« 「アニメギガ」という番組が始まるらしい。 | トップページ | 特別番組「アニメ 『精霊の守り人』 徹底研究」放送決定! »

2007/01/31

「幸福の食卓」みた。

Koufuku 「父さんは、今日で父さんを辞めようと思う。」
「ちちぃ~。ちちとははがいなくなったら、あすかのごはんはどーなるの?」(※注:母も、あすかも登場しません。)
佐和子も、4歳の少女だったらこんなだっただろうになぁ。
誰もが誰もに気を遣い使いながら、波風が立たないように平和そうに暮らす、一度崩壊した家族と再編成の物語。 うん、良かった。
(以下、ネタに触れます。ご注意を)

大浦勉学と小林ヨシコは只者ではない!あっぱれ!!
この、二人の他人の”中原家の人々”への干渉が(直接的であり、間接的であり)、3年前に止まってしまった”中原家の人々”の時間をすすめることとなった。
元に戻ったのではなく、前に進みだしたのだと思う。
近すぎたり、内側にいると見えなくなってしまうことは、実際良くあると思う。一歩下がって少しだけでも遠くから全体を見渡すだけで、見えなくなっていた部分が見えてきたり、ほころびた部分が分るようになったりする。
身内だから言えること。他人だから言えること。他人じゃないと言えないこと。
やはり人はひとりでは生きていけないし、ひとりでは生きていない。

・・・物語は、「まさかねー」と思った方向へと進んでしまった。(原作は未読)
「このパッピーさ加減は、コンディションレッドだよな~」と思っていた矢先だった。佐和子が忘れていたものをさりげなく思い出させてくれた勉学だった。何でもかんでも率直に表現する勉学だったけれど、思いやりも人一倍。決して命の引き換えにということではないけれど、佐和子が手に入れたものの代償としては果てしなく大きかったと、かなり切ない。

すべては、「出会い」から始まった。出会いがひとりの少女に希望を与えた。また、出会いがひとりの青年に本気を取り戻させた。それらからの影響は、少女と青年の家族全体に及ぶこととなった。
ラストに流れる「くるみ」、そのままだと思った。

総評:★★★★☆  好き度:★★★★☆+  オススメ度:★★★★☆

|

« 「アニメギガ」という番組が始まるらしい。 | トップページ | 特別番組「アニメ 『精霊の守り人』 徹底研究」放送決定! »

コメント

 ども、たましょくです♪

 このお話、決して「悲恋」とか「悲劇」とゆー感じで
描かれていないのが、魅力になってますね。家族の絆の
再生の中で、勉学や小林ヨシコとの出会いが佐和子や家
族たちの中に「家族を客観的に見る」とゆーことを教え
てくれたんだと。

 初回で見ていれば、あの「シュークリーム」が入場プレ
ゼントもらえたのに、「どろろ」の1回目を観ていたので
2回目の上映時にはもらえませんでした(あまっていたみ
たいだケド「衛生上の理由」から2回目は配られなかった
です。さすがに『殻』は入ってないでしょーがw)

投稿: たましょく | 2007/01/31 23:42

■たましょくさん、こんばんは♪
勉学にヨシコですね、やっぱり。
一見余計なお世話なのだけど、目から鱗が落ちる思がしました。

>シュークリーム
いいなぁ。地方でそれはさすがに無いですよ。(一応初日に映画館にはいたのですがw)
ゲットできなかったのは、ちょっと勿体なかったですね。
でも、「どろろ」とのハシゴなら、順番的には正解でしょう?(笑)

このシュークリーム、ファミマで売るとか?機会があったらのぞいてみようと思います。
のだめの時もそうだったけれど、好きですね>ファミマ
こうなると、殻は絶対に入っていないでしょうね。しかし、あの殻はデカすぎ。ありえないです(^^;)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/02/01 18:37

家族の問題は、むしろ他人が介入(語弊があるかな?)ことで、うまく行くことって多いんですよ。ほんと、そう思います。
なので、自分は、尋常じゃない問題(今作の設定ほどではないにしても)を抱えている今の家族(家庭)については、いろいろな人の意見を聞くことにしています。聞かれた方は、迷惑しているかもしれませんけど。(^^;) 北乃きいちゃん、良かったですね。勝地くんは、中学生としては、厳しかったかもしれないけど、「亡国のイージス」からこっち、舞台でも磨きをかけているようで、上手になってきて、嬉しいです。(ちょっぴりファンです)

