« DVD HOLiC 3巻から。 | トップページ | 「のだめカンタービレ#5」じーくじおんっ »

2006/11/12

DVD HOLiC 4巻から。

Dvd04DVD HOLiCから第四巻の感想。
とにかく【夏限定バージョン】な四巻。ほぼ現実の季節(放送日ベース)を無視した作品ではあったけど、この3話分は一致させてあったね。実に『夏らしぃ~』ラインナップ。
そんな『夏らしぃ~』四巻の収録話は、
第十話「トモシビ」
第十一話「コクハク」
第十二話「ナツカゲ」

十話「トモシビ」
”略式百物語”(ぷち怪談噺)の回。原作にも「百物語」はあるのだけど、アニメはアニメでオリジナルでの怖い話。オチのない怖い話は、なんだか洒落にならない??
私自身、所謂霊感のようなものは持っていないと思うけど、子供のときに”唐傘のお化け”を視たことがあるんだよ。ほんとだよ。だぁれも信じてくれないけどさっ。
四月一日の視た(出会った)男はなんだろうね(アヤカシはわかるけど)。イメージだけなら”怪盗ルパン”(笑) それにしても”黒モコナ”が凄かった。「ぁ・・・・・・喰った。。^^;)」 
”天保異聞 妖奇士”でもヒトが”アヤカシ”を食べるし、美味しいものだろうか???
しかし”ひまわりちゃん”って何者なんだろう? 百目鬼とは”対極”にありそうな存在っぽいのだけど・・・未だに(原作でも)謎っ!

十一話「コクハク」
”座敷童”の登場!ってさぁ、夏バージョンな為に「おはぎ」で「お中元」とは苦肉の策だね(笑) 原作での「おはぎ」のポジションは、四月一日へのバレンタインデーのチョコレートという正統派。(”ツバサ”にリンクしていて”フォンダンショコラ”なのだ)。
”牡丹餅(ぼたもち)とお萩(おはぎ)”・・四月一日のセリフを補足すれば、牡丹の花の咲く頃だから、春はぼたもち。萩の花の咲く頃だから、秋はおはぎ、なんだよね。だから私は一年中「おはぎ」って言うのは風情がないなぁ~って思っちゃうのよね。
”からす天狗”が親衛隊っていうのがイイ。そしてまた”黒モコナ”の活躍(?) 10話が「静」な物語だっただけに、一気に「動」へと移行した11話。メリハリがあって観ていて楽しい。

十二話「ナツカゲ」
原作の組み合わせ+αでの”CLAMPの大川緋芭さん”オリジナル脚本。実は10話の百物語より恐い。壁のトリックは初歩的なものだし「あるな」ってわかっちゃうんだけど恐いものは怖い。解決と思いきや余韻まで残してくちゃうというオチ付き。TVで最初に見たときは鳥肌ものだったなぁ。予想はしてなくは無かったけど、「え?」ってところでスパッとEDなんだもん(笑)
それにしても四月一日は我慢強いのか、プライトが高いのか、馬鹿だよなぁ。お人好しだし、苦を苦に思っていないところはありそうだけど。アヤカシのせいで無意識的に百目鬼を毛嫌いしてしまうらしいけど、「ありがとう」が言えないなどは、頑固とか強情とかにしか見えない四月一日(の描写)で時々ムカツク。たまーにやっとこさとはいえ遠まわしに感謝してるから、まぁ許すけど(百目鬼の代弁かw)
私はぶつくさ言う前に、とっさに暇なヤツを見つけたら「助けて~」とその瞬間に役割分担を決めて仕切っちゃってたりするから、最後まで「助けて」と言わなかった(言えなかった?)四月一日ってヤツがよーわからん(笑)。

ということで四巻の雑感。 第五巻の発売は11月22日!

|

« DVD HOLiC 3巻から。 | トップページ | 「のだめカンタービレ#5」じーくじおんっ »

コメント

こんばんは。自分の脳の退化にしみじみなこの頃です(^◇^;)

>「トモシビ」
おちがなかったんでしたっけ?それすらも思い出せない(汗)
モコナって意外と不気味ですよねぇ、とくに黒いほう(笑)

