« 「虹の女神」みた。 | トップページ | 『精霊の守人』徹底トークイベント、観覧。 »

2006/11/04

「DEATH NOTE(後編)-the Last name」みた。

Death_note 腰が痛くなるほどの大作にして、なんとか辻褄を合わせてくれました!(長かった~)
原作を知らずに観た前編。「なんだこれは!」と衝撃を受けた。そのおかげで後編を待ちきれずに速攻で原作を読破してしまった私。原作を読んだ後で再び観た先日の前編。知識ナシの初見、知識アリでの2回目。ただ物語りに入り込んだ1回目と違ってついつい原作との差異を比較してしまう2回目だったかもしれない。そう考えると、原作を読むのを早まったか?と思ったりも~
(以下、若干のネタバレあり)

原作漫画がありながら、原作ファンにも支持を受けた作品は珍しい。私自身、実際に原作を読んでみて、なるほど上手くできてるな~思ったわけで。原作の要素を生かしつつ、オリジナルを加えながらも原作の路線を外さないつくりは見事だと思う。
さて後編。そのスタイルは変わらず、原作とオリジナル要素を見事に融合・調和させていた。原作の細かい設定や説明を読んでしまうと、映画はやや説明不足か?という感も出てきてしまうけど、デスノートの説明として”セリフ”によって改めて”ルール”確認をしてくれるから、原作未読でも意味不明なことになったりはしていないハズだと思う。(読んじゃったからもう初見の感想ができないのよね、残念!^^;)
登場人物の中で、設定が大きく弄ってあったが”キラ”に選ばれ者”高田清美”。原作でいう「L編」と最終巻(結末)をつなぐ橋渡し的存在としては適役か。実際とは違っているけど違わない役割で上手い使い方だったと思う。が、高田に結構時間を割いていたわりにはキラとの接点が希薄、やや強引に纏めた感がありちょっと説得力に欠け勿体無かった。

月(ライト:キラ)とL(エル)の知恵比べ。その軍配は・・・秘密。しかし、原作”全編”として総合的にはとても忠実だった、と言っておこうか。なんというか、そもそも”正義”とは・・という問いかけで始まった物語なのだし、まさか原作の「L編」で止めてしまうわけにはいかないでしょ、ってことだね。というか止めてもらっては困る。キラ言うの正義が真の正義なのか、総一郎の言う正義が本物なのか、そもそも”正義”って何?”法律”って何?ってなわけで、答えがあってもなくても結論は必要。それに対して一応ちゃんとしたカタチで決着を見せてくれたのでホッとしたし、良かったと思う。茶番を込めた劇的なラストだった(笑)
(あ~、でもうずうずしちゃうな!大いなる魅せ場は原作ファンならきっと持つ違和感、”Lの微笑”がヒントだよー・・って見なきゃ(読んでなきゃ)わからんだろうけどw)

今回も、Lの甘いものシリーズは見ているだけで胃がもたれそうになった。さらにパワーアップした甘味が物凄い!そのラインナップは・・乞うご期待!!

原作も、映画も、やっぱり死神は所詮死神だよなぁ=というのが最終的な感想。
原作を意識した”無”という言葉。これは入れない方が良かったんじゃないかな?少なくとも映画ではそこまでは行き着いていないし、感じ取れないから。そういった意味でも、無事?大団円ってことでOKとし、深く追求する必要なしとしたいところかな。

駆け足だったけど、面白かった。よくぞ纏め切った!と評価したい。

そうそう、レムが”池畑 慎之介”さんっていうことにEDまで気がつかなかった。レムは一応女性だったよね?中性的なイメージとしては確かにピッタリか(笑)

|

« 「虹の女神」みた。 | トップページ | 『精霊の守人』徹底トークイベント、観覧。 »

コメント

何時もお世話になっております。
正義とは?と問われると確かに難しいですけれど、結末的にはこれが正義で良かったんじゃないかと思います。あのまま月が勝ったら個人的に逆評価しましたから最終的に「悪い事をしたら幸せになれません」的結末でよかったですよ。
あっそうか観る前にパンフレット買っていなかった(持っていなかった)ですよね。
パンフレットみれば書いてありましたが、パンフレットみても前田愛さんどこで出てきたっけ?的なものはありました・・・
甥っ子さんの話しは以前聞いていたのでまあ見かけた時点である程度把握はしましたけれどね。
たいむさんの目の前を2度通った事に気付かれなかったので多分たいむさん気付かなかったんだろうなあ・・・
映画館では目立たない容姿と場所選んでるからね。

投稿: PGM21 | 2006/11/03 23:57

たいむさん、こんばんは♪
私も初日組です!
第一の感想は「上手くまとめたな~」でした。
所有権のこととかとっても分かりにくい部分なのに、ちゃんとわかりやすくなってたし。
リュークとレムのCGも前編よりも進歩していたような。
役者さんではやっぱり松山ケンイチ君の役作りが秀逸だと思います。

投稿: ミチ | 2006/11/03 23:58

たいむさん、こんにちは♪

原作よりもLの存在感が大きくなっていたように思いました。
ニアやメロを出さないで、Lと月の対決をメインに持ってきたのだから当然といえば当然ですが。

登場人物をしぼることで、わかりやすく、面白くなっていたように感じました。
デスノートのルールについては忘れていたところもありましたが、セリフでの説明があってなんとかついていけました(笑)

投稿: あむろ | 2006/11/04 10:19

原作未読派なので、比べるものもなく、映画作品として純粋に楽しみました。2時間20分の長さを感じさせず、何度でも観れる作品となってて、月曜日に三回目を観る予定w。松田が意外と活躍してましたね。ニアやメロって、別の死神でしょうか? 死神だけの外伝も面白そうですね。

投稿: ayuto | 2006/11/04 14:24

こんばんは。
僕もあの原作をよくまとめたなぁというのが
最初の感想でした。
アレンジしつつ見事でした。
原作を読んでいても楽しめる作品って
なかなかないですよね。

投稿: こーいち | 2006/11/04 21:19

たいむさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。恐らくはTBが出来なかったのでコメントだけ書いて頂いたんだと思いますが、どうもヤプログの調子が悪いようでTBが行えなくなってるみたいです。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

月は死神たちさえも自分の“駒”として使ってましたからね。本当に凄いヤツです。でも、寿命を半分にして死神の目を手にする覚悟がなかったのとミサミサが名前を覚えていられるほど賢くないのを見抜けなかったのが彼の致命的な失敗ですね。

投稿: デポ | 2006/11/05 00:10

■PGM21さん、こんばんは♪
Lだけで纏め、キチンと決着を付けてくれたので良かったですね。
当然キラに勝たせるわけにはいかないし、かといってLというわけにもいかないってことで。
総一郎さんのまとめでも不十分ではあるけれど、あの結末でよかったと私も思います。

>目の前を2度通った事
気がつかなくってごめんなさいね~


■ミチさん、こんばんは♪
うまく纏まっててホッとしてます(笑)
でも、それは原作既読組の仲間入りしたから感じることかな~と思ったりもしてます。
それでもやっぱりLだけでよく引っ張った!って思います。
ニアのノートすり替えをあのように利用する発想がすごい!
リューク&レムはいい感じでしたね!
ケンイチくんは今後も期待!


