« 師走ですから。 | トップページ | DVD「シュヴァリエ(1)」より。 »

2006/12/11

「のだめカンタービレ#9」スキです♪

『大丈夫ですよ、試してみてください。先輩はもう飛行機に乗れますヨ。』
のだめの言葉が”聖母マリアの囁き”に聞こえた???
遂に”飛行機”に乗って北海道へと旅立つ千秋!オメデト♪(⌒ー⌒*)o∠★:゚*PAN!
北海道を指定したのはのだめ。お土産の指令付き(確信犯w)。お土産ランキング第一位はやはり「(たくさんの)カニ」。そして「ウニ(もちょっと)」。(それから)「ラーメン」と「夕張メロン」と・・・「白い愛人」?!”恋人”ではなく、”愛人”とはね(爆)

フォルテェ~、ピアノ、フォルテェ~、ピアノ、アクセント、クレッシェンド・・・・

ハリセン宅にてコンクル合宿。のだめ、本気モード全開。狙うは、優勝。目的は、第一位の賞金200万円と”ヨーロッパ留学”の副賞。動機は、ずっと千秋と一緒に居たいが為。
シュトレーゼマンの言葉をのだめなりに解釈し、”三段論法”と解いたらこうなった、ということだね。
”心の千秋”と一緒にレッスンをすることで、曲のイメージを掴むのだめ。レッスン場面から一次予選へそのまま突入し、”シューベルトのソナタ”を堪能。ブラボ~!

「・・それから、好きです。」
一次を通過して、少しだけ千秋に近づいた気になっているのだめかな?マジ告白。
一方千秋、意表をついたのだめのマジ告白にドキリ?何事もなかったかのように、いつもどおりに振舞う千秋だけれど、どこかマンザラでもない風♪ 
『君たち、付き合ってるんだろ?』『冷たい彼氏やなぁ』すっかり公認?の仲な千秋とのだめ。否定するのは既に千秋だけなんだよね。(真澄ちゃんは、アキラメナイワョって感じ?)でも、、、のだめの一喝、ハリセンから聞かされた”のだめの真実”で、完全に落ちた、かな?

のだめの予選、千秋の覚悟、二人の行く末、そしてR☆Sオケ再演。もーね、話題満載で書ききれない! なのに残すところあと2回!終わっちゃうのが残念で残念で。。。
不穏な空気が漂う次回予告が気になるところ、それでも、楽しみ楽しみ!!

追記:『時間がアリマセーン!1月に指揮者コンクルがアリマス!』
妙に具体的なセリフじゃありませんか??もしや、”スペシャル”・・なんてことはない??

|

« 師走ですから。 | トップページ | DVD「シュヴァリエ(1)」より。 »

コメント

たいむさん、おはようございます。通勤電車の中からお送りします(笑)。

飛行機が離陸するまでの、「これでもか!」という、例の描写と、お土産を買いまくり、それを常に持ち歩く千秋先輩に、爆笑でございました。

相変わらず、コミカルとシリアスのバランスが絶妙ですね。ミルヒーが帰ってきた理由、「絶対写真集だろ」と思ったら、やはり(笑)。

あと、のだめの幼少時代が、なんと、よねとは!康豊との叶わぬ想いがこんな形で!っと、これは違う作品でした。似ているんですよ、千秋先輩と山内康豊。
(^o^)

投稿: ラフ@携帯 | 2006/12/12 07:15

こんばんは。

>千秋だけ
のだめの最初のアプローチが激しかった反動でしょうか。
まだ素直じゃないですよね。

1月…スペシャルだったら…見たいですねー。

投稿: 宵里 | 2006/12/12 19:33

■ラフさん、こんばんは♪
通勤途中にまで!ガンバリマスねぇ。(嬉しいことですがw)

>コミカルとシリアスのバランスが絶妙
上手いですよねね。コミカルな部分がシリアスを引き立てるし、感動も呼ぶいろんな意味で面白い作品ですね。

>「絶対写真集だろ」
やはり・・・どころか、他にないでしょ(笑)
戸惑いながらも気を取り直し、嬉しそうに両手を広げて駆け寄ろうとした千秋が不憫でしたw

>千秋先輩と山内康豊。
似てますか?
残念ながら全部を見てないので「よね」わかりません(^^;)


■宵里さん、こんばんは♪
ゴミ部屋の家主で、不潔で変態なのだめですからねぇ。
シャンプーしてあげたときは、”犬”だったしw。
千秋自身「まさかのまさか」なのでしょうね。
ミトメタクナイ!(ハロを差し上げましょうかw)

>1月…スペシャルだったら…見たいですねー。
見たいですよねぇ。
1月放送はムリでも、いずれスペシャルで「指揮者コンクル編」があったらいいですね。劇場版までいければ一番ですが。


