« BS春休みアニメ特選-2007は「犬夜叉」三昧 | トップページ | 『僕たちの好きな攻殻機動隊』買ってもうた。 »

2007/03/21

「デジャヴ」みた。

1001508 「デジャブ」というタイトルと、意味がイマイチ良くわからない予告編にて、勝手にオカルト的というか神秘的な物語なのだとばっかり思っていた。それはそれで好きなのだけど、ちょっとばかり嬉しい誤算。
ちっとも謎めいてこないし「ただの刑事もの?」と疑問に思い始めたところで、”白雪姫”の出現。「なんだ、そういうことかぁ~」って遅すぎだよね(笑)
(以下、たぶんネタに触れている・・のだと思う。)

まさかサスペンス・タイムトラベルだったとはっ!勘違いによって視点が違う方向へ行ってしまっていただけに、気がついたときには既に遅し。
すっかり思い込んでしまった原因は、予告編での”冷蔵庫の文字”。これによって押井守監督の『イノセンス』のワンシーンを彷彿してしまい『デジャヴ』というタイトルとの相乗効果もあって”現実と悪夢(幻想・幻視)”というモノを想像してしまった。(まさにデジャヴなのだ) 冷蔵庫を2度3度と見る度に、文字の色とか、形とか、配列とかが違っているのではないかと真剣に見たりしてね。(^^;;;)

タイムパラドックス的には解消し切れていないのだとは思う。だけど、指紋や血のついた布、救急車とか指とかの小道具の謎や伏線はお見事と言え、気持ちの良い収まりを見せてくれたし、結末も綺麗だったから、私は、そこを深く追求してお茶を濁したくない作品にしたいと思う。確かに止まらない時の流れを考えれば、指紋も救急車も本来ならありえない事象であって、既に時間の”本線”すら誰にも判らない(全部が支流)ともいえるのだけど、面白かったからOKってね。
この物語は、過去を変える物語ではなく、すべて現在進行形で未来を変えるお話だった。と考えればまるーく収まりそうな気がする。ただし、パラレルだから既視感が残る、ってね。
この作品の面白さは、”過去を変える”と”未来を抹消する”とを同義にしてしたところ。(この際良し悪しは別問題)。つまり、事件後の現実から見れば、事件前へとタイプスリップして事件を未然に防ぐ事は過去を変える事なのだけど、過去の現実に於いての未来を変えることは普通に有り得るのであって、事件後の未来を知る者が誰一人としてその世界に存在しなければ、過去を変えたことにはならず、それがすべて現実になる、ということ。(結局全部が”支流”に着地だけどw)
・・・これで”ゴーグル”をつけて暴走した時に起こした事故の数々(死人が出たって不思議ない)も消えた(無かったこと)のかな?クレアを救うために、ここでの(新たなる)犠牲はいいのか?と思っちゃってたのよね。実は。

個人的な勘違いはあったけど、かえって面白かったし楽しく鑑賞できた。
最初こそ”白雪姫”に、愕然としたけれど、それがタイムマシンなら納得!(笑)

総評:★★★★☆  好き度:★★★★☆  オススメ度:★★★★☆ 

|

« BS春休みアニメ特選-2007は「犬夜叉」三昧 | トップページ | 『僕たちの好きな攻殻機動隊』買ってもうた。 »

コメント

こんにちは♪
たいむさんの解説をお聞きしていたら頭がこんがらがってきたけれど、とにかく未来は変えられるということでFA?
タイムパラドックス物は本当に考えれば考えるほどややこしい~(笑)
だけど好きなんですよね。
珍しく試写会なんかで見たこともあって、余計に楽しかったです(タダで見るって最高ね~・爆)

投稿: ミチ | 2007/03/21 17:43

■ミチさん、こんばんは♪
ややこしい書き方をしてすみません(^^;)
えっと、ファイナルアンサーです♪
未来が変わってることすら判らないってことです、ハイ。
だって2度目だしぃ、もう支流だらけです、ハイ(爆)

試写会サイコーですよね。
でも最近当たらないんですぅ(泣)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/21 18:26

たいむさん こんばんは~
ATFはね、パトリシア・コーンウェルの検屍官シリーズ読んでて
存在知ってただけなんですけど、それがなかったら
猫もよーーくわからなかったかも(笑)
FBIやCIAは有名だけど、その実中身は、区別ついてないかもな
猫なのでした^^;;;