■あむろさん、こんばんは♪
Lだけでよく纏めた!って感じです。

>デスノートのルール
最初におさらいしてくれたし、セリフで確認してくれるという優しいつくりも良かったです。
ノートのすり替えなどはやや強引ではあったけど、本当に見事におさめてくれました。原作を読んでいても面白かったですね!


■ayutoさん、こんばんは♪
おお、3回目ですか!!すごいですね!!
やっぱり読んでいなくっても、面白い作品という評価ですよね!
比較差異で賛否という枠から見事に飛び出して、半オリジナルとして上々の作品になっていたと思います。

>ニア・メロ
れっきとした人間です(笑)
原作だとLは途中降板なので、Lの後を継ぐものとして登場する探偵なんですよ。
原作だとノートのすり替えはニアのトラップなんです。
ということで、補完として今から原作を読んでも面白いかもしれませんよ。


■こーいちさん、こんばんは♪
アレンジが実に上手く成功していましたよね。
見事に辻褄を合わせつつ、纏めてくれた~って、そういう意味で感動です。
原作を読んでいても読んでいなくても、どちらでも楽しめる作品。
面白かったですね!


■デポさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。
ライトは、覚悟がなかったというより、新世界を完成させる為には、”自分が”正義の神として君臨し続けなければならない、と思い込んでましたから、死神の目を持つことで寿命を縮めたくなかっただけなんですよ。ミサのような手駒を上手く使える自信があったからで、ただ誤算、だったのではないかと私は思います。自信過剰過ぎでしたね。
それだけ自分の正義だけが正しいと思えるって、何がそんなに彼を歪ませてしまったのか・・とか考えちゃいますね。


投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/05 00:27

当ブログにTB&コメントありがとうございました。
自分は以前に原作を読んだことがあるけど、記憶が曖昧な状態だったので先入観を持たずに観ることが出来ました(笑)
私も甘いものばかり口にするLを見ているのは、さすがに抵抗感を感じてしまいましたね。
でも前編と通じて見応えのある作品に仕上がっていたと思います。
藤原竜也と松山ケンイチも好演技でした(^^)

投稿: FREE TIME | 2006/11/05 07:59

■FREE TIMEさん、こんにちは♪
コメントではお節介してしまってすみません。
原作では事細かに説明されているし、何度も戻って確認できるからスルーしても平気なんですが、劇場では巻き戻し出来ませんものね。久しぶりだったり、初めて観たり、ではいくらルール説明をしていても記憶にと留めるのは大変ですよ。

Lの甘いものはいくらなんでもやりすぎ。重いテーマの中で、軽さ(笑い)のブレイクタイムかなぁ~と取れなくはないですけど。固形物ならまだしも・・・ですよね。

本当に見応えがある作品でしたね。俳優陣も大健闘でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/05 10:14

トークイベントの後、結局映画3本観ました。帰宅は、午前4時。ぶははー。元気なおばさんです。さて、レビュー記事はまだですが、この映画も音楽が「川井憲次」ですね! 「精霊の守り人」の音楽も彼です。「イノセンス」もそうだったし。「菅野よう子」とあわせて、大活躍ですねぇ。松山ケンイチくんは、注目株なので、これでますます認知度アップ、実力発揮…なので、これからがものすごく楽しみになりました。

投稿: あかん隊 | 2006/11/05 18:07

■あかん隊さん、こんばんは♪
アレから3本ですか~(大汗)パワー全開ですね。
私はアレから大トラです(嘘)

>音楽が「川井憲次」
ハイハイ!気がついてましたよ~。
I.G.作品にはほとんどに絡んでいて、専任?とか思っていただけに、「おお、こんなところにも~」と感動したくらいです(笑)
ケンイチ君は「L」の扮装?を解くと別人なので、何時だったかスルーしてました(笑)
期待の俳優さんですね。私としては藤原君よりずっと・・・(^^;)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/05 20:08

たいむさん、こんばんは。

原作読んだんですね。うさぎも今から買いに行きます~♪
どんなんだろうな~楽しみです。

レムがピーターだって全然わからなかった。。。。

投稿: うさぎ | 2006/11/05 21:02

■うさぎさん、こんばんは♪
原作をこれから買いですか?
映画の説明以上に細かい設定が書かれていますから、サラッとは読めないかもしれませんが、読み応え充分。しばらく楽しめますよ(^^)

レムのピーターさんは、びっくりでしたが良い感じでした!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/05 21:39

まさにLの為の映画でしたね。
他のキャラが薄く感じるくらい。。。
後半はすっ飛ばしたとはいえ、よくここまで上手くまとめたなぁと
感心してしまいます。

投稿: 未来 | 2006/11/05 21:48

たいむさん、こんばんは。
原作は未読ですが、前編も後編見てますます興味がわいてきました。
ぜひ読んでみたいです。

投稿: Hitomi | 2006/11/05 22:11

こんにちはーー。
原作ファンでも納得できる映画って少ないですよね。
ほんとうに、これは上手いつくりです!
Lの映画になったのは、役者のポイント高くありませんか?
夜中にやってるアニメのライト君は、ものすごく不気味で
漫画より凄みがあって好きです(笑)
レムのピーターは映画の後、友達に教えられて、驚きました。

投稿: kayamariyon | 2006/11/06 17:13

■未来さん、こんばんは♪
原作を読んだときから、「L」派でした(笑)
途中降板のLで見事に纏め上げられてましたね。
原作の後半はL=キラでしたし、間延びの感もあったので絶妙な縮め方かと思います。良かった!!


