« アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson11 | トップページ | 日曜洋画劇場「男たちの大和-YAMATO」みた。 »

2007/04/07

「ブラッド・ダイヤモンド」みた。

Blood_diamond ”ブラッド・ダイヤモンド”とは、”ピジョンブラッド”のような希少性の高い”ルビー”のようなものではなく、ダイヤモンドの原石という、地球資源の利権を争う一部の人間の横暴と紛争によって流された無数の罪無き人々の血にちなんで例えられた、まさしく”血塗られたダイヤモンド”という意味である。
ドキュメント?というほど生々しく、決してドキュメントであってはならないと思った。
(以下、若干ネタに触れています)

冒頭の穏やかな父子の会話が、何分も起たないうちに急展開。”RUF”という反政府組織による、目を覆いたくなるような惨劇が始まる。無差別に殺戮のかぎりが尽くされ、わずかな時間で村一つが消える。生き残った者は捕らえられ容赦なく手足を切断される。使えそうな男はダイヤモンドの採掘場へと移送され、奴隷のように働かされる。男の子は隔離され、強制的に兵士としての訓練と洗脳を施される。”RUF”はそのような行ないを「お前たちのため、国を守るため」と手前勝手な解釈を押し付け正当化する。
物語は、家族を逃がす為に自らを盾として”RUF”に捕らえられたソロモンが、採掘場で巨大な”ピンクダイヤモンド”の原石を発見し、軍の襲撃に乗じて隠したことが発端となり、ダイヤの密売を請け負っているアーチャー、ダイヤ密売の裏に隠された真実を追い求めるジャーナリストのマディー、そして家族との平和な生活を望むソロモンがめぐり合うことになる。
ダイヤには、三者三様それぞれに異なる思惑があった。が、繰り返される狂気と混沌の中を生き延び、共に行動していくことで友情とも愛情とも付かない何かが生まれる。
元少年兵を連れ戻し更生施設を営んでいる男は「人間は善人になれるだろうか?」とアーチャーに問うた。それに対してアーチャーは、「人間は、ただ人間だ」と答えた。その答えに「そうだ、人間のすべては”行動”で決まる」と男は付け加えた。
では、人の行動を変えるものは何か?それは理屈に囚われることのない、ひとの心。そう私には思える。
そして、やがて他人の言葉に耳を傾け、思いやる心を持ち始めるアーチャーとなった。

見ているのが痛かった、辛かった、何度も目を伏せた。涙が溢れた。
何故?と問うまでも無く、答えはわかりきっているのだが、だからといって何ができるか?といえば、何もできない。何も変えられない。ダイヤモンドの不買を提唱したところで、「そもそもダイヤモンドなんて買えないしぃ。」とお茶を濁すのが関の山。切ない。それでも”TIA”と割り切ってはいけないと思う。

とにかく迫力在る映像と、迫真の俳優陣の演技が素晴らしい。時折、直視できずに顔を背けてしまう場面はあれど、話にどんどん引き込まれて目が離せなかった。
父子の最初の会話の「楽園」、赤い土、電話etc...(分りやすくはあったけど)伏線の回収が見事だった。
アーチャーとソロモンとマディーの努力と勇気が報われたラストが、最後のひと泣きとなった。

総評:★★★★☆++  好き度:★★★★☆+  オススメ度:★★★★☆+

|

« アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson11 | トップページ | 日曜洋画劇場「男たちの大和-YAMATO」みた。 »

コメント

たいむさん、こんにちは!
TB&コメントありがとうございました^^・
こちらのTBが不調のようです。すみません。。。
かなり見応えのある映画でしたね。紛争ダイヤを知りませんでしたし、激しい戦闘や少年兵の姿には、胸が締めつけられました。
レオの演技は良かったです。(一応レオ君ファン・照)
この演技なら主演男優賞を獲らせてあげたかったなぁ~と思いました。

