« 「24(twenty-four)」シーズンⅣ&Ⅴ | トップページ | 映画2006 総決算! »

2006/12/29

「シャーロットのおくりもの」みた。

Charlotte_1 動物もの、子供もの、どちらかというと苦手な部類。それに何より虫嫌い。なかでも”蜘蛛”(昆虫じゃないけど)は天敵。米粒より小さくたって、見つけただけで悲鳴をあげ、硬直し、助けを求めるほど苦手。にもかかわらず、そんな3重苦の作品を今年の最後に選ぶなんてね(^^;)。本当は見ない予定だったのに、見ることにした理由として、「シャーロットの涙」のcharlotteさんの強いオススメがあった事は事実かもしれない(笑)
以下、ネタバレあり。

なんとも優しく、あたたかい、愛の溢れる作品だった。
ひとりの少女と、ブタとクモとネズミと、ガチョウ(アヒル?)に羊に牛に馬の友情物語。
とにかく「約束」に対する誠意ある行動がとても心地よい。みんながみんな約束を反故にすることなく、守るために最後まで努力する。(見返りを求めるものだったとしてもw)

物語は、春生まれで世間知らずの仔ブタ”ウィルバー”が、クモの”シャーロット”ほか同じ納屋で暮らす仲間たちと共に、クリスマスの食卓”ハム・ソーセージ”の難を逃れるための生き残り大作戦。
生まれたばかりの時すでに、”不公平”からファーンに救われたウィルバーだった。そんなこととはつゆ知らず暢気に育った仔ブタちゃん。純真無垢な心でシャーロットに対して「友達だね」と大喜びするウィルバーであり、「醜い」からと嫌われ者だったシャーロットの心が動かされたのもわかる気がする。

少女も仔ブタもやがては大人になるという成長の物語でもあった。
動物とばかり関わる娘を心配してドクターに相談するファーンの母親。ドクターの言葉がとてもいい。
「その診断は簡単だ。それはまだ”子供だから”です。」
あたたかい目で子供の成長を見守りましょうよ、というかのドクターが素敵だった。まったくそのとおりで、完全に母親の杞憂。ファーン本人はあっという間に大人への一歩を踏み出すわけで。。(笑)
ウィルバーも、シャーロットや仲間たちによってちょっぴり大人になっていく。
シャーロットの描いた文字がけん引役だった。その意味と変化を考えられるようになったとき、本当の奇跡に変わったのだと思った。
というか・・・ミラクルミラクルと散々言ってはいるけれど、同時にそんなミラクルはどこにでもあると言ってるわけで、それは本当は奇跡じゃないんだよね。奇跡は起こらないから奇跡。これらは、見えなくなっていた本来ずっとあったモノ(姿)が見え始めたことから、それを「奇跡」と呼んだだけのこと。誰もが「ちょっといいものみーつけた。」気分だね。

クモのシャーロット。動きがなんともリアルでやっぱりぞわぞわと鳥肌が・・・(^^;)
でもクモの巣作りの技にはちょっと感動。いつも巣を破壊し、ご本人には「一昨日おいで」と遠くへ移動してもらう(絶対に殺したりはしません!)私としてはちょっと心が痛んだ。「苦労して作ったのにごめんね」って。
優しくて賢いシャーロットは段々と愛らしく感じられるようになったかな? 生まれたばかりのコグモ達はうじゃうじゃでやっぱり「うぇ~」。でも、その感想は馬が代弁してくれた(笑)

総評:★★★☆☆+ オススメ度:★★★☆☆+

今年の映画鑑賞もこれで最後。
「敬愛なるベートーヴェン」が地元では年内に公開されないが残念だった。大好きな「第九」。やっぱり年の暮れは「第九」で〆たかった。(あ、本音が・・・爆)

|

« 「24(twenty-four)」シーズンⅣ&Ⅴ | トップページ | 映画2006 総決算! »

