« アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson6 | トップページ | 「蒼き狼~地果て海尽きるまで」みた。 »

2007/03/03

「パフューム~ある人殺しの物語」みた。

Perfume 音や味以上に言葉での表現が難しい匂い(香り)。
類いまれなる嗅覚の持ち主は、天使か悪魔か・・・。
なんとも言いがたい”残り香”はあるものの、すぐに消え去った。
何も残らないというか・・・それがそのままそんな作品だったように思う。(何が言いたいんだ?)
(以下、若干ネタに触れます)

グルヌイユが産み落とされた「パリの市場」の気持ち悪いのなんの。魚の生臭さと血と腐臭が混ざり合ったとんでもない悪臭が目にくる感じ。出産そのものも母親の最期も、とくかく直視したくない衝撃的なもの。ただ、ナレーションだけが淡々と事実だけを伝える”おとぎ話”の語りのように聞こえた。(それで救われる?)

無垢であり、純粋・・・のなせる業か? 
グルヌイユは学こそなくとも知恵はある。頭はよく学習能力も高い。奴隷のように働いていただけあって身体は鍛えられている。特に、反射神経とコントロールはプロ野球選手並みか(笑) 人並みはずれた…どころか犬以上嗅覚を持ちながらも、悪臭に苦しむことはなく、ただ本能的に匂いを嗅ぎ分ける。

耳は閉じることが出来ない。優れた聴覚の持ち主(例えば絶対音感の持ち主とか)が音に悩まされる話は聞いたことがあるが、「鼻はどうなのだろう?」と思っていた。いかに悪臭を厭わなくても「閉じられなければキツイよな?」と疑問に思っていたところ、そこがちゃんと解決されて良かった。それは”自分に体臭がない”と気がつく場面だが、となるとやっぱり彼は人間じゃないよなーと、思っちゃうよね。
”体臭がない”・・は、後に「犬も気がつかない」という伏線にもなり、娼婦が抱えていた犬もまた見事な活躍?を見せる。 犬であり、振動であり、バラであり、ちょっとしたものの一つ一つに伏線が張られ、それが見事に生きていた。(猫は悲惨だったが・・・泣)
物語は、単純にいえは”猟奇的連続殺人鬼”のお話なのだけど、そんな血生臭い話ではなく、『無臭が臭気(存在と愛)を求めて創り上げた究極の”媚薬”(=香水)が完成するまで』という感じ。だとすれば「必要だったから」(=材料)も、「涙」(=手に入らないもの・欲しかったもの≒愛)も、結末(=存在しないもの)も、納得がいく気がする。

”落ちぶれた調香師”の先生が良かった。
グルヌイユの才能に一喜一憂するところがなんとも可愛くもある。彼を利用はしたけれど悪人ではない。与えるものは与えるし、約束も守る。彼の才能と純粋さの一番の理解者だったね。
グルヌイユに関わった人物は、誰もが非業の死を遂げているが(彼も例外ではなく)、それでも幸せな気分のまま死んだのは彼だけ。(いや、誰もがそうなのか?) 少なくとも、笑顔だったのは彼だけだった。

総評:★★★★☆  好き度:★★★★☆  オススメ度:★★★☆☆++

ラスト前の場面については、書くとスパムが増えそうなので止めてとく(^^;)
圧巻ではあったけれど。。。

|

« アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson6 | トップページ | 「蒼き狼~地果て海尽きるまで」みた。 »

コメント

こんにちは、TBありがとうございます。
「パフューム」の犬は大活躍でしたね。グルヌイユを追って小さい犬がかなりの距離を移動したらしく3度目の登場シーンでは毛が汚れていている所がリアリティがあって良かったです。監督は細かい所まで目が行き届いていました。

これからも「masalaの辛口映画館」を宜しくお願いします。

投稿: masala | 2007/03/03 17:40

こんにちは。
いかに人は匂いに支配されているかというものが、皮肉っぽく語られてましたね~。赤ん坊の匂いってミルク臭くてなんか母親にはたまらない良い匂いなんですが、それさえもないとやはり自分の子であっても気味が悪いだろうなと私も思いますもん。
ダスティンホフマンの演じた先生は、弟子が作ったものをさも自分が作ったものとして世にだしてるわけですから、グルヌイユが出て行った後はきっとホッとしたのでしょうね。良心の呵責に耐えられなかった毎日だったと思います。

