« 貯まりに貯まった録画 | トップページ | 「善き人のためのソナタ」みた。 »

2007/05/09

「ラブソングができるまで」みた。

Photo_30 「あの人は今!」な番組はどこの国にもあるのだね(笑)
忘れさられた80年代のポップスターに巡って来たラストチャンス?救世主の如く現れた一風変わった女の子。
まったくもってお約束のラブコメなんだけど、好きだなぁ~こういうの(^^)
ビックタイトルが多かったGWだっただけに後回しにしてしまったけれど、見逃さなくってよかった。

いきなりの懐かしのリズムと微妙なダンスというプロモーションビデオに、「うわ~、ありがち~」と思いつつも、何故か顔はニコニコ、気分はノリノリ?
最盛期→そして忘れ去られて「???」な今のアレックスを見せるという常等手段で物語は始まる。そこにソフィーの登場。個性的なキャラを見せつけておくという掴みはOK。
現在大ブレイク中のアイドルからの作曲依頼がアレックスとソフィーの運命を変えるという、意気投合して、ケンカして、そして仲直りーなベタベタな物語なのだけど、ププッと笑っちゃう小ネタが満載で、なんだか嬉しくなっちゃうハッピーさに、「まぁいっか」となってしまう感じ(^^)
登場人物のみんながおちゃめでカワイイんだよね。
アレックス&ソフィーの息のあったコンビは勿論だけど、ソフィーの姉がパワフルで最高!相手による七変化?が実に素晴らしい。良き姉で、良き母で、たぶん良き妻(笑)
コーラも想像以上にいい娘だったなぁ。歌が最後にはあーなることは予想できたけれど、あのダンスで魅せるより、新境地を開いたかのような『WAY BACK INTO LOVE』によってきっとライバルに差が付いたハズ・・なんて思っちゃったりしてね。
ストレートな歌詞で見事ソフィーのハートを射止めたアレックス。大成功な後日談で最後の最後まで笑いを提供するEDがGOOD!

コメディ色が思った以上に強くって予想外に大笑いとなった作品だった。面白かったしとっても良かった。

総評:★★★★☆  好き度:★★★★☆+  オススメ度:★★★★☆

|

« 貯まりに貯まった録画 | トップページ | 「善き人のためのソナタ」みた。 »

コメント

たいむさん、こんばんは。
私も観ましたよ。この作品。
ヒューグラントお得意のラブ・コメディだろうなぁ
なんて軽い気持ちで観たのですが、意外にも同じ日に観た
『スパイダーマン3』よりも印象に残ってたりして。。。(爆
でもまだレビューは書いていなかったり。。。(再爆

一番印象的なのは、やはりヒューグラントの腰フリですかね(笑
元アイドルの作曲家という落ちぶれた役も、ちょっと哀愁を
感じさせる頑固オヤジを見事に演じていたと思います。
展開は読めつつも、大笑いして良い気分で映画に浸れました。

投稿: GAKU | 2007/05/10 01:03

たいむさん、TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

主役の二人、こういうラブコメにピッタリはまりますね(笑)?
随所に笑いを鏤めて、いじらしいけど応援したくなる二人でした^^
あのオネーチャンはもっと強烈個性の方が良かったですが(笑)

投稿: cyaz | 2007/05/10 17:37

たいむさん、こんばんは♪
ホント、ありがちなんだけど、こういう作品って安心して見ていられるからいいですよね。
ヒュー様は私のチェック俳優なのですが、ドリューって全然見たことがなかったの。
でも、さすがにラブコメの女王らしく、軽快で上手かったです。
ヒュー様がステージで腰を痛めるところにとってもウケました。
あれは演技というよりも本当に痛めたように見えたわ(笑)
80年代ポップスって懐かしいけれど、今から見るとダサいよね~。

投稿: ミチ | 2007/05/10 21:34

■GAKUさん、こんばんは♪
既にご覧になっていたのですね。
私の場合、腰が良くない事もあってハシゴは極力避けているので、こんなに遅くなってしまいました。
でも諦め無くってよかった(^^)
ヒューがとってもいい味だしてましたね。
腰を使うダンスは現在もあるけれど、なんでしょうね、この微妙さ加減は(笑)
悪人も理不尽なところもどこにも無くって、ストレートに笑わせてくれるところがとっても良かったし、癒しになりました。
同じく良い気分で退席は、ホリデイ以来かな?(笑)


■cyazさん、こんばんは♪
コメント感謝です!
こんなにラブコメがハマルとは思ってもいませんでしたが、スッゴク楽しませてもらいました。
>あのオネーチャンはもっと強烈個性の方が良かったですが(笑)
アレ以上どこを??(笑)
同窓会での乱入、自宅訪問でのポテト、「ママが行くわよ」などなどとにかく大笑いでした。
ハッピーエンドでよかったです!


