« 漫画の話:「犬夜叉47」「HOLiC10」 | トップページ | 待ってました! »

2006/11/23

「トゥモロー・ワールド」みた。

Tomorrow 劇場チラシや予告編、原題「CHILDREN OF MEN」から、なんとなく『アイランド』のようなイメージを持っていた。しかしまったく異なり、これは『日本以外全部沈没』でのGAT(外人アタック・チーム)”VS外国人難民”そのままではないか!と感じ、すなわち大真面目な『英国以外全部崩壊』ではないか?と思うのだった。
(以下若干のネタバレあり)

冒頭から度肝を抜かれる爆弾テロ。無防備なところに意表を突かれ、私も思わずビクリッってね。・・え?予告編にもあったって?覚えてなかった(^^;)
前半、主人公セオは辛うじて爆弾テロの難は逃れたものの、拉致はされるわ、脅迫はされるわ、かと思えば奇妙?な友人宅を訪問するわ、何が起ころうとしているのかまるでわからなくなってしまった。「キー(鍵)」という名の少女の登場から、「そういうことか」と思ったけれど(実際そのとおりだった)、早々のジュリアン退場には「ひぇ~」となり、「え?」となることがこの先何度も繰り返された。しかしそれは「やられた!」と楽しくなるようなものではなく「ああ・・」と目を覆いたくなるものばかり。

”人類の希望”の泣き声が戦場に響き渡り、誰も道をあけるシーンにはさすがにグッときた。ただ無垢な存在が人々に道をあけさせたのだろうけど、この子はいずれ、どころか既に”神格化”されちゃったのかな?なんて思ったりもした。そうでなければ”希望の光”には成り得ないか??と思えば、そうかも知れないけれど。キーの爆弾発言(笑)を冗談にしたところで、そのラインは却下かなぁーと思ってたのだけどな。
とにかく悲惨なシーンが多かった。「R指定じゃないの?」と思うくらい。カメラに飛び散った血糊もそのまま撮影し続けた映像を使用した意味はリアルの追求から?ちょっとキツイ。
人権と尊厳を守るためであり奪う為に力と力で争う人類は、やはり滅びの道を突き進むだけなのかなぁと思わせるラスト。”希望の光”はあまりにも弱々しい。

総評:★★★☆☆   総評:★★★☆☆

|

« 漫画の話:「犬夜叉47」「HOLiC10」 | トップページ | 待ってました! »

コメント

たいむさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

英国以外全部崩壊・・・・ワロタ♪(^▽^;)世界観が実は『日本以外~』と似通っていたなんて盲点でしたw

でも現代の世界とも年代が近いせいか、そっちの方がリアル。残酷描写も生々しいし、キーの赤ちゃん出産シーンもモノホンで生んでるんじゃないかと思うくらいまたリアル。
とにかく映像の見せ方にかなり特化していた作品でしたね。SF関係なく面白かったですハイ♪

投稿: メビウス | 2006/11/23 19:22

たいむさん、こんばんは。いつもありがとう!
近未来…ということになってますが、もっと近い未来かもしれないと思えるほど、現実的だったかもしれませんね。「ちょっと、待ってよ」と言いたくなるほど、散々な流れで、最後まで観ても、重苦しい気分がすっきりすることはなかったように思います。今だから、酷い…と思っていても、現実になったら、慣れちゃうものなのかもしれませんよね?おー、怖。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/11/23 21:05

■メビウスさん、こんばんは♪
>『日本以外~』
こちらは思いっきりのパロディなので、似通ってる・・なんていわれたら、キュアロン監督は豆腐の角に頭をぶつけて死んでしまうかも知れません(笑)
イギリスも日本も島国で、少しは似たところがあるのかな?なんて思ったりはしましたがw どちらも左側通行を絶対に変えない我が道を行く国であり、排他的な民族の集合体かなーなんていうこともねw

赤ちゃんのシーンはすごかったですね。湯気まで出てたし。
でも、情景はリアルだったけど初産で数分は非現実的かな?と逆な印象でしたが(^^;)

