« 今更?今だから?「攻殻機動隊」関連本、続々。 | トップページ | アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson3 »

2007/02/08

「魂萌え!」みた。

Tamamoe_1 萌え・・・ここのところ、某小説のヒロイン”萌絵”に苛立っていたりするので、(理不尽であっても)最初はタイトルだけでパスしようと思っていた作品。でも、劇場備え付けチラシを読んでみたらやっぱり面白そう。周囲の評判も上々。ということで、この作品はなんだか(逆に)”レディスディ”でみるのが礼儀かな?とばかりに観てきた。
(以下、若干内容に触れます。)

自分の年齢や立場からしても、さすがに”共感”とはいかない。しかし(これも年齢的にやや合わないけれど)自分の母親のような感覚で敏子をずっと見ていたように思う。
60 歳間近にして夫が突然死。次々と「寝耳に水」な事が発覚し、それは何?あれは誰?何がどーしてこんなことに?自分はいったい何だったの?悲しみ以上に戸惑いであり、怒りであり、憤りであり、虚しさであり、様々な感情に押し潰されそうになりながら右往左往するしかない、ありのままの敏子が実によく描かれ、演じられていたと思う。
敏子は結婚してからというもの、”ただ主婦”として、家庭と家族を第一に暮らしてきたのだろう。どこか世間知らずなのは、必要がなかったから知らなかっただけ。知る必要がなかったから知ろうともしていなかったことのツケとも言えるのかも知れない。妻を”家内”という言葉の通りであり、それが当たり前という時代がそうさせたのだろうが。
しかし、男って・・・。家具にしておきながら家具でしかないとは。しまっておきながら、使わないなら...と、誰かが欲しいと言えば、絶対に手放さない身勝手なものだよなーと改めて思ったりもしてw 
愛人だ、遺産相続だと、夫の突然死による波紋からの泥沼を脱出せんともがく敏子であり、やがて見えていなかった事が見えたことで、変わる努力をはじめる前向きな敏子。
”女”のたくましさ、したたかさ、生命力を感じる作品だった。

俳優陣が豪華だった。ベテラン揃いでパワーと安定感がある。男性陣もイメージどおりでありながら、やはり女性の為の作品か。女優陣、あっぱれ。
やっぱり素晴らしいな、と思ったのは友達4人組。圧倒的。歌もさすがにお上手でいらっしゃる。「こげよマイケル」の替え歌には涙がでた。友達って有難い。
2度にわたる”正妻(風吹)VS愛人(三田)”の腹の探り合い、息を呑む対決ももちろん素晴らしかったが、さらに詐欺師まがいの加藤治子が印象深い。「宮里さんの自伝」には引き込まれ、ついつい聞き入ってしまった。次が聞きたいと思ってしまった私も1万円だろうか?(笑)

総評:★★★★☆  好き度:★★★☆☆++  オススメ度:★★★☆☆++ 

今から遺言だの、身辺整理なんてまったく考えていないけれど、「突然死」はありえなくはない。もちろんとんでもない隠し事なんてしていないけれど、それが今だとしたら・・・
「いつの間にこんなDVDが!」だの、「こんなところにオモチャが!」だの、「なんだこのブログは!」とかなりそうだ(笑) 呆れて苦笑いしつつ、爆笑遺品整理になるだろうなぁ~(縁起でもないがw)
いろんなユーザーIDとか、パスワードとかで溢れかえっているこの頃だし、後々に困らないようにそのあたりだけでも整理しとくかなー。

|

« 今更?今だから?「攻殻機動隊」関連本、続々。 | トップページ | アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson3 »

コメント

何時もお世話になっております。
確かに突然というのはありますからね。
私の場合はBlogかな・・・CDやDVDは目立っているから気になりません。唯一オフで知っているのはたいむさましかいませんので・・・
パスワードは確り自己管理しているので一応大半は覚えていますが、一部はやはり忘れている事はありますね。
しかしこれ観ておくんだったな・・・
この作品にしておけば要らぬ発言や要らぬ取り下げ再掲載せずに済んだだけに珍しくテイクミスしました。
陛下さえ鑑賞しなければ間違いなくこちらを選んだと思います。
今週は本数あるので休日を活かしてゆとりを持って鑑賞する予定です。

