« 「ワールド・トレード・センター」みた。 | トップページ | ワーナーマイカルの日。 »

2006/10/14

「太陽」みた。

Sun_1 予告編らしい予告編は無かったけれど、劇場で近日公開のチラシを見つけたときから必ず観ようと思っていた作品。昭和天皇の姿はを生で見たことはない。物心付いた時には既によぼよぼだった。小学校の社会科の時間では、『日本国憲法:第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。』と朗読させられ、第九条の「戦争放棄」と第十一条「基本的人権の尊重」と共に、重要事項として教えられた。天皇が”人間ではない”などと思うようなことは、それ自体考えたことはなかった。
この作品は、広島・長崎に原爆が落とされ、もはやこれまでと、まさにその時の昭和天皇であり、自ら『人間宣言』をするまでの物語。
『人間宣言』~その時、その瞬間まで彼は”神の子孫”だった。少なくとも、そうと信じている者達には、太陽神:天照大神の流れを汲む日本で一番尊き存在だった。

”神”だと言われることに一番違和感を抱いていたのが、昭和天皇その人だったようだ。『私の体は君たちと変わらない。』
いったい何時頃からその葛藤と闘っていたのだろうか? 彼がそれ対してどれだけ嫌悪を抱いていたのか、果たして嫌悪していたかどうかはまでは判らなかったけれど、少なくとも、この言葉を侍従に投げ掛けることでささやかな、精一杯の抵抗をしていたようには思えた。そう言いながらも笑って誤魔化すしかできないのは、これ以上は侍従を困らせると知っているからなのだろうなと。優しさか、或いは慰めか。ある意味では諦めだったか。
幼き頃から「あなたは神の御子」だと一線を引かれ、ワケも解らず信じていたかもしれない。けれどその実体は腫れ物に触るような言動と促されたことに応えるのみの生活。神といわれながら、自由は許されず、何も知らされず、何も出来ず、ただ神としてのみの存在。
戦争に負けることが無かったら、彼は死ぬまで神のままだっただろうか?

天皇といえども人間であることは、今や当たり前のこと。しかし、
「あ、そう。」
「うん。。。。あ?。。あ、そう。」
会話ひとつとっても、やはりどこか人間離れしているように思う。それでもほんの少しだけ許された自由な時間と空間を得たときの彼は、無邪気な子供のようだった。ほとんど普通の人間のように。本来はこういう人だったのだろうな。(今で言うなら世間知らずの”天然”なのかもしれないけどw)

人間は人間以外の何ものにもなれないはず。それは誰もが知っているはずなのだが・・・・人は神というものを創りたがる。人とは如何に傲慢で、その分だけ弱い生き物なのだと改めて思う。この作品を観てそんな風に思った。

|

« 「ワールド・トレード・センター」みた。 | トップページ | ワーナーマイカルの日。 »

コメント

こんばんは。早速お邪魔しました。
そうそう、天皇が天然。って、おい!
すごく人間くさくてなんとなく好きになっちゃいます。
いろんなところの表現にスタッフからの愛情も垣間見れますね。
もっと普通でいたら・・・きっとはじけちゃうくらい面白いお方なのかもしれません。チャップリンにも負けないくらい…
そういうことを思うとなんか泣けてしまって。(←これお約束。)
この監督さんの作品を含めとてもロシアに対しても好感が持てます。過去作品を見たくなりますよ。

投稿: charlotte | 2006/10/14 19:13

■charlotteさん、こんばんは♪
早速ありがとうございます!
昭和天皇の崩御の時をなぜか思い出したりもして、人間宣言されたといっても、やはり天皇は天皇、皇族は皇族の扱いであり、こんなはずではなかった、とか思っていたのでは?とかも思ったり(笑)
イッセー尾形なだけあって、おちゃめな感じが可愛かったですね。ローソクを消し捲くっていたのが印象深し。まるで子供みたいに、一度やってみたかったのかな?ってw
ドアを開けたことも無かったのかと思えば、やはり天然か(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/10/14 20:01

たいむさん、こんにちは♪
自分の好きな分野の話になると(ヘイケガニとか)とっても饒舌になったり、アルバムを愛しそうに眺めたり、この映画のヒロヒトは本当に愛すべき人物でした。
あまりにかしこまって汗が吹き出る老僕のはげ頭のアップも面白かったです。
マッカーサーとの会談の絶妙の間が大好きでした。
自分でドアすら開けたこともないのよね~(泣)

投稿: ミチ | 2006/10/14 21:19

こんばんは♪

昭和天皇の印象ってほとんど記憶にないのですが
口元や首を前に突き出して歩く姿なんかはナゼか
よく覚えてるんですよ。だから演じたイッセー尾
形のソックリぶりに驚きでした♪ (゚▽゚)v

