« じゃすと・IN・たいむ(1/4号・・脳トレ系?2連発) | トップページ | 「敬愛なるベートヴェン」みた。 »

2007/01/05

「プリズン・ブレイク」開始。

Prison_brake1 お正月特番で深夜に「プリズン・ブレイク」の1話から7話が一挙放送された。首都圏他、全国各地では10月から放送されていたみたいで、見損ねた人対策の総集編という感じか。(地元ではこれがスタートになるようだ)
ドラマのキャッチコピーは、『全米視聴率では「24」を越えた!』(事実なのか、誇張しているのかはわからないけど)

期限が30日というタイムリミットサスペンス。
時間という最大の制約の中で、アレやコレやと次々にジャマが入るというハラハラドキドキの展開が予想されるし、確かに実際そうだった。 とはいえ、とても「24」を超えた!とは思えない。たまたま瞬間視聴率がそうだった。。。というのが真相じゃないかなぁ?? 「24」の”時間”どころか”分”(時には”秒”)単位での”絶体絶命”と比べたら、スピード感が全然違う。たるいわ、とろいわ。

物語の主軸は刑務所からの「脱獄」。(おそらく)無実の罪を着せられた死刑執行間近の兄を救出すべく、弟自ら犯罪者となって同じ刑務所に乗り込み、共に脱獄し、あわよくば真実を暴き、事実を白日のもとに晒そうというもの。
し かし、厄介なことに”敵”はどうやら”政府”らしい。裏でシークレットサービスが動き、執拗に妨害工作を駆使する。黒幕は権力ある女性、という事までは明らかにしている が正体は不明。でもシークレットサービスを隠密裏に動かせる女性と言えば、「ファーストレディ」くらいじゃないかなぁ・・・。ってことは最終 的な大黒幕は大統領か?(それでは当たり前過ぎだよねぇ)
まだ7話の段階であり、黒幕チェンジには至っていないけれど、コレも2転3転しないようでは、「24」のドロドロ劇には遠く及ばないぞぉ・・と早くも”評価決定”しちゃいそうだ。(脱獄劇中心ならば、チェンジしない可能性もあるかな?う~む)

綿密な脱獄計画はお見事!と拍手したい。頭脳戦は大好きだし、毎回「なるほどね~」と感心してしまう。簡単にはマイケルの計画通りにさせてくれない作りはなかなか上手い。(こっちはイライラしちゃうけどw)
守備良く兄リンカーンと同じ刑務所には入れたところまでは計画も順調。下調べと入墨は完璧(のはず)、更に下準備もバッチリで、必要な人材はちゃんと餌に喰い付いてきた。しかし誤算から何度も痛い目に合うマイケルであり、外の圧力で”移送”という最大のピンチを迎えてしまったりもする。何より、凶悪犯揃いの荒くれ者が集う刑務所は、さすがに一筋縄とは行かないということだね。まず理屈や論理が通じない連中ばかり。想定外な事態もしばしば勃発するわけで(起こしてるとも言えるか?)繰り返される勢力争いに、隠れたいじめや集団暴行(囚 人・看守共に)のシーンには目を覆いたくなる。6~7話はまさに地獄絵図。2話分もクレイジーなシーンを延々と見せられ、正直言って虫酸が走り、うんざりだった。
それはともかく、脱獄に関してだけ言えば”刑務所”は完全に閉鎖された空間であり、賄賂が横行する狭い社会ともなれば、同時にそれは何でもアリのザル 社会。外部からの攻撃はほぼあり得ない一番安全な場所でもあり(この先はあるのかもしれないけど)、周囲を懐柔してしまえば、これほど計 画遂行しやすい場所はないかもしれない。(代償は大きかったが・・・^^;)
この先、塀の内で(外でも)どんな罠が仕掛けれられ、どんなピンチに襲われるのか?どんな対抗策で回避していくのか? 脱獄計画の進捗と共に、一進一退の攻防戦を楽しみたいと思う。

『誰にも愛着を持ってはいけない。誰にも。』
何度も何度も念を押すかように、”マイケル役”のウェントワース・ミラーがインタビューで話していた。「誰にも」という事は”マイケル”も含めてと捉えられるし、なんだかとんでもない大どんでん返しの予感も・・・。昨日の敵は今日の友であり、逆もアリってことかな?コマーシャルじゃないけど、誰が味方で誰が敵なのか、裏切り者は?真犯人は?大黒幕はいったい誰? 「裏の裏の裏は裏」のような展開を期待しよう。

ここまでの印象はやっぱり「24」を越えないけれど、次が気になることは確か。8話以降は今週からの毎週放送が決定している。深夜放送だし”毎週録画予約”をしっかりセットをしておこうーっと。

|

« じゃすと・IN・たいむ(1/4号・・脳トレ系?2連発) | トップページ | 「敬愛なるベートヴェン」みた。 »

コメント

ひっさびさにトラックバックを送ったのですが、ことごとく撃沈されました。(-.-)

ちょっと後半はがっかりな展開でしたね。私としては、シーズン1で終わらせたほうがよかったと思います。大人の事情でそうはいかないのでしょうが(笑)。

先日、『LOST』で、レギュラーのリンカーンと、ゲストのマイケルが共演して、さらにマイケルが「兄弟同然だと思っていたのに」という台詞もあり、なんだか妙に嬉しかったです。もちろん、声優さんの話です。(^.^)

投稿: ラフマニノフ | 2007/04/11 10:39

■ラフさん、毎度ども~♪
また、随分古いところにきたもんですねw

>ちょっと後半はがっかりな展開でしたね。
ちょっとまったぁー!
こちらはまだ20話、もう少し待ってください!!
しかし、シーズン2ってどういうこと?とは思ってはいます。
登場人物が同じで、まだプリズン・ブレイクするのなら、また塀の中の懲りない面々、ということになるのでしょう?解せないわぁ。
「LOST」は前も言ったとおり、まるで見てません。
昨日からBSでシーズン2が始まったようだけど、途中から見る気が起きないし、シーズン1をみる余裕もないし。

>「兄弟同然だと思っていたのに」
こういうのって、ニヤニヤしちゃいますよね。
枠を超えた遊び心って私も好きだわ。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/04/11 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/13344665

この記事へのトラックバック一覧です: 「プリズン・ブレイク」開始。:

» プリズン・ブレイク 第1〜11話 [落とし穴には気をつけろ!]
プリズン・ブレイク コレクターズ BOX120世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンこのアイテムの詳細を見る 出遅れた〜、と思ってたら、お正月に1話〜11話まで一挙放送してくれるなんて、日テレさんたら太っ腹じーっくり楽しませてもらいました。 建築士のマイケル(ウェントワース・ミラー)は、無実の罪で死刑執行間近の兄(ドミニク・パーセル)を救うため、わざと強盗を働き刑務所に入�... [続きを読む]

受信: 2007/01/05 23:41

» 『プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX1』 [唐揚げ大好き!]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン プリズン・ブレイク コレクターズ BOX1 『プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX1』   マイケル・スコフィールドは、シカゴで建築設計士をしている頭脳明晰で有能な男。 しかし、兄のリンカー... [続きを読む]

受信: 2007/01/07 05:15

« じゃすと・IN・たいむ(1/4号・・脳トレ系?2連発) | トップページ | 「敬愛なるベートヴェン」みた。 »