« よみがえる源氏物語絵巻~平成復元絵巻のすべて | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(6/7号・・佐藤直紀・バレバレ) »

2006/06/06

「ポセイドン」みた。

Poseidon ”海猿”の勝ち(笑)。
八方塞がりでの船内における生死を掛けた脱出劇としても、人間ドラマとしても。

(以下ネタばれあり)

なんでただの「ポセイドン」かなぁー、などと思ってしまった。どうみても「ポセイドン・アドベンチャー」のほうがしっくりくる内容だった気がする。
冒険(?)に参加する登場人物達についての人間ドラマが説明程度だからかな?
”生に執着する何か”が描かれてないから、「何が何でも生き残こってやる」という気迫のようなものが感じられないんだよねぇ。

だから脱出劇というより冒険劇。

生きて戻れない最後の手段をどちらが実行するか、父と、娘の恋人のやりとりも泣けなかlったなぁ。(アルマゲドンは泣けたんだけどな)
えーっと、そうえいば、主役は誰だっけ?
そうそう彼が”火の海”に飛び込んだところはカッコよかったな。綱渡りも素敵。

時間的にも短いし、壮大な物語にはなりえないというか、これならこれでちょうど良い感じ。
船外への脱出直後に”ポセイドン”が沈没。あんなに近くにいたら渦に巻き込まれるんだろうになぁ。待っていたかのように救助ヘリも即到着。めでたしめでたし、と言いたいところだけど、設計士のおじさん。バレンタインを振り落とした報いはどこへ?

突っ込みどころ満載で楽しかったです。

「宇宙戦争」も「サウンド・オブ・サンダー」でも感じたことで、当時では最先端をいき、誰もが熱狂した作品なのだろうけど、今となってはやっぱりどこか古くさい。
そんな作品をどんなに現代風に置き換えても、オリジナルを大きくリスペクトするかぎり、ギリギリという感じ。
視点を変えてみるべきなのかな?
視覚的効果や迫力は比べようもないほど素晴らしいものになっているのだけどね。

総評:★★★☆☆ オススメ度:★★★☆☆
「過度な期待はしないように。」という感じかな?

追記:”水泳部”・・・恋愛研究会には入ってなかったのかなぁ?

|

« よみがえる源氏物語絵巻~平成復元絵巻のすべて | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(6/7号・・佐藤直紀・バレバレ) »

コメント

 TBありがとうございますm(_ _)m

 「リミ猿」で仙崎たちがフェリーの中で
自分たちの居場所が分からなくなるのが、
この映画を観てから思い出すと妙にリアル
に感じます。あれだけ広い船の中で、船員
でもないメンバーがところどころで船内図
を見たとしても、そうそうに思った通り進
めるのかよ!とw

 登場人物が揃いも揃って、利己的ですよ
ね。ゲイ富豪もどーせだったら、「自分が
設計した船と最後を共にする」とか言って
ウェイターくんを助けてあげるぐらいの器
の大きさを見せて欲しかった。

投稿: たましょく | 2006/06/06 20:50

■たましょくさん、こんばんは♪

ちょっとばかり現実味を欠いた感じですよね。
たまたまとはいえ「リミット・・・」を見たばかりでしたし、どうしても比較してしまって・・。
またアチラは”みんなで助かる””諦めない”っていう気持ちがビンビン伝わる作品だっただけに尚更。

>ゲイ富豪
連絡がなく海に飛び込もうとしていた割には、生き残る気マンマン??
腑に落ちないじいさんですよ。(辛)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/06 23:07

>あんなに近くにいたら渦に巻き込まれるんだろうになぁ

ほんっと猫もそう思いながら観てました(爆)
たましょくさんの”ゲイ富豪”に、受けちゃった(笑)
生き抜くのに真剣で(あたりまえか)水泳部は申告しても殴られないけど
恋愛研究会は・・・この映画の場合白い目で見られちゃうかも?なのでしょうかね~
息抜きできるシーンあったら、上映時間伸びそうだしねー(爆)

