストセラーとのこと。
長編小説を2時間に凝縮するのは
やはり、難しいのでしょうね

投稿: mezzotint | 2007/06/15 23:11

■mezzotintさん、こんにちは♪
原作が秀作であればあるほど最初から洗練された物語なのだから、カットできる描写なんてどこにも無いのでしょうね。
そこを無理やり納めようとしたり、泣く泣くカットせざる得ないから齟齬がでちゃうんでしょうね。
スナイパーとは。という前提があればまだ違った印象になるのでしょうが、「イヌ」で激怒が印象に残りすぎでした。
難しいですね、面白い作品には違いないのですけど。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/06/16 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/15278100

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・シューター~極大射程」みた。:

» 「ザ・シューター 極大射程」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で みてきました。6月1日公開「ザ・シューター 極大射程」公式サイトあらすじ:元海兵隊のスナイパー、ボブ・リー・スワガー(マーク・ウォールバーグ)は一線を退き、広大な自然が広がる山奥で隠遁生活を送っていた。しかし、退役したアイザック・ジョンソン大...... [続きを読む]

受信: 2007/06/01 18:25

» ザ・シューター/極大射程 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
原作の『極大射程』は超〜面白かったでも映画の配役を見る限りでは、ちょっと雰囲気が違いそうなので、あまり原作の事を考えずに、ボケ〜と無心で鑑賞してみた【story】元海兵隊の名狙撃手ボブ・リー・スワガー(マーク・ウォールバーク)は、軍を退き山奥で静かな生活を送っていた。ある日彼の元に、退役したジョンソン大佐(ダニー・グローバー)らが訪ねて来る。大統領を暗殺しようとする動きがある為、その阻止を手伝って欲しいと言うのだ。スワガーは、大統領の遊説先を狙撃手の経験を活かして調査し、唯一狙撃のポイントとなるであ... [続きを読む]

受信: 2007/06/01 23:03

» 『ザ・シューター/極大射程』 [映像と音は言葉にできないけれど]
この映画を選んだのは、劇場前で「本日公開」を知ったという理由だけです。本当は日本語の題名「極大射程」が安っぽく思えたので観ようかどうか迷ったのですが...。 [続きを読む]

受信: 2007/06/02 07:50

» 一足早く「ザ・シューター/極大射程」観てきました。 [よしなしごと]
 今回は一般の試写会でした。場所は九段会館。映画のタイトルはザ・シューター/極大射程です。 [続きを読む]

受信: 2007/06/02 09:53

» ザ・シューター/極大射程 [Akira's VOICE]
詰めが甘いアクションミステリー。 [続きを読む]

受信: 2007/06/02 10:49

» ザ・シューター/極大射程(2007年) [勝手に映画評]
2000年「このミステリーがすごい!」海外作品部門第一位となった、スティーブン・ハンターの小説が原作。とってもアメリカっぽいアクション映画です。 原作との違いは、まず主人公の設定。ちょっと前なら、この手の元海兵隊員といえばベトナム帰りで、原作小説もその通りの設定なのですが、21世紀にもなると、流石にいつまでもベトナムを引っ張っているわけには行かないようで、映画での設定は、アフリカの秘密作戦帰りと言うことになっています。それともう一つが、主人公ボブ・リー・スワガー(マーク・ウォルバーグ)が陰謀に巻き... [続きを読む]

受信: 2007/06/02 16:02

» ザ・シューター 極大射程 [そーれりぽーと]
『ディパーテッド』でのオイシイ役も記憶に新しい、マーキー・マークじゃなくてマーク・ウォルバーグ主演の『ザ・シューター 極大射程』を観てきました。 (昔いろんな意味でファンだったなぁ…。) ★★★ 主人公(マーク・ウォルバーグ)は元名狙撃手。 政府の依頼で、大統領狙撃のテロを未然に防ごうとして、逆に濡れ衣を着せられて追われるというお話。 わざわざ副乳全開のサービスショットが有ったり、久々のカッコいいマーク・ウォルバーグを観れて楽しかった(謎) タイトル通り、もの凄い遠距離からの狙撃をガンガン決め... [続きを読む]

