« アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson23(最終回) | トップページ | (番外編)BSアニメ夜話『精霊の守り人』なんだけど・・ »

2007/06/30

「精霊の守り人」~第13話:人でなく虎でなく

夏至祭りでの一件で、バルサはかつて用心棒家業の中で敵対した男に発見させてしまう。宮の者ではないため緊急かつ最悪の事態にはならなかったが、バルサに敗北した男の恨みは激しく、チャグムをネタに挑戦状を突きつけてくる。ほとんど逆恨み。
既に命の重さと平等さを悟っているバルサは”他人の命を奪うこと”を止めた。しかし、生かされることでプライドを傷つけられたと思い込んでいる男には通じない道理だ。無関係な人間を巻き込むことになんの躊躇すらなく、脅迫のネタとするゲス野郎。
チャグムをタンダに預け、ひとり旅立って最善の解決の糸口を模索するバルサ。出来ることなら無血で・・・と。巻き込まれていると知らない旅の女性と馬飼いを保護しつつ、男の嫌がらせに耐えるバルサ。そんなバルサの張り詰めた殺気を否応もなく感じた女性はその理由をバルサに尋ねようとするが語らないバルサだ。
う~ん、どうなんだろう?「修行が足りない」。確かに一言で言えばそうなのだけど、バルサってそんなに未熟者じゃないでしょう?男に”チャグム”をチラつかされ、迂闊にもバレバレな反応をしてしまうし、”凡そバルサらしくない”といいたくなるこの頃だ。(バルサらしいって何?・・だけど。)・・・なんというか、バルサを買いかぶっていたのかな?、私?と思ってしまう。決して死を恐れているわけではない。今はチャグムを預かる身として、チャグムを守り通す為に死を覚悟しながら生き抜くと決めたバルサだと、それほどまでに焦っていたのだと捉えたいところだ。

”虎になった武人”とバルサを被らせながら展開させた話。
遂には、男との対決が回避不能となり、真剣勝負として刃を交えるバルサ。一見冷静そのもののバルサだが次第に獣の様相を呈してくるのが痛々しい。バルサは戦いの途中で”人”を捨てた。いや、捨てたように見えたけど、バルサの武術と精神はそれすれも超越していたようだ。気持ちだけが付いて行けてないだけなようなので、やはりバルサはバルサだね、きっと。

次回「結び目」 トロガイ師が久々に登場!水妖情報の収集に成果はあったか?

|

« アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson23(最終回) | トップページ | (番外編)BSアニメ夜話『精霊の守り人』なんだけど・・ »

コメント

まいどです。
荒巻のワイン、来ましたよ。名前のところに入れておきます。

13話は刀鍛冶の言葉が浮かぶ展開でしたね。
これでようやく折り返し。
次回はオールスター登場か(笑)?

投稿: shamon | 2007/07/01 13:12

■shamonさん、こんばんは♪
>刀鍛冶の言葉が浮かぶ展開でした
そうーなんですよね。
「不殺の誓い」うんぬんとか言われているけれど、それは後付けの言い訳みたいなもので、実際は”無の精神”のなせる技かなーと思う私です。意識してできるものじゃないし、意識できないから、自分は戦いが好きなのだと、野獣なのだと勘違いしてしまっているバルサ、みたいな。
まぁ、解釈はそれぞれで構わないと思うのですけど。

もう半分かぁ~。そろそろ本編に戻っちゃいますね。
卵もピクピク動きだしましたし!

投稿: たいむ(管理人) | 2007/07/01 21:03

たいむさん、こんばんは。

> 男に”チャグム”をチラつかされ、迂闊にもバレバレな反応をしてしまうし

そう、そこ!私もそこは「バルサともあろうものが」って思いました。
見てる側としては、ついついバルサ姐さんはスーパーウーマンと思ってしまうのですが、制作側はバルサも人の子というところを出したいのかもしれませんね。

投稿: アビ | 2007/07/02 22:45

■アビさん、こんばんは♪
>「バルサともあろうものが」
そうですよね!
”チャグムのこともばれているかもしれない”とタンダに言うくらい予想しているというのに、何でそんなに動揺して「そうだよ」って教えているのさ!ってちょっと信じられない描写に「監督どうしちゃったんだよ~」って思ってしまいました。
バルサは素子に比べれば、短気で気性が荒く、感情に流されやすい性格なのかもしれないけれど、冷静さや洞察力が人並み以上であることを表現していた後のことだけに悔やまれるところです。

>バルサも人の子
私もそのように受け取っていますが、遠まわしに「素子とは違う」と言っているようにも感じられますね。・・・素子も人の子ではあるけれど(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/07/02 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/15600159

この記事へのトラックバック一覧です: 「精霊の守り人」~第13話:人でなく虎でなく:

» 精霊の守り人 第十三話「人でなく虎でなく」 [よう来なさった!]
最近は大人しめで、わりとマッタリとした雰囲気だったこのアニメ。 久しぶりに殺伐とした雰囲気に、何とも言えぬ緊迫感が戻ってきました。 前回祭の騒ぎで、バルサ達の存在を知られてしまう事になってしい。 なおも過去バルサと因縁のある人物らしく、それだけに非常に....... [続きを読む]