色々な意味でメッセージの詰まった作品でしたね。


■あかん隊さん、こんばんは♪
こちらこそ毎度どーもです。
「2008年のインフルエンザ」とか、本当に現実的にありそうな錯覚すら覚えてしまいそうでした。
ただただこのままじゃ近々こんな風になっちゃうぞ~って、脅されたような感じとも。とにかく後味が悪いというか、最後までスッキリしない作品でしたね。
できることならこんな世界に慣れたくない!日本でも銃声が日常的に聞こえてくる・・なんて日が来るのかな?おー、怖怖い。(^^;)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/23 22:19

たいむさん、こんばんは♪
私もこの作品楽しみで観たんですけど、思ってたよりも凄く重たい映画でした。恐ろしくリアルなんだけど、なんか後味がしっくりきませんでした。

リンク貼らさせて頂きました。よければ、またよろしくお願い致します。

投稿: たまさん | 2006/11/26 20:06

■たまさん、こんばんは♪
あの予告からこの作品?というような予想に反した展開には驚きましたよねw
後味もねぇ。。。他人事にはできない、なんだか絶望に近い感じっていうのかな?

こちらこそ!いつでも遊びにいらしてくださいな!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/26 21:34

トラバ・コメントいつもどうもです。
近未来・・・といっても、全然進歩してない人類・・・なんでしょうね。

投稿: ひらりん | 2006/11/29 01:44

■ひらりんさん、こんばんは♪
人類の進歩は・・・あまり期待できそうにありませんね(汗)
TB&コメントありがとうございました!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/11/29 20:38

たいむさん、こんにちは(^-^)
うんうん。冒頭でジャスパー宅を訪問するセオ。
混乱のさなかの訪問。あんまり意味ないですよね。
この時点でジャスパーを紹介したかったんでしょうねえ。
観てる人に。。
赤ちゃん、泣くから隠すのは難しいですよね。
それに、あんな不衛生なとこでの出産。
すぐ、菌でやられそうな予感。

トゥモロー号。一体どこへ行くのか?不明ですね。
TBもらいます☆

投稿: へーゼル☆ナッツ | 2006/12/01 10:57

冒頭からあれよあれよと進むさまに呆気にとられて、人類の未来のことなんてちっとも考えてませんでした。ちょっと反省。

とはいうものの普段から人類の未来どころか、映画のことか晩酌のツマミのことしか考えてないんですけど(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。

投稿: にら | 2006/12/01 13:26

■ へーゼル☆ナッツさん、こんばんは♪
>冒頭でジャスパー宅を訪問するセオ。
電車に乗って、なんだか攻撃されてて、檻があって、でも待ち合わせ。
まったくもって意味不明でした。
イチゴもね、面白いのだけど、やっぱり意味不明(笑)
本当にイチゴ味だったのでしょうか?www

赤ちゃんのへその緒、「後でいい」って言ってたけど、どうしたのかな?ハサミ。。無いよね?
突っ込みだしたらキリがないかもしれませんね(爆)

■にらさん、こんばんは♪
人類の未来なんて大それたことは私も考えませんなぁ。
しかし、我が身に降りかかったら困るなぁ~と。
普段は、同じく!今日の夕飯なんにしよう?など、食い物系多しw

コメント返し感謝です!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/12/01 17:15

たいむさん
TB・コメントどうもです(^_^)
最後の最後まで・・・暗くて重い感じでした。
セオは亡くなってしまったのでしょうね?
キーの呼びかけには、反応なかったですから。
またお邪魔致しますm(__)m

投稿: mezzotint | 2006/12/03 18:41

■mezzotintさん、こんばんは♪
>セオは亡くなってしまったのでしょうね?
アレだけ出血していましたしね。
トュモロー号に救出されて、一命を取り留めて入れくれたら嬉しいですけど。
しかし、トュモロー号、謎です(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/12/03 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/12789464

この記事へのトラックバック一覧です: 「トゥモロー・ワールド」みた。:

» トゥモロー・ワールド [ネタバレ映画館]
トモロヲ・ワールドってどんな所かな〜 [続きを読む]

受信: 2006/11/23 14:05

» トゥモロー・ワールド [skywave blog]
2027年、子供が生まれなくなって18年。イギリスだけが、国家として唯一機能している、そんな世界が描かれます。 私はなぜか、近未来ものに強く惹かれます。そこでは、必ず [続きを読む]

