« モーモーペアに血迷った・・・ | トップページ | 「ゾディアック」みた。 »

2007/06/16

「精霊の守り人」~第11話:花酒をタンダに

「花酒を・・」 ちょっと期待したんだけどなぁー。(たぶんタンダも?www)
これまでも何気なく会話の中にほのめかされていたけれど、サヤの縁談話が急浮上。
「サヤが良ければ・・・」、「トーヤがよければ・・・」と互いを思い遣る心が強すぎて、本心とは逆の結果を招いてしまったサヤとトーヤ。そして、拒絶する気持ちがサヤの魂を体から引き離す。・・・『魂抜け』。診察に訪れたタンダの診断。処方は、意図的にタンダ自身が『魂抜け』を起こすという危険な術である『魂呼ばい』を行い、戻れないサヤの魂を連れ戻すことしかない。『魂呼ばい』によってタンダに促され、無事サヤは自分の気持ちで帰っていくが、今度はタンダが戻れなくなってしまう。
今、タンダの魂が彷徨っているところは、サグ(現実)とナユグの間ともいえる場所だった。ナユグを自分の目で確認するタンダ。クジラのような水生生物。山がそのまま甲羅になっているカメもどき。全体的に生物が巨大なのは平和で豊かな世界の象徴か?(精霊の世界だしね、ナユグは)
「戻れない・・」と途方にくれながらも、ヒントを掴み、チャグムを介してなんとか現実に戻って一件落着とはなるのだが、タンダが”魂”だけになっていたほんの少しの時間に得たものは、宝物にも匹敵するような時間だったかもねw
バルサの呟きは、タンダの魂がそこに居ると知りつつ口にした本心だろうか?以心伝心なバルサとの心繫がりが嬉しくなるタンダだが、嬉しさを伝える術が、今は無し(笑)
このままイイ雰囲気で「花酒か!?」と思ったが、流石に男らしいバルサに、優しく”口移し”等という考えは起こらない。この肩透かし加減が「うんうん、バルサならそうだよな。」と、少々残念に思いつつも納得できるわけで、魅せ方の上手さを感じるんだよね。
3人での帰り道、川の字で交わされた会話。聡明なチャグムにはぜーんぶ分っちゃったみたいだね(笑)

次回、「夏至祭」 頭脳戦の次は体力戦か。王たるもの文武両道じゃないとね、やっぱ。

アイキャッチの卵。うっすら透けて見えてきた幼生の姿・・・ウーパールーパー??

|

« モーモーペアに血迷った・・・ | トップページ | 「ゾディアック」みた。 »

コメント

こんにちは^^。

バルサとタンダがちょっとドキドキの展開でしたね(笑)。

投稿: shamon | 2007/06/16 12:57

■shamonさん、毎度♪
いつまでも幼なじみな2人にドッキドキ(笑)
進歩しませんなぁ~。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/06/16 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「精霊の守り人」~第11話:花酒をタンダに:

» 精霊の守り人 #11『花酒をタンダに』 [シチュー鍋の中の混沌]
精霊の守り人 第1巻 (初回限定版) 上橋菜穂子 神山健治 安藤麻吹 Amazonで詳しく見る by G-Tools 一見、脇道にそれ、水妖に関係ないようにみえる今回の話。 しかし、ストーリーの骨子は『夢の守り人』から取り込みつつ、『トーヤとサヤ、タンダとバルサの絆を見せる』と『サグと重なり合う異世界ナユグの存在を明確にする』この二つの主軸を巧みに絡ませ、今後の伏線もしっかり張り巡らせた、手堅さのあるものでした。 原作の三巻目である『夢の守り人』は、シリーズ中最もサグとナユグ... [続きを読む]

受信: 2007/06/16 12:36

» 精霊の守り人 第十一話「花酒をタンダに」 [よう来なさった!]
「あいつが居ないんじゃなんの意味もね」そう言い川に金を捨てるトーヤ。 何でそんなに憂鬱になっているのかと思いきや サヤがお見合いをするため、トーヤの元を離れたために気持ちが沈んでいるようです。 本当の兄弟のように接してきて、そばに居るのが当たり前だと思....... [続きを読む]

受信: 2007/06/16 12:40

» 精霊の守り人 第11話 [ACGギリギリ雑記]
『花酒をタンダに』 ナユグって面白そう♪ タンダ同様、圧倒的な世界に魅入ってしまいました。 そのまま、バルサ姐さん、チャグム、トーヤ、サヤ、タンダ、トロガイ氏の6人で、 ナユグを旅する話も見てみたいw でも、... [続きを読む]

受信: 2007/06/16 18:29

» 精霊の守り人#11「花酒をタンダに」 [Sweetパラダイス]
たのまれ屋の少年・トーヤが面倒を見ている少女・サヤが見合いをすることになった。だが、その見合いの最中、花酒を飲んだサヤは急に倒れ、魂が抜けた状態になってしまう。噂による魂抜けてやつ?ため息ついてるトーヤ。らしくないよ。ご馳走に舌鼓のトーヤ。よく噛んで味...... [続きを読む]

受信: 2007/06/16 20:08

» 精霊の守り人 第11話 『花酒をタンダに』 [ティンカーベルをください]
「もっと優しくできないのかよ…」 バルサ、ちょっと乱暴だな!!(笑) 花酒を飲ませようとして首を反らせたあの瞬間、タンダの首はグギッてイッタと思うw ※ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2007/06/16 22:39

» アニメ「精霊の守り人」第11話 感想。 [ぎんいろ(旧夢の日々)。]
第11話「花酒をタンダに」 1人落ち込むトーヤ。その手にはお金が握られていたが、あいつがいないんじゃ何も意味がないと、それを川に捨ててしまう。 タンダは、サヤの元を訪れていた。話を聞けば、昨日の今頃急に倒れたのだと言う。 熱はなく寝ているように見えたので、てっきり花酒で悪酔いしたのかと思っていたので、布団に寝かせたと老人は語る。 花酒?タンダが問うと、めでたい事があったのだと、老人は言う。 その時、チャグムがタンダ達の前に姿を現す。村の手前まではバルサと一緒に来たが、バルサはトーヤ... [続きを読む]

受信: 2007/06/18 23:00

» 精霊の守り人 第11話 「花酒をタンダに」 [Natu sola −ナツソラ−]
魂呼ばいを行ったタンダの魂は、ナユグの世界を垣間見る。 ナユグの世界のイメージが圧巻ですね。 人間世界サグから一歩踏み出すだけで、広がった異世界ナユグ。 風がすごい早さで雲をながし、山のごとき大亀が闊歩す... [続きを読む]

受信: 2007/06/19 22:34

« モーモーペアに血迷った・・・ | トップページ | 「ゾディアック」みた。 »