コメント

たいむさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

自分もシャーロットのおくりもの宣伝部長ことcharlotteさんの激推薦記事を事前に読んで、観たい気持ちに拍車が掛かったのは事実ですねw強くオススメするだけあり、自分もこれは広くオススメしたい作品と思いますね。

でもクモ嫌いな人には、CGとはいえたいむさんのように多少の抵抗はあると思いますし、免疫付くまで時間が掛かりそうですね(^▽^;)シャーロットの目がクモと同じ8つの目だったら自分もかなりヤヴァかった・・・(汗

投稿: メビウス | 2006/12/29 22:37

こんばんは♪
私も子供と動物がメインになってる作品はあまり見ないんです。
あれって禁じ手でしょう~(爆)
charlotteさんのおススメで見る気になったのですが、とっても良かったですよね~。
結局は見ず嫌いでよい作品との出会いを自ら封じているのかなと反省しました。
ウィルバーが可愛くてね~。
声も超キュートだったのぉ!

投稿: ミチ | 2006/12/29 23:16

こんばんは☆
すんませーーん。うるさく言ってますーー。許してください。年を越したら黙りますー。爆
ほんとに苦手だったのですね?あーそれでも見てくださって激しく感謝!ありがとうございます。結構大人でもOKでしょ?
あ、でも私も蜘蛛は苦手なんですよ。子供達がうじゃうじゃのシーンは鳥肌立ちましたー。馬のアイクも無理やり頑張ってましたものね。笑
ロバートレッドフォードが馬??ってな、ちょっと声のイメージが私には??でしたけど。でも、なかなか声優陣は豪華だし映画も原作より感動的でした。子供の頃に見たアニメ映画は、アニメだけに全然怖くなくて美人なCGシャーロットだったのですが。笑

投稿: charlotte | 2006/12/29 23:27

みんなcharlotteさんのおススメから鑑賞に至ったという、お仲間ですね!!(爆)

■メビウスさん、こんにちは♪
>クモ
ハリポタやLOTRでもキツかったですから(笑)

>シャーロットの目がクモと同じ8つの目
一応ありましたよね?頭の上にこじんまりでしたが>残りの6個。
シャーロットはホント美人さんだったので助かりました。動かなければまったく問題なしです(爆)

今年はいろいろお世話になりました!また来年もイロイロお話しましょうね~!!

■ミチさん、こんにちは♪
>あれって禁じ手でしょう~(爆)
プラス、病気ではかない命を一生懸命に生きる美少女の物語もね(笑)
>見ず嫌い
そうですよねぇ。でもミチさんもおっしゃってますが、どんなに勧められても、一度拒絶反応を起こしたものについては、誰がなんと言おうとダメなものはダメ。頑なになって拒否を続けちゃうんですよね。その壁を乗越えるには何か大きな切っ掛けがないと難しいですね。

>ウィルバーが可愛くてね~。
図体は結構大きくなっていたけれど(あれでも小さい?w)アップはずっとお子様で(笑)可愛かったです!

入りびたりのように頻繁に出入りさせていただきありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします!!


■charlotteさん、こんにちは♪
&すみません、無断でリンク貼ってしまいましたm(__)m
全然大人でもOKでしたね。字幕だということもあったけれど、周囲はみんな大人でした(笑)

クモは本当にダメなんです。
以前、車の中に立派な巣をはられてしまった時には絶句。車ですよ車。バックミラーからハンドル経由でギアまで・・そら豆大のクモさんが真ん中にいました( ▽|||)サー
ベランダにも住み着いているクモさんがいて、洗濯物がコグモの被害にあってから、その時期は特に神経質に(爆)
映画をみて、とりあえず馬のアイク気分です(笑)

美人でしたね>シャーロット
声優陣はわからずに観ていたのですが、EDでびっくりしてました。
オススメありがとうございました!
みんなcharlotteさんのおかげですね!!
来年もお付き合いいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします!!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/12/30 14:53

