« 「マスターキートン」が衛星アニメ劇場(BS2)に登場! | トップページ | 「ダーウィンの悪夢」みた。 »

2007/02/20

庵野監督の「エヴァ」所信声明

14日に、新劇場版『新世紀ヱヴァンゲリヲン』における”庵野監督の所信声明”についての話題を少々取り上げたので、その顛末を。
さすがにしがない地方では現物は発見できず。けれど、「Yahoo!の特設サイト」にて声明文を読むことは可能とわかった。(オリジナル)特報映像も見ることが出来る。

>アニメーション映像が持っているイメージの具現化、表現の多用さ、原始的表現に触れる本来の面白さ・・
>蔓延する閉塞感を打破したいという願い。現実世界で生きていく心の強さを持ち続けたい・・・

う~ん。確かに、”エヴァ”では人間の「原始的」と思える表現を感じる部分が多多あったようには思う、が、原始的過ぎて嫌悪感を持つ人も少なくなかったのでは?なーんて思ってしまうのだが。。。。
果たして、あの「エヴァンゲリオン」世界観が、現実の閉塞された世界観を打開できるか否か・・・。

>「エヴァ」はくりかえしの物語です
と同時に言ってるわけでもあり、ますます混乱しそうだ。

とりあえず、前編の公開は2007年9月1日。
声明のどおりの作品に仕上がるのか?自分の目で確認しようと思う。

※「Yahoo!の特設サイト」は、コチラ

|

« 「マスターキートン」が衛星アニメ劇場(BS2)に登場! | トップページ | 「ダーウィンの悪夢」みた。 »

コメント

裏所信声明。あくまでシャレですので(笑)。


まぁ、あれからいろいろ実写撮ってみたんやけど、やっぱアニメでないと受けんのや。国税局もうるさいし、稼ぎもすぐ税金にもっていかれるしな。

デジタルリマスターやらゲームやらパチンコやらやったけど、そろそろネタ切れやし。新作が一番や。


一昔前は、がいなっくすいうたら飛ぶ鳥を落とす勢いやった。それが今では何とかあいじーにすっかり食われてしもうたし。

それでも実写では、売れる前の大河主演女優やら、エロかっこいいやら、先見の明はあったんや。ただ、いつまで経っても「エヴァのあんの」言われるしな。それならもう一度、おっきいお友達にみにきてもらうのも悪くないやろ。


最近はかみさんが私生活をマンガにしたり、深夜アニメで放送されたり。今度は映画の原作や。このままでは「あんのもよこのダンナ」になってまうしな。ここらで一発逆転や。


(この話はフィクションであり、登場人物や団体はすべて架空のものです。)

投稿: ラフ@携帯 | 2007/02/22 07:15

■ラフさん。これ、ケータイからですか?(笑)
声明を語ってる側から、”天の声”として聞こえてきそうな本音・・・ようなフィクションですなぁ。

「あたかも新作を発表しないことで、その存在を誇張されてしまう”監督”」。。。の代表みたいでしたし、そのままでも良いような気は、私もしてます。(新作を発表していなかったわけではないけれど)
本人も「終わった作品」みたいなこと言ってたような気がするんですけどね。
技術だけが向上したそれ以上でもそれ以下でもない作品にだけはならないで欲しいなぁーと、思い出のない新参者としてはその程度でござります。
全体的に初々しさはなくなってる声になるかしら?・・・あ、でもレイは未だに小学生やってるか。(byコナン=灰原)
声優さんは芸達者さんばかり。そこは杞憂かな?

>「あんのもよこのダンナ」
初代「○○ちゃんの旦那様」って三浦某かしら?ね。
ふと思った次第ですw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/02/22 19:01

・・・( ̄  ̄;) うーん また混乱ですか?(笑)
「エヴァ」を理解するのは本当に難しいんですよね~。
こうなれば、映画公開を待つしかないか・・・。

投稿: Brian | 2007/02/24 21:04

■Brianさん、こんばんは♪
今度の「エヴァ」は、わかりやすくなるんじゃないかと何となく思ってますが。。
ヤフーの特設ページ内に書かれていた追加部分。例えば「レイとカヲルの接触」からのなどとか見るとね。
同じことをやっては無意味だということを監督も理解しているかと。
案外富野監督の「Z」での変化なんかも影響してくるんじゃないかな?

余談:もしかしてスペエディⅣの様子見だったかな?(笑)
届いてるんだけど見る気も起きなくって・・・(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/02/24 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/13987119

この記事へのトラックバック一覧です: 庵野監督の「エヴァ」所信声明:

» エヴァンゲリオンのエンディング(HiQ Ver.) [新世紀エヴァンゲリオンレア動画の価値、奇跡]
このエヴァンゲリオンのエンディング。 [続きを読む]

受信: 2007/03/04 17:34

« 「マスターキートン」が衛星アニメ劇場(BS2)に登場! | トップページ | 「ダーウィンの悪夢」みた。 »