■Hitomiさん、こんばんは♪
読むと理解は深まります。
原作既読者たちの「よく纏めた~」という理由もわかります。
興味をもたれたのでしたら、その勢いでお試しあれ~~


■kayamariyonさん、こんばんは♪
そう、原作を読んでいてもダメダメ評価を下さなくていいほど、オリジナルを多用し、しかも、脱線はしない。すごいですよ。
実写のLのポイントはかなり高いと私も思います。ライトも悪くないけど、喰われちゃいましたね、完全に。

アニメのライトは見事に豹変しますから(笑)
普段のインテリっぽいところも好きですけど~。
Lはどうしても「工藤新一」がチラついてしまって・・(^^;)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/06 17:51

 ども、たましょくです♪

 ま~よくあの緻密な原作をここまで再現できたもんだと
関心しちゃいましたよ。原作は2部構成だったことを考え
ても前編、後編でこれだけの作品作っちゃうんですから。

 Lは、本当にキラ(月)を捕まえるために「命をかけた」
とゆー印象。原作でのレムの行動を取り入れた上での、あ
の作戦…原作読んでいても展開が読めなかったです。

投稿: たましょく | 2006/11/06 19:31

たいむさんこんばんわ♪

さすがに後編にヨツバキラ編を持っていくとかなり長くなってしまうので、火口の役所を高田清美が代わりに行う設定は大胆ながら上手く纏めていた感じを受けました。片瀬那奈も藤原竜也ほど字が汚くなかったし(笑)美脚も全開で変にサービス満点でしたし、個人的には中々好印象でしたね(^▽^;)(笑

原作ファンも満足なほどですから、超ヒットは間違いなしですね。今週末映画館に行ってデスノートの回でまだ大混雑してるか確認してみたいです(笑

投稿: メビウス | 2006/11/06 21:10

■たましょくさん、こんばんは♪
原作のL編、ニアメロ編をよくぞLだけでやってくれた~ですよ。
Lは、”延命”された理由の分だけ好感度アップしてしまってるかな~という気もちょっぴりしますけどw(松L人気も含めて)
・・いえ、まぁ、私はもともとLファンですから、喜んでますけど(笑)

>原作でのレムの行動を取り入れた上での、あの作戦…
これは原作既読者の思い込みに対する「してやったり」を狙ってましたね。脱帽です。まさかあーくるとはねぇ(笑)
とにかく面白かったし大満足ですよねっ。


■メビウスさん、こんばんは♪
10巻までしか読んでいなかったとは~~ならば尚更にワクワクのラストでしたね。
清美とライトは無関係な設定になっていた分、キラ崇拝の描写がちょっと足りず、計算高いライトにしてみれば、博打も博打大博打に思えるなぁーとは思いましたが、「清美」を持ってくるあたりは大胆且つ有効な起用でしたね。
サービスも満点だったし、大人が楽しめる映画になってましたねw

オススメも評価もいらないでしょ、って黙ってたってヒットは間違いなしだろうと、私は省きました(笑)
今年いっぱい、劇場はいつでもソコソコじゃないですかね。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/06 22:36

コメントどうも。
私も、よく纏まっていたと思います。
自分の方にも書きましたが、
3部作にしても良かったのではないかと・・・。

投稿: うぞきあ | 2006/11/06 23:27

■うぞきあさん、ども♪
3部作では2部目がめちゃダレそうだなぁ=と私は思いますが・・・
いやいや、とにかくうまく纏まってましたね。
面白かったし見応えありました!!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/07 18:23

こんばんわ!TB&コメントありがとうございます!

とても面白い作品でした。
私は前編を観た後もなんとか我慢して原作を読まずに後編に挑みましたが、それでも十分に楽しめる作品だったと思います。

でもやっぱり、原作を知らないままではイマイチ状況や心理描写が読みにくい部分があったことも否めませんが・・・。

でもオリジナル性も加わっているとのことで、うまく纏め上げたなあと感心です。

投稿: 睦月 | 2006/11/07 21:25

■睦月さん、こんばんは♪
コメント感謝です!
原作はね~私は思わず読んでしまったけど、読まないままのファーストインパクトを逃してしまったことは、残念に思ってます。
しかし、前後編ごらんになった今なら、原作をオススメしますよ!
既読者たちがしきりに「よく纏めた!」と言っている意味がわかって楽しいと思いますし、いろいろと納得できるはずです。

原作とオリジナルの融合が見事でした!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/08 22:49

原作と比較されてる皆さんの記事を読む度に、未読者である自分は言うべきコトバを失っちゃうんですが、最後にこれだけは言わねばなりますまい。

コメント&TBありがとうございました。

投稿: にら | 2006/11/09 09:31

たいむさん、TBのみならずコメントまで頂き、どうもありがとうございました!
 前編の時、「後編まで長い。後編まで覚えていられないかも・・・」と言う私に、たいむさんは、次のようにコメントしてくださいました。
「5ヶ月は長いといえば長いし、あっという間といえばあっというま。
周囲が騒ぎ出し、予告が始まればきっと思い出すでしょうw
2回に分けた分、より内容の濃いものを期待したいです。」
 それが、心に残っていました。
 ・・・そして、実際は、後編を見忘れるどころか、その後ずっと私は、「デスノート」にはまっていたのでした(苦)
 周囲が騒ぎ出す以前に、私がずっと騒ぎ続けていました・・・。 

投稿: とみ | 2006/11/09 10:42

たいむさん、こんばんは!!
TB返し&コメント、どうもありがとうございました!!

後半はかなりパタパタと駆け足な感じでしたけど、
よくまとまった作品でしたよね。

>今回も、Lの甘いものシリーズは見ているだけで胃がもたれそうになった。
>さらにパワーアップした甘味が物凄い!
>そのラインナップは・・乞うご期待!!

めちゃくちゃアタマ使ってるからとはいえ、
脳に栄養行き過ぎ・・・いや、身体に悪そう。
ういろう、くず餅、ぼたもちとか、今回は和のスイーツもあり、
バラエティに富んでましたよね。(笑)
私は、コンデンスミルクどろ~ん!の場面でマイってしまいました。

>そうそう、レムが”池畑 慎之介”さんっていうことにEDまで気がつかなかった。
>レムは一応女性だったよね?中性的なイメージとしては確かにピッタリか(笑)

私もエンディングロールで気づいて、ビックリしました。
でも、このキャスティングには大満足!