投稿: 由香 | 2007/04/08 12:03

こんにちは♪
うえーん、またまたTBできなかったよ~~(泣)
映画ファンは今週はまずこの映画に足を運んでいることでしょうね。
アフリカに対する先進国の搾取をみると本当に辛くてたまらなくなります。
ダイヤ不買運動なんていう問題では済みませんよね。
ダイヤに限らずいろんな資源に先進国が一枚かんでいるんでしょうし・・・。
もうどうしていいのやらわからず、いつものごとく無力感です・・・。

投稿: ミチ | 2007/04/08 15:31

どうもここのところgooの方々のTBが反映されない現象が続いていて、寂しい限りですが、ココログ同士でもTBできなかったりするので、「いったいなんなのよ~」という感じです(><)


■由香さん、こんばんは♪
私も”紛争ダイヤモンド”などという存在しら知らず、安穏と婚約指輪を貰っていた時期のお話でした(汗)
どこか身につまされる思いも。。。

レオ様は子役の時が可愛くて好きでした。>シーバー家とかw
アイドル的なレオ様でしたが、新境地が開けたような素晴らしいものでしたね。
お若いですし、来年、再来年とまだまだチャンスはあります。
良い作品とめぐり合うとよいですね。


■ミチさん、こんばんは♪
やはりダメですか・・・映画ファンの方々ってgooの方は多いような気がしますし、なんだか寂しいなぁ。
>アフリカに対する先進国の搾取
象牙にゴムに石油に金、そしてダイヤ。
資源がなければないで、ナイルパーチのようなこともあるわけで、悲しくなってきますね。
資源がない日本だから敗戦しても、侵略されずにやってこれたのかしら?
同じく、アフリカ問題を知れば知るほど無力感が大きくなる私です。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/04/08 18:14

こんばんわ。
TB&コメントありがとうございました。

この作品の影響でダイヤを買わないとか、ダイヤそのものの輝きの価値自体が否定されるようなナンセンスな考えは持ちたくないなあと思いました。・・・まあ、ダイヤなど高すぎて買えないけれど(苦笑)。

ダイヤを買わなければ全てが解決するわけではないし、正規ルートで売られているダイヤの方が圧倒的多いわけだから・・・やはりダイヤモンドは永遠に幸せの象徴であってほしいと願いたいと思いました。

投稿: 睦月 | 2007/04/08 23:02

2時間半ほどの長い作品だったけど、緊張感途切れること無く観てしまいました。
目を覆いたくなるようなシーン、驚きの事実、そしてもちろん役者の演技・・・
どれも迫力・見応えいっぱいで、ちょっと辛かったりも。。。
ディカプリオはすごくよかったですね。
今後も社会派作品に挑んで欲しいです。

投稿: 未来 | 2007/04/08 23:36

■睦月さん、こんばんは♪
>ダイヤを買わなければ全てが解決するわけではない
そうですね、ダイヤには罪がないし、美しいものに惹かれる人のこころもまた同じですよね。
ただ、チョットばかり希少性が高いという悲劇。。。なのでしょうか。
ダイヤなんて身につけると逆にういてしまうし、さほど興味はないけれど、思い出のアイテムとして、幸せの象徴として永遠であって欲しいですね。


■未来さん、こんばんは♪
時間なんて全然感じませんでしたね。緊張のきっぱなし(笑)
アーチャーの結末はわかっていたけれど、それでもどーなるんだろう?という最後の最後まで目が離せませんでした。結構つらいハズなのですが。
ものすごい手応えのある作品でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/04/09 18:48

これは良い映画ですね。感心しました。「てらい」がない。
「見せつけられている」という感覚がないことが、素晴らしいです。
某リメイクでは「どうだ!」的印象が強くて、少なからず嫌悪感もあったのですが。(^^;) 監督の持ち味、人柄なのかも。今作でのディカプリオ氏、気に入りました。特別ファンではないけど、応援したいです。

物質的に恵まれ、平和をも享受している場所の対極には、必ず犠牲を強いられている人たちがいる、このことをいつも考えていなければいけないと思いました。人間、必要以上に欲しがっちゃいけないな、資源も知識も頭脳も、全てみんなが幸せに生きていけるように使わなくちゃ。