■ミチさん、こんばんは♪
そうそう、安心なのよね♪
曲の採用、実は名前を変えられないかとドキドキしていましたが、そんなこともなく、まったくもって健全でした(笑)

>ヒュー様
今度はマジシャン??(笑)
ドリューは私も知りませんでした。(というか、俳優さんの名前と顔がなかなか一致しないのよね・・^^;)
腰を痛めたトコは、そんなに無理しなくたってぇ~とやや同情の目(笑)
でも、ほんとマジっぽかったですねー。

腰フリは良くあるダンスだけど、今との差は何かしら?(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/05/10 22:52

いつもどうもでーーーす。
お顔は全然タイプじゃないけど今やラブコメやらせたら安定感抜群のドリューと、
ニヤケ顔がとっても苦手で、おいおい元人気歌手役なんて大丈夫かと心配だったヒュー・グラント。
とってもピッタリで絶妙なラブコメに仕上がってました。

投稿: ひらりん | 2007/05/10 23:29

■ひらりんさん、こんばんは♪
ヒューとドリューのコンビで次があるかというとなさそうだけど、ピッタリと息の合った作品、とっても良かったですね!

投稿: たいむ(管理人) | 2007/05/11 00:03

こんにちは~^^・
TB&コメントありがとうございました♪
最初のPVで、「死にそうになったのに、いきなり元気に歌う」シーンがありましたよね。あそこで「あ~~こういうのあったなぁ~ダサイ~~~!!」って思いながら涙が出るほど笑いました。それ以降、クスクス気分で鑑賞したので、ベタな物語にとってもホンワカした気持ちになりました。
ヒュー&ドリューはお似合いでしたね!


投稿: 由香 | 2007/05/11 09:00

こんにちわ!
TB&コメントありがとうございました。

私、ホントにこういうラブコメは滅多に観ないんですが。
観ちゃうと予想外にハマるんですよねえ(笑)。
この作品も例外ではありませんでした。

すごくありきたりで物語展開は読めちゃいますが、
なんといってもヒューのダサカッコイイパフォーマンスが最高で(笑)。

とっても楽しく観れるステキな1作でしたね。

投稿: 睦月 | 2007/05/11 10:33

■由香さん、今晩は♪
>「死にそうになったのに、いきなり元気に歌う」シーン
PVは「うわ~あったあった(^^;)」でしたね。
ちょっとだけ平井堅の「キラキラなポップスター」なんかを思い出したりも(笑)
もう、ずっとクスクスモード。読めちゃう次のシーンを前倒しでずっとニコニコでした。
楽しかったです!


■睦月さん、今晩は♪
あら、あまりラブコメはご覧にならないのですか?
私もキャスト次第、ではあるかな?
>なんといってもヒューのダサカッコイイパフォーマンスが最高で(笑)。
ですよねぇ(^^)
思っていた以上に楽しくって笑った素敵な作品でした!

投稿: たいむ(管理人) | 2007/05/11 18:45

たいむさん、こんにちは!

>登場人物がおちゃめでカワイイ
ほんとそんな感じでした。
悪い人が全然いなくてすっかり安心してみてました。
コーラもわがままムスメかと思ったらいい娘だったし。
でもやはり一番は、ソフィー姉でしょう!

投稿: はらやん | 2007/05/12 16:49

■はらやんさん、こんばんは♪
悪い人がいない作品は安心しちゃいますよね。
あのイヤミな作詞家も負けを認めてましたしね(笑)

ソフィーの姉、めちゃ印象的でした!!

投稿: たいむ(管理人) | 2007/05/12 20:11

ホント、見逃さなくって良かったぁ〜。
それにGWの最後に観たのも、ぱぁーと爽快感があって良かったかも。
笑わせてもらったし、2人も周りの人も可愛くてキュ〜ンとなりました。
『キラキラなポップスター』あっうんうん、そういう感じします。

投稿: あん | 2007/05/12 21:47

■あんさん、こんばんは♪
GW前半でみた「バベル」での消耗を一気に回復させてくれましたよね。
息の合ったコンビにキュンキュンでしたし。
・・といいつつ「善き人のためのソナタ」を翌日に観て、ルンルンな感じはあっという間にぶっ飛んでしまいましたけど(爆)
ま、とっても素晴らしい作品だったので清清しさはそのままkeepですけどw

>『キラキラなポップスター』
腰フリこそないけど、ぴょんぴょんはありましたよね(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/05/12 22:41

たいむさん、こんにちは!
ココログさんへのTBが出来ました!!嬉しい♪
他の記事にも試してみますね。(出来なかったらゴメンナサイ)

投稿: 由香 | 2007/05/18 08:30

たいむさま、やっと観てきました。
ほんとうに、良質のラブコメでした。
設定より離れた本当の年の差も、あまり気にならないほど
息が合っていて、観てるほうも楽しかったです。

でも、あんなひどいこと言っても許しちゃえるのは
映画の世界だからでしょうけど・・・。

スターに恋するお姉さまに共感します(笑)

投稿: kayamariyon | 2007/05/18 09:00

■由香さん、こんばんは♪
う、嬉しすぎます!!
ありがとうございます。
gooとの復縁が今だけではないことを祈ります!!


