« 「パフューム~ある人殺しの物語」みた。 | トップページ | DVD HOLiC 8巻(最終巻)から »

2007/03/04

「蒼き狼~地果て海尽きるまで」みた。

Aokiookami「史上空前のエンタテインメント超大作」としては、最初っから期待していなかったけれど時間だけは超大作(辛) 『モンゴルの大自然は広大だわ』
という感じではあったけれど、なんともホコリっぽい壮大さだったなぁ(笑)
(以下、若干ネタに触れます)

原作は知らない。モンゴルの王”チンギス・ハーン”の半生?を描いたスペクタクル・・・と思っていたが、「オイオイ、いきなり学げぃ…」(失言)、とにかく苦笑い。
「ファンタジーだし、まぁいいか。」とばかりに即座に気持ちの切り替え完了。

テムジン自身が確信のもてない出生、同じ運命を背負う息子ジュチへの愛憎、友の誓いを立てたジャムカとの敵対による葛藤・・etc.。テムジンが”蒼き狼”としてモンゴルを統一し、”王”として起つまでの苦悩と戦いが盛りだくさんに描かれていた。特にテムジンを奮い立たせるものが、まずは己の出生について、つまりは”モンゴルの女の宿命”を端にきするところが多く、母と、妻と、敵部族の生き残りの娘と、彼を取り巻く”女たち”が、とても重要な役割として描かれていたように思う。(女性の、戦争での負の遺産のお話は『あなたになら言える秘密のこと』が素晴らしかったが・・)
が、しかし、テムジンに”カリスマ性”がほとんど感じられなかったのは私だけだろうか?父の死によって家族だけになってしまったテムジンの一族だったのに、テムジンの魅力を伝える、これは!というエピソートがないままいつの間にか大所帯に・・・(^^;;)
「クランがテムジンを人間にした」(だっけな?)そんな一言で片付けないで欲しかった。せめて、腹心となった”家族ではない”ボオルチュという人物をもう少し巧く使ってくれればなぁ・・と思うのだが。
全体的にいつでもテムジンからの視点で描かれていた為に薄っぺらに感じられる。

見どころは、やはり「大平原での総力戦」と「王の即位式」か。建物のない、何十キロ先まで見渡せるスケールの大きさは、似たような作品の群を抜くのではないだろうか?そういう意味ではスクリーンで見るべき作品かな? 

総評:★★★☆☆+  好き度:★★★☆☆  オススメ度:★★★☆☆+

この手の作品ではいつも思うのだけど、”倒れる馬”も演技なのよね?でも、なんだか痛々しくって好きじゃないんだよねぇ。。。

|

« 「パフューム~ある人殺しの物語」みた。 | トップページ | DVD HOLiC 8巻(最終巻)から »

コメント

レイトで観てきました。主人公やその妻の配役で、どへっと引きます。私は、松山ケンイチくんが見たかった!それだけでした。彼の登場シーンは、あまり多くなかったんですが、彼は良かったです。(^^;)
あとは、モンゴルの風景と騎馬戦の映像かなぁ。脚本が、どうにもいただけませんでした。ただ、映像としてのスケールやある意味、独特の雰囲気というのは、春樹さんらしいな、と。難しいところではありますが、春樹さんには、頑張って貰いたい気持ちがあります。

投稿: あかん隊 | 2007/03/05 00:17

何時もお世話になっております。

世界史でもなかなかモンゴルの歴史に触れた部分はあまり出てきませんからね。血の争いは確かにどの時代もある話ですからね。特に略奪の繰り返された時代はね・・・
テムジンにカリスマ性を感じない?
う~んそれって反町隆史さんに感じなかったって事になるかな?まあ確かにそれを抜きにしては骨肉の争いが描かれていただけにカリスマ性という点では外見より戦略という点でしょうね。少数で犠牲者を出さずに退却したのはある意味凄いことですから・・・
強い者=カリスマで良いのでは?と思います。

投稿: PGM21 | 2007/03/05 01:18

たいむさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

う~む・・ボオルチュにしてもクランにしても、結局最後までテムジンの忠実な腹心っていうイメージになってしまい、2人の詳細な設定がまるで省かれていた感じが強かったですね。クランも唐突に出て来た感があり、林の中での襲撃場面も何の理由があって襲ったんでしょうかね~?クランを登場させる布石のようなシーンに見えて、個人的には少し不自然に見えましたです(--;)

投稿: メビウス | 2007/03/05 14:58

■あかん隊さん、こんばんは♪
映画に出かけられる位には元気を取り戻されたかしら?
なにかパワーの源になるような情報でもなんでもあればよかったのですけど、今は特別なくって。。。
>松山ケンイチくん
私も、実は彼を見に行きました(笑)
出番の少なさにはがっかりでしたが、良かったですよね。
次は日本の俺様”織田裕二”の「椿三十郎」にご出演のようなので、それ観ます(笑)

