« 「精霊の守り人」~第7話:チャグムの決意 | トップページ | 「主人公は僕だった」みた。 »

2007/05/20

『HOLiC11巻』より。

Holic11一番 珍しいものは、四月一日君尋。
『貴方は存在自体、在り得ないでしょう』
雨童女のいきなりの重大発言にびっくり。・・・言っちゃっていいんですか?そんな事!?  という感じなのだけど、どうやら「HOLiC」も佳境、オワリが近づいているようだ。こんな発言をされてしまっては、四月一日の正体が一番気になるところだが、「”四月一日”が大事」、それってもしかして・・・・?。

侑子さんの店にも異変が見え始め、ひまわりちゃんに続いて”マルとモロ”の正体(?)も明かされた。座敷童は自ら成長し、百目鬼も変わり始めた。もちろん四月一日が一番大きく変化したのであろうが・・・。
白モコナに共鳴する黒モコナ。『ツバサ』は読んでいないから、アチラがどのような状態にまで進展したのか分らないのだが、どうも良くない方向へと進んでいるようだ。ソチラ次第ではコチラにも多大な影響を受けるということか? どうも時空が歪み始めた気配があるし、さてどうなることやら。。。
そして、四月一日の怪我の為に対価を支払った、もう1人の小狼と四月一日の関係は?
百目鬼は”最後の瞬間”に何に迷うというのか?
それ以前に”最後の瞬間”とは?飛王・リードの企みとは?
ほのめかしてはいるものの、具体的には謎だらけ・・・・。

四月一日の気持ちのまま生まれた小鳥はひまわりちゃん元へ。四月一日によって”蒲公英(たんぽぽ)”と名付けられた。
嫉妬?した管狐にも、四月一日が”無月(むげつ)”と名付けた。
役者が揃ったか?
百目鬼はもちろんだけど、遥さんであり、小羽ちゃんであり、座敷童であり、雨童女であり、管狐であり・・・・四月一日の最大のピンチに必ず登場して来るであろう面々が揃いも揃った感じだ。おでん屋の子ぎつね君も久々に登場し、眠っているけど頑張っているマルとモロ。共通して言えることは、みんな四月一日が大好きだということ。
そんな嵐の前の静けさにも感じられる『HOLiC』11巻だった。

|

« 「精霊の守り人」~第7話:チャグムの決意 | トップページ | 「主人公は僕だった」みた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/15130425

この記事へのトラックバック一覧です: 『HOLiC11巻』より。:

» xxxHoLic  第11巻 [落とし穴には気をつけろ!]
XXXHOLiC 11 (11)講談社このアイテムの詳細を見る だいぶ佳境に入ってきたようですね。思わせぶりなセリフがますます多くなってます。ツバサとか、他のCLAMP作品とのリンクが分かればもっと面白いんだろうけど、読んだことないのよね〜。 百目鬼(ドウメキ)君、大好き 多くを語らないけど、いつも四月一日(ワタヌキ)を守ってるんだよね。友達甲斐のあるヤツだなあ。侑子さんは、百目鬼に何をさせたいのか?侑子さんが「これから起こることのために」と渡した玉子がどう作用するのか、「その瞬... [続きを読む]

受信: 2007/05/23 00:15

« 「精霊の守り人」~第7話:チャグムの決意 | トップページ | 「主人公は僕だった」みた。 »