■kayamariyonさん、こんばんは♪
>設定より離れた本当の年の差
15も違うとkayamariyonさんのところで知ってビックリです。
息の合ったコンビと、楽しい設定に大笑いでした。

>スターに恋するお姉さま
あの勢いと気迫には勝てませんw


投稿: たいむ(管理人) | 2007/05/18 21:00

たいむさん こんにちは
DVDで見ました。
ほんとに、登場人物はキュートな人ばかりでした。
私も,あのお姉さん、大好き。豪快で、面白くて,妹思いで。
コーラも,ラストの歌の時のメイクや雰囲気が
一番可愛かったですね。
それに,アレックスのマネージャーも,いい雰囲気でしたよ。
ま,なんと言っても,イチオシはヒューの歌とダンスですけど。
47歳でチャレンジ精神あるなぁ!

投稿: なな | 2008/01/17 12:10

■ななさん、こんにちは♪
パワフルなお姉さん、素敵でしたよね(^^)
登場するみーんないい人で、気持ちよい作品。
ヒューのダンスも古臭さが新鮮。
47歳なんてまだまだ!これからも若々しさを見せ付けて欲しいですね!

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/17 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/15015118

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラブソングができるまで」みた。:

» ラブソングができるまで   music and lyrics [シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー]
メロディーは人間の見た目、歌詞は中身「あの人は今?」というようなTV番組で話題になるような、今では忘れ去られた80年代ポップスターと、彼の歌う歌に生きた詩を吹き込むアルバイト女性との交流を描く、ヒュー・グラント、ドリュー・バリモアのW主演のラブコメディ。現在のカリスマ歌姫コーラはヒュー・グラント演じるアレックスの大ファン。そんなコーラはアレックスに新曲の提供を依頼する。時代に取り残され、いまではドサ回り巡業をするアレックスにとっては千載一遇のチャンスだったけど、作詞が大の...... [続きを読む]

受信: 2007/05/10 19:48

» ラブソングができるまで [h]
今年、劇場で見た18本目の映画は「ラブソングができるまで」。 原題は「Music and Lyrics」。 日本でもこのタイトルのままで良かったかなと思う。 Lyricって言葉は今なら日本... [続きを読む]

受信: 2007/05/10 23:36

» ラブソングができるまで (Music And Lyrics) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 マーク・ローレンス 主演 ヒュー・グラント 2007年 アメリカ映画 104分 ラブロマンス 採点★★★★ 私の部屋や車の中で流れているデュラン・デュランやジャパン、トーマス・ドルビーにヒューマン・リーグ、果てはスクリティ・ポリティの曲を耳にした知人は間違いなく「..... [続きを読む]

受信: 2007/05/11 11:16

» ラブソングができるまで [とんとん亭]
「ラブソングができるまで」 2007年 米 ★★★★ NEVER GIVE UP!あ、こりゃロッキーだった。 映画館の予告を観て、「これは観たい!!」と思って早速観に行って きました。 映画館は久々のような気がします(先週、行けなかったので^^) ヒュ...... [続きを読む]

受信: 2007/05/11 14:28

» ラブソングができるまで [描きたいアレコレ・やや甘口]
あはは、最初から、笑わせて、いや、楽しませてくれます。 80年代風のPVが、素敵です。腰もくいくい振って踊って歌うヒュー、頑張っています(笑) GW、とにかく観たい映画が多くて、この『ラブソングができるまで』を外そ... [続きを読む]

受信: 2007/05/12 00:09

» 「ラブソングができるまで」 互いに認め合えるパートナーが得られる人生は素敵だ [はらやんの映画徒然草]
肩肘張らずに楽しめるラブコメディーです。 ヒュー・グラントが80年代に活躍した元 [続きを読む]

受信: 2007/05/12 15:38

» ラブソングができるまで [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
プライドなんて捨てちまいな、でなきゃ男じゃない。忘れ去られた80年代のポップスターが、再び輝き始めた!すっかり落ち目の80年代のポップスター・アレックス(ヒュー・グラント)の仕事は、今や遊園地などでのイベントへの出演ぐらい。そんな彼にスターダムへの復活のチ...... [続きを読む]