投稿: にゃんこ | 2006/06/07 17:54

たいむさん、( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

「海猿」まだ、観ていません(/_;)しくしく
(近くのシネコンでは やってないのです・・・少し遠くまで 行かないと 無理・・・汗)

>、「何が何でも生き残こってやる」という気迫のようなものが感じられないんだよねぇ。

そう言われてみれば、確かに 例えば エミー・ロッサムとか その彼氏、ゲイの富豪は 必死は必死だけど 取り乱して パニくる、そんな感じはなかったですね^^ ギャーギャー騒がなきゃ・・・(みっともないぐらい・・)嘘ですよね。
とは言え 満足した トンでした(^.^)

投稿: とんちゃん | 2006/06/07 22:10

たいむさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

ハラハラドキドキはしたんですが、人間ドラマの方はちょっと薄かったですね。
最後にロバートが片道切符の潜水をするシーンはアルマゲドンを観ていない方なら感動すると思いますけど、観た人はやっぱり二番煎じに見えなくも無いかも・・・

でも最後にカート・ラッセルが見せた『うくっ・・うくっ・・』と溺死一歩手前の演技が妙に上手かったです(笑

投稿: メビウス | 2006/06/07 22:14

こんにちは♪
ちょっと留守していたのでTBが遅れて申し訳ありません。
「海猿」は見ず嫌いなので比べようもありませんが(笑)、これはこれで私は結構のめりこんでい見てました。
パニック映画って大流行の時があったのを懐かしく思い出しました。
リメイクは必ずオリジナルより落ちることが多いから気の毒だわ~。

投稿: ミチ | 2006/06/07 23:35

■にゃんこさん、こんばんは♪

>>あんなに近くにいたら渦に巻き込まれるんだろうになぁ
>ほんっと猫もそう思いながら観てました(爆)
ですよねw
「早くこげ!」と言われても「それは無理だろ?」って(笑)

>息抜きできるシーンあったら、上映時間伸びそうだしねー(爆)
この内容ならば長過ぎず、短過ぎず。でしたね。恋研じゃなくてよかった(笑)


■とんちゃんさん、こんばんは♪
>「海猿」まだ、観ていません(/_;)しくしく
折角なので、ご覧になってください。
違うがよーくわかります(笑)

一番気迫を感じたのは、途中脱落の密航者のような気がして・・・皮肉なものですねw


投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/07 23:38

■メビウスさん、こんばんは♪
>片道切符
そうなんですよねぇ。
別れを惜しんでいる間に・・・バレバレでした(笑)

>『うくっ・・うくっ・・』と溺死一歩手前の演技が妙に上手かったです(笑
私も感じましたよ。それ。
なんかちょっと経験があるだけにみょーにリアルで(汗)


■ミチさん、こんばんは♪
>「海猿」は見ず嫌いなので比べようもありませんが(笑
私の韓流見ず嫌いなのと似たようなものですねw
どんなに勧められてもきっと見ない(爆)
今作品も楽しいと言えば楽しい作品だとは思ってます。

さすがにリアルでは見ていませんが、TVなどで見た覚えがあります>ポセイドン・アドベンチャー
しかしその少しあとの「タワーリング・インフェルノ」は映画館でリアルで見てたりします(笑)


投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/07 23:47

こんばんは。コメントありがとうございました。
基本的にはスリルを楽しむジェット・コースター
ムービーとしてみるべきなんでしょうね。
でもよく考えれば、それならポセイドンの名前を
使う必要は無い気も・・・

投稿: キャスト | 2006/06/11 18:36

■キャストさん、こんばんは♪
コメント感謝です。
>ジェット・コースタームービー
視点を変える、という意味ではまさしくそのようですね。
確かにそうなると、”ポセイドン”である必要はなさそうw