良い行動をしようとしても、状況次第でそう簡単には行かないことの事実として「少年兵に撃たれる」ということがあったように思います。「根元的な良心」を持ち、時には大胆に回り道をしても、己の信ずるところを貫く意思こそが大切なんだと感じました。

投稿: あかん隊 | 2007/04/09 20:18

■あかん隊さん、こんばんは♪
これまでも特別ディカプリオをどうこうとは思ってはいなかったけれど、この作品の存在感は素晴らしいものだったと思いました。
オスカー候補って言うのも頷けますよね。

何故、相対的に向上できないのか?
何故、奪い合うのか?
平等がよいとは思わないけれど、ちょっとずつでも譲り合えたなら、少しは違う結果になるのではないかと思うのですが。
根本的に、多種多様な思惑が入り混じった結果が今のアフリカで、それはもう何世紀も前からのことで、根深く、誰にも止められないし、止まらないし、止まる気もない、そんな悪循環のループで、まるで出口が見当たりません。人は変われるはずなのに、良い方向にはなかなか変わりません。
良い行動が必ずしも報われる保証がないということを知っているからかもしれません。
それでも「情けは人のためならず」
まず遣り遂げる、貫き通して始めてわかることかもしれません。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/04/09 23:53

たいむさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

本作では採掘されるダイヤを巡って、凄惨で深刻なアフリカの問題を描いていましたが、『高価で限られた資源』という意味で括ると、こういった争いはなにもダイヤに限った事ではないような気がしますね。
同じ宝石類で言えばエメラルドやルビーもダイヤに並ぶ高価な宝石ですし、同様に採掘される場所があると思うので、そこの利権や取引などを巡って大なり小の争いが起こっていると思います。

限られた資源で醜い争いをするのはなんとも不毛ですね・・

投稿: メビウス | 2007/04/10 20:26

■メビウスさん、こんばんは♪
劇中にも登場しましたが、基調だけれど豊富な中東・中近東の”石油”などはアラブ諸国がキッチリ牛耳っていることもあり、この差は一体なんだろう?と思うのですよね。
一国として取引が出来るか否か。国を統べる良き指導者の有無が下々の現状に大きく関係があるように思います。(闇の部分を持つのも含めてのこと)
植民地時代があまりにも長く、生え抜きの指導者はもはやありえないのかもしれません。結局植民地時代と、なんら根底は変わっていないように思えてなりません。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/04/10 20:46

遅くなりました。
例によってTBが不調です。ごめんなさいー。
ちょっとエンタメ性が強いのが気になってますが、こういう問題提起は映画でどしどしやってほしいです。
でも私達が映画を見てる間にもどこかで内戦がおこってたり、血が流れているんですよね・・・。色んな事を考えながら見てました。
今回、レオはいい役をもらってますよね。彼の成長も勿論見られましたが、もっと彼の為にいい脚本を書ける人との出会いを期待してます。
やはりレオ以外の人物に視線が行ってしまう感じだと思ったのですが。
まあ、私も号泣してまして。笑
びびってたシーンもラストの映像で全部チャラです。ふふ

投稿: シャーロット | 2007/04/12 23:49

■シャーロットさん、こんばんは♪
エンタメ性が強ければそれだけ万人ウケするわけで、社会派を好まない方々も足を運ぶでしょう。それで何かを感じていただければもうけもの、と考えれば、OKではないでしょうかw
私らのようなものは、深く考え込んで、相変わらずドツボとなりるのでしょうが。
実は、レオ様の作品ってほとんど見てないんです。
タイタニックをTVで見た程度で、最近のディパーデッドまでまったく、といっていいほどに・・^^;)
特別嫌いということもないのだけど、なんとなく。
本当は比べようがないのでなんとも言えないのですけど、この作品のレオは素晴らしかったです。
今後の活躍を期待したいですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/04/13 16:50

