« 庵野監督の「エヴァ」所信声明 | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(2/22号・・時かけ・彩雲・精霊) »

2007/02/21

「ダーウィンの悪夢」みた。

Darwins_nightmare バケツ一杯分の魚から始まる悪夢。
まるで、映画のようだった。いや、これは「フィクションの映画」なのだと、映画であって欲しいと思った。
悪夢??とてもそんな生易しい言葉では収まりきれるものじゃない。
終わりの見えない、ただそこにあるだけの事実。
想像を絶する真実の物語。ドキュメンタリー作品。

いきなりスクリーンに登場する”人”の大きさ程もあるグロテスクな巨大な魚、『ナイルパーチ』。これが様々な出来事への発端ともいえる魚だ。
魚を見るのも触るのも嫌がる人でも、頭が落とされていれば、切り身になってしまえばとりあえずは平気、なんてことは良く聞く。また”白身魚のフライ”の魚の種類を考える人も、そうそういないのではないかと思う。実は、ナイルパーチは別名「白スズキ」として日本の食卓にも流通していた魚だったりする。(切り身になってしまえば、本当に鱈とか鱸とかと似ている。ただし今現在は別名での流通はNGのはず)

ひっきりなしに離着陸を繰り返す飛行機。
ヨーロッパから来る”カラ”の輸送機。そして加工品を積んで帰る輸送機。
輸送機のパイロットほか各クルー。
パイロット達の”愛人”。娼婦・売春婦。
ワニのいる湖を泳ぐ漁師。漁師の口には入ることのない魚。
”弓矢”で研究所を夜間警備する元兵士。
道で寝る孤児たち。弱肉強食。
工場の廃棄物(魚の残骸)を食糧として調達する人々。
不衛生な環境・有害物質・不健康・病気。
”生きるため”に戦争を望む元兵士。”生きる”とは収入を得ること。
無線機すら使用できない”空港の管制塔”。
中継地となる空港。ないにも等しい空港検閲システム。
暴力・虐待・ドラッグetc..ヴィクトリア湖周辺の無法地帯。

一見バラバラのそれぞれは、パズルのピースのように”ナイルパーチ”というキーワードからつながりを見せ始める。連動するすべての事象。
そこに、「”カラ”の輸送機の”積荷”」と「終わらないアフリカの紛争」をつなぎ合わせれば、自ずと答えは導き出されてくる。
悪魔のグローバリゼーション。貧しい国の、貧しい人々の更に足下をみたような国際支援。エビで鯛を釣り、エビすらも足だけ残して、おいしい身とダシの出る頭は回収するような周到な戦略。それでも社会の一部としてなくてはならないモノとして機能している。ありがたいものとして認知される。
”ナイルパーチの放流”。もはやそれすらも誰かのシナリオだったのではないかと、計りしれない恐怖を感じた私だったが、それは考えすぎだろうか?

『アンゴラの子供たちはクリスマスに武器を貰い、ヨーロッパの子供たちはブドウを貰う』
今では誰もが保身の為「見ざる・言わざる・聞かざる」を暗黙の了解とするなかで、重い口を開いたパイロット言葉が頭に重くのしかかっている。
そして、もしかしたらアンゴラの子供たちは、それを当たり前のように喜んで受け取っているのかもしれない、と思えてくるのだった。

ただ、知ることで精一杯だった。何をどう考えていいのやら未だ混乱している。
そんな、それほどの作品だった。

|

« 庵野監督の「エヴァ」所信声明 | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(2/22号・・時かけ・彩雲・精霊) »

コメント

こんばんわ☆
コメント&TBありがとうございました~!

確かに、知る事で精一杯でしたね。そこから今まで観てきたもの、勉強してきた事の裏側がこうなっていたのか。と多少疑心暗鬼にかられながら帰りの電車で考え込んでしまいました。
システムに組み込まれる事の怖さを知らず知らずのうちに実行していくナイルパーチ工場の方の視点とシステムの恩恵を同時に少なからず受けるストリートチルドレンの視点が違うのは当たり前で、それは決して相容れる事も無いのかなと思います。
世界には知らない事が多いですが、これも日本に当てはめると同じ絵が見えてくる事もあるのでしょうね♪