投稿: 伽羅 | 2006/11/09 20:23

■にらさん、こんばんは♪
原作未読者の割合が、前編終了後に激減しちゃいましたからねぇ~
こちらこそ、コメント返し感謝です(笑)


■とみさん、こんばんは♪
うわー前編でのコメント~(笑)
確かに”どこかで”そんなこと書いた覚えがありましたが、今の今まですっかり忘却の彼方でした。ごめんなさーい!!!(^^;;)
その後、とみさんはすっかりデスノにハマっていたのですね、いやーヨカッタヨカッタ(笑)
まぁ、私も似たようなものですけど~(笑)

おかげでお互い未読者としての感想が出来なくなってしまいましたねw
そう、「ハズ」としかいえないんですよ。
未読の方の話では、さすがに1回目では付いていくのが精一杯で細かいところは苦戦だそうです。2度3度で漸く・・・という感じみたい。でもそれはそれで楽しいそうですよw


■伽羅さん、こんばんは♪
スイーツ攻撃はさすがに「・・・」でしたねぇ。和菓子テイストは甘さ控えめ?とは思いましたが・・・
私はコンデスミルクはOKです。何を隠そうこれは私もやったことが・・ははは(^^;)
けれど、ガムシロすすりと水あめべろんべろんにはさすがに参りました。

全般的にナイスなキャスティングでしたね。
これも成功要因のひとつでしょう!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/09 22:45

TBありがとうございました。
私も、前編を見てから原作を一気に読み、そのあとアニメが始まって、そして後編へ…という順番でした。
レムの声は合ってましたか?
私のなかで、レムの声はジャイアンのママだったので、ちょっとムムム…でした。
原作ファンとしては、レムの母性みたいなものをもうちょっと強調したらよかったように思えます。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2006/11/10 12:40

たいむさん、TB&コメントありがとうございました♪
レムって一応女になるんですか?ほぉ。それは知りませんでした。
声も誰だろうって思いながら聞いていて(今回話題にならなかった
ですよね?)ピーターとはわからなかったです。
コミックを読むと、また感じ方とかかわるんでしょうね^^
でも、面白い後編でした!

投稿: へーゼル☆ナッツ | 2006/11/10 15:40

■ノルウェーまだ~むさん、こんばんは♪
アニメは地元で放送していないので、DVD待ちなんですよ~
2話だけ録画を見たのですけど、原作に忠実ですね。
アニメ作品としてのクオリティーは高そうなので、楽しみです。

>レムの声は合ってましたか?
女性なんだけど女性っぽくないレムであり、ならば池畑さんの起用は妥当かなと思いました。
ドラえもんは観ていないので、そういった弊害はなかったし(笑)

>レムの母性
あ~これはおっしゃるとおりです!
女だ、とライトに告げていない分そこはカットだったんでしょうね。
ちょっと勿体無いですね。レムにもう少しスポットを当ててあげたかったけど、尺的にむりだったかな~


■へーゼル☆ナッツさん、こんばんは♪
>レムって一応女
ええ、そうなんですよ。
原作では、「ミサミサに恋してるわけではない」理由として、ライトにちゃんと告白してますw

前後編、あわせて大作!見応え抜群で面白かったですね。
原作を読むと、更に納得できると思います。興味があるならお試しアレ~~

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/10 18:41

こんにちはTBさせてください。
原作が長かったので、どのようにまとめるかを注目の的でしたが、上手にまとめた感がありました。ただ前編のときの驚きはありませんでした。
ミサミサがそっくりで可愛いかったです。

投稿: ケント | 2006/11/12 19:14

■ケントさん、こんばんは♪
コメント感謝です!
前編は原作未読だったので、展開についていくのが大変でしたが、衝撃的でしたね。
>ミサミサ
ええ!原作をよんでみてちょっとびっくりでした。
ややドスが聞いてるかな?って思ったけどwなかなか嵌まってましたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/12 22:44

TBどうもでした~♪
原作のファンって訳じゃないけど、原作読んでます~♪
後編は、月とLの心理戦も上手く表現してたし、オチはオリジナルだけど個人的には原作のラストよりも好きかも!?楽しめる作品に仕上がってましたねぇ~♪

投稿: はっち | 2006/11/14 21:29

トラバ・コメントありがとうございます。
最近、子どもの自殺や、校長の自殺のニュースばっかりで・・・
もしや「自殺ノート」でも、降ってきてるのでは・・・
と、冗談でも思ってしまう・・・今日この頃。
映画はヒットしてるんでしょうけど・・・
テレビの露出が少なく感じるのは、
ちょっとこの話と関係あるのかなっ???
って思っちゃったりもします・・ねっ。

投稿: ひらりん | 2006/11/15 01:21

■はっちさん、こんばんは♪
コメント感謝です。
私も、もう少し原作にハマるかと思ったのだけど、「ファンです!」って言えるほどにはハマりませんでした(^^;)
>オチはオリジナルだけど個人的には原作のラストよりも好きかも!?
実は私もそうかも・・・というか、Lがってことで(爆)


■ひらりんさん、こんばんは♪
>テレビの露出が少なく感じるのは、
獅童さんのことで茶化してしまいましたが、実際、「テーマは大っぴらに推奨できるものではない」という内容での制作側のインタビューを見た覚えがあります。やっぱり殺しの道具ですしね。
あまり大っぴらではない、今の状態でよいと思います。


投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/15 17:16

コメントまでありがとうございます(*^^*)
確かにレムがあの人の声だったのは驚きでしたね♪
でも特に違和感なく逆に誰の声かわかりませんでしたw
パンフレット見て私も気付きました(^-^;

ちょっと駆け足ではありましたが、でも終わり方もよかったと思いますね(o^∇^o)

投稿: えみたん | 2006/11/18 06:32

■えみたんさん、こんにちは♪
先入観念がないと、声だけでは意外に気がつかないものですよね。
本職の声優さんで、聴きなれていればまた話は違うのでしょうか。
レム、違和感なくイメージもあってましたね!