投稿: シャーロット | 2007/03/03 17:54

こんにちは♪
ダメワードが多いせいかTBが入りません~(泣)
ダスティン・ホフマンったら100種類もの香水の調合を教えさせて、これで一生安心~って思ってたのにあんなことになるなんて!
あの狂宴シーン、エキストラの人も大変だな~なんて思ってしまいました(汗)
高い垣根に囲まれた迷路ってちょっと怖いんですよね。

投稿: ミチ | 2007/03/03 19:03

■masalaさん、こんばんは♪
コメント感謝です。
娼婦の犬の再三の登場には拍手でした。
確かにやつれてましたね、最後は。
ご主人様を余程好きだったのだなぁーと感心してしまいました。
細かい配慮をハシバシに感じられる作品でしたね。


■シャーロットさん、こんばんは♪
匂いっていろいろな意味で強烈ですよね。
なんだか人間の嗅覚は敏感であってはならないのかもしれません。鼻が一番退化した感覚器官なのもわかる気が。。
しかし、ほんと他人の匂いを嗅ぐ行為って気味が悪いですね。
日本人なんか特に体臭を気にするし、恥ずかしく思ってるわけで、嗅ぎまわる人間がいたら敬遠しちゃう気持ち、わかりますよ。
先生は、良心の呵責に苛まれるほど繊細ではないものね(笑)
家の崩壊は予告編で何度も見ていたけれど、そーいうオチだとはびっくりでしたw


■ミチさん、こんばんは♪
私は特別「NGワード」の追加設定をしていないのですけど、ニフのスパムフィルターに引っかかるのかな?自動的に承認待ちになったり、完全に受け付けなかったり、その振り分け条件が私にもわからなくって(汗)

100種類要求して、1000貰ったらホクホクですよね。それだけあれば一生分でしょうし。・・・なのにねぇ(笑)

>狂宴
凄かったですねー。昨日からその手のスパムが何本も(^^;)

庭園の迷路ってイギリス風と思ってましたが、フランスもそうなのですね。あんなところでかくれんぼはしたくないですね。
ちょっとハリポタも思い出しました。


投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/03 21:06

たいむさん、こんばんわ。
グルヌイユは死神?って位に彼に関わった人たちがみんな死んでいく様は彼の孤独感を増殖させていたように感じました。
にしてもこの映画は不思議でした。
好きじゃないけど嫌いになれない(苦笑

臭いといえば「犬!」ってことで(?)その伏線がとても良く効いていましたよね。

投稿: ななな | 2007/03/04 17:35

■なななさん、こんばんは♪
>死神
ですねですね。その言葉が一番しっくりいきそうです。
最初の引き取り手も、なめし皮職人も、グルヌイユとは親密でこそなかったけど”存在を知る者”であることは間違いないですものね。孤独の増幅の為の「死」という作者の意図はありそうですね。
嗅覚といえば犬。これも意図的なものを感じますし原作人気が解かる気がします。
ほんと私も好まないけど嫌いになれない作品ですw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/04 18:21

『無臭が臭気(存在と愛)を求めて創り上げた究極の”媚薬”(=香水)が完成するまで』これは素晴しい表現ですね♪
彼は「恋の香り」に惹かれ求め焦がれ
最後には「孤独」の香りをしったのかもしれないです。
そんな風に考えるとあのはぁ???と思えた
「愛の情景?」も一人加われなかった彼の姿が
切なく感じられたりします。

投稿: くろねこ | 2007/03/05 00:16

たいむさん
こんばんは~
昼間、ちらっとたいむさんの記事みかけて
映画観にいって(笑)自分の感想かいてから
きちんと読みに伺いました^^;
ないものだから、求めるのが人間なのかなぁ~と
思いつつ・・・
香りは、ほんの少したらすのが、よろしいようで・・・
しかも究極ともなると、つけ過ぎに注意しましょう
過ぎたるは・・・消え行くのみなんて
あら、びっくりなファンタジーでしたね。

それにしても、悪臭の描き方のリアルさに
キモチワルクなりそうでした・・・^^;;;

投稿: にゃんこ | 2007/03/05 01:13

■くろねこさん、こんばんは♪
なんだかお褒めいただいちゃって光栄です♪♪
>「恋の香」→「孤独の香」
それもありそうですね。
グルヌイユ自身も、体臭に憧れ執着した理由を、己の無臭を知ったことで悟り、それを持つ美しい者に恋し焦がれたわけでもあり、それを手にすれば自分も仲間になれると信じていたのかもしれませんね。
あの宴の一員に入れなかったことが、彼が真実自分の孤独を悟った瞬間だったかもしれません。
無臭って存在がないのと同じ。失望は孤独以上かも。。