極限状態においては、自分のことで精一杯ですかw
それが狙いだとしたら・・秀作ですねw

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/11 19:50

こんばんは☆

この映画、まったく遊園地のライドみたいな
映画でしたよね。
たぶん、監督も観客を泣かせようとかこれっぽっちも
思ってない気がします(笑)

ただ、自分は「海猿」にも全くノレませんでした
(TV版を観ていないからでしょうか)^^;

投稿: ひー | 2006/06/13 00:16

■ひーさん、こんばんは♪
>まったく遊園地のライドみたいな
ほんとに・・・。

監督にはどんな意図があったのか、それが知りたい。
と、他でコメントしてみたら・・・
人間、本当に窮地に立たされたら人のことはおかまいなしになる、って事では?と。お返しが(笑)

海猿も突っ込みどころは満載だったけど、緊迫感や必死さには充分に伝わってきて良かったと思ってます。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/13 18:35

『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです
たいむさんTB&コメント有難うございます
>あああ・・・動転・・いや同点。
>コレだから日本戦は見てられない。

hideの場合は1点先行した段階で
(^_^;)体調不全で、早めに
(-o-)zzzZZZ~~~! したのですが
朝起きて
(」 ̄ロ ̄)」しょっ、
  (」 ̄ロ ̄)」しょっ、
(」lll ̄ロ ̄)」しょえーーーっ!・・とショックを受けました(T□T)
日本のほうが攻撃の手数が少ないとは・・とほほですね
●『ポセイドン』はもうチョッと感情移入できる暇を作って欲しかったですね。オリジナルほど出なくて良いけど・・・
そうすれば完璧な感じがしましたね
▲『濃い・ゆる~い映画(笑い)』は後で拝見します

投稿: hide | 2006/06/13 22:16

■hideさん、こんばんは♪
そっか、hideさんは途中降板しちゃってたのですね。
私がコメント送信した直後に2点目、3点目・・と映画に行った意味がなかったような・・と苦笑いでした。

>●『ポセイドン』はもうチョッと感情移入できる暇
98分の枠は悪くないんですよね、だらけのこない時間として。
じゃあ、どこ削ってなに増やそうか・・・意外に難しいかもw

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/13 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/10416422

この記事へのトラックバック一覧です: 「ポセイドン」みた。:

» ポセイドン [Akira's VOICE]
身を固くして画面に見入る水難災害体験映画! [続きを読む]

受信: 2006/06/06 18:14

» ポセイドン [何を書くんだろー]
「ポセイドン」 評価 ★★★★☆ (4.1) 『あらすじ』  北大西洋を航行する超豪華客船「ポセイドン号」。船内では、大晦日の夜を堪能する沢山の乗客 たち。思い思いの時間を過ごす中で、新年へのカウトダウンが船長によって行われる。人々の歓声 ...... [続きを読む]

受信: 2006/06/06 20:51

» ポセイドン [とんとん亭]
「ポセイドン」 2006年 米 ★★★★★ 大興奮でした。いや~~手に汗握るってこの事なのね~~と改めて思いました。ご存知「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイクですが 元の映画は全く覚えてません。 (TVで 観たかもしれないけど・・?) 大晦日...... [続きを読む]

受信: 2006/06/06 22:10

» 映画館「ポセイドン」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
先行上映で観て来ました! リメイク元「ポセイドン・アドベンチャー」は観ていません。 豪華客船沈没のお話ってことで「タイタニック」を想像していましたが、全然違った感じでした。どちらかというと「タワーリング・インフェルノ」に近いかな。 もう少し、1人1人...... [続きを読む]

受信: 2006/06/07 06:19

» ポセイドン [Saturday In The Park]
 アメリカ   パニック&アドベンチャー&サスペンス  監督:ウォルフガング・ペーターゼン  出演:カート・ラッセル      ジョシュ・ルーカス      ジャシンダ・バレット      リチャード・ドレイファス 大晦日の夜。北大西洋を航行中の豪華客船ポ...... [続きを読む]