何がよくないかって、まずは脚本ですよね。ついで役者なのかな?原作を読んでいないので、良くはわかりませんが。
「角川春樹」って昔昔はブランドのようでしたよね。私の中では今でも落ちぶれたイメージはまったくないのですけど、ずーっと「角川春樹」は消えないで欲しいと思ってます。


■PGM21さん、こんばんは♪
モンゴル史には興味がなかったので、それ自体は気になりませんでした。戦いなんて、どの時代のどの国も大して変わらないモノですしね。(武器以外は)

テムジン(チンギス)にカリスマ性がないと言っているわけではありません。
この作品の、この脚本で、この演出から、カリスマ性を感じるのは難しいという意味です。
少数犠牲のみでの退却にしても、テムジン本人がそうと語ってるだけですし、陰ながら貢献する部下を褒め称える言葉はあったけれど、それにしたってとってつけたようなもの。
部下を心酔させるテムジンの魅力。強さよりは、器量の大きさを感じられる何かが欲しかったです。


■メビウスさん、こんばんは♪
>ボオルチュにしてもクランにしても
どちらも唐突すぎですよねぇ・・・勿体無いことに。
ファンタジーらしく、もっと美談でも・・と思ってしまいますが、暴君として描かれるところまでは行かなかったので、主従の関係性は最小限にカットされたのかな?と今になって思ってます。


投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/05 18:12

こんばんわ!コメント&TBありがとうございます!

そうですねぇ~。ボクもチンギス・ハーンに偉大さが全く感じられなかったです。
いつの間にか家族の問題(蒼き狼ではなかったこと)がメインになり、全体的にぼやけてしまいましたねぇ~。
ボク的にはどのようにしてモンゴル帝国を築き上げたのかをもっと詳しく人間関係含め、見てみたかったです、、、。

投稿: あっしゅ | 2007/03/07 22:32

■あっしゅさん、こんばんは♪
何を中心にすえたいのか、焦点が定まっていない感じでしたよね。単純に英雄物語のほうがグッとくるんですが、どちらかというとそうじゃない。
戦利品問題に言及したところは良いと思うのですが、結局どうーなった?まで描かれていないですし。言ってるだけ?って鼻白んじゃいますね。

駄作とは言わないけれど、勿体無い作品でしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/07 23:00

たいむさん、こんばんは。
僕もイマイチでした。。
テムジンにカリスマ性を感じないですよね~。
素材はでっかいのにスケールが小さく感じましたし。
微妙な作品でした(苦笑)

投稿: こーいち | 2007/03/08 00:28

メンタルな凹みは、行動で解消…という気持ちになりつつあります。
んで、昨日は、久しぶりにレディス・デイの特権を使って2本観賞してきました。松山ケンイチくんは、『神童』という映画が、公開間近です。準主役級の役ですから、楽しみです。

投稿: あかん隊 | 2007/03/08 00:39

TB&コメントありがとうございます。
戦闘シーンは迫力ありましたね。
でも私も馬も倒れていくシーンを観ていて演技とはわかっていても何だか痛々しかったです(><)
でも歴史上の人物を描くのは難しいですね。(マリー・アントワネットもそうでしたが)

投稿: FREE TIME | 2007/03/08 01:07

■こーいちさん、こんばんは♪
テムジン(チンギス)は偉大な人物なんですけどねー。
どうしてこうなってしまったのか?
勿体無かったですね。折角の構想27年が(笑)
けれど、雄大な原野はやっぱりすごいな、と。
一山向こうの足音がアレだけ聞こえるなんてね。考えられないもの。

■あかん隊さん、こんばんは♪
そっか、動いて動いて気晴らししてくださいませ。
2本かいいなぁ。私は雪で断念(笑)
>『神童』
あれれ?なんかどっかでタイトルをみたような?
こっちでもやるかな?チェックしなくちゃ!
情報サンクスです♪


■FREE TIMEさん、こんばんは♪
歴史上の人物で偉大になればなるほど、定番が無難に感じられるのはなぜでしょうね?
>戦闘
騎馬戦オンリーというのもなかなかどうして・・・でしたが、やや単調かな?
「墨攻」のように気球が出てきても困りますけど(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/08 17:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/14129081

この記事へのトラックバック一覧です: 「蒼き狼~地果て海尽きるまで」みた。:

» 「蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜」世界史上最大の帝国を作り上げた男の生き様と厳しさを描いた世界統一の野望 [オールマイティにコメンテート]
「蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜」は12〜13世紀にかけて世界最大の帝国を築き上げる基礎を作ったモンゴル帝国の王チンギス・ハーンの半生が描かれた作品である。歴史書的には謎の多い人物ではあるものの、ゆえに世界最大の帝国を作り上げた人物像を知りたくなる作品であ...... [続きを読む]

受信: 2007/03/04 22:25

» 蒼き狼 地果て海尽きるまで [そーれりぽーと]
どうせ…と思っていたので観る気全く無かったのですが、他の映画の時間繋ぎで『蒼き狼 地果て海尽きるまで』を観てきました。 ☆なし 想像を絶するくだらなさ。 脚本、演出、俳優(一部を除く)どれを取ってもこんなに酷い歴史スペクタクル映画は観た事が無い。 冗談じゃなく最初から最後まで、途切れる事無く二分に一度は突っ込みたい気分にさせられたんですが、これって狙い? やっぱり角川春樹は信じない。 イチイチ突っ込むポイント書いてたら上映時間以上�... [続きを読む]

受信: 2007/03/04 22:35

» 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」試写会レビュー 永く大いなる歴史 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
近ごろ純粋に映画のおもしろさの評価ができなくなってきている。この映画が現在の日本映画界に存在することそのものが偉大で、恐怖すら感じられてしまうのだ。 [続きを読む]

受信: 2007/03/05 00:15

» 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」映画感想 [Wilderlandwandar]
角川春樹事務所製作の超大作ですね、モンゴル建国の英雄にして世界史上最大の帝国を [続きを読む]

受信: 2007/03/05 02:13

» 蒼き狼 地果て海尽きるまで(評価:○) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】澤井信一郎 【出演】反町隆史/菊川怜/若村麻由美/袴田吉彦/松山ケンイチ/Ara/津川雅彦/松方弘樹/他 【公開日】2007/3.3 【製作】日本、モンゴル 【ストーリー】 12世紀末のモンゴル。モンゴル部族の長の... [続きを読む]

受信: 2007/03/05 14:36

» 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「蒼き狼 地果て海尽きるまで」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:反町隆史、菊川怜、若村麻由美、袴田吉彦、Ara、野村祐人、松山ケンイチ、平山祐介、池松壮亮、保阪尚希、榎木孝明、津川雅彦、松方弘樹、他 *制作総指揮:角川春樹 *監督:澤井..... [続きを読む]

受信: 2007/03/05 17:51

» 蒼き狼 地果て海尽きるまで(ワールドプレミア) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  その英雄、蒼き狼の血と共にあらん   [続きを読む]

受信: 2007/03/06 00:51

» 映画「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」 [FREE TIME]
先日、映画「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」を鑑賞してきました。 この映画は歴史上に実在する人物・チンギス・ハーンの波乱万丈な人生を映画化したストーリー。 [続きを読む]

受信: 2007/03/07 00:14

» 蒼き狼/地果て海尽きるまで [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
私は、あなたの息子 として死ねるでしょうか? 評価:★5点(満点10点) 2006年 136min 監督:澤井信一郎 出演:反町隆史 菊川怜 若村麻由美 Ara 袴田吉彦 松山ケンイチ 史上最大の帝国を築い...... [続きを読む]

受信: 2007/03/07 00:27

» 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
***************************** 部族間の闘争が激化していた12世紀のモンゴル。ボルジギン族の長イェスゲイ・バートル(保阪尚希氏)は、メルキト部族の男の妻を略奪し自らの妻とした。やがてその妻、ホエルン(若村麻由美さん)は一人の男の子を出産する。テムジンと名付けられたその子こそ、後に「東は中国、朝鮮半島迄、西は東欧、アナトリア、シリア、南はアフガニスタン、チベット、ビルマとユーラシア大陸の大部分に跨がるモンゴル帝国」の礎�... [続きを読む]

受信: 2007/03/07 03:07

» 蒼き狼 〜地果て海尽きるまで〜 [Akira's VOICE]
突っ込んだらアカン,ツッコんだらあかん! [続きを読む]

受信: 2007/03/07 17:50

» 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」 [しんのすけの イッツマイライフ]
  劇場で観てきました。   「蒼き狼 地果て海尽きるまで」     30億円の制作費をかけた、 良くも悪くも角川らしい映画でした。   [続きを読む]

受信: 2007/03/07 23:39

» 『蒼き狼 地果て海尽きるまで』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:]          2007/03/03公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:] 壮大さ[:富士山:][:富士山:] 満足度[:星:][:星:]   【監督】澤井信一郎 【脚本】中島丈博 【原作】森村誠一 『地果て海尽きるまで 小説チンギス汗』 【時間】136分 【出演】 反町隆史/菊川怜/若村麻由美/Ara/袴田吉彦/松山ケンイチ/野村祐人/平山祐介/池松壮亮/保阪尚希/苅谷俊介/今井和子/唐渡亮/神保悟志/永澤俊矢/榎木孝明/津川雅彦/松方... [続きを読む]