見事に纏められた大作でしたね!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/18 10:04

こんばんは!いつもありがとうございます!
え~?レムって女性??
うちのブログ、男優はシアン、女優はマゼンタなんですケド、ピーターは、、、困りました、、、
高田とキラとの接点は「ナシ」でしょ。レムが勝手に選んだんだから。
「誰を選んでも、必ず探し出せる」という月のおごりの象徴的ストーリーだったと思いました。

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006/11/28 23:35

■猫姫少佐現品限りさん、こんばんは♪
こちらこそコメント感謝です。
>え~?レムって女性??
一応原作ではそういうことになってますw
男シアン・女マゼンダならば、、パープルを作るしかないのでは??(笑)

>高田とキラとの接点は「ナシ」
>月のおごりの象徴的ストーリーだったと思いました
まったく、その通りでしょうね。だからあの結末は当然。ってことでどうでしょうw

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/29 00:25

たいむさん、こんにちは。
コメント&TBありがとうございます。

映画「デスノート」は長い原作をよくぞまとめあげたという感じがしました。
キャラクターの整理の仕方が上手でしたね。
主演のお二人もますます役になじんでいい感じでした。
「邪魅の雫」は、ちょうど映画観る前に読了したので、自分の中でリンクしてしまいました。
人を傷つけるとき、毒もノートもまったく自分はリスクを負わないんですよね。
映画でも「究極の殺人兵器」と言っていましたが、そのとおり恐ろしいモノです。

投稿: はらやん | 2006/12/02 14:33

■はらやんさん、こんばんは♪
「直接手を下さずに人を殺すことができるのか?」
Lじゃないけど、ありえませんよね。なんの苦労も無く完全犯罪が成立。最低最悪の道具ですね。>デスノート
あの原作をよくぞここまで、、と大満足な作品でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/12/02 20:46

たいむさん、こんにちは。
TBさせていただきました。
(と言いつつ、またもや表示されず。何度か試したのですが。。。)

この作品、私は原作を読んでいないのですが、
それでも内容に端折った感はなく、結構楽しんで観れました。
前編を観て「えっ、頭脳戦はどこだった?」なんて、
少し拍子抜けだったのに対し、後編はしっかりやってくれました。

頭脳戦の間は、二人の間にモラルや理念なんてものは
ぶっ飛んでいて、たぶん“勝つ”ことに集中していたようにも
見えました。もしかしたら、理念なんてものは後付けの正当化
なのかもしれないなぁ、なーんてことも考えたりして。

そういえば、Lがメインのスピンオフができるとか。
TVドラマはあまり当たっていないケンイチ氏がどこまで引っ張れるか
楽しみでもあります。

投稿: GAKU | 2007/05/12 12:25

■GAKUさん、こちらにもどうもです♪
TB、今回は保留されていたので解放しましたよ~。

モラルも理念も建前だいうことは、原作を読む前に観た前半時の感想でした。
この作品を見ると、そういったものはすべて己を正当化するための詭弁なのだよなーと強く感じてしまいますよね。
結果がすべて。
ラストのどんでん返しはとりあえず”普通のモラル”にあわせただけのこと。(普通の定義も難しいのだけど)
原作ではLはあのままであり、読者のモラルに対する挑戦状のようにも受け取れました。
最終的には原作も同じ結果に行き着きますが、読んでみるのも一驚かと思います。

L&ケンイチ人気はうなぎのぼりですよねw
スピンオフはとっても楽しみです。
アニメも半年遅れで始まりました。(クオリティ高いし)
久々にデスノ復習になりそうです。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/05/12 13:34

たいむさん、こんにちは。

ようやく、アニメと映画の鑑賞が終わりました。アニメは1部
が終わった後はちょっといまいちな感があり、映画は前作同様、
監督がダメダメでしたが、ラストは非常にうまくまとめたと思
います。

アニメでは、「え、まさか、これで終わりなの?」という、あ
まりにあっけない退場の仕方に唖然としたLでしたが、映画版
では静かに退場していく姿に、ちょっぴり感動。Lの退場の仕
方に関して言えば、映画のほうが上だと思います。

スピンオフは、監督も違うし、主役の人がおきに(笑)なので、
劇場に観に行ってしまうかも、しれません。(^.^) 

(おいおい、『大奥』は観に行かなかったのに、それでいいの
か?<ラフ)

投稿: ラフマニノフ | 2007/06/29 11:41

■ラフさん♪
アニメ(マンガ)のLの退場あっけなかったですからねぇ。
そのあとのライトがLになる編であり、ニアメロ編も今ひとつダラダラしてて鬱陶しくなった私でした。
それを踏まえて考えると、ほんと映画のラストは上手い!って思います。

ラフさん、もうすっかり松山君フリークですね。
スピンオフの前にもたくさん出演されてますよ。
もうすくサーファーな松山君は登場ですし。
・・ん?観ない??なら「大奥:と一緒ジャン?

投稿: たいむ(管理人) | 2007/06/29 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/12538998

この記事へのトラックバック一覧です: 「DEATH NOTE(後編)-the Last name」みた。:

» DEATH NOTE 後編 the Last name(頭脳戦の末にみた正義の裁き) [オールマイティにコメンテート]
「DEATH NOTE 後編 the Last name」は漫画デスノートを映画化した作品で6月に前編が公開され、その後編となる。前編では月に完敗したLが後編では大どんでん返しの反撃に転じる。 [続きを読む]

受信: 2006/11/03 23:39

» 映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「DEATH NOTE デスノート the Last name」 大人気コミックの映画化第2作。 第一作のラストから続くような始まり方、そしてデスノートにまつわる決まり事を“How to use it”として説明してくれるのでとても親切な導入部分だった。 人物紹介、ノートの使い方の説明に終始していた前編にくらべて、後編はいよいよ月(ライト、藤原竜也)とL(エル、松山ケンイチ)の頭脳戦、心理戦が見所になる。 直接... [続きを読む]

受信: 2006/11/03 23:55

» 『DEATH NOTE  The Last Name』 [なんでもreview]
デスノートってページ数無制限だっけ。 [続きを読む]

受信: 2006/11/04 10:11

» DEATH NOTE -デスノート- the Last name [Akira's VOICE]
俳優陣の演技と,仕掛けられた巧みなトリックが, 時間の長さを打ち消し,映画として満足の完成度。 [続きを読む]

受信: 2006/11/04 11:08

» DEATH NOTE デスノート後編 the Last name [k.onoderaの日記]
久しぶり、試写会に行ってきました。 会場には特別ゲストとして金子修介監督、エル役の松山ケンイチくん、そして松田なんとか刑事役の他1名も来場... [続きを読む]

受信: 2006/11/04 12:04

» 『DEATH NOTE デスノート the Last name』 [アンディの日記 シネマ版]
緊迫感[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]       2006/11/03公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 感動度[:ハート:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】金子修介 【脚本】大石哲也 【原作】大場つぐみ/小畑健 【主題歌】レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 『ダニー・カルフォルニア』 【出演】 藤原竜也/松山ケン... [続きを読む]

受信: 2006/11/04 21:15

» デスノート the Last name [CINEMA DEPOT's BLOG]
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2006年11月3日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:金子修介 出演:藤原竜也,松山ケンイチ,戸田恵梨香 鑑賞日:2006年11月3日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 死神が地上に落とした“デスノート”...... [続きを読む]