試写会、猫も最近、当たってないです。。。

投稿: にゃんこ | 2007/03/21 20:03

■にゃんこさん、こんばんは♪
>ATF
アルコール・たばこ・火器・・・ゴロはあってるけど何となくイマイチですよね、ネーミングが。
で、結局なんなの?鑑識の一つ?みたいな(笑)

手当たり次第に出してはいるのですけどね~>試写会

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/21 21:55

先行上映とか、やってましたね、これ。今、なんだかとても落ち着かなくて、気になる映画のチラシを見ていても別なこと考えている。
カレンダーの土曜日には、ちゃんと公開される映画をメモしているのに。ああああ、でもこの映画は、かなり観たい! なんとかしなくちゃ。たいむさんのお勧めマークの数を見て、焦ってマス。

投稿: あかん隊 | 2007/03/22 02:33

■あかん隊さん、こんばんは♪
下準備OKです(笑)
こちらでは残念ながら先行上映はしてなかったです。
それはそうと、なんだかなかなか安定しませんねぇ>あかん隊さん
体調が崩れ始めたらキケン信号ですよ。

最近、この★の数の基準や根拠に、我ながら疑問を感じていたりもするので信頼性は微妙ですけど(確実なのは好き度だけかな?w)嫌味のない作品で良い出来だと思いますし、本当にオススメ一作かなと思います。(気分転換にもね)
タイムスリップネタなので、許せる許せないという好き嫌いはあると思うけれど。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/22 19:23

たいむさん、こんにちは。

>事件後の未来を知る者が誰一人としてその世界に存在しなければ
>過去を変えたことにはならず
>それがすべて現実になる

ターミネーターの連鎖を思い出します。
この映画の場合、過去へ行ってしまったダグは死ぬ(消える)運命にあった。生き残ってて本流(支流)のダグと合っていたら面白いのに~とか思ったりも(笑)
新たな本流ができた現在のフェリー爆破未遂事件、その後も気になったりです。思い返せばおススメの一品でした。

投稿: たまさん | 2007/03/23 13:55

■たまさん、こんばんは♪
ターミネーターか。なるほど。
あれは過去変えようではなく、歴史を変えないようにするためのものでしたよね。ラストには驚愕&感動でした。

このタイムマシンは、帰ることが出来ないのが前提ですからね。未来から来たものは、過去のものを消し去るか、自分が消え去るしかないという、悲しいものなのかも知れませんね。当人は面白い~って笑ってられないですね、きっと(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/23 22:33

たいむさん、こんにちは。
TBさせていただきました。
なるほど確かにこの作品、冷蔵庫のメッセージは
「イノセンス」のaemeth/meth/2501を彷彿させますね。
私も最初絶対何かあるだろうなとは思いましたが、もうちょっと
メッセージ性を強くしても良かったかな、という印象です。
「カーアクション、無理やりつけた?」なんて突っ込みは置いておいて
それでも気持ちよく見れた作品でした。

ブラッカイマーじゃなければ、もうちょっと難解で高尚な
ミニシアター作品になったような気もしますが、これくらいで
抑えておくのが一般的なエンターテイメントとなりえるのかも。

投稿: GAKU | 2007/03/25 09:20

■GAKUさん、こんにちは♪
>冷蔵庫
>aemeth/meth/2501
やっと話の通じる方が!嬉しい!
なんだか電脳ハックされた気分になりませんでした?(爆)
今回は、自分が未来の自分へと向けたメッセージであり、ヒントになるからなるほど!とは思いました。
ただ、イノセンスほどの隠れた意味を期待していただけに身構えていた自分が可笑しかったです。
とっさであり、時間もなかったから、あのメッセージで精一杯だったのかも。自分だけが気がつくようにしたいわけで、ダイレクトにかけませんしねw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/25 10:42

はじめまして。

今回は観客に分かり易い辻褄あわせを楽しませる映画なのかなと。
個人的にはタイムワープする前までが楽しかったです。

タイムパラドックスに突っ込み無しが信条ですが聞いてもいいですか?

>事件後の未来を知る者が誰一人としてその世界に存在しなければ、過去を変えたことにはならず、それがすべて現実になる。

ダグが最初にタイムワープしたことを博士は覚えていましたよね。
ダグの問いに「これは2度目だ」と断言してたし。
それは1度目は失敗し、過去が大きく変わらなかったから?
2度目でダグは成功しました。ってことは今度こそ博士は自分が言っていたように記憶が白紙になっているんでしょうか???