投稿: orange | 2007/02/23 05:53

■orangeさん、こんばんは♪
鶏が先か、卵が先か。もはや、それと同じくらいに難しい問題を見た気がしています。
単なる国力・経済力だけの問題ではなく、敵味方も相対的に変化するような、有りとあらゆるものの利害関係が絡み合ってしまっている現状ですね。
>ナイルパーチ工場の方の視点とシステムの恩恵を同時に少なからず受けるストリートチルドレンの視点
いろいろな視点によって違うもの。良くも悪くも既に成立してしまっているバランスを崩すことは、痛み分けではもうすまされない所にきてますし、正そうとしても結局不利益はいつも弱き貧しき者に降りかかるばかり・・・

何も出来ない私です。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/02/23 18:35

こんばんは。

私は昨年NHKBSで観ました。
滋賀県の琵琶湖が外来魚によって従来の生態系が崩されつつあり、
この映画ほどではなくても悪夢が現実になりつつあります。

主婦の私にとって安い食材は歓迎するものですが、
自分の口に入るものがどこから来ているか、
頭において買わなきゃいけないなと思いますね。

投稿: shamon | 2007/02/23 19:47

ちは(^^)

たしか、年末年始あたりにBSで放送していたドキュメンタリーかな?
2回くらい放送あったような記憶があるけれど、これだったかなぁ。
でも、最初と最後くらいしか見てないです(ちょっと長そうだったから)
やっぱり長編は家のテレビじゃだめですね。チャンネルかえたりするし。
映画館だと他に選択肢ないから、観ることに集中できるけど(^^)

内容は記事を読むとなんとなく察しがつきますが、いやぁ、「血+」って
よくできたアニメだったなあとあらためて思います(なんじゃそれ)
D67の経路などストーリーの背景でナイルパーチなみにリアルだった。
藤咲監督ブラボーといまさらながらに思いました(笑)
話が脱線してすんませんm(__)m

投稿: A-ten | 2007/02/24 00:37

■shamonさん、こんなところにまでいらっしゃいませ♪
>NHKBS
完全に見逃してました(^^;)
全編を放送したのですが?。。。ちぇっ余計な出費...(←オイオイ)

外来魚による生態系破壊という部分に焦点を当てれば、全くそのとおりでいろいろな湖沼で同じような現象が見受けられ、他人事とはいえない程身近になりつつありますが、ブルーギルやブラックバス等は”資源”の対象にはならず、「駆除」の選択肢があるだけ幸せだと思えてきます。この作品を見てしまうと。

この作品が発表された頃は、『ナイルパーチ』の不買運動も起こったとか。けれど、そういうことではないのですよね。
売れなければ売れないで打撃を受けるのはやはり現地の人々。
アレを見てしまうと、どーするべきなのかわからなくなります。
「銀ムツ」なんて昔時々買ってましたけど、あれもその手の一種なんですよね~「メロウ」とかなんとか言うアチラの巨大魚(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/02/24 13:15

■A-tenさん、まいど♪
A-tenさんもBSのクチですか?
年末年始にドキュメントは完全スルー。娯楽作品ばかりで目一杯(笑)
けど、年末年始に観たいドキュメントではないですね。どんよりしますから(爆)
たっぷり2時間。内容は重いしキツイし、でも釘付けでした。
劇場で正解だった気がします。

あらすじもない、見たものを羅列しただけの文で察していただけてよかったです。最初と最後でも見ていただけに、話が繋がったのかもしれませんね。
>「血+」
なるほどね。I.G.お得意の「二重構造」の秀逸さは感じますね。
私はね、「ダーウィン・・」にアナログな「S.A.C.」を見た気がしました。
まず構成が素晴らしかったです。ドキュメントでありながら、サスペンスを感じるドラマ性をもってました。起承転結がしっかりあるのよね。
そして、取り扱っている内容そのものも「S.A.C.」的。
最初に「ナイルパーチを放流した者」は「真の笑い男のオリジナル」であり、その後の展開は「個別の11人」のような感じ、というのかな?
『攻殻機動隊』に染まりすぎた考え方なのだけどね(笑)
と、こちらも脱線。
「BLOOD+」は絶賛していない私ですけど、そうしたグローバル社会や経済での問題点等のさりげない埋め込みはさすがだなー、と思ってますw。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/02/24 13:44