投稿: PGM21 | 2007/02/08 22:25

たいむさんには、まだまだ…の世界だったかもしれませんね。(^^;)
私には、ちょっとだけ先のこと。それでも、専業主婦だった期間は、ほんのわずかでしたし、「世の中」との戦いは、継続中。「愛人」がいるなら「熨斗」つけて差し上げたい…と思うほどすっかり醒めてます。でも、この映画は、坂本監督の手腕が存分に発揮されて「とても映画らしい映画」になっていたと思います。樹木希林、加藤治子、あたりは自分が目指す「熟年女性」のモデルです。<言っちゃっていいのか?

投稿: あかん隊 | 2007/02/08 22:28

■PGM21さん、こんばんは♪
ご覧になってないのですね。良い作品ですよ。
ワーナーで2/16まで上映してますから、週末にでもご覧ください。間違いなく空いてます(笑)
こういう作品はスクリーンが大きくなくても問題ないので、終わる直前にゆったり見るのがイイ感じです。
けど、私もそうですけど、共感できるのはPGM21さんならあと最低10年は先じゃないかなーと。


■あかん隊さん、こんばんは♪
>まだまだ…の世界
まだ、くらいかな?(笑)
分らないではない世界だけど、ピンとくるほど実感は持てないかな、やっぱり。
>「とても映画らしい映画」
まさにそんな感じ。隙がなく、ベテラン勢の格の違いを感じられる作品だと思いました。
若者の中に、一点ベテランが混ざって深みを出す作品が多い中、コレだけのキャストを惜しげもなく使い、それだけの見せ場がある作品って久しぶりな気がします。

>樹木希林、加藤治子
どちらも、一筋縄ではいかないクセモノに思いますが?(笑)
でも、きっとあかん隊さんなら・・・
なにせ、「××です」だもの(笑)


投稿: たいむ(管理人) | 2007/02/08 23:31

えー? なに? なに?>××(わからない…。まだ、バツイチでもないし…)何か変なこと、また言ってたんでしょうか?(大汗)
ニフティ同士なのに、TBが返せません。(泣)後で、もう一回やってみます。(もし、二重になったら削除してくださいませ)

投稿: あかん隊 | 2007/02/08 23:56

■あかん隊さん、おはよーございます♪
うー、あかん隊さんのユーモアあふれるお言葉のつもりでしたが、××そのものではなくって、とっさにそんなお言葉がでてくる回転の速さ、機転を言いたかっただけです。
妙な想像をさせてしまったでしょうか?
ごめんなさい。です。

TB削除しときましたぁー。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/02/09 08:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/13828428

この記事へのトラックバック一覧です: 「魂萌え!」みた。:

» 魂萌え! [ネタバレ映画館]
いいか、よく聞け!不倫騒動と借金地獄によってこのカプセルホテルは一気呵成に沈んでいくんだ! [続きを読む]

受信: 2007/02/08 18:56

» 『魂萌え!』を鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『魂萌え!』鑑賞レビュー! あなたの妻でいて、幸せでした。 今、私のもうひとつの人生が、 始まります。 とことん行きなさい! 夫の急死後、 世間という荒波を漂流する主婦・敏子。 六十歳を前にして、惑う心は何処へ? 2007年/日本 公開日::::2007年1月27日 上映時間::::125min(2時間5分) 配給::::シネカノン ★review★ 月末で話題作が満載の今週ですが あえて、マイナー系の本作を鑑賞です... [続きを読む]