投稿: Eureka | 2007/03/25 17:16

■Eurekaさん、こんばんは♪
痛いところを突きますね(笑)
そうですね、一度めは失敗、つまり過去が変わってないから本流のままで、博士もオリジナルなまま。だから記憶がある、としか説明がつきませんよね。
博士はオリジナルなダグを過去へ送る。その時過去にはオリジナルダグとタイムスリップしたダグ1の二人になる。
このとき博士は過去へ戻ったダグ1が登場する4日前を装置で観測していたのだと思いますよ。けれど過去へ戻ったダグ1は何らかの失敗で消滅。よって本流のまま再びオリジナルダグは捜査官として博士の前に現れる。だから博士にだけ記憶がある。2回目だと。
けれど2回目の場合、4日前のことしか観測できない装置では、4日以前のダグ2の動向を本流のオリジナル博士は観測できない。ダグ2によって過去は塗り替えられ、ダグ2は消滅。オリジナルダグとオリジナルクレアが出会う。
オリジナルな博士たちの4日後の未来はまだない。事件が未然に阻止できた為、彼らとダグが出会うこともないという完全な支流の完成。博士にはデジャヴも起こらない。
ということで、記憶が白紙というよりは、同一人物だけど別人みたいな感じでは?最後に登場したオルジナルダグのようにね。
で、どうでしょう?(笑)
本流のオリジナル博士がどうなるかは、誰にも分らないとお茶を濁すしかない。それが消滅という意味になるのではないでしょうか?
あくまでも、私個人の見解ですけど。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/25 20:01

たいむさんの回答、すごく面白いです♪
なので面白ついでに聞いちゃいますが
ダグ2は事件が起きた4日後にタイムワープしますよね。
ダグ1はいつワープしたんでしょ?
事件が起きなきゃワープそのものをしないわけですから。
ダグ1が失敗したタイミングどこだったんでしょ?
あと冷蔵庫の文字、変わってましたよね。
4日間の間に何度もタイムワープしたのでは?(笑)

投稿: Eureka | 2007/03/25 20:34

■Eurekaさん、こんにちは♪
楽しんでいただけて?良かったです(笑)
それも難しいですねぇw
どこへタイムワープしたのかは不明だけど、(それでも病院だろうなぁw)でも、何時、ならば、最初の大停電の夜で、その4日と6時間前にダグ1は行ってるはず。何時だったかは博士が喋ってるけど覚えてないわ。
映画で活躍しているダグは、すべてダグ2で(最後の最後のみオリジナル)、けれど事故に巻き込まれたダグ1の死体と、犯人に殺されたクレアがあるということは失敗で間違いない。
犯人の家に行って撃たれなければ、ダグ2の見た、クレアの家の血の着いた布は説明できないし、指紋も冷蔵庫の文字も同じこと。
これは考えるのやめたいわ~(爆)
デジャヴーを感じたのがどれか判れば、分りそうですけど。みんな同じ表情に見えちゃうのは、デンゼルの演技の上手さ?それとも逆??(爆)
ダグ4くらい・・・といいたいところだけど、過去の停電は1回だから、2までしかないのは間違いない。
ダグ1の動向は博士のみぞ知る?(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/26 09:37

たいむさん、こんばんわ(^O^)
コメント遅くなってごめんなさい。゚(゚´Д`゚)゚。

一応今回この映画は「サスペンス」なんですよねw
でもサスペンスっぽくなぃサスペンスでしたね!!笑

確かにあのカーでの暴走シーンはあれはどうなんでしょう?(○'ω'○)
過去を変えたから、変わってるのかもしれませんが(^^;;

でも話の展開では個人的には楽しめかな♪
って感じですO(≧▽≦)O

投稿: えみたん | 2007/03/27 23:27

■えみたんさん、こんばんは♪
サスペンスっぽくないサスペンスですよねw
すっかり勘違いでしたけど、面白い作品でした。

車の事故はねー、ホントに無くなってほしい。
カーアクションとしてはスリル満点でしたけど。現実的に考えたら凄い迷惑千番だしw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/28 00:11

たいむさんこんにちはケントです。TBお邪魔します。
この手の作品が大好きなものですから、どうしても評価が甘くなりがちです。
もしこの映画にあのカーアクションシーンがなければ、もっと評価出来たのですが、残念です。
確かに、深く追求してお茶を濁したくない作品であることは同感!