投稿: あかん隊 | 2007/02/01 21:23

■あかん隊さん、ども♪
>他人が介入
ウチもヘンだよなーと、思い始めている今日この頃。実は周囲からは随分前に指摘されていたような・・・なんて思い当たる節も・・(^^;)、
この作品観て、なるほどなーと思いましたよ。
物語としては、とっても残念な出来事だったりするのですけどね。
>北乃きいちゃん
うんうん。かわいいし、良かったですね。
ドラマ(14歳の母)はみていなかったけれど、今後も期待の女優さんですね。
>勝地くん
以前からご贔屓でしたよね。確かに、中学生はキツかった(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/02/01 21:55

只者ではない!
だからこそお兄ちゃんもヨシコに惚れたんだし、
佐和子も惚れた。
二人も恋人持っちゃって、とんでもない女だと思ったけど、
一番頭のいい子だったのかもしれませんよね。

投稿: kossy | 2007/02/01 22:37

■kossyさん、こんばんは♪
只者ではないです!
小林ヨシコは小林ヨシコでしたね。賢い人ですね。

「イケ好かないトコもあんのよっ。」
それまでは、佐和子の視点で尚ちゃんを見ていた私であり、目から鱗でした。
油持参の時は「てんぷら&フライ」で、のり持参の時は「手巻き寿司」。これも幸せな食卓?(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/02/01 22:48

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。
 よろしくお願いします◎

 やさしい目線で、家族について考える。
 すごくよかったですね。

 原作も、とてもよいですよ。
 直ちゃんやお父さん、お母さんのことも
 もっと描かれているし、
 佐和子の葛藤の描写も、いいです。
 オススメですよ☆

投稿: miyukichi | 2007/02/02 00:59

■miyukichiさん、こんばんは♪
原作はまるっきり知らなかったのですが、あたたかい作品でしたね。
目から涙と鱗が落ちました。
でも、勉学にはとても残念で残念で。皮肉な結果が切なかったです。
>原作
なんだかとっても良さそうですね。
あまりヒューマンな作品は読まないのですが、ちょっと読んでみたくなりました。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/02/02 18:07

何時もお世話になっております。
最近TBの調子が悪くて入りませんでした・・・それ以上に迷走しておりました。
あれだけの出来事がありながら3年も崩壊せずに持ちこたえていた家族の愛も凄かったけれど、家族修復を手助けした勉学とヨシコの存在はまた凄かった。はやり身近にいるよりも外から見た方がわかる事ってあるんですよね。食卓は朝は殆ど揃わないですね・・・最近は夜も・・・日曜日位かな全員揃って食べるのは・・・でもこの映画を観て食卓って大事なんだなと思いました。

投稿: PGM21 | 2007/02/02 23:03

■PGM21さん、こんにちは♪
勉学とヨシコはすごい、という言葉がピッタリな気がします。
しかも素だし。
いま、世間ではどのくらい朝ごはんを一緒に食べている家庭があるでしょうね?
家族の食卓。賑やかがよいですよね。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/02/03 10:45

こんにちは♪
原作を読んでいたので、あの展開は分かっていました。
分かっていたけれど、できれば避けたい展開でしたよね。
佐和子の家庭がまた繋がる代償としてはあまりにキツイ・・・。
食卓を家族が一緒に囲んでいる間はその家庭はなんとか大丈夫なんだろうな~と思います。

投稿: ミチ | 2007/02/04 14:37

■ミチさん、こんばんは♪
過酷な代償でしたね。
でも、16歳で2回ではなかったことがせめてもの救いかな?