受信: 2007/02/08 23:16

» 『魂萌え!』 [京の昼寝〜♪]
あなたの妻でいて、幸せでした。でも、私のもうひとつの人生が、始まります。 ■監督・脚本 阪本順治 ■原作 桐野夏生(「魂萌!」新潮文庫) ■キャスト 風吹ジュン、三田佳子、田中哲司、常盤貴子、加藤治子、豊川悦司、寺尾 聰 □オフィシャルサイト  『魂萌え!』 定年退職から僅か3年、夫・隆之は心臓発作であっけなく逝ってしまった。 葬儀の後、隆之の携帯にか... [続きを読む]

受信: 2007/02/08 23:23

» 魂萌え!(20070129) [cococo]
小気味よくて、好きになった。普段から、ご主人や息子、娘に良いようにされている、と [続きを読む]

受信: 2007/02/09 00:12

» 映画「魂萌え!」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
特に燃えるわけでも萌えるわけでもない・・変わりたいと言いながら、愛ルケするわけでもない・・はじけそうなのにはじけきれない、そんな59歳主婦の葛藤・・ 関ロ敏子(風吹ジュン)は専業主婦、夫隆之(寺尾聰)が60歳の定年退職から3年を過ぎて心臓麻痺により、あの世へ... [続きを読む]

受信: 2007/02/09 00:51

» 阪本順治監督「魂萌え!」 [詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)]
監督 阪本順治 出演 風吹ジュン、加藤治子、三田佳子  もし、この作品が女性監督の手で撮られていたら……。こういう仮定はよくないことなのかもしれないけれど、どうしてもそう思ってしまう。  風吹ジュンを中心にした同級生4人組の関係がすっきりしすぎている。いがみ合いや、なだめすかしがあるのだけれど、演技が演技のまま、個人の生々しさまで深まって行かない。4人のとき、それぞれが�... [続きを読む]

受信: 2007/02/09 10:56

» 魂萌え! [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
定年退職した夫がその3年後に急死します。夫に先立たれた敏子は、夫の死後、夫に10年来の不倫相手がいたという思いもかけなかった事実を突きつけられます。他にも、相続の問題など様々な問題が敏子に襲い掛かります。その一つ一つの経験が、徐々に、敏子を強くしていき...。... [続きを読む]

受信: 2007/02/09 21:11

» 「魂萌え!」 [こだわりの館blog版]
小説と映画の微妙な関係… 1/27 Tジョイ大泉 にて 監督・脚本:阪本順治 原作:桐野夏生 出演:風吹ジュン、田中哲司、常盤貴子、加藤治子、豊川悦司、寺尾聰、藤田弓子、     由紀さおり、今陽子、左右田一平、なぎら健壱、林隆三、三田佳子、他  定年を... [続きを読む]

受信: 2007/02/10 16:46

» 「魂萌え!」:昭和橋バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}昭和橋から目黒川を望む・・・。 {/kaeru_en4/}お前は、昭和橋から目黒川を望む昭和の女・・・。 {/hiyo_en2/}なに、それ。意味わかんない。 {/kaeru_en4/}いや、「魂萌え!」なんて観ると、昭和の女の話だなあって思うわけよ。 {/hiyo_en2/}ますます、わかんない。そりゃ、私は昭和の生まれだけど、「魂萌え!」の主人公ほど老けてないわよ。 {/kaeru_en4/}あ、�... [続きを読む]

受信: 2007/02/11 16:39

» フライパンと赤いペディキュア「魂萌え!」 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
「魂萌え!(たまもえ)」(桐野夏生・原作)は阪本順治監督、久々の女性が主人公の映画。物語・59歳、平凡な主婦として平穏に暮らしてきた敏子(風吹ジュン)。しかし定年退職の3年後に夫・隆之(寺尾聰)が急死... [続きを読む]

受信: 2007/02/18 01:55

» 魂萌え! [いろいろと]
題名につられて鑑賞しましたが、思っていたより楽しめた映画でした。  出演 風吹ジ [続きを読む]

受信: 2007/02/19 22:02

« 今更?今だから?「攻殻機動隊」関連本、続々。 | トップページ | アニメ「のだめカンタービレ」~Lesson3 »