投稿: 風情♪ | 2006/10/14 22:41

■ミチさん、こんばんは♪
カニやナマズ(笑)
海洋生物が本当に好きなんだなぁ~と不気・・いえ博士だなぁーって感じでしたねw 話を中断させれたときの「あ、そう」がなんだかとっても寂しそうでもあり(笑)
禿頭の侍従も愉快でしたね。チョコレートを欲しがったり、お着替えを~ってウロウロしたりww

自動ドアなんて無いころに自動ドアしか知らないって、あらあらあら~?ってね。


■風情♪さん、こんばんは♪
初めて予告編をみた時、イッセー尾形にはびっくりでしたよ、私も。
「似てる~~」って(笑)
あのモゴモゴ感も印象的ですよね。
猫背っぽい姿勢には、単にじいちゃんだから~って思ってましたけど(^^;)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/10/14 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/12280697

この記事へのトラックバック一覧です: 「太陽」みた。:

» 太陽 [シャーロットの涙]
闇は、まだ明けなかった・・・好きな事には没頭し饒舌に語りどこか天真爛漫さが見え隠れする、ごく当たり前の普通の人間、天皇ヒロヒト。 神格化されてしまった事にもそうだが多分自分では意図する方向とは違った方に導かざるを得なかった、とてつもない時代の大きな流れの中には敵いようもなかった、普通の人間ヒロヒト。 国を背負っているという予想も出来ないくらいの大きな苦悩に押しつぶされながらも、そこには普通の�... [続きを読む]

受信: 2006/10/14 19:14

» 太陽 [ネタバレ映画館]
お、チャーリーだ。チャーリーなんだからチョコレートをプレゼントしちゃえ。 [続きを読む]

受信: 2006/10/14 20:28

» 映画「太陽」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「太陽」 ロシアのアレクサンドル・ソクーロフ監督が、『モレク神』でヒトラーを、『牡牛座』でレーニンを取り上げたのに続き、昭和天皇を主人公にした作品。 太平洋戦争もいよいよ最終局面の1945年、昭和天皇は毎日変わらぬ日課をこなしていた。朝食、着替え、御前会議、海洋生物研究。陽の差さない迷路のような地下での暮らしは息が詰まりそう。そうこうするうちに連合国占領軍総司令官マッカーサーとの会談の日が訪れる。 �... [続きを読む]

受信: 2006/10/14 21:13

» 太陽 [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 ロシア&イタリア&フランス&スイス  ドラマ  監督:アレクサンドル・ソクーロフ  出演:イッセー尾形      ロバート・ドーソン      佐野史郎      桃井かおり 1945年8月。疎開した皇后や皇太子らとも離れ地下の待避壕か唯一残った研 究....... [続きを読む]

受信: 2006/10/14 22:38

» 『太陽(The Sun)』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『太陽(The Sun)』鑑賞レビュー! 天皇ヒロヒト 彼は 悲劇に傷ついた ひとりの人間 彼は あらゆる屈辱を引き受け 苦々しい治療薬をすべて 飲み込むことを選んだのだ by アレクサンドル・ソクーロフ監督 ベルリン国際映画祭出品作品 制作国::::2005/ロシア.伊.仏.スイス 公開::::2006年8月5日 上映時間;;;;115min(1時間55分) 配給::::スローラーナー ★上映館 ... [続きを読む]

受信: 2006/10/15 03:03

» 「太陽」象徴として飾られた天皇陛下の孤独と歴史的な英断 [オールマイティにコメンテート]
「太陽」は昭和20年(1945年)8月の昭和天皇にスポットを当てて、昭和天皇の孤独と葛藤が描かれているストーリーである。映画で天皇陛下に触れる事は殆どないだけにタブーと言える題材に注目する作品でもある。... [続きを読む]

受信: 2006/10/15 07:53

» 太陽 [悠雅的生活]
知られざる‘人間’ 天皇ヒロヒト [続きを読む]

受信: 2006/10/15 20:30

» 太陽☆独り言 [黒猫のうたた寝]
まったくノーチェックだったのに映画友達からの噂で、観にいくことを決めた『太陽』ご年配の諸先輩方が・・・ぞろぞろいらっしゃる劇場で鑑賞してきました。場所は銀座シネパトス・・・この行列のすさまじさって^^;;;吃驚しました(爆)昭和天皇の人間宣言までの数日間をプ...... [続きを読む]

受信: 2006/10/16 23:49

» 昭和天皇 [Akira's VOICE]
「太陽」 [続きを読む]

受信: 2007/04/01 11:31

» 映画「太陽」 [Wilderlandwandar]
首都圏拡大公開も、そろそろ終了になりそうなところ、やっと見てきました。    ロ [続きを読む]

受信: 2007/04/01 13:40

« 「ワールド・トレード・センター」みた。 | トップページ | ワーナーマイカルの日。 »