« 「邪魅の雫」速報第5弾。 | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(8/31号・・耳を・・イグルー・タチコマ) »

2006/08/30

「UDON うどん」みた。

Udon 湾岸君ならぬ、UDON君?(ちょっとかわいいかも。)
『Captain UDON THE MOVIE』是非に観たい!とは思わないけど、きっと観ちゃうんだろうなぁ(笑)
ということで、「UDON」を鑑賞。”踊るシリーズ”の本広×亀山。タッグを組むのならば、やっぱ観ないとね。
(以下ネタバレあり)

ハートフル・エンターテインメント・ムービーというだけあって、本当にそんな感じ。
最初から「奇跡の物語」なんて語りが入っちゃってるから、サクセスストーリーであり、ハッピーエンドはお約束。最初から最後まで安心して笑ってみていられる。

そうだなぁ、お父さんとのクダリは、なんとなくイソップ物語の「北風と太陽」を思い出した。ひとを笑わせることができるヒトは、笑わそうと思っているヒトではなくって、笑っているヒト。
全般的にそんな雰囲気だったと思う。

ドキュメンタリーなのか、コメディなのか、ファンタジーなの、とにかくいろいろな要素が組み合わされた忙しい(?)作品。そのまんま流されるように観るのがいいような気がした。
【笑いは消化を助ける、すくなくとも胃酸よりも効く】って言うんだから、食後に見るのがオススメかな?(笑) イヤ、これを観るとおそらく”讃岐うどん”を食べたくなる衝動に駆られるから食前がいいかもしれない。つまり、いつでもいいということか(笑)

ワンシーンのためにたくさんの女優さん、俳優さん、タレントさんが登場。さすがはフジって感じ。中でも『交渉人』チームは特別待遇だったね♪ 
個人的には・・煙突アドバイスの白バイ! いいのか職務中に??ってね(爆)

夏の終わりにほのぼのと。良いんでない?

総評:★★★★☆ オススメ度:★★★★☆

帰りにうどん屋に真面目に寄ろうと思ったけれど、時計を見たら閉店時間。
そういえば・・と自宅にキープしてあったコレにした。

            Dsc00077_1

|

« 「邪魅の雫」速報第5弾。 | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(8/31号・・耳を・・イグルー・タチコマ) »

コメント

たいむさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

『Captain UDON THE MOVIE』・・・きっとDVDが発売されたら、映像特典などで収録されてる可能性大ですね(笑)結構見てみたい気もしますけどね(^^;)

そいえば自分も讃岐風UDON食べましたけど、普通の赤いきつねうどんと変わらなかった気が・・・(汗

投稿: メビウス | 2006/08/30 22:19

■メビウスさん、こんばんは♪
そうか!DVDの特典かぁ~ヤラレタ!
きっと、たぶん、もしかしなくても、買ってしまいそうだ(笑)
木島さんも抜き打ちみたいな感じだったしね。

>赤いきつねうどん
(笑)
いや、麺にコシがあったし、第一にダシ。
色からして全然違ったじゃないですかっ!w

投稿: たいむ(管理人) | 2006/08/30 22:23

いろんなものがテンコ盛り過ぎて・・・
スクリーンからはうどんの美味しさがあまり感じられなかったのですが。。
観た後はもちろん、うどん食べに行きましたが・・・
閉店だったのですね、その「カップUDON」は美味しかったのかしら・・?

投稿: 未来 | 2006/08/30 22:50

こんにちは♪
主演俳優が苦手なので、脇中心に楽しんでしまいました。
ユースケのイメージ=ヘタレなんですよ~(笑)
だから、彼にはとても良い麺は作れっこ無いと思えてしまって・・・。
ラストはあんなふうになるとは予想外でした。
あまりにフジテレビが前面に出てくるとうんざりしちゃいますね。

投稿: ミチ | 2006/08/30 23:23

何時もお世話になっております。
ラーメン王国と言われる地元であり、尚且つ私はそば党なのでうどんと言われても正直ピンと来なかったんですよね。
しかも49日で親父の味に近づけるとはあまりにもうどん舐めていません?
あるラーメン屋の店長が納得できないダシだったためにスープしててしまった話を実際に店員から聞いた事もあるから、簡単にできるような事はしてほしくなかったですね。
本当の職人気質の人にはこういう短時間でできるような演出は向かないかもしれません。
まあある意味有頂天ホテルのシクジリって感じでした。