受信: 2006/11/04 22:58

» 映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 [わかりやすさとストーリー ]
●Lの成長と、父子の愛と、究極の愛・自己犠牲の物語●コンソメ味のポテトチップには意味が2つある。重要なのは2つめの意味。ヒントは甘~いお菓子にアリ。変化したLの目的とは? 原作はいいのだろう。だが監督は単に「萌え」なシーンが撮りたかっただけと思われてもいたしかたない。 ... [続きを読む]

受信: 2006/11/04 23:41

» デス・ノート The Last Name [映画とはずがたり]
すでに完結した原作コミックとは異なる、 衝撃の結末が用意された映画版の続編。 “死のノート”を操る天才殺人者・キラこと夜神月と、 圧倒的な推理力で彼を追いつめるL。 ついに対面した2人の天才の頭脳戦が始まる! STORY:死神が地上に落とした“デスノート”を...... [続きを読む]

受信: 2006/11/05 00:41

» 映画「DEATH NOTE the Last name」  [FREE TIME]
注目の映画「DEATH NOTE the Last name」を公開初日の3日に早速観に行ってきましたよ♪ やはり注目の映画だけあって多くのお客さんが詰め掛けていました(笑) [続きを読む]

受信: 2006/11/05 00:50

» 『DEATH NOTE the Last name』 [唐揚げ大好き!]
? ? 『DEATH NOTE? the Last name』 ? 誰が死に、誰が生き残るのか。 ? サブタイトルにあるようにthe Last nameですからね、最後に名前を書かれるのは誰か? これがこの映画の見どころです。 面白かったですよ、話題作という期待を裏切らない映画でした。 前作は面... [続きを読む]

受信: 2006/11/05 06:45

» DEATH NOTE デスノート the Last name/感想 [映画★特典付き前売り券情報局]
2006年11月03日(金・祝)公開の映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」を見ました。 原作コミックのグダグダな第二部(ニア、メロ、ヨツバグループ等)を大胆にカットし、第一部と第二部をうまく融合させたスト... [続きを読む]

受信: 2006/11/05 10:49

» 『DEATH NOTE デスノート the Last name』 [**Sweet*Days ]
CAST:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香 他 STORY:死神リュークのデスノートを手にし、密かに犯罪者などを死に追いやっていた夜神月(藤原竜也)。世間ではそれが「キラ」がやった事として騒然となっていた。そんなある日、アイドルあまねミサ(戸田恵梨香)の手にもう一冊のノートが渡る・・・ 前編を見たので結末を見なあかん・・・って事で見てきました。 昨晩の睡眠時間短くて、ちょっと眠かったんですけど・・(苦) で、引き続き月とLの頭脳戦はなかなか面白かったです。 デスノートのルールを上... [続きを読む]

受信: 2006/11/05 15:33

» DEATH NOTE デスノート the Last name [カフェ☆小悪魔]
2冊のデスノート。衝撃は増殖する。◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆涙は流れませんが、パーラー状態のLの部屋を見ていると危うくヨダレが流れそうになります。          パーラーLへようこそ今回は和菓子もたっくさん出てきます。ガムシロ飲みますみずあめ、そのままいっちゃいますおひょいさんの顔、笑えます。「何個ついとんねん!」と突っ込みたくなる串団子を、これまた「一輪挿しか!?」ヾ(-д-;)と確認したくなるよう... [続きを読む]

受信: 2006/11/05 16:03

» DEATH NOTE デスノート the Last name [ちわわぱらだいす]
行ってきました~初日朝一番~#63733; 瑠璃姫と一緒に見てきました。 この映画館では初めて見る満席の張り紙。。。すごい列が出来てました。 予約してて良かったわ~ いや~よかったよ~。 原作も知らないけど、最後まで誰が生き残るのか・・・ 帰ってからまだ見てない..... [続きを読む]

受信: 2006/11/05 17:53

» 劇場版「DEATH NOTE −the Last name−」 [怜奈の自己主張]
初夏に公開された前編に続けて、11月3日に公開された 「DEATH NOTE−the Last name−」を観てきました〜〜!! いや、かなり良かったですよ! まだこれから観る人の方が多いと思うので、詳しい内容はあえて... [続きを読む]

受信: 2006/11/05 19:55

» DEATH NOTE デスノート the Last name [Diarydiary! ]
《DEATH NOTE デスノート the Last name》 2006年  [続きを読む]

受信: 2006/11/05 20:33

» DEATH NOTE デスノート the Last name [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
最後に名前を書かれるのは、誰だ??・・・リューク「これからもっと面白いものを見せてやるよ!」と、本当の衝撃はここから始める・・・・・。原作にはない、予測不能の結末!!。 死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月だ...... [続きを読む]

受信: 2006/11/05 23:58

» 『デスノート the last name』 [ねこのひたい〜絵日記室]
ルールも多いが、ノートも多い。 [続きを読む]

受信: 2006/11/06 11:27

» 原作を超えた?!「デスノート後編」 [着物アロハ・茅kaya最新NEWS]
  お友達が試写会の会場で   撮ったリュ−ク人形! 満足!!拍手!!最高!ヽ(^o^)丿 原作を忠実に再現しながら オリジナルストーリーでよくぞここまで! と、拍手してしまうほど、うまくまとめた映画。あっぱれ! この続きはちょっとだけネタバレ有りです(笑)。 ... [続きを読む]

受信: 2006/11/06 17:07

» クランキー [チョコレート]
チョコレートについて [続きを読む]

受信: 2006/11/06 17:38

» デスノート/the Last name [何を書くんだろー]
「デスノート」the Last name評価 ★★★★★(4.8)『あらすじ』 秋野詩織の死によって、月のキラ対策室入りが決定し、L=竜崎と共に「キラ」捜索がはじまる中、突然起こった「第2のキラ」による粛清。第1のキラよりはるかに厄介な存在となった「第2のキラ」に翻...... [続きを読む]

受信: 2006/11/06 19:32

» デスノート the Last name(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】金子修介 【出演】藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/マギー/上原さくら/中村獅童/池畑慎之介/藤村俊二/鹿賀丈史/他 【公開日】2006/11.3 【製作】日本 【ストーリー】 『そのノートに名前を書か... [続きを読む]

受信: 2006/11/06 21:10

» デスノート the Last name [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆   正義が裁く正偽・・・その審判の行方   [続きを読む]