投稿: たいむ(管理人) | 2006/12/12 20:13

 ども、たましょくです♪

 主演のだめの回がやっと帰ってきた♪とワクワクしちゃいました!
千秋のトラウマを解決させてあげるも、北海道に向かわせた理由に、
『食欲』が絡んでいたのは、のだめらしいですね。

 久々の登場だったシュトレーゼマンも相変わらずな面もありました
が、以前よりも「巨匠」としての言葉の重みを感じました。心の千秋
とのレッスン風景も心に染みました。

 中盤以降ののだめの演奏は、聞き入ってしまいました。のだめも多
くの人から拍手されたことで「上」を目指し、千秋とずーと一緒に居
られたらいいのにと。

 最終回、生放送とかやってくれたらすっごい感涙しちゃいそう(無理
ですかねw)

投稿: たましょく | 2006/12/12 21:58

■たましょくさん、こんばんは♪
のだめ、主役でしたね~!
>『食欲』が絡んでいた
千秋とのだめの接点って、音楽と食べ物。やはりそういうことなのですね(笑)

シュトレーゼマン、相変わらずおちゃらけまくってますけど、音楽では千秋も一目置いて尊敬する師。こちらも絶妙な変貌振りが毎回楽しさを増してくれますね。

一次予選での、のだめだけに贈られた拍手は、のだめにとって最高の贈り物であり、最高の一瞬となったでしょうね。こうした小さな出来事のひとつひとつが、変わる切っ掛けになるわけでもあり・・。頑張って欲しいですね。

>生放送
鳥肌が立ちそうですけど・・・いくらなんでも無謀(笑)
22日に東京国際フォーラムでオケはあるんですけどねぇ。
樹里ちゃんや玉木君もゲストで登場とか。
今やプラチナどころか、ダイヤモンドチケットですね。

追伸:原作ではこの先フランス編になります♪ もちろん、指揮者コンクルもw

投稿: たいむ(管理人) | 2006/12/12 23:14

たいむさん、こんばんは♪
>「・・それから、好きです。」
これってさりげなく言ってましたが、千秋様に通じてた?(笑)
ちょっとは通じてたかな。
今回の私の好きなセリフは「あの千秋にカニを貢がせるほどの女」というフレーズです。
そしてシュベルトについてのメールのやり取りとか、ハリセン妻のドビュッシーの解釈とか、そういう曲や作曲家についてのさりげない比喩が上手いな~と思います。

投稿: ミチ | 2006/12/12 23:27

たいむさん、再び(笑)。

単なるフォローです(笑)。例によって返信不要です。(^^

のだめの幼少時代を演じていた森迫永依さんは、『功名が辻』で、主人公・千代と一豊の娘・よねを演じてました。よねは一豊の弟、康豊に淡い恋心を抱くのですが、地震で命を落としてしまうのです。


>千秋先輩と山内康豊。
似てますか?

これはたぶん「ボケ」だと思うので、一応突っ込み(笑)。
どちらも玉木氏が演じている、ということで…。(^^ゞ

投稿: ラフ@PC | 2006/12/13 00:54

■ミチさん、こんばんは♪
>千秋様に通じてた?(笑)
一瞬「え?」って風に私は感じましたけど。。。

>「あの千秋にカニを貢がせるほどの女」
私も!ハリセン、上手いこと言うなぁ~って、原作読んだときに思いました(笑)

ハリセン妻は、のだめの出鱈目を最初から看破しているし、大したお方ですよね。
これらは殆ど原作のまんまですが、原作者は、曲がストーリー展開と調和するようにと、曲や作曲家の背景から勉強して、コンクルなどの選曲をいるんだなぁーって思ってました。
>付き合ったことのない人
も、実は、有名どころシューベルトが一度も登場していないことから、掛けてるのかな?って深読みですw


■ラフさん、こんばんは♪
ああ!一豊と千代の娘ですね!
女の子だったはずなのに、いつの間に男の子?という感じで、その間がスッポリ。。(^^;)

>康豊に淡い恋心
アハハハハ。それはまた恋をするのに年齢も年の差もない、ってね(笑)
で、よねと康豊は・・ラフさん夫婦以上??(爆)

>ボケ
白目は止めろ~って感じでした(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/12/13 20:44

こんにちわ。のだめマラドーナコンクール本選の撮影に潜入してきました。TBさせて頂きました。来週月曜の放送が楽しみですね。

投稿: まこっち | 2006/12/17 01:25

■まこっちさん、はじめまして♪
収録とはいえ、生演奏?を聞けるなんていいですね~
明日の放送、楽しみですね!!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/12/17 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/13034674

この記事へのトラックバック一覧です: 「のだめカンタービレ#9」スキです♪:

» のだめカンタービレ☆第9回 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
前回、のだめの催眠術にまんまとかかった千秋は何故か羽田に峰と共に来ていた。とり [続きを読む]