たいむさん、こんにちは~♪
私はこれが今年最後の映画鑑賞になりました★

また来年も宜しくお願いします。
良いお年をお迎え下さい。

投稿: とんちゃん | 2006/12/31 09:05

あけおめ♪
この映画では不覚にもクモに泣かされてしまった・・w
今年もまたよろしくお願いします♪

投稿: たけちゃ | 2007/01/01 16:38

■たけちゃさん、あけましておめでとうございます!!
>不覚にもクモに泣かされてしまった・・w
でしたねぇ。シャーロットに対しては”クモ”という事を忘れることにしました(笑)
来年は同じクモ系で「スパイダーマン」がありますね!
動きが気持ち悪いのですが、これもガマンガマンです(笑)

今年もヨロシクお願い致します!!

投稿: たいむ(管理人) | 2007/01/01 16:51

たいむさん
明けましておめでとうございます。
こちらこそ今年も宜しくですm(__)m
動物の口や体の動きにびっくり!
かなり撮影は大変だったらしいです。
それだけに素晴らしい作品になっていました。
ではまたお邪魔します(^^♪

投稿: mezzotint | 2007/01/03 12:55

■mezzotintさん、こんにちは♪
いかにもCGだと敬遠したくなるのですが、シャーロット以外はお見事でしたね。
ガチョウの夫婦がなかなか良かったし、ウィルバーが可愛かった。
撮影秘話はDVD特典かな?(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/01/03 13:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/13253895

この記事へのトラックバック一覧です: 「シャーロットのおくりもの」みた。:

» シャーロットのおくりもの [ネタバレ映画館]
クリスマス。とんかつを食べてから観に行きました。 [続きを読む]

受信: 2006/12/29 22:07

» シャーロットのおくりもの(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】ゲイリー・ウィニック 【出演】ジュリア・ロバーツ/ダコタ・ファニング/スティーブ・ブシェミ/ジョン・クリース/オプラ・ウィンフリー/キャシー・ベイツ/ロバート・レッドフォード/他 【公開日】2006/1... [続きを読む]

受信: 2006/12/29 22:37

» 映画「シャーロットのおくりもの」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「シャーロットのおくりもの」 E.B.ホワイトのファンタジー小説を映画化。 エブラル家の農場に誕生した11匹の子ブタ。最後に生まれた子ブタは小さくて弱かったので殺される運命にあったのに、農場の娘ファーン(ダコタ・ファニング)が責任を持って育てることに。向かいのザッカーマン農場に預けられた子ブタ・ウィルバーは納屋でクモのシャーロットや動物たちに出会う。 飛び出す絵本のように立体的で手描きの雰囲気の�... [続きを読む]

受信: 2006/12/29 23:12

» シャーロットのおくりもの [シャーロットの涙]
試写会にて。念願の「シャーロットのおくりもの」を見て参りました{/buta/}{/fuki_cute/} 子供の頃にアニメを劇場で見て、ずっと私の心の中で温められてきた珠玉の宝物のような作品。。。 私の映画好きはここからスタートしています。 また原作も全世界4500万部を超えるロングセラーな作品なんですね。 日本ではあまりなじみが無くとも、各国の公式サイトからすると大変多くの国々でヒットしているのがわかります。 原... [続きを読む]

受信: 2006/12/29 23:28

» シャーロットのおくりもの [Akira's VOICE]
細くとも,強く輝く美しい糸が紡ぐ愛のメッセージ。 [続きを読む]

受信: 2006/12/30 11:07

» 「シャーロットのおくりもの」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「シャーロットのおくりもの」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジュリア・ロバーツ、ダコタ・ファニング、スティーヴ・ブシェミ、ジョン・クリース、オブラ・ウィンフリー、セドリック・ジ・エンタテイナー、キャシー・ベイツ、レバ・マッケン..... [続きを読む]

