« じゃすと・IN・たいむ(5/3号・・買う本) | トップページ | 「精霊の守り人」~第5話:秘策、青い手 »

2007/05/04

アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson13

卒業演奏会はSオケ効果でいっぱい。ひとつの出来事に終わりが訪れ、新しいひとつが始まる予感がしてきた13話だね。
今回の主なる演奏曲は、真澄ちゃん&千秋(代理伴奏)の【アンドレ・ジョリヴェ/打楽器と管弦楽のための協奏曲】・・かな? 
ドラマではバッサリだった真澄ちゃんの卒業演奏が嬉しいけれど、今回は演奏を聴かすというよりは、ドラマパートで話題満載の見応えたっぷりな13話だね。

「日本で何が出来るのか?」
ピアノ科で大学院へ進むことに決めた千秋。やはり日本での指揮者への道は限りなく狭く厳しく長い道のり。そんな千秋に「自分達のオケを作ろう」という峰くん。荒唐無稽なことと千秋に却下されるが諦めない峰くん。しかし、時を同じくして千秋の前に現れた清良。「千秋君とオケがやりたい」との提案には快諾する千秋。この差は・・・指揮者:千秋の学生お遊びは卒業と同時に終わったということ。妥協を許さない本気の千秋ってことだね。
千秋の微妙な変化を感じ取っているのだめ。知ってか知らずか千秋がつい本音を洩らしちゃう相手として定着。偶然であった彩子も納得させちゃうくらいにね(笑)・・・彩子→のだめの理不尽な仕打ちは大目に見ましょうか(笑)
それぞれに新しい目標を目指して歩み始めた。・・・止まったままなのは、のだめだけなんだよね。。。。

2クール突入でEDが新しくなった。今までの明るいテンポからしっとりとした雰囲気へ。入りも余韻もいい感じだね。
次回、由衣子ちゃんの初登場♪
ここでものだめが本領発揮で掻き回される三善一家、だね(笑)

|

« じゃすと・IN・たいむ(5/3号・・買う本) | トップページ | 「精霊の守り人」~第5話:秘策、青い手 »

コメント

というわけで、以前書きましたが、清良登場の前半は、録画失敗のため未見です…。(-.-)

後半の真澄ちゃん卒業演奏は、ドラマではなかっただけに、嬉しかったです。いかにも卒業、という雰囲気でしたね。

ドラマでもそうでしたが、千秋先輩とのだめの関係は、とてもうまく描かれていると思います。

15分なので、コメントも短めで失礼します。(>_<)

投稿: ラフマニノフ | 2007/05/08 14:07

■ラフさん、こっちにもどーもです♪
2週分貯めてたんですね(^^;)
ドラマに無い部分は手放しで嬉しいですよね。
ドラマのときにも書いたけど、代理ネタは峰くんでやっちゃったから、当然のようにカット対象になってしまったのでしょうね。

千秋&のだめ。
どう見ても
千秋→→←のだめ
ですよね、既に(笑)
それでも依存とかはどこにも無くって、いいカップルですよねぇ。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/05/08 19:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/14946512

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson13:

« じゃすと・IN・たいむ(5/3号・・買う本) | トップページ | 「精霊の守り人」~第5話:秘策、青い手 »