投稿: PGM21 | 2006/08/31 00:30

こんばんは♪

ボクはモヤモヤとした消化不良って感じで
どうも・・・でした。
チョイ役で登場する有名人や小ネタ探しが
なんか一番オモシロかったです♪ r(^^;)

投稿: Notorious♪改め風情♪ | 2006/08/31 00:57

■未来さん、こんばんは♪
良くも悪くもてんこ盛りでしたねぇ(笑)

>その「カップUDON」は美味しかったのかしら・・?
普通の赤い・・よりは凝ってると思います。
(メビウスさん宛てのコメント参照)
美味しさは好みの問題なので、どーでしょうねw
所詮カップメンはカップメンですね。

本場モンでなくてもいいから、今、打ち立て生麺のアツアツが食べたいです!!

■ミチさん、こんばんは♪
ユースケ、苦手ですか?(想像はしてたけどw)
まぁ、それと短期間で美味しいうどんが打てるか、というのは別問題の気がしますが(笑)

>あまりにフジテレビが前面に出てくるとうんざりしちゃいますね。
同感です。小ネタも楽しいのですけど、見事にフジだから、って感じはありますね。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/08/31 18:55

■PGM21さん、こんばんは♪
私は麺類はなんでも大好きです。

>あまりにもうどん舐めていません?
舐めてますよね。確かに。
京香姐さんがちゃんと薀蓄だけは語ってはいましたけど。

真面目に観たら全部が全部おかしな話です。
さらっと流してしまうのがいいんじゃないから?こういった作品は。みんなお約束だしね。


■風情♪さん、こんばんは♪
消化不良ですか?
うどんは最も消化が早い食品のひとつ何ですけどねぇ(笑)

チョイ役有名人、沢山いましたね。
映画ならではですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/08/31 19:02

『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです
たいむさんコメント&TB有難うございます
( ̄▽ ̄人)♪小西真奈美に萌えました(笑)
hideの場合、ぶっかけ冷が大好きです。
大根おろしとカボス?が付いていて、冷たいだし汁が少し掛かっていて・・・(~o~ )よだれが・・
そして
揚げ玉とカツオ節が好きなだけセルフで掛けられるのですよ。
讃岐の腰が楽しめるので堪りません(笑い)
///////////////////

m(_ _;)m ぺこり・・所でお願いが有るのですが。良かったら、お暇な時にバトンを受け取っていただきたいですが。
昔バトン記事は、当方のブログの8月31日にアップして有ります。
宜しくお願いします

投稿: hide | 2006/09/02 22:45

■hideさん、こんにちは♪
hideさんは、ぶっかけ冷ですか(笑)
是非、本場で食べてみたいものです。

>小西真奈美
私もNHKのちゅらさんの頃から結構好きです。可愛いですよね。

>バトン
あ~。申し訳ございません!!
バトン関係は今まで全てお断りしてきちゃったので、他の方々の手前もありますし、ご勘弁を。
ごめんなさい!(嫌っているわけではないのですけど)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/09/03 08:50

こんばんは。
コメントしてたようなつもりになっていました。(爆)
自分は、『サマータイムマシンブルース』組とキャプテンUDONだけでいいです。他、いらない。(暴言)

投稿: あかん隊 | 2006/09/06 00:08

たいむさん、おじゃまします。

トムさんの映画と一緒で、本広監督ならオールおっけーなので、客観的な感想はできなかったり(笑)。

個人的には、映画とはちと別の部分で、つづく、です。(^^

投稿: ラフマニノフ | 2006/09/06 17:14

■あかん隊さん、こんばんは♪
>、『サマータイムマシンブルース』組とキャプテンUDONだけでいいです。
いやはや、手厳しい。
しかし、そのキャプテンUDONもさすがに90分となるといらないかなぁーって。思いません?
あの長さだから良かった!って感じです。
となると・・・アレレ?(笑)

今日もこれから歯医者です。
実は原因不明です。全体のレントゲンでも病巣がつかめません。
原因の候補があるにはあるので、この際徹底的に検査することにしました。
何分3年ぶりであり、歯石掃除もしようかなって。
虫歯ではないみたいです。
痛みの原因、可能性で高いのは、単にかぶせているものが取れかかってるとか(^^;)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/09/06 18:06

■ラフさん、こんばんは♪
歯医者から戻ってまいりました。(↑参照。無関係だけどw)
やはり「あつあつ」のうどんを食べると歯にシミます(泣)

>本広監督ならオールおっけー
あはは。誰しもそういうもののひとつやふたつありますよね(笑)
突っ込みながらも、私はそこそこ楽しみましたよ。

その、「つづく」がとても気になりますけど??