受信: 2006/12/30 17:46

» シャーロットのおくりもの(映画館) [ひるめし。]
奇跡は空からやってくる [続きを読む]

受信: 2006/12/31 07:53

» シャーロットのおくりもの [とんとん亭]
「シャーロットのおくりもの」 2006年 米 ★★★★ ↑ ええ?私? なんちゃって^^; 怒られそうですが私はポークが好きなので、観ようかどうしようか 迷った作品^^ 今年最後に劇場で観る映画はほのぼのとした映画にしたかったのです。 (多...... [続きを読む]

受信: 2006/12/31 09:03

» 「シャーロットのおくりもの」試写会 [Thanksgiving Day]
よみうりホールで行われた映画「シャーロットのおくりもの」の試写会に行ってきました!! 原作の存在は知らなかったんですけど、全世界で4500万部も売れたベストセラー児童文学らしいですね。 こんなお話です。 ↓↓↓ 『牧場の娘ファーンは、子ブタにウィルバーとい....... [続きを読む]

受信: 2006/12/31 12:26

» 映画「シャーロットのおくりもの」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Charlotte's Web 原作:E.B.ホワイト『シャーロットのおくりもの』 児童文学ながら世界中で4,500万部というElwyn Brooks White『シャーロットのおくりもの』の映画化、・・蜘蛛に泣かされるなんて自己嫌悪に陥ってしまう・・ 農家の娘ファーン(ダコタ・ファニング)は... [続きを読む]

受信: 2006/12/31 13:33

» 巣 〜「シャーロットのおくりもの」〜 [サナダ虫 〜解体中〜]
ゲイリー・ウィニック監督作品、ダコタ・ファニング主演の、 映画 「シャーロットのおくりもの」を観た。 平凡な田舎町を舞台に、 農場の娘ファーン(ダコタ・ファニング)と仔豚と蜘蛛が織り成す愛と友情の物語。 感想。 ①タイトルにもなっている“シャーロット”って、蜘蛛かよ!豚じゃないのかよ! ②案山子に直接対決せずとも、あんなに広大なのだから、いくらでもとうきび食えるべ。 ③豚が凄いの�... [続きを読む]

受信: 2007/01/02 02:53

» シャーロットのおくりもの [落とし穴には気をつけろ!]
今日は「シャーロットのおくりもの」を観てきました。通常料金なのにプレミアシートで観れたので、快適快適〜 原作は「スチュワートリトル」と同じ人が書いた児童文学です。農場の娘ファーン(ダコタ・ファニング)は仔ブタのウィルバーを育てるが、ウィルバーは冬には屠られる運命だった。クモのシャーロットがウィルバーを救うために、巣に「とくべつなブタ」と文字を書くと、街中の評判になったが。。。というお話し。 ... [続きを読む]

受信: 2007/01/02 19:18

» 映画『シャーロットのおくりもの』を観て [KINTYRE’SDIARY]
原題:Charlotte'sWeb(アメリカ)公式HP上映時間:97分鑑賞日:12月23日 渋東シネタワー(渋谷)監督:ゲイリー・ウィニック出演:ダコタ・ファニング(ファーン・エラブル)、ケヴィン・アンダーソン(ファーンの父)、エシー・デイビス(ファーンの母)、ジュリア...... [続きを読む]

受信: 2007/01/02 19:31

» Charlotte‘sWeb☆シャーロットのおくりもの《字幕版》 [銅版画制作の日々]
年末の30日の夕方、『シャーロットのおくりもの』字幕版を観にMOVX京都まで行ってきました。吹替え版は一日何度も上映されていますが、字幕版は夕方二回のみの上映なもので・・・・・。吹替え版では、情感もないし、それと生の声でのセリフが聴きたいという変なこだわりもあって、夕方より出かけてまいりました。 シャーロットって、この子ブタちゃんのことと思われる方もおられると思いますが・・... [続きを読む]