たいむさん、こんにちは!
コメントありがとうございました。

最近こういったアフリカを題材とした作品を観る機会が、ホントに多くなりました。
目を覆いたくなるような悲惨な状況を目の当たりにして辛く感じることも多々ありますが、それでも知らなければならないことなんだと思います。

投稿: honu | 2007/04/16 06:06

■honuさん、こんばんは♪
>アフリカ
増えてますよね。
日本とは一番遠いというか、縁がないと感じていたのですが、めぐりめぐってそうとは言い切れない現実に言葉を失う、そんな感じです。
アフリカ=動物の王国・・・なんて幻想なんですよね、、、、

投稿: たいむ(管理人) | 2007/04/16 20:06

こんにちわ。
TB&コメントありがとうございました。
ダイヤに限らず金・石油・象牙、、なんでも同じなんですよね。
先進国が先進国であるためにどこかで犠牲を強いられる。
その中で一番弱い立場の子供たちの姿には、本当に、、心が痛みます。。

投稿: PINOKIO | 2007/04/18 10:19

■PINOKIOさん、こんばんは♪
いつもいつもとばっちりとしわ寄せは一番の弱者にいくのですよね、、、
知るだけで何も出来ないことに、毎度無力感を感じてしまいますね。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/04/18 19:40

こんにちは、TBお邪魔します
ダイヤがあるから、武器を買い戦闘が起こる。しかし欲のために、ダイヤを闇市場に流す死の商人がいるから、RUFに武器が流れる。そして平和で裕福な国の金持ちが、ダイヤをありがたがるからダイヤが高価になる。嫌な循環ですよね。J・コネリーファンとして観た映画でしたが、期待以上に優れた作品でした。それにデカプリオはいつの間にか逞しい体つきになっていたので驚きました。

投稿: ケント | 2007/04/22 17:21

■ケントさん、こんばんは♪
ジェニファーもいい女優さんですよね。私も好きですよ。
負の連鎖には毎回打ちのめされるのですが、アフリカの現状こうした作品がドンドン作られているし、世間に対して明るくなってきたことで、何か変化が起こってくれば・・・と僅かな望みを持っているこの頃です。

レオ様もお顔の割りにいい年ですから、そうじゃないとw
エンタメとしても社会派としても、良い作品でしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/04/22 18:16

こんにちは。やっと観てきました。
映画の内容が重い割には、きちんと観る事ができるつくりでしたね。
冒頭からぐぐっと引き込まれました。
ラスト、不満も残りますが、ディカプリオの本領発揮かな?

映画を観たあと、もう一度観たくなって
ギルバートグレイプを観ました。
レオくんの成長に母親のように泣けました。

投稿: kayamariyon | 2007/04/26 07:45

■kayamariyonさん、こんばんは♪
お?ハンニバル?と思いきや、これでしたね(笑)
テーマはカナリ重いのですけど、エンタ性が強く出ていたことによって、後味は軽くなったように思います。
ホントぐいぐい引き込まれて、長時間がまったく気になりませんでしたものね。スゴイ作品ですよ。

レオ君は、私の中では「シーバー家」まで遡るんですよ(笑)
とにかく可愛かった。。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/04/26 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/14592634

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブラッド・ダイヤモンド」みた。:

» 血塗られたダイヤモンド [Bloody Mary*]
今の日本は格差社会と言われているけれど、世界に目を 向ければ、もっと切迫した格差社会があるという現実。 次の瞬間の、生死が分からない世界。 平均寿命が30代半ばという、西アフリカのシエラレオネ。 最近ま... [続きを読む]

受信: 2007/04/07 20:44

» 「ブラッド・ダイヤモンド」 [しんのすけの イッツマイライフ]
正直、全然期待せず観に行きましたけど、 こりゃ~ビックリです。 すごいよかったです。   「ディパーテッド」より、 こちらの方にアカデミー作品・監督賞あげたいです。 [続きを読む]