投稿: たいむ(管理人) | 2006/09/06 19:54

こんにちは☆
きのう,UDONを見てきました.
ホーム・チームの与座くんやラーメンズの片桐くんなど,私の好きな芸人さんが出演していて,個人的にお気に入りでした.
「ブームが消えても残り続ける温かさ」みたいなのを感じる映画で,とてもよかったです(^_^)

投稿: 晃弘 | 2006/09/09 14:10

■晃弘さん、こんばんは♪
芸人さん、たくさん出ていましたね。
ブームに踊らされないだけの地域としてしっかりとした伝統というか。
ソウルフードの所以というか。
よいですよね、こういうのって。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/09/09 17:17

一つの作品なのに、コメディーであり、ファンタジーであり、親子の感動の映画であり、うどんと言うシンプルな食べ物の様にはいかない、実に奥の深い作品でしたね。
でも、やっぱり登場するうどんの数々はとても美味しそうで、観賞後にお腹が空いたのは言うまでもありませんね。(笑)

投稿: nicK_right | 2006/09/13 22:02

■nick_rightさん、こんばんは♪
ひとつの作品なのに、様々な要素が満載でしたね。
ドキュメンタリータッチでもありましたし、新感覚。TV風のカット割りなど、いい意味で手法が取り入れられた作品でした。

UDONはどれも美味しそうでしたねぇ。
お腹がぐうぐうでしたよ。食べる気マンマンだったのに・・・(泣)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/09/14 18:06

トッピングが多すぎて、麺の味がよくわかりませんでした。

ブームの功罪の罪の部分も言及している作品を使って、ブームを仕掛けようとするフジテレビ、という構図がものすごく不自然に見えちゃうんですけど、作品の評価とは関係ありませんでしたね(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。

投稿: にら | 2006/09/19 11:57

■にらさん、こんばんは♪

>ブームを仕掛けようとするフジテレビ
ナンダカンダいいながら、そう感じてしまいますよね。
おっしゃるとおり、杞憂でしたがw

私はトッピングの少ないアツアツのタダのかけが一番好きです(笑)
コメントありがとうございました!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/09/19 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/11688381

この記事へのトラックバック一覧です: 「UDON うどん」みた。:

» UDON(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】本広克行 【出演】ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/鈴木京香/升毅/片桐仁/要潤/小日向文世/木場勝己/他 【公開日】2006/8.26 【製作】日本 【ストーリー】 BIG!になるため故郷の讃岐か... [続きを読む]

受信: 2006/08/30 22:14

» UDON [future world]
つまらないというわけでもないし、面白いというほどでもない・・・テレビの「ドラマスペシャル」にもってきてもいいんじゃないかな。。 じゃあ何故観に行った・・・?予告を観てると何だかうどんが美味しそう、数年前の香川県旅行で食べたうどんが美味しかった〜〜せいか....... [続きを読む]

受信: 2006/08/30 22:53

» 「UDON」伝統の料理をブームに仕掛けて操作した仕掛け人の長続きしないストーリー [オールマイティにコメンテート]
「UDON」は四国讃岐を舞台に、1人の売れないコメディアンが夢破れ故郷である讃岐に戻り、そこでうどんとの出会いが1つのブームを作り、やがてうどんに夢を見出すストーリーである。内容としてはうどん宣伝映画と言った方が解り易いかもしれない。 ... [続きを読む]

受信: 2006/08/30 23:01

» 映画「UDON」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「UDON」 麺類が好き! 特にうどんが好き! 稲庭うどんや氷見うどんのような細麺から讃岐うどんのような太い麺までどれも満遍なく大好き!『かもめ食堂』『間宮兄弟』ではソウル・フードとしてオニギリが登場していたけれど、今回はうどん! 挫折してNYから帰ってきた香助(ユースケ・サンタマリア)が故郷の香川へ戻ってくる。実家は職人気質の父親が営む製麺所。うどんには見向きもしなかった香助が、ふとしたこと�... [続きを読む]

受信: 2006/08/30 23:19

» UDON [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 日本   ドラマ&コメディ  監督:本広克行  出演:ユースケ・サンタマリア      小西真奈美      トータス松本      鈴木京香 讃岐うどんの本場の香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助はビッグ になると言って家を飛び出しニューヨ....... [続きを読む]