>食卓を家族が一緒に囲んでいる間
そうですね。いつも一緒はムリでも、朝ごはんを食べることもとても大切な気がします。
でも、重大発表は夜がいいなぁ(笑)

ファミマのヨシコのシュークリームを食べたら、殻の変わりにアーモンドスライスが入ってました。上手い代替ですよねw
味は・・イマイチ(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/02/04 22:31

またまた、映画の記事にTB失礼します。
やっとこさこの作品を見れましたが、本当に良かったですね。
今年一番の感動作になってしまいました。
微笑ましい恋愛模様あり、家族の大切さを感じさせてくれたりと本当に素敵な作品でした。
そう言えば、我が家では家族が揃って食卓を囲むなんて、週末の夕食あるかないか…ぐらいです。(笑)
ミスチルの歌うテーマソングもとても良かったです。

投稿: nick_right | 2007/02/24 20:39

■nick_rightさん、こんばんは♪
勉学の事など、やや反則気味ではありましたが、勉学といいヨシコといい、やられちゃいましたね。
でもでも、やっぱり勉学は生きていて欲しかった。。。

>家族の食卓。
家族の努力次第で実現は可能。
献立のリクエストとか、どう??

ミスチルの「くるみ」は名曲ですよね♪

投稿: たいむ(管理人) | 2007/02/24 22:17

TBありがとう。
予告編がいいですね。
「お父さん、やめることにした」
これはなかなか、名セリフですね。
僕も、言ってみようかしら(笑)

投稿: kimion20002000 | 2007/07/02 00:02

■kimion20002000さん、こんばんは♪
>僕も、言ってみようかしら(笑)
おお!大胆発言ですね。
けれど、本当に言っちゃったら上へ下への大騒ぎになりますよ、ご注意ください(爆)


投稿: たいむ(管理人) | 2007/07/02 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/13732930

この記事へのトラックバック一覧です: 「幸福の食卓」みた。:

» 映画「幸福な食卓」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
最後に映る食卓には家族の食器が幸せそうに揃ってる・・「父さんは、今日で父さんを辞めようと思う」・・訳の分からない奈落の底から蜘蛛の糸が静かに救う・・ 父(羽場裕一)は自殺未遂、母(石田ゆり子)は家出してパートしながら1人暮らし、兄(平岡祐太)は成績優秀なのに... [続きを読む]

受信: 2007/02/01 02:58

» 『幸福な食卓』 [試写会帰りに]
壊れかけ、なんとか体裁だけでも家族を演じ繕っている中原家。それぞれが当たり前の役割を捨てた家族の形は、一見自由なようでいて、実はとても空寒いもの。傷つきもがきながら再生の道を歩み出す四人の姿が、優しくゆったりと包みこむように描かれていて、まるで真冬の朝の..... [続きを読む]

受信: 2007/02/01 19:09

» 幸福な食卓 [Movie] [miyukichin’mu*me*mo*]
 映画 「幸福な食卓」     (小松隆志:監督/瀬尾まいこ:原作)  を観てきました {/onpu/}                    (C)「幸福な食卓」ASSOCIATES  1ヵ月ほど前、映画のことはまったく知らずに、  原作を読みました。  瀬尾さんの作品を読んだのも、これが初めてだったのですが、  なんだかすごく揺さぶられるものがあり、  印象に残りまし�... [続きを読む]

受信: 2007/02/01 21:04

» 「幸福な食卓」崩壊しても距離を置く事で幸福を取り戻せる家族愛の食卓 [オールマイティにコメンテート]
「幸福な食卓」は瀬尾まいこさん原作の映画で、家族崩壊してから修復するまでを描いた作品である。ここ10数年家庭崩壊も叫ばれる中で本当に幸福な事はなんなのかを色々なシュチエーションの中で描かれている。... [続きを読む]

受信: 2007/02/01 21:51

» 幸福な食卓 [ネタバレ映画館]
クリスティーヌとガブリエル。嗚呼、彼らの運命やいかに! [続きを読む]

受信: 2007/02/01 22:34

» くるみ。~「幸福な食卓」~ [ペパーミントの魔術師]
公式サイトはコチラ。→http://ko-fuku.jp/pc/index.html 歌詞がすべてを物語ってるような言葉だったので ミスチルのCDへのリンクを貼ることにしました。 (いや、単なるファンとしての宣伝・・・笑) メインテーマの歌詞はコチラ→ 「くるみ」 HOME (初回限定盤)Mr.Chil..... [続きを読む]