投稿: ケント | 2007/04/01 11:51

■ケントさん、こんにちは♪
私も好きですよ、タイムスリップもの!
>あのカーアクションシーンがなければ
アクションはとっても迫力満点でしたけど、事故はイカン事故は!ってね。橋から落ちた車もありましたよね???
間髪すり抜けるか、精々衝突くらいで止めてほしかったかなーと思います。

>深く追求してお茶を濁したくない作品であることは同感!
考えるのは楽しいけど、重箱の角をつつくようなものはねー。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/04/01 12:07

私もたいむさん同様、オカルト的なものと思ってました。。
タイムマシン物と分かり始めはガッカリだったんですけど、
何のその、グイグイ引き込まれて最後まで楽しめました。

本流・支流、クレアを助ける為の犠牲者はどうなる・・・?
タイムパラドックスを考えるとオカシクなりそう。。。

投稿: 未来 | 2007/04/04 22:32

■未来さん、こんばんは♪
>オカルト
そそ、本当に見たことが無いわけで、予言のような、透視能力のような、超能力的な感じっていうのかな?
けど、いざ開けてみたらデジャヴどころか体験談なんだもんなぁ(爆)
>タイムパラドックス
これは考えすぎないのが一番ですねw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/04/05 18:12

たいむさん、こんばんは。

僕もタイトルから予告を観てた時は「シックスセンス」っぽいものかなーと思っていました。
観ている方に親切に、散りばめられていた小道具類もうまく収拾つけてましたよね。
よくできたシナリオだったなと思いました。

投稿: はらやん | 2007/04/15 21:13

■はらやんさん、こんばんは♪
>シックスセンス
そうそう、そんな感じですよね。予告編もぜんぜん意味不明だったし。
>よくできたシナリオだったなと思いました。
ですよね。私もそう思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/04/16 20:01

TBありがとう。
科学者たちの、もっともらしい説明も、よくまとめられていたんじゃないでしょうか。

投稿: kimion20002000 | 2007/08/11 23:51

■kimion20002000さん、こんにちは♪
そうですね。良く纏まってました。
タイムスリップものの割には限りなく辻褄が合う仕組みになってましたね。
面白い作品でした!

投稿: たいむ(管理人) | 2007/08/12 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/14337376

この記事へのトラックバック一覧です: 「デジャヴ」みた。:

» デジャヴ [Akira's VOICE]
ものすっごい手間暇かけたナンパ [続きを読む]

受信: 2007/03/21 16:27

» 映画「デジャヴ」 [ミチの雑記帳]
試写会にて「デジャヴ」 初めて体験する事象だが身に覚えがあるデジャヴ(=既視感)感覚をモチーフにしたサスペンスアクション。 乗客の543名が死亡する悲惨なフェリー爆発事故が発生し、現場でひとりの女性の死体が発見されるが、ATF(アルコール・タバコ・火気局)捜査官のダグ・カーリン(デンゼル・ワシトン)は、どこか見覚えのある顔に思えてならなかった。 またまたタイムパラドックス物。このジャン... [続きを読む]

受信: 2007/03/21 17:40

» デジャヴ [そーれりぽーと]
「デジャヴを操れ!」って予告編の言葉。 「何の事やろ、それにしてもジェリー・ブラッカイマー映画な割りに派手さの少ない予告編…」と、全然期待せずに『デジャヴ』を観てきました。 ★4個と言いたいところだけど、マイナス1.5で★★★ 予告編からは想像出来ない展開に観る気持ちは高揚し、この先の展開はどうなるのか全くわからない状況が続く。 “デジャヴ”がタイトルなのに、ちっともそれと関連した事が発生しない。 幾通りにも想像出来る面... [続きを読む]

受信: 2007/03/21 17:44

» デジャヴ [ネタバレ映画館]
なぜ4日半前?俺が6歳の子供だと思ってちゃんと説明してくれ! [続きを読む]

受信: 2007/03/21 19:25

» デジャヴ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
ATF(アルコール・タバコ・火器取締局)の捜査官ダグ・カーリン543人の犠牲者を出した凄惨なフェリー爆破事件を捜査中犠牲者の中、ある女性の遺体が、彼の何かを刺激した。”私は彼女を知っている・・・”知っているわけもないのに感じた思い、そして帰局して渡されたメモの... [続きを読む]

受信: 2007/03/21 19:58

» 『デジャヴ』 [ラムの大通り]
(原題:Deja Vu) ----「デジャヴ」って、 「あれっ?これ、なんか前にも見たことある…」 っていう、あの感覚だよね? そのものズバリのタイトルだけど、 監督がトニー・スコット。 どういうアプローチなんだろう? 「ぼくもそれが気になっていたところ。 なにせ製作が、あのジェリー・ブラッカイマー。 この組み合わせだと、 スペクタクル大作しか思い浮かばない」 ----でしょ。 �... [続きを読む]