受信: 2007/05/13 17:47

» 『ラブソングができるまで』 [Sweet* Days ]
CAST:ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア 他 STORY:80年代の人気絶頂のポップスターで、その後落ちぶれたアレックス(ヒュー・グラント)は過去にすがるように生きていた。そんな彼にスーパーアイドルからデュエット曲の作曲の依頼が舞い込む。作詞が苦手なアレックスは、観葉植物の世話のバイトに来たソフィー(ドリュー・バリモア)に作詞の才能があると分かり、彼女に依頼する・・・この作品見ようかどうか迷ってたんだけど、先日You tubeでDuran Duranの『Planet Earth』のPVを... [続きを読む]

受信: 2007/05/13 20:15

» ラブソングができるまで 2007-22 [観たよ〜ん〜]
「ラブソングができるまで」を観てきました〜♪ 80年代のスター、アレックス(ヒュー・グラント)はすっかり落ちぶれてしまい、遊園地の営業で食いつなぐ日々。そんなアレックスに人気絶頂の歌姫コーラ(ヘイリー・ベネット)から新曲のオーダーが入る。曲作りに悩むアレックスの前に、作詞家の天分を持ったソフィー(ドリュー・バリモア)が現れる・・・ 人気Blogランキング     ↑ 押せば、素敵なラブソングが創れるかも!? ... [続きを読む]

受信: 2007/05/13 22:46

» ラブソングができるまで 観てきました。 [よしなしごと]
 この映画も最初はパスしようと思っていたのですが、観て良かったという感想が多かったので、結局観ることに。ラブソングができるまでを観てきました。  ゴールデンウイーク9日(1日、2日は普通に出勤ですが)に9本の映画を観るのを目標にしていたので、見るものがなくなりつつあるというのも正直なところですが。... [続きを読む]

受信: 2007/05/13 23:15

» ラブソングができるまで [★YUKAの気ままな有閑日記★]
もうすぐGWで、観たい映画が目白押し。今日はコレ【story】アレックス(ヒュー・グラント)は、忘れられた80年代のポップスター。時代に取り残されてしまった彼にも、ついにチャンスが訪れる。カリスマ歌姫コーラに新曲を提供するのだ。曲作りに悩んでいる彼の前に、植木の世話係のアルバイト、ソフィー(ドリュー・バリモア)が現れる。彼女が何気なく口ずさんでいたフレーズにアレックスはハートを直撃され、ラブソングの作詞を依頼するが―     マーク・ローレンス監督 『デンジャラス・ビューティー』シリーズ      ... [続きを読む]

受信: 2007/05/18 08:29

» ラブコメ大好き!「ラブソングができるまで」 [着物アロハ・茅kaya日記]
ヒュー・グラントっていくつになったんだっけ? ドリューは30過ぎのはず・・・。 7歳違いなんて・・・よく言うよ〜〜って 15歳も違うじゃん(笑) なぁんてことも関係ない。それすらお茶目な気がする ヒューさまのラブコメ、堪能してきました。 ... [続きを読む]

受信: 2007/05/18 08:55

» ラブソングができるまで 〜 細部にこそ神は宿る。モノづくりの姿勢 〜 [Prototypeシネマレビュー]
〜 細部にこそ神は宿る。モノづくりの姿勢 〜 売れない元アイドルと自宅の植木係りが、一緒になってラブソングを完成させるラブ・コメディ。この作品では、今見るとヘンな80年代のアイドルの群像で笑いを誘い、それでいて元アイドルの哀愁と再チャレンジというドラマ部分....... [続きを読む]

受信: 2007/05/19 12:42

» 「ラブソングができるまで」 [☆彡あっつんDiary☆彡]
||#ffffffstyle=font:20pt;color:#FF5580``「ラブソングができるまで」|| [[attached(1,center)]] {{{ 落ちぶれた80年代のポップスター×男に騙された元ライター 1980年代に爆発的な人気を博した5人組バンド“PoP”。ダブルボーカルのひとり、 コリンは、その後ソロ・アーティストとして活躍し、グラミー賞、アカデミー賞を 受賞したばかりか、ハリウッドの殿堂入りも果たし..... [続きを読む]

受信: 2007/05/28 08:42

» ラブソングができるまで [虎猫の気まぐれシネマ日記]
何を隠そう,私はかつて ヒュー・グラントの熱烈なファンだったことがある。(過去形)「モーリス」の輝くばかりの美青年だった頃から始まって,「ノッテイング・ヒルの恋人」のあたりまでの期間。(つまり彼の若い頃)エリート英国紳士らしい,上品な雰囲気や、優しげなタレ目に萌えていた。そんな彼がいつのまにか,ロ... [続きを読む]

受信: 2008/01/17 12:05

« 貯まりに貯まった録画 | トップページ | 「善き人のためのソナタ」みた。 »