受信: 2006/08/31 00:55

» UDON☆独り言 [黒猫のうたた寝]
実は、数年前に讃岐うどんを食べに香川まで行きました。 そのときの思い出はここで思い切り語ってるんですが そーいうわけで(どーいうわけで?)結構讃岐うどんには思い入れがあったりして 観てみましたよ・・・初日に『UDON』^^;;; 前半は讃岐うどんブーム...... [続きを読む]

受信: 2006/08/31 07:12

» UDON [Akira's VOICE]
麺は美味しい。 薬味も効いている。 しか〜し,ダシは薄味。 [続きを読む]

受信: 2006/08/31 10:50

» うどんが食べたくなる。『UDON』 [水曜日のシネマ日記]
讃岐うどんをめぐる物語です。 [続きを読む]

受信: 2006/09/01 12:55

» 『UDON』 2006・8・26に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『UDON』?  公式HP?のAはこちら    公式HP?のBはこちら ●あらすじ うどん屋の息子として育った香助は、夢を求めて単身ニューヨークに渡ったが、夢半ばで挫折し、借金を背負って帰郷することに。しかし、墓参りに行く途中に宮川恭子と出会い。親友の紹介で... [続きを読む]

受信: 2006/09/01 23:15

» うどんどんどん、どどんどんどん… [キャスポ]
「UDON」観ました。劇中で小倉さんが、「僕はうどんより、そば派なんだけど…」 [続きを読む]

受信: 2006/09/03 14:17

» UDON [Rohi-ta_site.com]
映画館で、出演: ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/鈴木京香/升 毅/片桐 仁/要 潤/ 小日向文世/木場勝己/江守 徹/二宮さよ子/明星真由美/森崎博之/中野英樹/永野宗典/池松壮亮/ムロツヨシ/与座嘉秋/川岡大次郎/脚本:戸田山雅司/監督:本広克行/作品『UDON』を観ました。 ●感想  ・「映画の日に何を観ようか?」と考えたのですが、まだ観ていない映画の中にあまりパッとする作品がなかったので、手堅く面白い作品を作り出す本広監督の『UDON』を観る事に致しました。 ..... [続きを読む]

受信: 2006/09/03 14:55

» UDON(映画館) [ひるめし。]
観ないと、マズイ! CAST:ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本 他 ■日本産 134分 うどん本当においしそうだったわ〜。 観ている間ずっと食べたいなって思っちゃたよ。 ストーリーは手放しにおもしろい!!とは言えなかったけどね。 だっていろんな要素詰め込みすぎだって・・・。 でも最後のお父さんの笑顔にはジーンときたわ。 ふだん笑わない人が笑うとその笑顔ってすんごい�... [続きを読む]

受信: 2006/09/03 17:22

» 小西真奈美さんの似顔絵。映画「UDON」 [「ボブ吉」デビューへの道。]
◎キャスト ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本(ウルフルズ)、升毅、 片桐仁(ラーメンズ)、要潤、小日向文世、木場勝己、鈴木京香ほか。 上映時間:2時間14分 えっ上映時間2時間14分? 体感時間としては3時間近かった(笑) 本広監督、踊るシリーズファンとしては、どうしても見逃せない 作品だったのですが、感想はすごく書きにくい(汗) もともと「うどん」という題材で、どんなストーリーを練り上げていくのか 不安の方が大き... [続きを読む]

受信: 2006/09/03 23:23

» 『UDON』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:]     2006/08/26公開  (公式サイト) (公式ブログ) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】本広克行 【脚本】戸田山雅司 【出演】 ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/鈴木京香/升毅/片桐仁/要潤/小日向文世/木場勝己/江守徹/二宮さよ子/明星真由美/森崎博之/中野英樹/永野宗典/池松壮亮/ムロツヨシ/与座嘉秋/川岡大次郎/佐... [続きを読む]

受信: 2006/09/04 02:56

» UDON [おいしい手料理]
今日は「胃にやさしいものにしておくれ」とタフオからの申し出があり、うどんにしま... [続きを読む]

受信: 2006/09/05 22:24

» ★「UDON」 [ひらりん的映画ブログ]
ウドンよりソバが好きなひらりん。 うーーーん、ユースケだし・・・ フジテレビくさいし・・・ っと、迷ったけど、今月あんまり映画見てないし・・・ チネチッタのポイント貯まっててタダだし・・・ ちょっと笑えそうなので、見てみることに・・・ [続きを読む]

受信: 2006/09/06 01:41

» 『UDON』を観た [TV視聴室]
残念ながら、この映画を観た後に「うどん食べたい!」とは思えなかったなぁ。実は、この映画の前に、見ちゃったものがあって…。詳細は、後ほど。 [続きを読む]