受信: 2007/03/21 20:05

» [映画]デジャヴ [落とし穴には気をつけろ!]
ジェリー・ブラッカイマープロデュースの「デジャヴ」を観ました。 500人以上の死者を出した、フェリー爆破事件を捜査するATF(アルコール・タバコ・火気局)の捜査官ダグ(デンゼル・ワシントン)は、政府が極秘に開発した、過去の映像を見ることができる装置を使う特別捜査班に招き入れられ、事件の鍵を握ると思われる他殺されたクレアという女性(ポーラ・パットン)の身辺を洗い始めるが、彼女や彼女の周囲の状況等に奇妙なデジャヴを感じる。。。という�... [続きを読む]

受信: 2007/03/21 20:48

» 『デジャヴ』 [Sweet* Days ]
監督:トニー・スコット CAST:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン 他 STORY:2006年2月28日。海軍の水兵とその家族を乗せたフェリーが爆破し多くの犠牲者が出た。その事件の捜査に向かったAFTのダグ(デンゼル・ワシントン)は、美しい女性、クレア(ポーラ・パットン)の遺体を見て特別な何かを感じる・・・・ 2時間を越える上映時間、退屈せず飽きる事無く見る事が出来ました。 デンゼル・ワシントンは相変わらず素敵だし、「デジャヴ」をテーマにしたSFチックな サスペンスにハラハラ... [続きを読む]

受信: 2007/03/21 22:13

» 映画「デジャヴ」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2007年20本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「マイ・ボディガード」「ドミノ」のトニー・スコット監督作品。SFタッチのサスペンス・アクション。初めての場所や経験にも関わらず、「この場所には以前来た事がある」「昔、これと同じ経験をした事がある」と感じる、い...... [続きを読む]

受信: 2007/03/21 23:35

» 映画「デジャヴ」 [いもロックフェスティバル]
デンゼル・ワシントン主演の映画『デジャヴ』の試写会に行った。 [続きを読む]

受信: 2007/03/22 00:04

» 『デジャヴ』in茨木 [☆えみたんの日記帳☆]
土曜日夜映画観て来たって日記に書いたけど、その映画をご紹介#63899; その映画は「デジャヴ」っていう映画だよぉ~#63893; うちは違う映画を観たかったんだけど、その映画の上映がなくなっちゃって友達と話した結果 「デジャヴ」を観ることに#63899; スト..... [続きを読む]

受信: 2007/03/22 00:21

» 「デジャブ」の試写会に行ってきました。 [かなやす日記]
15日に地元テレビ局主催の「デジャブ」の試写会に行ってきました。 内容は、フェリーの爆発事故での捜査に向かった捜査官が浜辺に打ち上げられた女性の死体を見て、捜査官がハッとして、その後に死体となった女性の家に行ったら、捜査官の指紋などがきっちり残っていて、彼女を何とか救おうと過去に戻って助けに行くストーリーです。 感想はといいますと、変えようにも変えてはいけない過去を時間の工夫さえすれば変えられるのだなと実感しましたし、なんかSFチックな内容の中にも彼女やフェリーの犠牲者を救おうとする捜査官の..... [続きを読む]

受信: 2007/03/22 08:19

» 映画「デジャヴ」 [<花>の本と映画の感想]
デジャヴ 監督 トニー・スコット 出演 デンゼル・ワシントン  ポーラ・パットン  ヴァル・キルマー  ジム・カヴィーゼル  アダム・ゴールドバーグ  エルデン・ヘンソン 2006年 フェリー爆発により、乗客543人が死亡する惨事がおきる。ATF捜査官のダ... [続きを読む]

受信: 2007/03/22 20:48

» デジャブ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「初めて会った人なのに、なぜか見覚えがある。初めての場所なのに、どこか懐かしさを感じる。」私達の日常の中で、不意に現れる数々の“デジャブ”現象。 06年2月28日、海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、突如大爆発を起こした。ATFの捜査官ダグは現場を捜査...... [続きを読む]

受信: 2007/03/22 23:31

» 映画『デジャヴ』 [たまさんのHR/HM シネマカフェ]
傑作『クリムゾン・タイド』(95)の黄金コンビが再び結集。ジェリー・ブラッカイマ [続きを読む]