受信: 2007/01/02 23:43

» 【劇場映画】 シャーロットのおくりもの [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 田舎町の農家で11匹の子ブタが生まれる。母ブタの乳は10個しかなく、一番小さな1匹が命を奪われそうになる。それを見かねた少女ファーンは、その子ブタにウィルバーと名付け自ら母親代わりとなる。やがてウィルバーはほかの動物たちとも友だちになり、とりわけ優しいクモのシャーロットと仲良くなる。シャーロットは、クリスマスのハムになってしまうことを恐れるウィルバーに、言葉の贈り物をするのだった。(goo映画より) ベストセラーの童話の映画化。 事前情報ほとんど無いまま見に行ったのですが、... [続きを読む]

受信: 2007/01/08 11:16

» 「シャーロットのおくりもの」みてきました。 [よしなしごと]
 55年前に原作が書かれ、35年ぶりに実写版としてリメイクされた感動の物語シャーロットのおくりものを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2007/01/11 01:04

» 『シャーロットのおくりもの』 [映画館で観ましょ♪]
どっちが可愛い? ダコタちゃんか? コブタのウィルバーか? 奇跡を起こすのはクモのシャーロット。 素敵なのはママが相談するドリアン先生。 残念だったのは吹き替えで観たこと。 ... [続きを読む]

受信: 2007/01/12 11:49

» シャーロットのおくりもの [オーゴンカープ]
A HAPPY NEW YEAR! 今年もくだらないオーゴンカープのブログですが よろしくおねがいいたします! ということで1月1日は1000円デーということで 映画を見に行きました! タイトルは「シャーロットのおくりもの」です 子ブタの「ウィルバー」と 農場の....... [続きを読む]

受信: 2007/01/12 19:59

» シャーロットのおくりもの [とにかく、映画好きなもので。]
 クモという存在は、その外見から忌み嫌われたり、苦手とする人にとっては不快の対象となりうる生物だ。一方では、縁起担ぎの象徴として言い伝えられたり、家で発見したクモは殺してはいけないというような話を聞いた事もある。  シャーロットとは、この....... [続きを読む]

受信: 2007/01/12 20:51

» ★「シャーロットのおくりもの」 [ひらりん的映画ブログ]
今年初・・いや、ひらりん史上初の二日連続2本鑑賞の2本目。 動物達が喋る系はあんまり好きくないけど・・・ ダコタ・ファニング出てるし・・・ ちょっと見てみることに。 [続きを読む]

受信: 2007/01/18 01:49

» 「シャーロットのおくりもの」 [Tokyo Bay Side]
どこまでが実写で、どこまでがCGか分からないぐらい作品自体はよく出来てましたが、話自体はあまり面白くなかったです…。 物語はダコタ・ファニング演じる少女ファーンと子ブタのウィルバー、それにクモのシャーロット、それぞれの視点で描かれてるので誰が主人公なのかよく分かりません…。 もう少し話の中心人物を絞った方がよかったと思います。 あとはまぁ、元も子もない事を言ってしまうと主要キャストのクモやネズミやカラスが普通にキモかったです(笑)... [続きを読む]

受信: 2007/01/20 23:08

» 「シャーロットのおくりもの」 [Tokyo Sea Side]
原作が世界で4500万部を超えるベストセラーだというコトも知らずに観に行きました。 なのでポスター等を見て勝手に子ブタのウィルバーと、ダコタ扮するファーンの物語だと思っていたので、意外とダコタの出番が少なくて残念…。 確かにタイトル通り蜘蛛のシャーロットがメインなワケですが、やはり見た目が蜘蛛なので少々抵抗があります。 内容は子供向けで分かりやすいと思いますが、さほど感動も出来ませんでした。。... [続きを読む]

受信: 2007/01/23 07:51

« 「24(twenty-four)」シーズンⅣ&Ⅴ | トップページ | 映画2006 総決算! »