受信: 2006/11/06 21:54

» デスノート the Last name [勝弘ブログ]
映画 デスノート 後編前回の感想はこちら見てきました。さすがに金曜ロードショー効果ってところでしょうか?17:40の回を見たのですがそれなりの人の入りでした。高校生がいっぱいなのが印象的。前編より人が多かったよ... [続きを読む]

受信: 2006/11/06 22:31

» 映画「デスノート the Last Name 」鑑賞1回目&2回目 [とみのひとりごと]
 L、エル、える~! [続きを読む]

受信: 2006/11/08 09:37

» 「デスノート後編」試写会&舞台挨拶 [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
「デスノート後編」のスペシャルプレビューに行ってきたよ! 残念ながら、ライト役の藤原竜也は来てなかったけど、主要人物が勢揃い。 後には、機動隊のみなさんもずら~り。 なんでもキラの襲撃にそなえているらしい(!)... [続きを読む]

受信: 2006/11/09 00:07

» 映画館「デスノート the Last name」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
いやぁ~、おもろかったです!! 前作の時は、実はチョット、、、と思っていた部分もあったのですが、今作品は私的には面白かったです♪ 罠を仕掛けたり、仕掛けられたり、展開も速くて観ていて本当に飽きることなく2時間20分という長さも全く感じられませんでした...... [続きを読む]

受信: 2006/11/09 00:51

» 映画vol.93 『デスノート 後編』*試写会 [Cold in Summer]
『デスノート 後編』(2006年公開)*試写会 監督: 出演:藤原竜也 松山ケンイチ 映画「デスノート」公式HP 漫画デスノート公式HP 残念ながら、原作未読〜。読みたい〜。 でも先に『のだめ』を読み始めたので我慢・・・。 映画の...... [続きを読む]

受信: 2006/11/09 10:50

» 『デスノート theLastname』★★★★☆ [ヘーゼル☆ナッツ・シネマカフェ]
『デスノート theLastname』公式サイト制作データ;2006日本/WB ジャンル;サスペンス上映時間;140分 監督;金子修介出演;藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香劇場:11/8(水)シネクイント◆STORY◆“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月。そ...... [続きを読む]

受信: 2006/11/09 11:28

» 「デスノート the Last name 」 [しんのすけの イッツマイライフ]
  本日見てまいりました。   「デスノート the Last name 」     ――誰も知らない結末へ。――   原作ファン向けの宣伝文句でしたが、 コアなファンの方々にはどう映ったのでしょうね?   私は高いレベルで満足できました。   「前編の感想はこち...... [続きを読む]

受信: 2006/11/09 21:53

» 「デスノート The Last name」 [ランチママの徒然日記]
面白かった!! 実は、前編を見損ねて、先日TVでやっていたのを見たばかりでした。前編もライトとエルの心理戦が見ものだったけど、後編はさらに凄いことになっています。主役の藤原君(夜神月)と松山君(エル/竜崎)の心理戦は、迫真の演技のぶつかり合いという感じで見ごたえ十分です。そして後編のカギを握る、戸田恵梨香ちゃん(あまね海砂)は、清純派で優等生のイメージがありましたが、監禁され拘束されるシーンは女... [続きを読む]

受信: 2006/11/09 23:45

» DEATH NOTE デスノート the Last name [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:金子修介 キャスト:藤原竜也       松山ケンイチ       戸田恵梨香       片瀬那奈       マギー       上原さくら 、他 ■ストーリー■ 「D... [続きを読む]

受信: 2006/11/10 07:08

» 原作に囚われ過ぎていなかった後編。『DEATH NOTE デスノート the Last name』 [水曜日のシネマ日記]
今年の6月に劇場公開された『DEATH NOTE デスノート』の後編です。 [続きを読む]

受信: 2006/11/11 00:58

» DEATH NOTE デスノート the Last name [お萌えば遠くに来たもんだ!]
大画面で観てきました。 <丸の内ピカデリー1> 監督:金子修介 原作:大場つぐみ 小畑健 (作画) 脚本:大石哲也 音楽:川井憲次 主題歌:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ このノートに名前を書かれた人間は、死ぬ。 映画デスノート完結編。 前編がとっても楽しく鑑賞できたので、すごーく期待して観に行きました。 面白かった! ストーリー的には、前編以上にダイジェストにならざるを... [続きを読む]

受信: 2006/11/12 00:28

» 「デスノート the Last name」見てきました [よしなしごと]
  もう少し空いてから見に行こうかと思っていたのですが、犬を散歩していたら小学生が「デスノートのあの砂になっちゃう死に神の子供名前なんだっけ?」って話をしていて、えっ?リュークやもう1人の死神の他に、子供の死神もいるの?えっ?!?!って思って、デスノート the Last nameを見に行くことにしました。... [続きを読む]

受信: 2006/11/12 02:03

» 映画 DEATH NOTE(後編) [落とし穴には気をつけろ!]
DEATH NOTE(後編)を観てきました。TVで前編をやってくれてよかった お陰で観に行けました。微妙にネタばれありです。 ライトとエルの息詰まる心理戦に、第2、第3のキラも絡んできて、もう凄く興奮した原作読んでないから先の展開が分からない分、面白かったなあ といっても原作のラストとは違うみたいだけど。 ライトの計算高さは相変わらずで、第2のキラであるミサミサを上手に手駒にし�... [続きを読む]

受信: 2006/11/12 15:18

» DEATH NOTE デスノート the Last name(映画館) [ひるめし。]
2冊のデスノート。衝撃は増殖する。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:金子修介 出演者:藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/マギー 時 間:140分 [感想] ミサミサの監禁はSMプレイっぽくてエロかったと思ったのはワタシだけ? メガネかけたマギーが八嶋智人に見えたのはワタシだけ? エルのひょっとこのお面姿がおもしろかった。 今時あんなお面あるんだ。 ライトは頭良すぎて怖い... [続きを読む]

受信: 2006/11/12 17:30

» デスノート 後編  [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆   デスノート映画 前編はこちら   デスノート原作コミックはこちら  休日には新宿で大行列。出だし3日間の興行成績は抜群だった。それであえて平日の上野を選んだ。 思った通り、ゆったりと観ることが出来たが、映画館における場所と、休・平日の格差を改... [続きを読む]

受信: 2006/11/12 19:13

» 「デスノート」(後編) [大吉。]
<水曜日> 後編「デスノート the Last name」を観て来ました! ”第2のキラ”ミサミサの他に”第3のキラ”まで登場したりして。 私は原作をあんまり読んでいないんですが、確か漫画では○○がXXだ筈だけど・・と思いながら見ていたら何だか凄い事に!原作をちゃんと読んでいたら、もっと楽しかったろうなあ。 漫画でも思ったけど、ミサミサの監禁シーンはエロかったです(笑)。SMみたいよね。容疑者とは言え、... [続きを読む]