受信: 2007/03/23 12:51

» 【2007-40】デジャヴ(DEJA VU) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
デジャヴを、操れ── [続きを読む]

受信: 2007/03/23 23:59

» 映画「デジャヴ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Deja Vu 2005年8月29日フロリダを通過したハリケーン・カトリーナはメキシコ湾沿岸に再上陸、ニューオーリンズの殆どを水没させ救援遅れで街は無法地帯と化す・・ この映画は、そんな困難に打ち勝ち復興したニューオーリンズ市民に捧げられている。そして・・U Can Sa... [続きを読む]

受信: 2007/03/24 02:07

» デジャヴ [とんとん亭]
「デジャヴ」 2007年 米 ★★★★ デンゼル・ワシントンが痩せた分、ヴァル・キルマーが肥えたんやない? うん!良かった。 最初は「面白いのかなぁ??」と正直かなり不安でした。 私だけではなく、皆さん、同じ気持ちだと思いますが、映画を暇つぶ...... [続きを読む]

受信: 2007/03/24 07:32

» 「デジャヴ」 [Cinema Chips]
17日公開の「デジャヴ」を観ました。この映画も「ナイトミュージアム」と同じ公開日だったので、先に「ナイトミュージアム」を観て、翌日にこの「デジャヴ」を観ました。本当に今年は観たい映画が目白押しでスケジュ... [続きを読む]

受信: 2007/03/24 11:48

» 「デジャヴ」(DEJA VU)映画感想 [Wilderlandwandar]
デンゼル・ワシントン主演のサスペンス「デジャヴ」(原題DEJA VU)を見て来ま [続きを読む]

受信: 2007/03/24 15:56

» デジャヴ 〜 観客にもデジャヴ体験をさせる 〜 [Prototypeシネマレビュー]
〜 観客にもデジャヴ体験をさせる 〜 続編も期待されている『パイレーツ・オブ・カリビアン』など、派手な作品で定評のあるジェリー・ブラッカイマー製作のSFサスペンス作品。 これまでも様々な作品でテーマとして扱われてきた“タイムパラドクス”を、“デジャブ”....... [続きを読む]

受信: 2007/03/25 09:07

» デジャヴ [ちわわぱらだいす]
レディスディと祝日が重なったせい#90030; お目当てのナイトミュージアムもアンフェアも満席で見れませんでした。 2時間後なんて待ちたくないから、10分過ぎてたけど「デジャヴ」見ました。 #90012;チワワブログ#90012;今日もワンクリックお願いします~&a..... [続きを読む]

受信: 2007/03/31 16:11

» デジャヴ [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  海兵隊員とその家族達が、続々とフェリーに乗りこんでくる。ミシシピー川で、お祭りでもやるのであろうか。女の子がデッキの上から、人形を落としてしまう。可愛そうな人形は、海の中へ吸い込まれる。 やがてフェリーは定刻に出発し、ブラスバンドの奏でる派手な... [続きを読む]

受信: 2007/04/01 11:49

» デジャヴ [future world]
‘デジャヴ’というタイトル、そして映画館で観た予告編から私は大きな勘違いをしてました。 主人公が超能力者で未来を予言、過去をにも遡れるようなサイコサスペンス映画だと。。。 しかしながら、‘タイムマシンもの’と安易に言ってしまいたくはない。 序盤の盛り上....... [続きを読む]

受信: 2007/04/04 22:36

» 「デジャヴ」 疲れるくらい作品に巻き込まれた [はらやんの映画徒然草]
見終わって、ふぅ疲れたーというのが、最初の感想でした。 タイムパラドックスものと [続きを読む]

受信: 2007/04/15 16:23

» mini review 07066「デジャヴ」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
カテゴリ アクション 製作年 2006年 製作国 アメリカ 原題 DEJA VU 時間 127分 公開日 2007-03-17〜2007-04-27 監督 トニー・スコット ストーリー 06年2月28日、海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、突如大爆発を起こした。ATFの捜査官ダグは現場を捜査し、爆発がテロだった事を証明。さらに爆発現場の近くで発見された女性の死体も、鋭い観察力で殺人によるものだと見抜...続きを読む 出演 アダム・ゴールドバーグ ポーラ・... [続きを読む]

受信: 2007/08/05 03:34

« BS春休みアニメ特選-2007は「犬夜叉」三昧 | トップページ | 『僕たちの好きな攻殻機動隊』買ってもうた。 »