■にゃんこさん、こんばんは♪
わぁー。何度もご足労いただけて感激です。

>ないものだから、求めるのが人間なのかなぁ~と
ですねー。今思うと、本能的に無い物ねだりをしていたのだなぁという気がしてます。
無が有を求めて、やはり無は無のまま無に帰った。
早口言葉みたいですけど(笑)

それにしても、悪臭も狂宴もアワワσ(@_@;)...でしたね。強烈です。
作品の巧妙さには脱帽でしたが。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/05 18:08

こんばんわ。
私はかなりハマった作品でした。
久々にビリビリするような衝撃を味わった映画です。

これほどまでに嗅覚を刺激する作品を観たのは初体験です。

最近、この作品のCMで、ラストの一歩手前のあのシーンを
そのまま流していて、「一体なんてことしてくれるんだ!?」と
かなり憤慨しております。

投稿: 睦月 | 2007/03/06 00:51

■睦月さん、こんばんは♪
実は、私も未だにアレコレと考えちゃってる作品です。
すごく巧妙に作られている作品だし、深読みすると哲学なんかも感じられちゃってね(笑)
ファンタジックな仕上がりがとても良い効果をもたらしているように思います。

>CM
ハンカチに群がる辺りは、劇場予告でも流れていましたけど、その先まで??(見てないです)
「なんてことを!」ですよね、それは。
そういう作品だと思われても困るし、興味本位でみる作品でもないし、あの流れの果てがアレですものね。
予告編でもTVCMでも、最近ネタバレが多すぎですよね。
もう少し考えていただきたいですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/06 18:25

こんばんは。
自分が臭覚がすぐれているのに
体臭がないってどんな感じなんだろう?
人間ではない何か特別のような気もするけど
孤独感は拭い去れないと思います。

極悪な連続殺人犯なのに嫌悪感を抱かなかったのは
彼に殺された女性がどの人も美しい形で殺された
からなのか?私達もあの媚薬にやられていたのか?

とにかく不思議な雰囲気の映画でした。

投稿: ALICE | 2007/03/09 00:19

■ALICEさん、こんばんは♪
体臭がないって想像できないですよね。
匂いに限らず、自分だけ違うってだけで孤独を感じちゃいますしね。奥深い作品です。
極悪な殺人犯に感じられないのは、グルヌイユが善悪のわからない子供のような純粋さからかなーとは思いますが、どの死体も美しかったですねー(笑)
美的センスも優れていたのかもしれません。
>私達もあの媚薬にやられていたのか?
ですね。目が離せなかったですし何かに酔っていたかもしれませんね。。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/09 17:53

 ども、たましょくです♪お返事遅れて申し訳ありません。

 「世界最速~」もそうでしたが、何かひとつのことに傾向
する人間とゆーのは、不思議な魅力を放っているよーに思え
ます。しかし、彼が転身すると周囲に人間が不幸になる。彼
を食い物にした報いか、そーゆー星の元に生まれてしまった
のか。

 主人公の「変態さ」を単なる変態で終わらせることなく、
芸術にまで見事に昇華させている点が最大のポイントですね。
いかにして「臭い(香り)」を映像で伝えるか、出来そうで
出来ない偉業だと思います。

投稿: たましょく | 2007/03/10 10:43

■たましょくさん、こんばんは♪
>主人公の「変態さ」を単なる変態で終わらせることなく、
>芸術にまで見事に昇華させている点
そうなんですよね。「芸術」!
遺体の美しさもすべて芸術的でいやらしさが無いの。
そもそも原作が秀逸なのでしょうが、纏め上げた脚本と計算された映像美がとても素晴らしいと思います。
匂いもちゃんと映像で表現されていましたよね!
実際に香りこそしないけど。(香ってきても困ってしまうけどw)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/10 22:16

たいむさん、こんばんはTBお邪魔します
なんだか異様な感じのする映画でしたね。スクリーンからも、悪臭や快楽の臭いが漂っているかのようです。凄い映画ですが、カタルシスは得られないでしょうね。
なぜ彼と決別した人物は皆、死んでいったのでしょうね。