受信: 2007/03/08 00:21

» 蒼き狼~地果て海尽きるまで [cococo]
おおよその予想に違わぬ作品。 主人公とその妻のキャストを知っただけで、観る気持ち [続きを読む]

受信: 2007/03/08 00:39

» 『蒼き狼 地果て海尽きるまで』を見ました! [団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)]
―壮大なモンゴルと親子愛に感動はしたが…― きのう(4日)、亀さんは夫婦でワーナー・マイカル・シネマズ浦和美園に話題の『蒼き狼地果て海尽きるまで』を見に行きました。二人とも、若い頃、井上靖の小説を読み、映画『蒼き狼』(多分、市川染五郎の主演だった?)を見て感動した記憶があって、公開前から見に行くことを決めていた。2つのスクリーンを使い、1日7回も上映されているので、公開直後の日曜日だったが、すぐに... [続きを読む]

受信: 2007/03/08 18:59

» *蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜* [Cartouche]
{{{   ***STORY***          2006年  日本=モンゴル 部族間の闘争が激化していた12世紀のモンゴル。ボルジギン族の長の妻ホエルンが出産。テムジンと名付けられたその子こそ、後のチンギス・ハーンである。14歳になったテムジン。父親を対立する部族に殺害されると、母親が敵から略奪された身である事を理由に、部下たちから見捨てられてしまう。やがて青年に成長したテムジンはリーダーとしてのカリスマ性を発揮。そしてホルテを妻に迎え、次第に勢力を拡大するのだった。          ..... [続きを読む]

受信: 2007/03/09 14:25

» 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」 大味な作り、ある意味誰でも観やすいともいえる [はらやんの映画徒然草]
いわゆる日本の大作映画という感じですね。 オールモンゴルロケということで、それこ [続きを読む]

受信: 2007/03/11 14:29

» 蒼き狼 地果て海尽きるまで [Diarydiary! ]
《蒼き狼 地果て海尽きるまで》 2006年 日本/モンゴル映画 多部族での争い [続きを読む]

受信: 2007/03/11 20:10

» 【2007-34】蒼き狼 地果て海尽きるまで [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
地上最大の帝国を築いた男、チンギス・ハーン 人は彼を、”蒼き狼”と呼んだ 今、初めて明かされる歴史に隠された英雄の素顔と苦悩 壮絶な戦いの果てに、男が見たものとは・・・ ... [続きを読む]

受信: 2007/03/16 20:19

» 『蒼き狼』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『蒼き狼』鑑賞レビュー! 地果て海尽きるまで モンゴル建国800年記念作品 角川春樹事務所創立10周年記念作品 蒼き狼の末裔チンギス・ハーン 歴史に秘められた英雄の素顔が、今解き明かされる! ハーンが抱いた野望の根源に迫ろうとする 人間味たっぷりの偉人伝 ★review★ 本作は、モンゴルを統一した 王チンギス・ハーンという一人の男の 生き様を総製作費30億円でつづった 驚くべきスケールにド肝抜かれる 男のロマンが詰まった作... [続きを読む]

受信: 2007/03/17 05:28

» 映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」感想 [自称ゲーマー女のヒトリゴト....♪]
映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」見に行ってきましたヽ(´ー`)ノ 続きから感想ドウゾ。 [続きを読む]

受信: 2007/03/18 21:40

» ≪蒼き狼 & アルゼンチンババア & ステップ・アップ≫ [局の独り言。]
毎月1日は映画の日 1本1000円 こんな割引デーを逃さず3本(笑) 蒼き狼 地果て海尽きるまで  ?- http://www.aoki-ookami.com/ Yahoo!ブログ - 蒼き狼 地果て海尽きるまで  ?- http://blogs.yahoo.co.jp/aokiookami2007/ Yahoo!映画 - 蒼き狼 地果て海尽きるまで... [続きを読む]

受信: 2007/04/01 21:41

» 《映画》 蒼き狼 地果て海尽きるまで [古谷千秋の食い倒れ日記]
今さらながらという感じだが『蒼き狼 地果て海尽きるまで』を見てきた。あまり評判は良くないが、モンゴルの広大な平原での撮影ということで、映画館で観ておくべき作品だと思ってのこと。... [続きを読む]

受信: 2007/04/02 17:18

« 「パフューム~ある人殺しの物語」みた。 | トップページ | DVD HOLiC 8巻(最終巻)から »