受信: 2006/09/06 15:28

» 【劇場鑑賞90】UDON [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
一杯100円の奇跡が始まる [続きを読む]

受信: 2006/09/07 00:32

» 【UDON】うどん屋を探すなら煙突を探せ [見取り八段・実0段]
人口100万人の香川県内にあるうどん屋の数は約900軒。だそうである。これは、東京にあるマクドナルドの数よりも多いそうで。。。うどんは好きだが、特に食べ歩くほどではなく、「うどんをテーマにした映画を見てね」と言われても、別に興味も湧かず。。。と言うか、...... [続きを読む]

受信: 2006/09/07 00:58

» UDON(8月26日公開) [オレメデア]
「日本沈没」の上映前の予告CMで見て以来,ずっと気になっていた映画「UDON(うどん)」を見てきた BIGなお笑い芸人になるため,ニューヨークで生活する松井香助(ユースケ・サンタマリア)だったが,思うように笑いが取れず,劇場を解雇されてしまう 失意のまま地....... [続きを読む]

受信: 2006/09/09 15:06

» 「UDON・うどん」うどんの描写が絶品、ツバを飲み込むこと必至! [soramove]
「UDON・うどん」★★★☆ ユースケ・サンタマリア、小西真奈美主演  四国へはまだ行ったことがないので、 いつか行ってみたいと漠然と思っていたが、 この映画を見ている間中、何度 是非行こうと思ったことか。 お湯をくぐらせ、どんぶりにサッと入れられた ...... [続きを読む]

受信: 2006/09/10 15:16

» UDON [八ちゃんの日常空間]
邦画に疎い自分が、上野樹里ちゃんが観たいというだけで[サーマー・タイムマシン・ブルース]をUDONの公開週にレンタルしたなんて一つの奇蹟だろうか…。 [続きを読む]

受信: 2006/09/10 18:56

» 『UDON』 [Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐]
“うどんを1杯お願いします。” いやいや…。 “UDONを一枚お願いします。15時30分の回で…。” とても映画のチケットを購入しているとは思えない、ちょっと気恥ずかしい、映画館のカウンターでの一コマ。 (スタッフのお姉さんもクスッと笑っていましたから…。) 制作者側はこれもきっと計算の内だったに違いありません!! そんな美味しいエンターティメント映画、『UDON』です。 麺類と言えば、蕎麦かなと思う私ですが…�... [続きを読む]

受信: 2006/09/13 22:03

» UDON 見てきました。 [よしなしごと]
 うーん。どうなんだろう。だって、うどんですよ。ちょっと地味じゃないですか。でも交渉人 真下正義の本広克行監督と亀山千広そしてユースケ・サンタマリアのチームですからね。おもしろそうです。と言うわけで、UDONを見てきました。... [続きを読む]

受信: 2006/09/14 01:53

» UDON 〜 “いつものアレ”が無償に食べたくなる 〜 [Prototypeシネマレビュー]
〜 “いつものアレ”が無償に食べたくなる 〜 「踊る大捜査線」チームが新たに挑んだこの作品。日本のソウルフード“うどん”をテーマに、ブームと笑いと日本ならではの哀愁を盛り込んで踊る大捜査線と同様、絶妙のエンターテイメントに仕上げています。主演は大捜査線シ....... [続きを読む]

受信: 2006/09/15 06:58

» 『UDON』 [ねこのひたい〜絵日記室]
「選択で作られ、選択で滅ぶかもしれない」のがX−メン。 「マニュアルで作られ、マニュアルで滅ぶかもしれない」のがうどん。 ある意味、どちらもメン類です。 [続きを読む]

受信: 2006/09/15 15:12

» 映画 「UDON」 感想 [THE有頂天ブログ]
映画 「UDON」 観てきました。 一度試写会で観てるけど、公開されてからは初めてです。 平日のお昼の回に行ったんだけど、満席。早めに劇場に乗り込んで正解でした。 観客の年齢層が幅広く、小学生からお年寄りまで本当に老若男女まんべんなくという感じでした。 劇場で本広監督と亀山千広氏のサイン発見 香助(ユースケ・サンタマリア)がNYから香川に帰ってきて、うどんの魅力に気付き、タウン情報誌に端を発してうどんブームが起こり始める。 前半はコメディタッチ... [続きを読む]

受信: 2006/09/15 20:24

« 「邪魅の雫」速報第5弾。 | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(8/31号・・耳を・・イグルー・タチコマ) »