投稿: ケント | 2007/03/11 18:29

■ケントさん、こんばんは♪
狐につままれたような映画、とでも言いましょうか?
一歩間違えばエログロなんですけど、ちゃんと芸術に感じちゃうんですよね。

>なぜ彼と決別した人物は皆、死んでいったのでしょうね。
やはりグルヌイユを徹底的に孤独にする為の単なる演出・・といったらリアリストと言われてしまうでしょうか?(笑)

浦沢直樹の漫画「MONSTER」で、大黒幕に徹底的に孤独にされる老人がいるんですよ。老人の名前を知る人が次々に殺されていくんです。なんだかそれを思い出しました。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/11 19:28

こんにちは♪

冒頭のパリの市場のシーンの気持ち悪さに構えて
しまったのですが、気づけばドンドン物語りに
引き込まれちゃってましたよ。
感情らしい感情を発露しなかったグルヌイユが
絞首台で涙を流すシーンは印象的でした!
あの究極の香水って一体どんな香りなんでしょうね~?
でも、原料が女性とは言え、人ですからね。
もしかしたら加齢臭みたいな香りだったりして…。r(^^;)

投稿: 風情♪ | 2007/03/14 15:33

■風情♪さん、こんばんは♪
ほんと、最初の最初にアレで、ちゃんと最後まで直視できるのかしら?と思ったけれど、その先はドンドン美しくなっていって安心しました。
グルヌイユの涙はなんだったのでしょうね?
「やっと手に入れた、と思ったのに・・」ということかしらね?
奥深い内容の、素晴らしい作品だったと思います。

>加齢臭
う~ん(^^;)
それならカレー臭の方がまだマシかも~~(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/14 20:41

いつもどうもでーーす。
よく行くシネコンに、この香水が展示されてたけど、
恐くて素通りしてきたひらりんでーーす。
媚薬に酔って、スッポンポンになりたくないもーーーん・・・
とは、観賞後の感想ですが。

投稿: ひらりん | 2007/03/15 22:50

■ひらりんさん、こんばんは♪
私も、この香水ちょっと嗅いでみましたよw。
ローズ系の香りがしたような気がしますが、”ローズ”の香り入りなので当然かしら?(笑)
といっても、媚薬に酔いたくはなかったので恐る恐るでした(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/16 22:58

この映画、翻弄されっぱなしですごく疲れたのですが、
たいむさんの言われる‘言葉の対比’でちょっとスッキリ。。
「純粋=残酷」「無臭=臭気」「涙=愛」「結末=無」・・・
主人公に関った人間が死に導かれるのも、お伽話っぽい。
最後のオチには驚きましたが。。。

投稿: 未来 | 2007/03/17 01:22

■未来さん、こんにちは♪
真剣に見ちゃうと、グロいだけに疲れますよね。
私は最初の語りで「御伽噺スイッチ」がはいったので、割とすんなり受け入れられましたが、作品の奥深さという余韻で、観たあとの方がモヤモヤしてました。
他のすべてが何かに置き換えられそうな気がするので。

オチにはやや唖然。あのような、我を忘れる体験は、出来ればしたくないかな?(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/17 14:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/14114720

この記事へのトラックバック一覧です: 「パフューム~ある人殺しの物語」みた。:

» 『パフューム ある人殺しの物語』 [Sweet* Days ]
CAST:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 他 STORY:18世紀フランス。魚市場で産み落とされ孤児になったジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は幼い頃から鋭い嗅覚を持っていた。ある日ジャン=バティストは、美しい女性の香りを初めて知る・・・・ 面白かったです。2時間半の上映時間もあっと言う間。 主人公の衝撃的な出生から生い立ち、そして彼のやること全てに目が離せませんでした。 生まれも育ちも哀れすぎる男・・・神は彼に「類い希なる嗅覚」のみを与え... [続きを読む]

受信: 2007/03/03 16:32

» 映画「『パフューム』オーケストラ生演奏付きプレミア試写会」に... [masalaの辛口映画館]
 18日渋谷NHKホールにて「『パフューム』オーケストラ生演奏付きプレミア試写会」に参加した。今回は入場時に座席指定券と引き換えての入場。マスコミ発表によると客席数3677名のところ2000名の客入りで、オーケストラピットや報道のスペースなどで、かなり...... [続きを読む]

受信: 2007/03/03 17:15

» パフューム [シャーロットの涙]
東京国際シネシティフェスティバルにて… [続きを読む]

受信: 2007/03/03 17:54

» パフューム  ある人殺しの物語 [映画を観たよ]
実は香水が嫌い! [続きを読む]

