« じゃすと・IN・たいむ(8/22号・・tears・HoLic・カレンダー) | トップページ | お預け、2連発。 »

2006/08/23

「花田少年史-幽霊と秘密のトンネル」みた。

Hanada 原作コミックスも読んだことがないし、単なる認識不足なのかもしれないけれど、なんだかイマイチ付いていけないんだけど・・・というのが第一印象かなぁ。

(以下ネタばれあり)

とにかく時代設定がわからない。
冒頭で”ドラクエ”なんかやっているところを見ると、年代的には私の子供時代(つまり、一路とは同世代)のようにも感じる。運動会で使用されていた音楽なんかもまったく同じだったし。
でも、一路の自宅のトイレやTV等は、もう一世代古い臭い感じがするし(田舎でビンボーとは言ってるけど)、それでいながらあの大きな冷蔵庫や、ハンディビデオ(持ち主が違うけど)はなんか違うだろっ、と思ったり。
なにより理解しがたいのが、両親が90年代にまだ結婚していないこと。一路はその後に生まれたということであり、もうわけわかんない。
素朴で純情(純真)な昔っぽい子供の雰囲気を出すためにそんなまぜこぜな時代背景にしたのだろうか?

”香取聖子”と名乗る幽霊との出会い。我こそが本当の父親と名乗る謎の幽霊。突然に死んじゃって幽霊になっちゃった近所の婆ちゃん。
それらと自分(一路)と父ちゃん、母ちゃんの関係性が徐々に明らかになっていくのだけど、ただそれだけ。
一路の、昔の子っぽいやんちゃさ、わんぱくさ。がさつで、口が悪くて、喧嘩っぱやくて、いたずら好き。でも子供なりの正義感があって、優しい子。ちゃんと善悪の限度も解っていて、それでもやっぱり甘ったれな子供らしい子供。須賀君上手いね。(ちょっと演技過剰の気もしたけど。)

全体的に”心あたたまる物語”なんだと思うのだけど、スパイスとしてのギャクにしてはその比重が高く、本当は何を前面に打ち出したいのかがちょっと曖昧になってしまっている気がした。
そんな中で、唯一良かったのが、心優しい”壮太”少年とそれがらみのエピソードの数々。おとなしくって、ちょっと愚図なんだけど、とても正直。心の葛藤をストレートに表現でき、胸の内をぶつけることもできる勇気ある子。本当は誰よりも強い子だね。
私にはコレと言って感想らしい感想のない作品だったけど、この壮太少年だけにちょっぴり感動した。

総評:★★☆☆☆+  オススメ度:★★★☆☆ (辛い?)
子供が見る分にはおもしろいんじゃないかな?
前の席でことあるごとにぺちゃくちゃ喋っていた2人組は大ウケしていたことだし。(それが私がノレなかった原因のひとつのような気もするけど)

いやぁ・・そういえば、「ALWAYS-3丁目の夕日」の時もそうだったし、なんかダメみたいだなぁ、こういうの私って。

|

« じゃすと・IN・たいむ(8/22号・・tears・HoLic・カレンダー) | トップページ | お預け、2連発。 »

コメント

たいむさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

一路の父ちゃんと母ちゃんが出会ったのが90年代だから、一路の時代は恐らく今と同じか近い年代じゃないかと思ってます。でもチラシの裏くらいにはいつ頃なのか書いてほしかったかな?(笑

壮太のエピソードはイイですよね♪壮太役の子役も須賀くんに負けないくらいの演技力じゃないでしょうか?

投稿: メビウス | 2006/08/23 21:26

■メビウスさん、こんばんは♪
わりと絶賛記事の多い中、申し訳ないくらいに低い評価な私です。

今の子供で一路のような子がいたら凄いですよね。
あんな母親も最近は見ないし(笑)

>壮太のエピソードはイイですよね♪
そうなんです。ここは、この子はイイ。
役者が・・というのではなくこの壮太君。
(もちろん子役のコが良いから、ということにもなるのでしょうけど。)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/08/23 21:40

『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです
たいむさんコメントTBありがとうございます
( ̄◇ ̄;)おおー
たいむさんは余りイケマセンでしたか?
まあ、実際は、昭和のお話を現代に置き換えて放映している『サザエさん』に、『ゲゲゲの鬼太郎』がドッキングした実写版の認識????(笑)
・・・でしたので案外楽しめましたよ(汗)
まあ原作の熱心なファンの方は辛口でしたが。映画という形で、多少誇張した形としては成功かなあと思っています
σ(^_^;)あせあせ