受信: 2007/06/02 20:58

» 「ザ・シューター 極大射程」:佐賀一丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}この風景、ブレてない? {/kaeru_en4/}夜景を狙って撮ったんだけど、うーん、俺もこんな腕前じゃ狙撃手には、なれないかな。 {/hiyo_en2/}なに、狙撃手になんてなりたいの?初耳だわ。「ザ・シューター」なんていう映画を観たせいね。 {/kaeru_en4/}だって、かっこいいじゃないか。 {/hiyo_en2/}「ロッキー」観るとボクサーになりたいっていうし、「アポロ13」観ると宇宙飛行士になりたいっていうし、「ダイハード」観ると警官になりたいっていうし、ほん... [続きを読む]

受信: 2007/06/02 22:40

» 「ザ・シューター 極大射程(SHOOTER)」 [Wilderlandwandar]
「この 邦題のタイトルが ”おかしい”」映画部門上位にに選ばれそうな作品。「ザ・ [続きを読む]

受信: 2007/06/03 00:55

» ザ・シューター/極大射程 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 孤高のシューター、ここに見参   [続きを読む]

受信: 2007/06/03 01:12

» ザ・シューター極大射程☆独り言 [黒猫のうたた寝]
久しぶりに試写会当たりました~♪マーク・ウォールバーグ主演『ザ・シューター極大射程』今年って、結構運が上向いてきたのかな(笑)有能なスナイパーだったボブ・リー・スワガーかつて優秀な海兵隊員だった彼だが、任務中に仲間に見捨てられ、相棒を失うという経験の後現在... [続きを読む]

受信: 2007/06/03 07:33

» ザ・シューター 極大射程 [小部屋日記]
SHOOTER(2007/アメリカ) 【劇場公開】 監督:アントワーン・フークア 出演;マーク・ウォールバーグ/マイケル・ペーニャ/ダニー・グローヴァー/ケイト・マーラ/イライアス・コティーズ/ローナ・ミトラ やっと「海賊」を観ようと思ったら、予想どおり満席でした・・・む〜ん。。 チケットを予約してないとこりゃ無理だな。 6月トップの鑑賞は昨日から公開の「ザ・シューター 極大射程」。 原作はスティーブン・ハンターのベストセラーにもなった人気シリーズ。 国家の陰謀に巻き込まれた狙撃のスペシャ... [続きを読む]

受信: 2007/06/03 15:38

» ザ・シューター 極大射程 [ネタバレ映画館]
買い物の腕前もプロだ! [続きを読む]

受信: 2007/06/03 19:27

» ザ・シューター/極大射程 [Good job M]
公開日 2007/6/1監督:アントワーン・フークア 「トレーニング・デイ」出演:マーク・ウォールバーグ/マイケル・ペーニャ/ダニー・グローバー/ネッド・ビーティ 他【あらすじ】元海兵隊のスナイパー、ボブ・リー・スワガーは一線を退き、広大な自然が広がる山奥で隠遁...... [続きを読む]

受信: 2007/06/04 06:29

» 【2007-74】ザ・シューター/極大射程(SHOOTER) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
合衆国VS孤高の狙撃手 [続きを読む]

受信: 2007/06/04 20:36

» ザ・シューター/極大射程 [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
”男気”溢れる骨太な本格アクションの傑作が、遂に誕生!! 評価:★7点(満点10点) 2007年 125min 監督:アントワーン....... [続きを読む]

受信: 2007/06/04 20:47

» 惨劇の温床は、やっぱりここ?『ザ・シューター/極大射程』 [水曜日のシネマ日記]
大統領暗殺計画を阻止するという陰謀にハメられた元海兵隊特殊部隊員の物語です。 [続きを読む]

受信: 2007/06/09 11:52

» 「ザ・シューター 極大射程」 「必殺仕事人」? [はらやんの映画徒然草]
先日久しぶりに試写会チケットが当たったにもかかわらず仕事の都合で行けなかったので [続きを読む]