受信: 2007/04/07 22:01

» 「ブラッド・ダイヤモンド」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「ブラッド・ダイヤモンド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、マイケル・シーン、アーノルド・ボスルー、カギソ・クイパーズ、デイビッド・ヘアウッド、ベイジル・ウ..... [続きを読む]

受信: 2007/04/08 03:39

» ブラッド・ダイヤモンド [Akira's VOICE]
石言葉は「永遠の絆・純潔」 [続きを読む]

受信: 2007/04/08 10:35

» 『ブラッド・ダイアモンド』 [Sweet* Days ]
監督:エドワード・ズウィック CAST:レオナルド・ディカプリオ、ジャイモン・フンスー、ジェニファー・コネリー 他 アカデミー賞主演男優賞、助演男優賞 他ノミネート STORY:1999年、アフリカ、シエラレオネ。ダイアモンドを巡る内戦で反政府軍によって家族と引き裂かれたソロモン(ジャイモン・フンスー)は、ダイアモンド採掘の労働を強いられている時に大粒のピンクダイアモンドを見つける。その後、ダイアモンド密売を生業にしているダニー・アーチャー(レオ)はその事を知り、ソロモンに近づく・・・... [続きを読む]

受信: 2007/04/08 12:46

» 「ブラッド・ダイヤモンド」 [ナナシ的エンタメすたいるNet]
渋谷東映にて昨日公開した「ブラッド・ダイヤモンド」を観て来ました。 この映画は 1990年代後半のアフリカ、シエラレオネでの 激しい内戦を舞台に描いた社会派アクション映画。 ブラッド・ダイヤモンドというダイヤモンドの 不正な取引をめぐって起きる不毛な争いを問いか..... [続きを読む]

受信: 2007/04/08 14:43

» 「ブッラッド・ダイヤモンド」映画感想 [Wilderlandwandar]
各所で骨太ドラマと評判の良い映画「ブッラッド・ダイヤモンド」(原題 BLOOD [続きを読む]

受信: 2007/04/08 16:02

» ブラッド・ダイヤモンド [future world]
アフリカが舞台の社会派作品では「ナイロビの蜂」が記憶に新しいが、 このブラッド・ダイヤモンド・・・ 90年代のアフリカの厳しく悲惨な現状を、リアルに残虐なところも余すことなく描かれている。 悲惨な過去を持つ密売人ダニー(ディカプリオ)、真面目で家族をこよ....... [続きを読む]

受信: 2007/04/08 23:37

» ブラッド・ダイヤモンド(試写会) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】 ★★★★★ 血塗られたその輝きが明かすもの  [続きを読む]

受信: 2007/04/09 02:21

» 【2007-48】ブラッド・ダイヤモンド(BLOOD DIAMOND) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
地球の奥で生まれた── 幻のダイヤ それは人を狂わせる ダイヤの価値を決める“4つのC”── color(色) cut(カット) clarity(透明度) carat(カラット) しかし、実は5つめのC<conflict(争い)>が存在することを、あなたは知る── [自由][....... [続きを読む]

受信: 2007/04/09 20:08

» ブラッド・ダイヤモンド [cococo]
秀作。ディカプリオの熱演には、だんだん慣れてきたが、これなら、と思える。今後の彼 [続きを読む]

受信: 2007/04/09 23:48

» ブラッド・ダイヤモンド [cococo]
秀作。ディカプリオの熱演には、だんだん慣れてきたが、これなら、と思える。今後の彼 [続きを読む]

受信: 2007/04/10 00:30

» ブラッド・ダイヤモンド 2007-16 [観たよ〜ん〜]
「ブラッド・ダイヤモンド」を観てきました〜♪ アフリカのシエラレオーネ、漁師のソロモン(ジャイモン・フンスー)は村を襲ってきた反政府組織に拉致されてしまう。ダイヤモンドの採掘場に送り込まれたソロモン、ある日大きなダイヤの原石を発見する・・・ 人気Blogランキング    ↑ 押せば、でっかい原石発見できるかも!? ... [続きを読む]

