« 「後巷説百物語」文庫化 | トップページ | 「あなたになら言える秘密のこと」みた。 »

2007/03/01

アニメギガ(1)~声優:山寺宏一

NHKBS2『アニメギガ』栄えある第1回目のゲストは山ちゃん。
予想どおり山ちゃんのマシンガントーク炸裂で、とにかく喋りっぱなしだったような(笑)
それだけのことあって内容も盛りだくさん。
山ちゃんならではの「1人3役アフレコ」も実際にその場で見せてもらえたし(らんま、なつかし~)。面白かった。・・・しかし、山ちゃんのパフォーマンスには改めて感心してしまう。ほんと凄いわ。
ということで、全体的に”山ちゃんの芸達者ぶり”に関する話題が多かったように思う。

さて、そんな「七色の声を持つ男:山ちゃん」はどのようにしてが誕生したのか?

「落語」が大きく影響している、という話にはフムフムという感じ。
そもそも学生時代から、物まねや形態模写などで仲間を楽しませるムードメーカーだったというエピソードからも、素質は十分だったわけだね。
話は自然に、「器用」であることの弊害へと移るわけだが、『彼の最大の欠点は誰も彼の声を知らないこと』という押井監督談には、私は妙に納得。(もちろん、技術的なものは評価しての事だろうけれど) 司会者の渡邊さんも技術的なことを考え「押井さんが何を思って欠点と言われたかは不明」と言ったのだろうけれど、私はプロの声優としてならば、「欠点」という表現は的確なような気がした。
”声優:山寺宏一の声”はどれ?というと、実は私もわからない。
山ちゃんも押井監督談については、自身の”個性のない声”の克服術として、”広く深い守備範囲”を獲得してきた結果の事か?という解釈をしていたように感じられたが、まったくそういうことで、その努力が逆に「誰にもわからなくしてしまった」要因のひとつではないかしら?と思える。
誰が聴いても「あの人の声だ」という声を”ビンテージボイス”というらしい。山ちゃんの例え(別の話題だけど)を引用すれば「滝口順平さん」(ヤッターマンのドクロベェほか)のようにな声(と演技力)の持ち主。その域までいかなくとも、違うんだけど同じに感じられる声で、それで決まりって声、だね。(例えば、バトーさんとブラックジャック。一声聞けば「大塚明夫さん」だとわかる。でもそれ以外は考えられない、そんな感じ。)その”声”が、その”声優”の”本当の声”ということであり、山ちゃんの場合、人でも動物でも擬音でも、あまりにもたくさん演じ過ぎたがため、似ることはあっても同じにはならないよう、いつでも”違う声”にしてきた、しまっているのではないだろうか?いつしか無意識でも常にそうなってしまった、とは考えられないだろうか?そのまま”本当の声”がなくなってしまったのではないだろうか??
加持さんも、トグサ君も、たて続けに作品をみれば「同じジャン?」って気がしないではないけど、別々ならどうだろう?というか下手したら誰かに言われるまで気がつかないなんてね、感じだし。
同じ音質・音域・抑揚でも、何故か同じ声に聞こえない。どうも”同じ声優の声”だと定着しなさそうなんだよね。・・・これは”ビンテージボイス”狙いにしては致命的では???
後になって「ああ、さすがは山ちゃん」と拍手喝采したいと思うことはたくさんある。でも「山ちゃん」が「山ちゃん」として認識されなければね・・・ダメでしょ、やっぱり。そこを「欠点」と言われれば、そうだろうな、と思ってしまう。
いつか、壁を乗越えて欲しいものだと思うけれど。。。

声優のように、それだけではなかなか立てない職業人に焦点を当てたトーク番組。しかもゲストはひとりだけ。なかなか良かったと思う。なんだかあっという間の40分だった。普段聞けない裏話的なものは面白いし、もっといっぱいいろんな事が聞きたかったなぁ。

次回、第2回目は4/25午前0時(ゲストは未定)。不定期な「マンガ(アニメ)夜話」とは違い、今後は毎月最終火曜日深夜放送(翌水曜)とのこと。
この調子だとベテランさんが多数登場するのではないかと期待出来そう。山ちゃんの後だと出憎いかな?ならば、次回は超大御所をお願いしたいかな?(誰?)
忘れないようにしなくちゃだわ。

|

« 「後巷説百物語」文庫化 | トップページ | 「あなたになら言える秘密のこと」みた。 »

コメント

声優さんという職業柄、TV・舞台で顔を出してる俳優さんとは違い
全て「声」だけで演技をしなきゃいけないんですよね。
それが個性の無い声を持ってる人の場合だと、印象が薄くなるし
どうしても声を被らない様に配慮しないと後で色んな人から
キビシイ目で見られてしまう。
(それを逆手にとってやってる人も多いけど)
声優ってある意味、シビアな仕事だなぁ…と改めて思ってしまいます。

でも、山寺さんの芸達者な所ってその影にはそれ以上の努力があるから
今、その位置に居る事が出来る訳なんですよね。
本当に山寺さんはスゴイ人だなぁ、と思ってしまいます。

投稿: ハルマキ | 2007/03/02 08:26

私も観ました。何だか今年公開予定の劇場版『新エヴァ』の宣伝っぽい雰囲気もして^^;、山ちゃんのバナフリ時代のことも伺いたかった(関さんの話題も出ただろうし)。トークそのものは既出の内容だし、新鮮味が無かったのでちょっとガッカリ。
次回ゲストは超アイドル声優の平野綾さん。12歳で声優デビューでしたっけ。『ハルヒ』や『デスノ』の話題もするのかな?

投稿: ayuto | 2007/03/02 11:17

■ハルマキさん、こんばんは♪
山ちゃんに限らず、声優さんって凄いと私もいつも思ってます。出来そーで出来ない(笑)
最近のタレントさん声優起用の場合、話題作り優先みたいなこともあって残念に思うことも多いですし。
昔は、どんなに素晴らしくても俳優にはむかないルックスの方が多く(暴言w)だから、声優?なんてお顔を見ると納得してしまっていましたが、最近はそうでもないですし、けど、それに甘んじることなく、ベテランさんを見習い、努力していって欲しいですね、若手さんには。

電王での関さんも素晴らしいですよね~>モモ♪

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/02 18:10

■ayutoさん、こんばんは♪
エヴァばっかりには、私もブーイング(笑)
宣伝とは行かなくとも、作品の知名度優先?話題性優先?は仕方が無いのかなーとやや溜め息ではありますね。

トーク内容は、確かにそうかもしれません。>既出
けれど、普段左程なじみのない不特定多数にすれば、それなりの内容だったように思います。
が、やっぱなじみのある視聴者向けにも作って欲しかったですよね(本音w)


次回は平野綾さんですか?
文さんじゃなくってね(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/02 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/14090856

この記事へのトラックバック一覧です: アニメギガ(1)~声優:山寺宏一:

« 「後巷説百物語」文庫化 | トップページ | 「あなたになら言える秘密のこと」みた。 »