受信: 2007/03/03 18:21

» パフューム 〜ある人殺しの物語〜 [そーれりぽーと]
タイトルと予告編から、上品で美しい映像と殺人鬼の対比が面白そうと期待して『パフューム 〜ある人殺しの物語〜』を観てきました。 ★★★ 私達には嗅げない(見えない)匂いの世界が彼の周りには存在している。 描けないはずの“香り”が映像を通して描かれているところが面白い。 直接的な表現は、ほんの序盤だけで抑えているのでいろんな想像が頭を駆け巡って面白い。 途中から気になってシートに座りながら実際くんくんと空気の匂いを嗅いでいたのは俺だけでし... [続きを読む]

受信: 2007/03/03 19:54

» 『パフューム ある人殺しの物語』 [ラムの大通り]
(原題:Das Parfum : Die Geschiche eines) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----この映画、スゴい評判だよね。 確か「衝撃のラスト!」とか言われているんでしょ? 「うん。そこまで言われると、 どんな映画だろうって…。 今日は期待に胸ふくらませて行ったんだけど…」 ----ん?行ったんだけど…? 「確か�... [続きを読む]

受信: 2007/03/03 23:10

» パフューム ある殺人の物語 [★しゃべりば ★]
 公式サイト    天才調香師グルヌイユ。   彼が恋焦がれ人生を賭けて創ろうとした香水とは・・ 愕然とする劣悪なパリの情景。これでもかっとたたきつける衝撃の映像は香りのしない劇場内にその悪臭を漂わせることに成功している。こうしてみると私達は結構 目で香りを嗅ぎ取っているのかもしれない。異常嗅覚の持ち主だった主人公がこの悪臭と理不尽な世界とどんな思いで戦っていきたのか・・地を這い生き抜いていく彼の姿を描く... [続きを読む]

受信: 2007/03/04 00:28

» 映画「パフューム ある人殺しの物語」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2007年17本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「「ラン・ローラ・ラン」「ヘヴン」のトム・ティクヴァ監督作品。ある“香り”にとりつかれた一人の青年が、その香りを追い求めるあまり、恐るべき凶行へと駆り立てられていくさまを緻密かつ緊張感みなぎる映像で綴る。映...... [続きを読む]

受信: 2007/03/04 15:25

» 「パフューム ある人殺しの物語」 [しんのすけの イッツマイライフ]
  とんでもない目にあいながら 試写会で観てまいりました。   「パフューム ある人殺しの物語」     すごい映画でした。   映像美とかいう表現がありますが、 そんな言葉を超えています。   素晴らしいとかではなく、 本当にすごい映画でした。   ... [続きを読む]

受信: 2007/03/04 18:03

» パフューム ある人殺しの物語 /Perfume The Story of a Murderer [我想一個人映画美的女人blog]
わたしの嗅覚、犬並み{/kaminari/} ナンテいつも豪語?してたけど、犬の嗅覚は人間の1億倍!なんだってー。 猫は人間の10倍らしいから猫並みにしておこ☆ でも鼻が良くてもいいことなんてほとんどない{/kaminari/}(笑) 自分のつけた香水が、ほんのりいつまでも香ってたり、たまにふら〜と 焼肉の匂いやさんまを焼く匂いや芳しい香りが漂ってきたりに敏感っていうのはいいけど(?) イヤな匂いにも敏感だから困る。... [続きを読む]

受信: 2007/03/05 00:13

» Perfume: The story of a murderer(2006,Germany/France/Spain) [The Final Frontier]
天才と奇人は紙一重。 パフューム 18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。危うく捨てられかけた赤ん坊は、間一髪で拾われ、グルヌイユ(Ben Whishaw)と名付けられて育児所に引き取られる。グルヌイユは友だちもいない孤独な子どもだったが、..... [続きを読む]

受信: 2007/03/05 00:42

» パフューム-ある人殺しの物語☆独り言 [黒猫のうたた寝]
体調的にやばまだった土曜日よりも、多少元気になった今朝夕方になれば、もうちょっと大丈夫だろうと・・・本日のチョイスは『パフューム-ある人殺しの物語』それは、あるひとりの天才調香師の一生を語った物語究極の香りを求め続け、必要だから・・・と殺人を続けついには... [続きを読む]