受信: 2006/12/12 00:34

» のだめカンタービレ〜第9話・本来の主役・のだめストーリー! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
のだめカンタービレ、第9話ですが、今回は本来の主役であるのだめ(上野樹里)が中心でした。のだめの千秋への想いと、そして子供の頃のトラウマについてやるわけです。今までは、千秋(玉木宏)が主役のような感じでした。 先週、飛行機のトラウマをのだめの催眠術で、克服した千秋は、飛行機で北海道に行こうとするわけで、やっぱりまだ飛行機は恐いようです。(のだめカンタービレ、第9話の感想、以下に続きます) のだめのバック\7,770 サイズ:38×35.5×8cm ... [続きを読む]

受信: 2006/12/12 00:59

» ドラマ「のだめカンタービレ」第9回 [kasumidokiの日記]
発言者:→宵里(原作未読)、→春女です。 「清良は千秋にボーッとしてるの [続きを読む]

受信: 2006/12/12 19:33

» のだめカンタービレ Lesson9「コンクールVS留学!決断は別れの予感!?」 [多数に埋もれる日記/ウェブリブログ]
残すもあと3回になりました。 今回は、どんな展開になるのでしょうか? [続きを読む]

受信: 2006/12/12 20:50

» のだめカンタービレ 第9話 [何を書くんだろー]
 のだめのなんちゃって催眠術により「飛行機恐怖症」を克服した?千秋。その手に握られていたのは、師匠であるシュトレーゼマンの懐中時計。一方、「R☆Sオーケストラ」の大成功に気を良くしたメンバーたちは、さっそく再演に向けての準備にとりかかる。 き、清良…、...... [続きを読む]

受信: 2006/12/12 21:59

» のだめカンタービレ Lesson9 [ミチの雑記帳]
のだめの素人催眠療法が効いたのか、千秋様はラーメンを食べに北海道へと機上の人になりました{/airplane/} 「先輩はもう飛行機に乗れマスヨ。大丈夫デスヨ」っていうのだめの声が天使の声に聞こえます。 途中飛行機事故のことが頭をよぎって白目になってしまう千秋様でしたが、なんとか北海道到着!ところが、到着した途端「カニをたくさん買って来て下さいね」っていう暗示の声が・・・。 カニ、ラーメン、ウニ、夕... [続きを読む]

受信: 2006/12/12 23:22

» 『のだめカンタービレ Lesson9』を観た [TV視聴室]
奥さん「なんで今回は実名のホールなの?」 私「そりゃスポンサーだから」 まぁ、水と生きる、ということで(笑)。 [続きを読む]

受信: 2006/12/13 00:22

» のだめカンタービレ Lesson9 [ふろくのぶろぐ。]
江藤先生の言葉に泣けました・・・同時に、残り少なくなってきたんだなーと実感。 [続きを読む]

受信: 2006/12/13 01:30

» 《のだめカンタービレ》◇#9 [まぁ、お茶でも]
先輩、北海道に行ったのですね。と、嬉しいけど、寂しいのだめの心情だった。峰を道連れに、ラーメンを食べに行くのを口実にあれからはじめての飛行機に乗った。あの千秋さまが、可愛いくらいの騒ぎかたでしたね。イヤ~笑いました(^_^)/~ ... [続きを読む]

受信: 2006/12/13 02:14

» アイツがやって来た!(のだめカンタービレ#9) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『のだめカンタービレ』先週は、σ(●゜∇゜●)のエキストラ出演で大盛上がり(ぉぃ“のだめ”に出ました!(のだめカンタービレ#8)話を戻して、“URAKEN PRESENTS”R☆Sオーケストラコンサートは大盛況裏軒め・・・一体いくら儲けたんだのだめの怪しげな催眠術で飛行機...... [続きを読む]

受信: 2006/12/13 04:40

» のだめカンタービレ 第9話 [オイラの妄想感想日記]
元の曲をジックリ聞いた事が無いからか、のだめがどう凄いのか全く分かりません。 妄想感想いきます。 [続きを読む]

受信: 2006/12/13 08:15

» フジテレビ「のだめカンタービレ」第9話:コンクール VS 留学! 決断は恋の予感!? [伊達でございます!]
今宵も“のだめワールド”を堪能させていただきました。ステージ上の千秋ではありませんが、「もっと見ていたい」「終わってしまうのが惜しい」という気持ちでいっぱいでした。 [続きを読む]

受信: 2006/12/13 15:09

» のだめピアコン本選に行って来ました [のだめ課外授業☆Special lesson☆]
のだめの弾く渾身のシューマン・ピアノソナタ、きらめくストラビンスキーの旋律、動と静の際立った表情と演技と、それは生の演奏を聴いてる以上の迫力でした。のだめピアノコンクールの本選撮影のエキストラ参加レポートです。... [続きを読む]

受信: 2006/12/17 01:23

« 師走ですから。 | トップページ | DVD「シュヴァリエ(1)」より。 »