受信: 2006/11/12 22:38

» 『デスノート the Last name』 [映画館で観ましょ♪]
夜神 月に扮する藤原竜也くんももちろん良いのですが、 愛のある死神レム(声=池畑慎之介さん)も気になる存在ではありましたが、 でも、 やはり、 私の『デスノート』の一番は彼です! 【L】になりきっ... [続きを読む]

受信: 2006/11/13 10:26

» 『デスノート the Last name』in神戸 [☆えみたんの日記帳☆]
先週末に神戸で映画を観に・・・・♪♪ ずっと観たくてたまらなかったあの 「デスノート the Last name」を観たよぉ~~ヽ(^◇^*)/#63903; ストーリー 退屈な死神がもたらした一冊のノートの力で、次々と犯罪者の命を奪う“キラ”こと夜神月。 彼を捕まえるため来日し..... [続きを読む]

受信: 2006/11/14 06:23

» デス・ノート the last neme 2006-62 [観たよ〜ん〜]
「デス・ノート the last neme」を観てきました〜♪ 恋人、詩織の死により、夜神月(藤原竜也)は捜査のメンバーに加わる。捜査内部から、L(松山ケンイチ)の捜査を攪乱しようとする。そんな中、第2のキラと名乗る人物からのメッセージが届く・・・ 人気Blogランキング     ↑ 押せば、デス・ノートが手に入るかも!? ご訪問の際は、是非ワンクリックお願いします。 ... [続きを読む]

受信: 2006/11/14 07:14

» ★「DEATH NOTE デスノート the Last name」 [ひらりん的映画ブログ]
2006.11.3の公開初日のナイトショウ(0:30〜)で鑑賞。 今週は金曜が祭日なので、この日が初日が多いね。 そして、祭日にはオールナイトをやってくれるTOHOシネマズ川崎で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2006/11/14 18:33

» 正義 vs 正義!?  【DEATH NOTE the Last name】 [犬も歩けばBohにあたる!]
待ちに待った後編「DEATH NOTE デスノート the Last Name」 [続きを読む]

受信: 2006/11/15 17:08

» DEATHNOTE 後編 [とんとん亭]
「DEATHNOTE/デスノート the last name」 2006年 日 ★★★★ 前編がかなりヒットしたらしく、映画館もうちの田舎にしては長く上映して いたにもかかわらず、私はあまり観たいと思ってませんでした。 余り好きな雰囲気ではなかったので^^ ...... [続きを読む]

受信: 2006/11/17 00:41

» 「DEATH NOTE デスノート the Last name」☆☆☆☆☆ [Thanksgiving Day]
映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」を観に行ってきました!! いや〜予想通り、かなり面白かったですよ! 前編は映画館で観ていなかたので、最初はあんまり興味なかったんですけど、この前テレビで前編を観て見事にハマッテしまったというパターンですね。 ....... [続きを読む]

受信: 2006/11/18 01:17

» デスノート the last name [とにかく、映画好きなもので。]
 死神がこの世に落としたデスノートをめぐる攻防戦は前後編に分けられて公開された。そのラストまでのパートを描いた作品である。  殺人鬼キラとして、凶悪犯を殺害してきた夜神月(藤原竜也)は恋人が死んだ事をきっかけとして捜査本部に入り込む。 ....... [続きを読む]

受信: 2006/11/19 01:02

» DEATH NOTE入荷しました。 [好き好き大好き!]
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ デスノート入荷しましたので ご希望の方はコメント欄に フルネームご記入お願いします。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ [続きを読む]

受信: 2006/11/20 15:41

» デスノート the Last name [週末映画!]
期待値:95%  人気コミックの映画化第2弾。 前作がいまいちだった人も、今回は楽しめた人が多かった [続きを読む]

受信: 2006/11/25 00:48

» 「デスノート the Last name」 大きな力は人を狂わす [はらやんの映画徒然草]
客入りがいいのか、ずっと混んでいたため敬遠していたのですが、やっと観てきました。 [続きを読む]

受信: 2006/11/26 15:40

» DEAT NOTE the Last name 06年228本目 [猫姫じゃ]
DEAT NOTE デスノート the Last name 2006年   金子修介 監督   藤原竜也 、松山ケンイチ 、戸田恵梨香 、片瀬那奈 、マギー 、上原さくら 、藤村俊二 、鹿賀丈史 、中村獅童、池畑慎之介 日テレの陰謀に、まんまと乗せられてしまいました、、、オープ....... [続きを読む]

受信: 2006/11/28 18:03

» デスノート the Last name [獅子の手帳]
デスノート the Last name 監督: 金子修介 出演:夜神月(藤原達也) L/竜崎(松山ケンイチ) 弥海砂(戸田恵梨香) 高田清美(片瀬那奈) 出目川(マギー) 西山冴子(上原さくら) リューク(中村獅童) レム(池畑慎之介) 内容:死亡しているのが犯罪者という共通点があ...... [続きを読む]

受信: 2006/12/01 12:29

» 映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 [しょうちゃんの映画ブログ]
「DEATH NOTE デスノート 前編」の金子修介監督作品。話題の同名コミックを映画化した2部作の後編。デスノートを巡って繰り広げられる2人の天才、月とLの頭脳戦が緊迫の度を増す中、2冊目のノートが舞い降り、事態は予測不能の結末へ向け加速する。新たに2冊目のデスノ...... [続きを読む]

受信: 2007/03/30 00:12

» デスノート the Last name 〜 自分と同じレベルで戦える相手の存在 〜 [Prototypeシネマレビュー]
〜 自分と同じレベルで戦える相手の存在 〜 週刊少年ジャンプに掲載されていた人気漫画を映画化したこの作品。名前を書くだけで人が殺せる死神のノート“デスノート”を拾った天才とそれを追うもう一人の天才の頭脳戦が一番の見どころの作品です。 キャストは舞台や大....... [続きを読む]

受信: 2007/05/12 11:45

» 『デスノート the Last name』を観た [TV視聴室]
ま、感想を一言で言えば、「もったいなーい!」ですね(笑)。 [続きを読む]

受信: 2007/06/29 11:19

« 「虹の女神」みた。 | トップページ | 『精霊の守人』徹底トークイベント、観覧。 »