受信: 2007/04/10 07:31

» ブラッド・ダイヤモンド(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】エドワード・ズウィック 【出演】レオナルド・ディカプリオ/ジェニファー・コネリー/ジャイモン・フンスー/マイケル・シーン/アーノルド・ヴォスルー/カギソ・クイパーズ 【公開日】2007/4.7 【製作】アメ... [続きを読む]

受信: 2007/04/10 20:26

» 「ブラッド・ダイヤモンド」 [雑板屋]
乾いた大地と血が交じり合う瞬間に・・・興奮の鳥肌! 少年兵らも奮闘する銃撃戦が、まるで自分に向けての低視線の接近戦のように感じられて・・・。 作品自体が真実を伝えようとするジャーナリズム魂が端々に感じられたので、非常に好感が持てた。 家族と平和を愛し真....... [続きを読む]

受信: 2007/04/11 11:25

» 「ブラッド・ダイヤモンド」見ごたえ充分、世界の真実も見えてくる [soramove]
「ブラッド・ダイヤモンド」★★★★☆見ごたえアリ、オススメ! レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー主演 エドワード・ズウィック監督、2006年アメリカ 舞台は90年代、 内戦中のアフリカのシエラレオネ。 政府軍とゲリラが戦うが 政府軍とゲリ...... [続きを読む]

受信: 2007/04/12 01:29

» ブラッド・ダイヤモンド [象のロケット]
『ブラッド・ダイヤモンド』とも呼ばれる、紛争に資金を提供する目的で不法に取引されるダイヤモンド。 その犠牲となるアフリカの子供たちをも巻き込み、ドラマティックにストーリーが展開します。 こんな役のディカプリオを待っていたファンも多いはず。 ... [続きを読む]

受信: 2007/04/12 20:38

» ブラッド・ダイヤモンド [とんとん亭]
「ブラッド・ダイヤモンド」 2006年 米 ★★★★★ 1990年代の後半、アフリカのシエラレオネでの激しい内戦を描いた社会派 アクション映画。 アフリカのあちこちで石油・象牙などを密輸されては国民の知らない所で「大金」 が動いている。ダイヤモンド...... [続きを読む]

受信: 2007/04/13 00:35

» 「ブラッド・ダイヤモンド」見ごたえ充分、世界の真実も見えてくる [soramove]
「ブラッド・ダイヤモンド」★★★★☆見ごたえアリ、オススメ! レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー主演 エドワード・ズウィック監督、2006年アメリカ 舞台は90年代、 内戦中のアフリカのシエラレオネ。 政府軍とゲリラが戦うが 政府軍とゲリ...... [続きを読む]

受信: 2007/04/13 01:45

» 映画「ブラッド・ダイヤモンド」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Blood Diamond 100カラットのピンク・ダイヤモンド、社会派ドラマのつもりで観たが少々様子が違っていた・・父と息子の強い絆、男同士そして男と女の友情みたいな感動・・ アフリカの大地は血で出来ている。1カラットが0.2gなら100カラットで20g、ダイ... [続きを読む]

受信: 2007/04/14 18:36

» ☆ 『ブラッド・ダイヤモンド / BLOOD DIAMOND』 ☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
ダイヤモンドと云えば、永遠の愛の象徴――と思ってきたけれど、その輝きの裏側には、紛争の資金源となる血塗られた石という顔もあるんだということを、恥ずかしながらこの作品で初めて知りました…。 かくいう私もダイヤモンドを一応持っているけれど、それはどこからど...... [続きを読む]

受信: 2007/04/14 22:58

» ブラッド・ダイヤモンド−(映画:2007年46本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:エドワード・ズウィック 出演:レオナルド・ディカプリオ,ジェニファー・コネリー,ジャイモン・フンスー,マイケル・シーン,アーノルド・ヴォスルー,カギソ・クイパーズ 評価:93点 公式サイト (ネタバレあります) 重厚な社会派アクション映画。 ....... [続きを読む]