受信: 2007/03/05 01:06

» 『パフューム』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『パフューム』鑑賞レビュー! それは、昨日まで人だったもの。 −ある人殺しの物語− スピルバーグ スコセッシが奪い合った 禁断のベストセラー、ついに完全映画化! 原作は、45ヶ国語に翻訳され全世界で 1500万部以上の売り上げを記録 世界がひれ伏す香りとは? 誰もみたことのない衝撃の結末! 第19回東京国際映画祭特別招待作品 東京国際シネシティ フェスティバル特別招待作品 ★review★ 冒頭から、“鼻”のクローズアップで始まる本... [続きを読む]

受信: 2007/03/05 01:33

» パフューム ある人殺しの物語 [ネタバレ映画館]
処刑台で香水を振り撒くグルヌイユのシルエットがエスパー伊東に見えたのは私だけであろうか・・・ [続きを読む]

受信: 2007/03/05 08:52

» 映画:パフューム ある人殺しの物語 プレミア試写会 [駒吉の日記]
パフューム ある人殺しの物語 オーケストラ生演奏付プレミア試写会(NHKホール) 「香水と音楽は似ている」 ■東京フィルの生演奏とイベント(?) 司会は坂上ミキさん、映画の映像をバックに東京フィルの生演奏(3曲)ありました。スローで不安感を煽るような切ない曲調... [続きを読む]

受信: 2007/03/05 12:57

» パフューム ある人殺しの物語 [シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー]
その香りに世界はひれ伏す。18世紀のフランス。まだ下水道などの整備もされていないパリの街の悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。名前はジャン=バティスト・グルヌイユ。親の愛も、名前さえ知らない彼に与えられた唯一の特技、それはあらゆるものを嗅ぎ分ける嗅覚だった。青年へと成長したグルヌイユは、街中で見かけた少女の芳しき臭いの虜になった。しかし、グルヌイユは誤ってこの少女を死なせてしまう。グルヌイユは自分の行いに戸惑いながらも、少女の臭いを保存し、いつでも嗅ぐこと...... [続きを読む]

受信: 2007/03/05 20:56

» パフューム ある人殺しの物語 [とんとん亭]
「パフューム ある人殺しの物語」 2007年  ★★★☆☆ 18世紀のフランス。 人並みはずれた、嗅覚を持った孤児の男がいた。1738年 実の母親には、産み落とされた直後殺される寸でのところを助けられた のだが孤児を(母親は絞首刑)、人並みの人...... [続きを読む]

受信: 2007/03/05 23:25

» パフューム ある人殺しの物語 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★★  匂いをまとわぬ、香りの天才   [続きを読む]

受信: 2007/03/06 00:48

» パフューム ある人殺しの物語 [八ちゃんの日常空間]
Das Parfum - Die Geschichte eines Mrders(PERFUME: THE STORY OF A MURDERER) [TOHOシネマズ錦糸町/SC1/レイトショー] 公式サイト 『その香りに、世界はひれ伏す。』 平日というのに、レイトショーとは言え、結構人入っていました。やっぱ話題作なんですよね〜...... [続きを読む]

受信: 2007/03/06 10:37

» パフューム/ある人殺しの物語 [Akira's VOICE]
血の流れない「ハンニバル」  香りの生存証明。 [続きを読む]

受信: 2007/03/07 18:55

» パフューム [PLANET OF THE BLUE]
鼻よすぎ。 監督:脚本:音楽  トム・ティクヴァ 出演  ベン・ウィショー  アラン・リックマン  ダスティン・ホフマン 他 見る前は不安でした。ただのキワモノじゃないかって。 上手く作られてて、面白かったですね。 「ハンニバル ライジング」も今年あるみたいですが、 トマス・ハリスじゃ、こうは上手くできないでしょう^^; ただのキワモノではないし、ただのイロモノではないし、 言うならば、この映画はダーク・ファンタジー。 全部ギリギリの所を行ってます。 オス... [続きを読む]

受信: 2007/03/08 00:22

» 『パフューム 〜ある人殺しの物語〜』★★☆・・ [ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK]
観賞後の一言 『なんとも微妙・・・』『パフューム 〜ある人殺しの物語〜』公式サイト制作データ;2006独/GAGA ジャンル;サスペンス上映時間;147分 指定;PG-12監督;トム・ティクヴァ出演;ベン・ウィショー/レイチェル・ハード=ウッド/ダスティン・ホフマン/アラン...... [続きを読む]