投稿: hide | 2006/08/23 22:05

何時もお世話になっております。
実はこの映画観るか観ないか迷っているんですよね。
今週は映画公開ラッシュで既に2作品を決めているんですが、もう1作品を例の韓国映画かこれで迷っているんですよ・・・
篠原涼子の肝っ玉母さんぶりを観てみたい反面予告の内容がう~んという感じです。
9月だけで既に7作品を予定しているだけに完全に映画中毒状態・・・ますます時間の足りない日々になりそうです。

投稿: PGM21 | 2006/08/24 01:30

■hideさん、こんばんは♪
なんだかイケマセンでした(汗)

>昭和のお話を現代に置き換えて
なるほど、そう観ればよかったのですね。
こういうのって最初に割り切りに失敗すると、そのまま最後までダメですね。
敗北です。


■PGM21さん、こんばんは♪
迷っている方にこ記事はまずかったですね。
ここに囚われずに、いろいろ参考になさってお決めください。

篠原涼子は年々いい感じになってるのは私も思いますけど。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/08/24 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/11559892

この記事へのトラックバック一覧です: 「花田少年史-幽霊と秘密のトンネル」みた。:

» 『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』 [京の昼寝〜♪]
幽霊に出逢って、家族の絆を知った、不思議なひと夏 ■監督 水田伸生■脚本 大森寿美男■原作 一色まこと(「花田少年史」講談社刊)■キャスト 須賀健太、篠原涼子、西村雅彦、安藤 希、上田耕一、もたいまさこ、松田昴大、北村一輝、杉本哲太、大平奈津美□オフィシャルサイト  『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』 漁港の近い小さな町で暮らす近所でも有名なわんぱく少年・花田一路(須賀健太�... [続きを読む]

受信: 2006/08/23 17:47

» 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル [Akira's VOICE]
微妙な空気が支配して,笑いと涙の要素を薄めている2時間3分。 [続きを読む]

受信: 2006/08/23 18:04

» 『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』2006・8・20に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』?  公式HPはこちら ●あらすじ わんぱく坊主の一路はある日、トラックと交通事故に巻き込まれてしまう。臨死体験中の一路が女子高生の幽霊に救われて生き返った・・・そのあとの一路に異変が・・・・ ●コラム 幽霊が見... [続きを読む]

受信: 2006/08/23 20:22

» 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル(評価:☆) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】水田伸生 【出演】須賀健太/篠原涼子/西村雅彦/北村一輝/安藤希/杉本哲太/もたいまさこ/上田耕一/他 【公開日】2006/8.19 【製作】日本 【ストーリー】 小さな港町で評判のわんぱく少年・花田一路はある日... [続きを読む]

受信: 2006/08/23 21:19

» 【花田少年史】 試写会に行ってきました [美人手帳]
先週、映画 花田少年史の試写会に行ってきました。 幽霊が見えるようになったわんぱく少年を主人公にしたひと夏の冒険物語です。人気コミックの実写映画化で、原作のユーモアを生かした胸躍る冒険のドラマと家族の絆をファンタジックにつづっています。日本の風景が残る....... [続きを読む]

受信: 2006/08/23 23:15

» 映画:花田少年史 幽霊と秘密のトンネル 試写会 [駒吉の日記]
花田少年史 幽霊と秘密のトンネル 試写会@よみうりホール 「もしかして・・・ゆうれい?」 始めはあまりにマンガのようなノリでちょっとひいてしまいましたが・・・ 気がついたら一路少年やその周囲の人々のぐーっとなり、泣いてました。ほのぼのとした中で家族や友達... [続きを読む]

受信: 2006/08/24 11:21

» 非現実的な中に見る、現実的な物語。『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』 [水曜日のシネマ日記]
幽霊が突然見えるようになった少年の物語です。 [続きを読む]

受信: 2006/08/25 22:32

» 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル/感想 [映画★特典付き前売り券情報局]
2006年08月19日公開の映画「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」を見ました。 * ネタバレあり * 大味というか大雑把というか…粗いストーリーにウケ狙いの酷いCG。けれど、それもあり(売り)かなと思わせる不思議な... [続きを読む]

受信: 2006/08/26 02:07

» 花田少年史(幽霊と秘密のトンネル) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
この夏、わんぱく少年が繰り広げる、笑いと感動の冒険物語!。原作は、大ヒットコミック、一色まことの「花田少年史」(講談社刊)。2003年に日本テレビ系でアニメ化され、東京国際アニメフェア2003で最優秀作品賞、第8回アジア・テレビジョン・アワードでは長編...... [続きを読む]