受信: 2007/04/15 02:09

» メッセージが濃すぎです!!ブラッド・ダイヤモンド [日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。]
こんばんわ、maiです。 先ほど、お台場でこの映画を見てきました↓ 主演:レオナルド・ディカプリオ 出演:ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー 監督:エドワード・ズウィック この映画のお話は、ディカプリオ演じる盗人アーチャーが、たまたまダイヤモン... [続きを読む]

受信: 2007/04/15 14:02

» ブラッド・ダイヤモンド [ポケットの中から]
エドワード・ズウィック監督、レオナルド・ディカプリオ、ジャイモン・フンスー、ジェニファー・コネリー出演の映画『ブラッド・ダイヤモンド』を観てきた。ディカプリオ出演の作品を映画館で観るのは初めて。 ひとりは救... [続きを読む]

受信: 2007/04/16 20:12

» ブラッド・ダイヤモンド [映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α]
レオナルド・ディカプリオがアカデミー主演男優賞にノミネートされた ブラッド・ダイヤモンド。 なんでディパーテッドやないねん? と思ったけれど、、納得。 こっちのディカプリオのほうが良かった!!... [続きを読む]

受信: 2007/04/18 10:14

» ブラッド・ダイヤモンド [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
ブラッド・ダイヤモンド (出演 レオナルド・ディカプリオ) 原題: Blood Diamond (2006) 2007年4月7日 日本初公開 公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/blooddiamond/ 新宿バルト9 スクリーン6 F-25 2007年4月19日(木)15時50分の回 ゴウ先生総合評価: A   画質(スコープ): A+   音質(SRD?): A+   英語学習用教材度: A-... [続きを読む]

受信: 2007/04/22 11:08

» 男レオ君!「ブラッド・ダイヤモンド」 [着物アロハ・茅kaya日記]
仕事のあとは映画です ヽ(^。^)ノ ?島屋の催事も終わって一段落! まずは、レオ君。 (ハンニバルも早く見たい!) 内容はちょこっとネタバレです。 [続きを読む]

受信: 2007/04/26 07:38

» ブラッド・ダイヤモンド [いろいろと]
レオナルド・デイカプリオ 出演  4月7日~公開中 狂気と混乱が支配する内戦化の [続きを読む]

受信: 2007/04/26 19:40

» ブラッド・ダイヤモンド [まぁず、なにやってんだか]
映画の日の2本目は「ブラッド・ダイヤモンド」鑑賞です。 公開からだいぶ経ちますが、こちらも映画の日だけあって、半分以上の席が埋まっていました。 この映画のディカプリオ、かっこいいかも。 ちょっとワルで頭もよい。でも体力なし(本人も劇中、煙草をやめなきゃ、と反省していたけど)。あんまり体力があって、ずっと走りっぱなしっていう、どこぞの誰か(トム?)よりはリアリティがあるんじゃないですかね。 ダイヤモンド採掘をめぐって、こんな血なまぐさいことがあったなんて、知りませんでした。RUFのやり... [続きを読む]

受信: 2007/05/03 00:05

» 《映画》 ブラッド・ダイヤモンド [古谷千秋の食い倒れ日記]
ユナイテッド・シネマ豊洲にて『ブラッド・ダイヤモンド』を鑑賞。内戦が続く1999年のアフリカ、シエラレオネを舞台に戦争の元凶と言われる「紛争ダイヤ」をテーマにしている。ここのところ、ホテル・ルワンダ、ナイロビの蜂、ルワンダの涙など、アフリカを舞台にした素晴らしい映画が多いが、この作品も例外ではなかった。... [続きを読む]

受信: 2007/05/04 15:38

» 映画「ブラッド・ダイヤモンド」 [映画専用トラックバックセンター]
映画「ブラッド・ダイヤモンド」に関するトラックバックを募集しています。 [続きを読む]

受信: 2007/05/07 23:31

« アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson11 | トップページ | 日曜洋画劇場「男たちの大和-YAMATO」みた。 »