受信: 2007/02/02 18:34

» 映画のご紹介(238) 幸福な食卓 [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(238) 幸福な食卓-原作と映画は、それぞれ素晴らしい 映画は、オリジナルの脚本で作られる場合もあれば、既に出版されている小説やコミックを原作として作られる場合もある。 たまたま....... [続きを読む]

受信: 2007/02/02 20:41

» 【2007-12】幸福な食卓 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
母さんが家を出て、 ナオちゃんが農業をはじめ、 父さんが父さんをやめた。 それはいつも朝の食卓からだった・・・ そんなとき、大浦勉学があらわれた。 大丈夫。 気づかないうちに、守られてるから。 ... [続きを読む]

受信: 2007/02/03 02:31

» 映画「幸福な食卓」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「幸福な食卓」 瀬尾まいこのベストセラー小説の映画化。 「父さんは今日で父さんをやめようと思う」 こんなショッキングな言葉が朝食の席で出たらどうだろう。 三年前には自・殺未遂をし、仕事もやめた父。家を出て行った母。優秀だったのに農業の道に進んだ兄。主人公の佐和子はそういう厄介な家族の中で健気にそれを受け入れようとしている。 この家族はバラバラで、“父さん”とか“母さん”とか自分の役割を放棄して“個人”を大切にしているように見... [続きを読む]

受信: 2007/02/04 14:35

» 『幸福な食卓』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:]             2007/01/27公開  (公式サイト) 切なさ[:悲しい:][:悲しい:] 温かさ[:おはな:][:おはな:][:おはな:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】小松隆志 【脚本】長谷川康夫 【原作】瀬尾まいこ 『幸福な食卓』(講談社刊) 【音楽】小林武史 【主題歌】Mr.Children 『くるみ -for the Film- 幸福な食卓』 【出演】 北... [続きを読む]

受信: 2007/02/06 23:41

» 【幸福な食卓】ミスチルにやられた(T_T)(2006日本) [☆★★hosomiti.net★★☆]
【感想】いやー良かったっす!マジ良かったっす(>_ [続きを読む]

受信: 2007/02/12 15:48

» 『幸福な食卓』 [Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐]
「父さんは今日で父さんをやめようと思う。」 そんな衝撃的な台詞で始まる、「幸福な食卓」 当たり前の様にいつも一緒にいる「家族」って何だろうって事を改めて考えさせられる作品でした。 私の場合、もう3○歳ですが、いまだに実家から仕事に通っています。 朝は早く家を出て、夜遅く家に帰ってきても食卓にご飯があって普通で、好きな時間にお風呂に入れて、暖かい布団で寝れる。 そんな日常を共に過ごしている、家族って存在。 父がいて、母がい... [続きを読む]

受信: 2007/02/24 20:39

» 「幸福な食卓」 [永遠の自分探し  って迷子やん!!]
ネタバレ一応ご注意を。 ストーリーにミスチルの音楽、主人公の中原佐和子(北野きい)にはつらい出来事があったけども、 心温まる映画でした。号泣。 インパクトのあるオープニング、「父さんは、今日で父さんを辞めようと思う」。 その父さん(羽場裕一)は、「父さん」ではなくなったから、佐和子の兄・直ちゃん(平岡祐太)に 「弘さん」と呼ばれたり、フリーターになったり、浪人生になったり、また「父さん」に戻ったり。 肩書きこそい... [続きを読む]

受信: 2007/02/27 22:45

» 幸福な食卓 [Akira's VOICE]
中原家の再生物語 [続きを読む]

受信: 2007/06/28 16:07

» mini review 07058「幸福な食卓」★★★★★☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 未入力 公開日 : 2007-01-27〜2007-03-16 監督 : 小松隆志 出演 : 北乃きい 勝地涼 平岡祐太 さくら 羽場裕一 石田ゆり子 「父さんは、今日で父さんを辞めようと思う」―――。始業式の朝、家族の食卓で、突然「父さん」が口にした意外な一言。佐和子の中学校生活最後の1年は、こうして始まります。中原家は、教師の「父さん」、専業主婦の「母さん」、兄... 続き ... [続きを読む]

受信: 2007/07/01 05:49

« 「アニメギガ」という番組が始まるらしい。 | トップページ | 特別番組「アニメ 『精霊の守り人』 徹底研究」放送決定! »