« 今更だけど『純情きらり』 | トップページ | 「攻殻機動隊 S.A.C.オールナイト~公安9課 24時」はつらいぜ! »

2006/09/08

「xxxHOLiC」オーディオ・コメンタリーより。

劇場版「真夏ノ昼ノ夢」は2本立て。
(1)監督:水島努&脚本:櫻井圭記 プロデューサー:川口徹バージョン
(2)声優:大原さやか(侑子さん) 福山潤(四月一日) 中井和哉(百目鬼)バージョン

おかげで同じものを3回観る羽目になる。
けれど、解説や裏話付き(時には雑談)と一緒に観ると、「へぇ~」なこともたくさんあって楽しい。時々(1)と(2)とで話の内容がかぶっていることも多いからから、新鮮味がかけてしまう部分も若干あり。裏話とはそんなものだろうケド。

Holic_dvds

(以下、コメンタリー内でのバレ)

劇場でも、DVDでも、もう既に何度も見ているのに、タイトルバックの裸体風の女性が”侑子さん”(らしい・・と監督は言っているけど)と初めて知った。信じられないことに全然気がついていなかった。一体どこを見ていたんだろう?私は??こんな簡単なものが視えてなかったなんて。
漫画やアニメでよくある遊び。どこかにさりげなく隠れている別作品のキャラなど。実は画面のど真ん中に堂々と居るバトーさん(人形)。・・・これも気がつかなかった(泣)
四月一日にだけ視える”女の子”の口の動きが「シタニイル」という種証しには、素直になるほど!と思う。とても読唇はできないから。

アヤシイ洋館(少女の家)の庭にある白いブランコ。誰も居ないのに、ゆっくり動き出す。このネタは櫻井さんが「実は以前に他で使ったネタ」と告白していた。雰囲気をかもし出すのに効果的だったから・・また使っちゃえみたいな(笑)
その”他”を何気に見つけてしまった。攻殻機動隊s.a.c.11話「亜成虫の森で」の授産施設内(外の庭?)でトグサくんが見てるんだよね、誰も居ないブランコが揺れるのを。この11話の脚本は櫻井さん。正解かな?
(ちなみに私が発見したのは「The Laughing man」でだけどw)

まったく無関係話では「日本野鳥の会」に昔入っていたのは・・・誰だっけ?(笑)
ジャイアントウサギ(仮)の常連化を画策!なんて話もあったなぁ。可愛いけど凶暴な月のウサギ(だったはずのもの)。どっかでまた登場したら面白いな。

劇場の場合、当然その場でリピートできないから、全神経を集中させて見続けなければ、ほんの小さな遊びは見逃してしまう。けれど、どんなに頑張ってもまず全部は無理。
劇場で1回だけなのだとしたら、やっぱり物語に集中したいと思う。だからこうしてDVDでおさらいが出来るっていいね。

同じくオーディオ・コメンタリーが特典となっているのがTV版DVD「xxxHOLiC第1巻」。
こちらは1話のみで、水島努監督&CLAMPの大川緋芭さん。
初登場としての四月一日を、劇場版では歩かせたからTVでは走らせてみた。とか、壱原侑子邸(店)の塀垣の色が、劇場版では”白”くなっていて間違っているのに気がつかなかった。などと暴露。
閉まっていたはずの襖は何時開いたのか?などという大川さんの鋭い突っ込み。アニメでは異例に衣装が変わるCLAMP作品。侑子さんの衣装の色使い方や四月一日と百目鬼の微妙に違う「黒」の話、こちらもなかなか楽しい会話となっていた。

DVD一本に4話、というのもいいけど、2話、3話でオマケが付くのも悪くはないね。
レンタルだとこういった特典は付かないことが多いから、「ナンデ3話なんだよ!」っとケチを付けちゃったりはするんだけど(笑)

|

« 今更だけど『純情きらり』 | トップページ | 「攻殻機動隊 S.A.C.オールナイト~公安9課 24時」はつらいぜ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/11789254

この記事へのトラックバック一覧です: 「xxxHOLiC」オーディオ・コメンタリーより。:

» イルマーレ ~シカゴを舞台にしたハートウォーミングなドラマに感動 [シカゴ発 映画の精神医学]
いや~あ感動しました。泣けました。シカゴという街の使い方も実に上手い。キアヌとサンドラの恋の行方もハラハラです。   [続きを読む]

受信: 2006/10/02 14:14

« 今更だけど『純情きらり』 | トップページ | 「攻殻機動隊 S.A.C.オールナイト~公安9課 24時」はつらいぜ! »