受信: 2007/03/08 12:47

» パフューム ある人殺しの物語 [Alice in Wonderland]
今年20本目の映画は『パフューム』です。2時間以上ある作品ですが飽きずに観れました。 私は自他共に認める匂いフェチです。特にいい匂いよりかは少し異臭の方が好きだったりするんです。(変態だなんて思わないで!)特に愛犬の肉球の匂いはくせになる匂いで暇さえあ...... [続きを読む]

受信: 2007/03/08 13:07

» パフューム ある人殺しの物語 [何書☆ねくすと]
評価:☆   臭い中毒度: 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ :観ちゃいけない) 『あらすじ』  1738年、パリの市場は悪臭に満ちていた... [続きを読む]

受信: 2007/03/10 10:44

» 嗅 〜「パヒューム」〜 [サナダ虫 〜解体中〜]
トム・ティクヴァ監督作品、ベン・ウィショー主演の、 映画 「パヒューム ある人殺しの物語」を観た。 美しい女性の香りを手に入れる為、恐怖の連続殺人鬼と化していく男の物語。 パトリック・ジュースキントのベストセラー小説を映画化。 感想。 ①犬か。 ②彼には体臭がないのか。めっちゃ臭そうなナリしてるのになぁ。(おい) ③体臭がなくとも、気配はあるだろ。みんな、気付いてあげてよ! ... [続きを読む]

受信: 2007/03/10 22:57

» パフューム ある人殺しの記録 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
かつてのパリの街というのは、相当に悪臭漂う街だったというのは聞いたことがあります。下水設備がなく、糞尿は、道路に捨てていたのだとか。だから、まるで、道路の真ん中が下水道になっていたようなものだったのだとか。そして、そんな街中を足を汚さずに歩ける履物として発達し... [続きを読む]

受信: 2007/03/11 09:50

» 【劇場映画】 パフューム ~ある人殺しの物語~ [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 18世紀、パリの魚市場で産み落とされたグルヌイユは驚異的な嗅覚を持っていた。青年に成長したある日、赤毛の少女が発する至福の香りに出会うが、夢中になるあまり彼女を殺してしまう。死と共に香りも消えてしまうことを知った彼は、香りを永遠にとどめておく方法を探るため調香師に弟子入りし、さらなる技を求めて職人の街グラースへ向かう。途中、自分自身に体臭がないことに気づき衝撃を受けるが、やがて運命の香りと再会する。(goo映画より) 賛否両論分かれる映画でしょうねー。 生理的にダメな人は全... [続きを読む]

受信: 2007/03/11 20:32

» パフューム ある人殺しの物語 [小部屋日記]
Perfume: The Story of a Murderer(2006/ドイツ) 【劇場公開】 監督・脚本・音楽: トム・ティクヴァ 出演: ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン /アラン・リックマン /レイチェル・ハード=ウッド /アンドレス・エレーラ /サイモン・チャンドラー /デヴィッド・コールダー 匂いを感じとれる映画ということで、興味津々で観にいってきました! 想像以上に独創的なお話。 リアリズムを追... [続きを読む]

受信: 2007/03/11 23:44

» 香水 [香水生活♪]
香水は、香りを楽しむだけでなく、使い方によってあなた自身の気分も変化させてくれるものです。やっぱり、素敵な香りは、人の心を気分の良いものにしてくれます。貴方が好きな香水はなんでしょう?人気のものや、流行のものをたくさんもっている人もいるでしょう。たくさんの香水を集めている人でも、毎日つけるお気に入りの香水は、決まっているのではないでしょうか。もしくは、その日の気分によって、香水をいろいろ使い分けている人もいるでしょう。香水って本当に自分の気分を変化させてくれますよね。... [続きを読む]

受信: 2007/03/12 00:31

» パフューム ある人殺しの物語(映画館) [ひるめし。]
その香りに世界はひれ伏す。 [続きを読む]

受信: 2007/03/12 20:03

» 映画「パフューム -ある人殺しの物語-」 [日々のつぶやき]
  監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン 「18世紀のパリ、町じゅうに悪臭が立ちこめていた。上流階級の間では香水がもてはやされていた。ジャン=パティスト・グルヌイは天才的な嗅覚を持って産み落とされた。周りに敬遠されながら... [続きを読む]

受信: 2007/03/14 11:59

» パフューム ある人殺しの物語 [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 ドイツ&フランス&スペイン  サスペンス&ドラマ&歴史劇  監督:トム・ティクヴァ  出演:ベン・ウィショー     ダスティン・ホフマン      アラン・リックマン      レイチェル・ハード=ウッド 18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の...... [続きを読む]