>「コクハク」
モコナのトリがデカくて笑いました(^^)

>「ナツカゲ」
そうか、それで話の焦点がよくわからないまま終わったのね(笑)

四月一日が素直に心を開いて接したり、すっごく優しくて素敵だったりするときって、相手が人外の人というか異界の住人なんですよね。
人間相手のとき表れるかたくなな性格は、「ツメキリ」や「ツイオク」で垣間見せた幼少期の涙涙な境遇かも知れないですね。で、侑子さんに強制リハビリさせられてると?(爆)

投稿: A-ten | 2006/11/14 18:50

■A-tenさん、連日のお越し誠に感謝です!
脳の退化だなんて! 京極堂のように逐一覚えているほうが不気味ですって(^^;)

>おちがなかったんでしたっけ?
四月一日が話した段階では無かったですね。そこを侑子さんがオトし、百目鬼が祓った、という感じでしょう。
黒モコナは得体がしれませんねぇ~。白はまだ可愛気があるのだけど。
イメージ的には黒:男 白:女? きっと性別なんて無いけれど~♪ですがw

>そうか、それで話の焦点がよくわからないまま終わったのね(笑)
アハハハハハh・・・ ご想像にお任せです!w

四月一日はねぇ(^^;)
素直じゃないのは、百目鬼にだけではある、かな?
アッチでもコッチでも優しいんじゃないかな?本質的には。特にアッチの住人には優しいから、超人気者なのかも???

>「ツメキリ」や「ツイオク」で垣間見せた幼少期の涙涙な境遇かも
「ツイオク」は泣けたなぁ。
物心つく前からあの体質ではツライだろうなぁ~って思いますよ。
(しかし、あの白い手には「ニョロニョロ?」って思った私でした)
で、最後の侑子さん。
原作では”変わってきている”四月一日になってます。
ノベライズでは”変わった”四月一日として最終回(のようなもの)が書かれてます。
侑子さんといつかお別れするときが来るのでしょうか?
なんだかとっても残念に思いますが。。。(ていつの話だ??w)
ノベライズは読んだのでしたっけ?

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/14 20:52

えへへへ、受動的視聴者ですからぁ、深夜の放送を録画して見ただけですよん。原作もノベライズもノータッチでございます(^^)
それに、深夜の2時、3時の放送で野球の延長とかがあると半分しか録れてなかったり。。。はっ!、それで全く記憶がないのか?!でも、録りそこねたのどこだっけ?(^◇^;)
「アジサイ」で迷子を成仏させるときや、座敷童ちゃんにプレゼント渡すときなんかは、めっちゃ男前なのに、こっちの世界じゃテンション壊れまくりのギャップがまたいいのでしょうね。福山潤さんナイスというべきでしょうか(^^)

投稿: A-ten | 2006/11/15 19:26

■A-tenさん、こんばんは♪
お答えいただき、ありがとうございます(笑)
原作は以前にお話されてましたが、ノベライズもなんですね。了解しました!(結構面白かったですよ。しつこいけどw)
見逃したところもあるんですねw
まぁ、見なかったからと言ってどうという事はないですけど・・・
はっ!私も1話見逃してたんだった!! 確か「ツメキリ」の前の回(笑)
四月一日のあの壊れっぷりには、ひまわりちゃんじゃないけど「いつも元気だね」って言いたいですw
福山さんに拍手、なんだけど、おかげでどんな役をやっていても「あ、四月一日!」って言ってしまうようになってしまいました。それがルルーシュで、どんなにシリアスなところであっても(笑)

追伸:不躾ながら、また名前がなかったので勝手に修正させていただきました!(間違ってないとは思うけどw)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/15 21:26

あっ。。。(^_^;
ごめんなさい、ごめんなさい、m(__)m

投稿: A-ten | 2006/11/16 18:14

■A-tenさん、ども♪
いえいえ、こちらこそ失礼を。
ココログの不具合でしょうしww

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/16 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/12655072

この記事へのトラックバック一覧です: DVD HOLiC 4巻から。:

« DVD HOLiC 3巻から。 | トップページ | 「のだめカンタービレ#5」じーくじおんっ »