受信: 2006/11/23 17:36

» トゥモロー・ワールド(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】アルフォンソ・キュアロン 【出演】クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/チャーリー・ハナム 【公開日】2006/11.18 【製作】アメリカ 【ストーリー】 西暦2027年、人類に... [続きを読む]

受信: 2006/11/23 19:13

» 『トゥモロー・ワールド』 [sweet* Days ]
監督:アルフォソン・キュアロン CAST:クライヴ・オーウェン、マイケル・ケイン、ジュリアン・ムーア 他 STORY:西暦2027年、人類は生殖能力を無くし、2009以来地球上には1人も子供が産まれなくなっていた。人類存続の危機に貧し、世界各地で紛争やテロが起きていた。ある日、ロンドンで国家の仕事に就いていたセオ(クライヴ・オーウェン)は、人類存続に関しての情報を、元妻で地下組織のリーダー、ジュリアン(ジュリアン・ムーア)から聞く・・・ ウ~ン・・・面白いと言えばそうだけど、ピント来ない... [続きを読む]

受信: 2006/11/23 20:05

» トゥモロー・ワールド(20061119) [cococo]
本編とは別な印象を与えるような予告編が、少なくない昨今。この映画の予告編は、裏 [続きを読む]

受信: 2006/11/23 21:01

» 映画のご紹介(212) トゥモロー・ワールド [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(212) トゥモロー・ワールド-何ができるかと言えば... 光の旅人 K-PAXのレビューで「CG技術が発達して映画に特殊効果を使うことのハードルが低くなり、SF的でない映画でも特殊効果が....... [続きを読む]

受信: 2006/11/23 21:14

» トゥモロー・ワールド [悠雅的生活]
子どもが生れない未来に希望の火を灯すのは・・・ [続きを読む]

受信: 2006/11/23 21:42

» 『トゥモロー・ワールド』 [ねこのひたい〜絵日記室]
通話料=0円(*1) 出生率=0%(*2) (*1…2006年現在。同一電話会社の携帯電話との通話のみが、ゴールドプランに加入して月額基本料金9600円を払いさえすれば無料です) (*2…2027年現在。東京は崩壊して測... [続きを読む]

受信: 2006/11/24 14:59

» トゥモローワールド [Akira's VOICE]
一人の男が達成する明日への架け橋。 [続きを読む]

受信: 2006/11/24 17:51

» 映画「トゥモロー・ワールド」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2006年65本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督作品。女流ミステリ作家P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台に、人類...... [続きを読む]

受信: 2006/11/24 23:34

» トゥモロー・ワールド [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
トゥモロー・ワールド 原題: Children of Men (2006) 2006年11月18日 日本初公開 公式サイト: http://www.tomorrow-world.com/ ユナイテッドシネマ・としまえん スクリーン8  2006年11月19日(日)19時15分の回 ゴウ先生総合評価: B+   画質(ビスタ): A-   音質(SR-D/THX): A+   英語学習用教材度: B+... [続きを読む]

受信: 2006/11/25 13:57

» 映画『トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN』 [たまさんのHR/HM シネマカフェ]
2027年の近未来が舞台ですが、SF娯楽アクション大作などと思っていると痛い目に [続きを読む]

受信: 2006/11/26 06:03

» トゥモロー・ワールド(映画館) [ひるめし。]
「唯一の希望を失えば、人類に明日はない。」 製作年:2006年 製作国:アメリカ/イギリス 監 督:アルフォンソ・キュアロン 出演者:クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/キウェテル・イジョフォー 時 間:109分 [感想] ジュリアン・ムーアの扱いはあれでよかったのでしょうか? あまりにも可愛そすぎ・・・。 出産シーンと長回しの戦闘シーンは見ごたえあった... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 16:16

» 豪華キャストだけど…【トゥモロー・ワールド】 [犬も歩けばBohにあたる!]
なんかいや〜な予感がしました。 水曜日のレディースデーだってのに 有楽町の劇場 [続きを読む]

受信: 2006/11/26 20:12

» トゥモロー・ワールド [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人類の希望・・・それはたった一つの産声   [続きを読む]