受信: 2007/03/14 15:14

» ★「パフューム ある人殺しの物語」 [ひらりん的映画ブログ]
今週は見たいものがいろいろあったのでシネコン2軒はしご。 こちらは、久しぶりの「109シネマズ川崎」での鑑賞。 年末のポイント倍増期間に、結構見たから、今回は無料鑑賞。 (駐車券のサービスは受けられないから、結局出費は一緒なんだけど)。 [続きを読む]

受信: 2007/03/15 03:40

» パフューム ある人殺しの物語 [future world]
監督は・・・‘赤毛のローラ’がお好きなのかしら・・・ 数年前に観たトム・ティクヴァ監督、ケイト・ブランシェット主演の「ヘブン」がお気に入りなので、物凄く期待して観に行った。 この映画・・・‘猟奇的殺人物語’ととるのか‘グロめのお伽話’ととるのか、いや、....... [続きを読む]

受信: 2007/03/17 01:22

» 匂いフェチでストーカーな人殺し【パフューム】 [犬も歩けばBohにあたる!]
実は私、アラン・リックマンの大ファンです。 近年、アランの映画といえば良くも悪く [続きを読む]

受信: 2007/03/19 00:16

» パフューム 〜ある人殺しの物語〜−(映画:2007年36本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン、ダスティン・ホフマン 評価:79点 公式サイト (ネタバレあります) ダスティン・ホフマンが香りの調合士役に選ばれたのはやはりあの大きな鼻のせいだろうか。...... [続きを読む]

受信: 2007/03/23 00:51

» 『パフューム』 [・*・ etoile ・*・]
'07.03.17 『パフューム』@TOHOシネマズ錦糸町(olinas) これ見たかった。「パリの魚市場で魚のはらわたの上に産み落とされたジャン・バティスト・グルヌイユは、人並み外れた嗅覚の持ち主だった。調香師になった彼は究極の香りを求めるあまり・・・」という話で、要するに...... [続きを読む]

受信: 2007/03/28 01:54

» パフューム ある人殺しの物語 (Perfume: The Story of a Murderer) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 トム・ティクヴァ 主演 ベン・ウィショー 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画 147分 サスペンス 採点★★★★ 嗅覚っていうのは視覚や聴覚よりも記憶に直結されているのか、旅先で撮った何十枚という写真を見るよりも、久々に開けた旅行バッグから香る僅かな残り香..... [続きを読む]

受信: 2007/03/30 12:39

» 「パフューム ある人殺しの物語」 [雑板屋]
わたくし、この作品を鑑賞中は色んな欲望に駆られました。 一風呂浴びたくなったり、自分の所有する収納し切れない香水ボトルの香りを楽しみながら整理整頓したくなったり、あるいは究極にも、相方の愛用枕の匂いを嗅ぐという動物的行動・・・。 不謹慎にも、ようやく辿....... [続きを読む]

受信: 2007/03/30 16:57

» 映画DVD「パヒューム(Perfume)」 [時評親爺]
さて今日のお題は映画DVDで「パフューム-ある人殺しの物語-」である。ん~、これ「PG-12」指定になっているようなのだが、ちと甘い?ような気がしないでもない(苦笑)。過激な性描写や惨殺シーンはないのだけれども、どちらかと言えば「R-15」あたりでも良さそうな気がする。んまぁ、この手の映画を12歳未満が好んで観るとも思えないが・・・。時代は18世紀中頃のフランス(パリ)を舞台とする。いきなり臭さ満開のパリである(笑)。ただしこの冒頭シーンを始めとして、映画全体に「オリバー・ツイスト」の香りを感じたの... [続きを読む]

受信: 2007/09/24 18:08

» パフューム 〜ある人殺しの物語〜 ─ 人を変態性の強い行動への走らせる理由 ─ [Prototypeシネマレビュー]
─ 人を変態性の強い行動への走らせる理由 ─ パフュームと言っても、3人組テクノアイドルユニットではありません。嗅覚が異常に発達した男が究極の香りを求めて殺人を繰り返す映画『 パフューム 〜ある人殺しの物語〜 』(2006年/ドイツ)の紹介です。少し前の作品なの...... [続きを読む]

受信: 2008/08/17 19:47

« アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson6 | トップページ | 「蒼き狼~地果て海尽きるまで」みた。 »