受信: 2006/08/26 03:53

» 「花田少年史〜幽霊と秘密のトンネル〜」は前半◎、後半× [jizo.net]
花田少年史|幽霊と秘密のトンネル  原作モノの映画化ってのは、確かに興行的には一定の成功が約束されているものなんだけど、作品としての評価はどうしても厳しいものにならざるを得ないみたいね。  やっぱ原作を知ってるコアなファンってのは、自分が原作で体験した感動と、どうしても比べちゃうだろうから。  俺も実際、数えきれないぐらい原作付きの映画を観てきたけど・・・原作以上の出来の映画って、果たしてどれくらいあっただろう?  いや、下手したらゼロかもしれないなあ。  この「花田少年史」ってのも原作が漫画である... [続きを読む]

受信: 2006/08/28 14:38

» 花田少年史/幽霊と秘密のトンネル [とんとん亭]
「花田少年史/幽霊と秘密のトンネル」 2006年 日 ★★★★ 「ハリー・ポッター秘密の部屋」に似たタイトルで^^ いや~~昨日、観たDVD「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」に続き、この映画も ”父の愛”がメイン。家族の絆がテーマで 今、TVで ...... [続きを読む]

受信: 2006/08/29 07:29

» 『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』 [アンディの日記 シネマ版]
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:]       2006/08/19公開  (公式サイト) (公式ブログ) 感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]  【監督】水田伸生 【脚本】大森寿美男 【原作】一色まこと  【出演】 須賀健太/篠原涼子/西村雅彦/北村一輝/安藤希/杉本哲太/もたいまさこ/中島ひろ子/小林隆/大平奈津美/松田昴大/鬼頭歌乃/六平直政/半海一... [続きを読む]

受信: 2006/08/31 18:26

» 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル [オイラの妄想感想日記]
篠原涼子がお母さん役か・・・。 隔世の感、ありだね。 TPD時代が懐かしいよ(笑) 妄想感想いきます。 [続きを読む]

受信: 2006/09/01 09:47

» 花田少年史 [ミックスランチ2号]
『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』を観ました。 知らないとは恐ろしいもので、この映画タイトルだけ聞いて てっきり若乃花・貴乃花の花田兄弟の映画だと思ってたんですわww [続きを読む]

受信: 2006/09/05 20:38

» 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル [欧風]
今回夏休みは19~28までだったんですが、前半の3日は北海道にいて、実家の宮城に帰省したのは22日の昼。実家に居る間もサッカー観たりいろいろあったので、今回は映画観る暇無いかな~、と思ったんですが、25日、思わずぽっかり空いて、ちょうど金曜日で実家近くの109シネマズ富谷がメンズデー。ホントは土曜から公開の映画を2本観たかったんですが、今回の帰省で観るチャンスはこれしかない、と観に行くことに。 まあ、そんな感じもあったんで、特に熱烈に観たい作品は無かったんですけど、何やってるか見たら、「花田少... [続きを読む]

受信: 2006/09/06 00:29

» 花田少年史 幽霊と秘密のトンネル [ネタバレ映画館]
ポルターガイストの仕組みがよくわかった。 [続きを読む]

受信: 2006/09/07 20:49

» 【映画】花田少年史 幽霊と秘密のトンネル [極楽鸚哥堂]
見に行きました。 原作好きなんで。須賀健太くんも好きなんで。 去年も似たような理由で『妖怪大作戦』見に行ったよな〜 私。ショタ故。基本小学生です。(笑) 原作知ってるんで実写にはあまり求めている物はないです。 やはり2時間でやるのにはムリもあるでしょうし。 求めてはあまりいませんが言えば『母ちゃん美人すぎ』(笑) 篠原涼子は美人すぎるだろ〜(笑) 話は良かったです。 子供の聖子ちゃんが死んじゃう所には、ちょっと来るものがありましたね〜。 子供聖子ちゃんは来... [続きを読む]

受信: 2006/09/09 15:58

» 花田少年史/幽霊と秘密のトンネル [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
少年のひと夏の成長の物語です。 いわゆる「ベタ」な作品です。幽霊を持ち出してコミカルな味を加えていましたが、ところどころ泣かせるポイントも抑えられていて、少年たちの見事な演技も加わって楽しめる作品に仕上がっていました。 私自身は、基本的に、「霊感」のない方... [続きを読む]

受信: 2006/09/11 23:53

« じゃすと・IN・たいむ(8/22号・・tears・HoLic・カレンダー) | トップページ | お預け、2連発。 »