受信: 2007/06/10 14:02

» ザ・シューター 極大射程 [PLANET OF THE BLUE]
最近、これだ!って映画に出会えてないんです。 というのも、見る前から「これ、面白くなさそう」だとか何とか言って、 見る前から映画を切り捨てちゃってるんですね。 実際面白そうな映画もあまり無く・・・ でも映画が見たいから、何となくこの映画を見てみることにしたら!? 話はとっても単純。 政府のために、任務を遂行しようとする男が、 逆に政府に裏切られ、復習するというもの。 そこには隠ぺいしたい過去の事実や、 今も止むことの無い欲望や陰謀がある。 この手の映画で僕が想像してしまう... [続きを読む]

受信: 2007/06/11 01:00

» マーク、男ですね!「ザ・シューター」 [着物アロハ・茅kaya日記]
「パイレーツ〜」を観に行ったんですが ななんんと、40分前でチケット完売! 茅ヶ崎でもパイレーツ旋風が吹いていました(笑) で、観たのはマークの「ザ・シューター」 ディパーテッドについで、またも骨太キャラ。 彼の作りこんだ身体、すごいですね〜。 ... [続きを読む]

受信: 2007/06/11 19:28

» ザ・シューター 極大射程 マーク・ウォールバーグ、なかなかかっこいい! [銅版画制作の日々]
  「ディパーテッド」では存在感のある演技で、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた、マーク・ウォールバーグ。今回の映画「ザ・シューター」ではかなりの腕利きスナイパー役に挑戦だ映画の原作はスティーヴン・ハンターという人が1993年書いた「ポイント・オブ・インパクト」という長編小説らしい。2000年には翻訳され、大ベストセラーとなったそうだ。 マーク・ウォールバーグは主演というイメージのある俳優さんではないが、過去にも、「猿の惑星」01年作品、ティム・バートン監督で主演をしている。確か鑑賞したが、... [続きを読む]

受信: 2007/06/15 16:13

» 「ザ・シューター/極大射程」 [やまたくの音吐朗々Diary]
公開中の映画「ザ・シューター/極大射程」を観賞。監督はアントワーン・フークア、出演はマーク・ウォルバーグ、マイケル・ペーニャ、ダニー・グローバー、ケイト・マーラ 、イライアス・コティーズほか。勧善懲悪、リベンジアクション、孤高のマッスルヒーロー。新しさがないと... [続きを読む]

受信: 2007/06/19 10:21

» ウォールバーグ主演!☆『ザ・シューター/極大射程 SHOOTER』☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
マーク・ウォールバーグ、脇役としては良い演技をする彼だけど、主役となると、うーん、どうだろ華が足りない気がするけどな〜??と不安を抱えつつ、鑑賞。 思った通り、華麗とかスマートって言葉からは程遠いヒーローだけど、ウォールバーグが演じた孤高のスナイパーは...... [続きを読む]

受信: 2007/06/19 22:54

» ザ・シューター 極大射程 [映画君の毎日]
マーク・ウォルバーグといえば「ブギー・ナイツ」 そのイメージが大きいせいでずっと「極太射程」だと勘違い。 あまり聞きなれない言葉のサブタイトルはややこしい。原作名とはいえ。 まあ最近気に入ってる俳優マイケル・ペーニャをやはり... [続きを読む]

受信: 2007/06/28 17:15

» 「ザ・シューター 極大射程」 [Tokyo Sea Side]
合衆国VS孤高の狙撃手!というコトで、マーク・ウォルバーグ演じるスワガーはとにかくすごい。体力だけじゃなく、頭の回転が速く知識も豊富、集中力はずば抜けている。…どことなく「ボーン・アイデンティティ」シリーズのマット・デイモンと被っている印象を受けました。 ストーリーは少々ありがちな気もしますが、ハデさは半端ない!銃撃戦はもちろん、爆発シーンもものすごいです。ラストのどんでん返しも「そうこなくっちゃ☆」ってカンジで気持ちよかったです。... [続きを読む]

受信: 2007/06/29 13:30

« アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson17 | トップページ | 「精霊の守り人」~第9話:渇きのシュガ »