受信: 2007/06/30 13:18

» 精霊の守り人 第13話 [ACGギリギリ雑記]
『人でなく虎でなく』 「うるせぇ! 私は虎だッ! 近寄ると喰い殺すぞ!!」 久々の本格的な短槍アクションに期待を膨らませていたんですが、それに十分応えてくれました。 特にバルサ姐さんの中の人の演技! ガチガチのアニ... [続きを読む]

受信: 2007/06/30 19:54

» [アニメ『精霊の守り人』]『精霊の守り人 第13話』 [どっかの天魔日記]
『精霊の守り人』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第13話 『人でなく虎でなく』。 ストーリーは…。 バルサは、彼女を狙う武人カルボに見つか... [続きを読む]

受信: 2007/06/30 20:24

» 精霊の守り人#13「人ではなく虎でなく」 [Sweetパラダイス]
やっと見つけた!!!!武人から姐さん宛ての手紙を預かった子供たち。険しい眼になる姐さん。カルボといい、いわゆる商売敵。3年前、人買いから依頼人を救い出したとき敵側にいた用心棒。チャグムのことも気付かれたかもしれない。『俺が祭りになんか行ったばかりに』反...... [続きを読む]

受信: 2007/06/30 20:26

» 精霊の守り人 #13『人でなく虎でなく』 [シチュー鍋の中の混沌]
精霊の守り人 2〈初回限定版〉ジェネオン エンタテインメント発売日:2007-07-25Amazy『人を斬らず業を斬る』 13話を集約すれば、この一言になるのだろうが、時代劇にありがちな、気持ちよく達観した話ではない。むしろ困窮を極め、慟哭しているように思える今回。タイトルは『人でなく虎でなく』。では、人にも虎にもなれないバルサは何者?  8人の命を救う為、彼女は用心棒稼業を選んだ。なぜ用心棒稼業? その誓いは、平穏な暮らしを営むことで、容易に叶えることができるのに。選択肢はあった、なのに彼... [続きを読む]

受信: 2007/06/30 20:48

» アニメ「精霊の守り人」第13話 感想。 [ぎんいろ(旧夢の日々)。]
第13話「人でなく虎でなく」 陽がその姿を見せる中で、1人の男はその場にしゃがみこみ、生きていた……と呟く。 そして男の咆哮が空を切り裂く。 バルサとチャグムの下を訪れた子供達は、武人に託されたと言ってバルサに手紙を渡す。 昨日の事で盛り上がっているのをよそに、それを開いて読み進めていたバルサは表情を曇らせ、チャグムにすぐに支度するように促す。 辿り着いた場所はタンダの住まいだった。タンダは大丈夫なのかとバルサを心配し、手紙を見た限り話して分かるような相手ではないと言う。だがバルサ... [続きを読む]

受信: 2007/06/30 21:23

» 精霊の守り人13話「人でなく虎でなく」 [好きなもの]
精霊の守り人(2)(初回限定版) DVDの2巻の表紙にチャグムいるー!!今となっては貴重な皇子髪型。早く欲しいなぁ。お金の都合がつかなかったので一月後れでDVD収集していこうと思います。今月やっと1巻買えますよー高画質高画質♪学生の身ではこの値段は高い・・けども今のうちなら初回版が手に入るだろうし地道にね・・。13話「人でなく虎でなく」ついに見つけられてしまったバルサ。でもヨゴの役人たちにはばれていないようです。見つけられたのは、昔の因縁のある商売敵・カルボ。前回も... [続きを読む]

受信: 2007/07/01 11:49

» 精霊の守り人 第13話 [落とし穴には気をつけろ!]
第13話は「人でなく虎でなく」。 何か、バルサ姐さん焦ってます? 夏至祭で誰かに見られることは分かってたろうに、苛ついて、殺気立ってます。それだけ相手が手強くて余裕がないということなのかな。 礫を投げて眠らせず、飲み水にネズミの死骸。バルサと同じ作戦?はは、そりゃ、恨まれるよなあ卑怯なヤツには相応の作戦で、と思うことにしようっと 戦闘シーンは凄かったなあ「カァルボォォォォ〜ッッそこで聞いてるんだるぉぉぉぉ〜っっ」という叫びといい、どんどん変わっていくバルサの表情といい、迫力満点。まさに虎。 ... [続きを読む]

受信: 2007/07/02 00:18

» 精霊の守り人 第13話「人でなく 虎でなく」 [からまつそう]
土俵の上の足跡を辿る者。「生きていた」雄たけびを上げるその者。祭りの篝火の後片付けをするチャグム。燃え残りは竈へと指示するバルサもまた水撒き。そこへ駆け込むがき大将。手紙を武人から預かったと渡します。武人?と広げるバルサ。手紙を読んで、ガバと顔を上げる...... [続きを読む]

受信: 2007/07/03 01:25

« アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson23(最終回) | トップページ | (番外編)BSアニメ夜話『精霊の守り人』なんだけど・・ »