受信: 2006/11/27 13:48

» ★「トゥモロー・ワールド」 [ひらりん的映画ブログ]
2006.11.18公開初日のナイトショウ(0:00〜)で見てきました。 原題は「CHILDREN OF MEN」=「人類の子供たち」って意味。 [続きを読む]

受信: 2006/11/28 04:13

» トゥモロー・ワールド [<花>の本と映画の感想]
トゥモロー・ワールド 監督? アルフォンソ・キュアロン 出演? クライヴ・オーウェン?? ジュリアン・ムーア?? マイケル・ケイン?? キウェテル・イジョフォー? チャーリー・ハナム? クレア=ホープ・アシティー 近未来、人類全体が不妊になり、後を継ぐものが... [続きを読む]

受信: 2006/11/29 19:45

» 「トゥモロー・ワールド」見てきました [よしなしごと]
 SF映画かと思っていた「トゥモロー・ワールド」を見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006/11/30 02:20

» 『トゥモロー・ワールド』★・・・・ [ヘーゼル☆ナッツ・シネマカフェ]
『トゥモロー・ワールド』公式サイト原題;CHILDRENOFMEN 制作データ;2006英=米/東宝東和 ジャンル;アクション上映時間;109分 監督;アルフォンソ・キュアロン出演;クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン劇場:11/30(金)TOHOシネマズ川崎◆STOR...... [続きを読む]

受信: 2006/12/01 10:31

» 【劇場映画】 トゥモロー・ワールド [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 2027年。我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしまう! 国家的事業に従事するセオは、人類の未来はおろか、自分の将来すら興味のない絶望を生きる男。しかし、彼は人類存続に関わる重要な鍵(キー)に接触する運命にあることを、まだ知らない…。(goo映画より) 英国の作家P.Dジェイムズの原作。初期の頃の作品は好きだったけれど、最近はそうでもなかったので、本作は未読。こういうものも書くんだなあ、とち... [続きを読む]

受信: 2006/12/01 22:45

» 「トゥモロー・ワールド」どうしても未来は悲惨のようだ [soramove]
「トゥモロー・ワールド」★★★ クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン主演 アルフォンソ・キュアロン監督、2006年アメリカ/イギリス 映画で描かれる未来はどれも 夢も見れないような 暗いものが多い、 第三次世界大戦で世界は崩壊した...... [続きを読む]

受信: 2006/12/02 13:26

» トゥモローワールド(*_*)子供が誕生しない未来 [銅版画制作の日々]
  「唯一の希望を失えば、人類に明日はない」 MOVX京都にて、『トゥモローワールド』を鑑賞した。2027年という時代設定、だが現在とさほど、街の風景には変化みられない・・・・・。何が違うのか。実はここ18年間、子供が誕生していないのだ。このままいけば、この地球を引き継ぐものが途絶えてしまうという話地球の人類滅亡に繋がるのは間違いないよね今の日本の少子化問題だって、ここまでとは言わない... [続きを読む]

受信: 2006/12/03 15:21

» トゥモロー・ワールド (Children Of Men) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 アルフォンソ・キュアロン 主演 クライヴ・オーウェン 2006年 アメリカ/イギリス映画 109分 SF 採点★★★ 赤ん坊ってのは、ホント不思議な生き物で。その顔を真っ赤にして泣き叫ぶ泣き声に一体どんな効力を秘めているのか分からないが、一旦その泣き声が響き渡れば..... [続きを読む]

受信: 2006/12/13 19:50

» トゥモロー・ワールド [ちわわぱらだいす]
これは少し前に見た映画です。。。 今から20年後のお話。 子供がまったく生まれなくなった世界です。 久しぶりに生まれた赤ちゃんが戦いの道具?になる。。。 最後の戦闘のシーンは圧巻でしたが。。。 最近戦争映画ばっかり見てるような気がする。 最後のお船はねぇ。..... [続きを読む]

受信: 2006/12/15 19:16

» トゥモロー・ワールド [mama]
2006年:イギリス 原作:P.D.ジェイムズ「人類の子供たち」 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、チャーリー・ハナム、キウェテル・イジョフォー 西暦2027年。最後の子どもが誕生してからすでに18年...... [続きを読む]

受信: 2007/05/08 01:56

« 漫画の話:「犬夜叉47」「HOLiC10」 | トップページ | 待ってました! »