こんばんは♪
覚悟はしていましたが、暗澹たる思いになってしまいました。
ファミレスなどで白身魚のフライなんてもう頼めないような気がします(いえ、そういう問題ではないんですけどね)
魚を積みに着た飛行機が空っぽで飛んでくることなんてありえないんですよね、本当にイヤなものを積んで来てくれますよ、全く(怒)
先進国のアフリカへの搾取とナイルパーチの貪欲さがリンクして、どよーんとしてしまいました。

たいむさんとは一ヶ月遅れで見たことになるんですね。
やっぱり新潟の方がちょっと早いのかな。

投稿: ミチ | 2007/03/23 23:04

■ミチさん、こんばんは♪
いろんな意味でショッキングでしたね。
私も、”冷凍白身フライ”はもう買わないと思います。
けど、売れないと一番困るのが最弱者という皮肉を、どう処理してよいものやら思考が彷徨ってしまいます。
まさかね、空の飛行機の荷物があんなものに行き着つなんて想像もしてませんでした。いかに平和ボケ日本に染まり、安穏と生活しているかを痛感しました。漸く理解して「ロード・オブ・ウォー」での少年兵を思い出してしまいました。あの時はあの時で衝撃を受けてたハズなのに。思考が繋がらない私も対外大バカですよね。

>先進国のアフリカへの搾取とナイルパーチの貪欲さがリンクして
ええ。ナイルパーチは利益至上主義者による略奪の象徴に見えてきて。。。どんよりです。

新潟が早い・・というか、劇場のマネージャーの趣味かな?と思う今日この頃です(笑)
こっちのワーナーマイカル新潟は社会派好きみたいだし、ユナイテッドシネマ新潟は、クチコミなど話題になったミニシアター系の速攻対策班みたいな感じ(爆)
そこそこバランスが取れてるのかもしれません。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/03/23 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/14001549

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダーウィンの悪夢」みた。:

» 「ダーウィンの悪夢」映画感想 [Wilderlandwandar]
気になっていたドキュメンタリー映画「ダーウィンの悪夢」を見てきました。最近ドキュ [続きを読む]

受信: 2007/02/22 00:53

» 『ダーウィンの悪夢』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
弱肉強食の世界を考える かつては、「ダーウィンの箱庭」と呼ばれ、多様な生物が生息していたアフリカ・ビクトリア湖。半世紀程前、その湖に肉食の大型外来魚ナイルパーチが放たれ、それは元々いた魚たちを餌にして、凄まじい勢いで増えていった。"一匹の魚から始まる悪夢のグローバリゼーション"というコピーから、本作はグローバリゼーションの弊害を描いたドキュメンタリーなんだと見込んでいた。なので、概してその図式は驚くべきものという感じでもなかったのだけど、確かに、タンザニアの湖畔にナイルバーチ加工業が栄えていた... [続きを読む]

受信: 2007/02/22 13:22

» ダーウィンの悪夢/タンザニアの人々 [カノンな日々]
シネマライズで公開された直後くらいに朝日新聞だったかな?この作品の内容が映画評ではなくて社会問題として記事になってました。そこには「ダーウィンの箱庭」と呼ばれる生物多様性の宝庫のビクトリア湖がナイルパーチという肉食の外来魚によって固有種が絶滅の危機に陥り....... [続きを読む]

受信: 2007/02/22 18:36

» ダーウィンの悪夢 [とにかく、映画好きなもので。]
 知るという事は、恐ろしい。誰もが知っているであろうと思われる事実を映像によって語られると何も口に出来なくなる。  アフリカ大陸という文明の発祥地が、貧困、飢餓、エイズ、ストリートチルドレン、紛争といった問題を抱えているという事は誰もが頭の....... [続きを読む]

受信: 2007/02/23 05:53

» ★「ダーウィンの悪夢」 [ひらりん的映画ブログ]
川崎チネチッタでは今週から公開のこの作品。 予告編で見た印象は・・・ アフリカ・・ヴィクトリア湖・・ナイルパーチ・・環境破壊・・密輸?? こんな感じのドキュメンタリーのはず。 [続きを読む]

受信: 2007/02/25 02:14

» 「アジアの安全な食べ物」サイト [ひねもすのたりの日々]
昨日届いた「プレジデント」(07/3/19号)で紹介されていました。サイトのアド [続きを読む]

受信: 2007/02/25 17:35

« 庵野監督の「エヴァ」所信声明 | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(2/22号・・時かけ・彩雲・精霊) »