受信: 2006/06/07 10:02

» ポセイドン☆独り言 [黒猫のうたた寝]
あれ?マット・ディロン?でも線が細い^^;;; と思いながら もんもんとして帰ってから確認したら・・・弟なのね、、、 アドベンチャー・ゲームのような映画『ポセイドン』観てきました。 オリジナルの『ポセイドン・アドベンチャー』は大好きな映画なので、期待しつ...... [続きを読む]

受信: 2006/06/07 17:42

» ポセイドン [花ごよみ]
  その瞬間、運命もさかさまに転覆し始める……チラシより    津波に遭遇。 180度ひっくり返ってしまった超巨大客船。    4000人の乗客の中で、 脱出を試みたのは数人の乗客だけ。   協力し合いながら遠い出口を探し求める。    SFXの見事な映像はダイナミックで  水の恐怖感をあおります。   爆発のシーンも衝撃度大です。 多数の、命の絶たれた人達の映像も残酷で、  悲壮感が残ります。  リアルすぎて�... [続きを読む]

受信: 2006/06/07 18:54

» 映画『POSEIDON』劇場鑑賞 [蛇足帳~blogばん~]
1972年に公開されたパニック映画の代表作『The Poseidon Adventure』のリメイクである『POSEIDON』を観て来ました。トレイラーで在り得ないくらい巨大な津波に豪華客船が襲われているシーンを見て、「何だ?この大胆過ぎる作品は!」と感じたのが観たいと思ったキッカケです..... [続きを読む]

受信: 2006/06/07 20:37

» 映画「ポセイドン」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ポセイドン」 1972年公開の『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイク。 北大西洋の真ん中で豪華客船が巨大波を受けて転覆し、人々は生き延びるためのサバイバルを決行する。 パニック映画では多くの人のドラマを見せる事が必要となる。“脱出”のサバイバルに参加したメンバーも多種多様で、NY元市長(カート・ラッセル)は消防士の経験を生かし、またギャンブラーのディラン(ジョシュ・ルーカス)はその直感を生かし... [続きを読む]

受信: 2006/06/07 23:31

» 『ポセイドン』と『LIMIT OF LOVE 海猿』は似ている? [やっぱり邦画好き…]
 公式サイト 映画 『 ポセイドン  』[試写会鑑賞] 2006年:アメリカ 【6月3日ロードショー】[上映劇場 ] 監 督:ウォルフガング・ペーターゼン 脚 本:マーク・プロトセヴィッチ  原 作:ポール・ギャリコ  [ キャスト ]   カート・ラッセル ジョシュ・ルーカス  ジャシンダ・バレット  リチャード・ドレイファス  ジミー・ベネット  エミー・ロッサム  マイク・ヴォーゲル  ミア・マエストロ... [続きを読む]

受信: 2006/06/09 09:23

» 映像の迫力と、時間との競争がメイン。『ポセイドン』 [水曜日のシネマ日記]
豪華客船が大波を受けて転覆した時の様子を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2006/06/11 09:19

» ポセイドン [映画をささえに生きる]
リメイク元の『ポセイドン・アドベンチャー』は、キャストの生涯ベスト10入りが確実な1本です。もっともこれは(いくら好みが偏ってるとはいえ)キャストに限った話ではなく、これぞ名作中の名作と考える人は大勢いると思います。... [続きを読む]

受信: 2006/06/11 16:34

» 今年は沈没船ブーム?【ポセイドン】 [犬も歩けばBohにあたる!]
今年は沈没船ムービーが多いなぁ。 「LIMIT OF LOVE海猿」は大ヒット [続きを読む]

受信: 2006/06/11 23:36

» 『ポセイドン』2006・6・4に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『ポセイドン』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 大晦日の夜。北大西洋を航行中の豪華客船“ポセイドン号”に巨大な波が押し寄せ船体が180度転覆の危機に。生存者達は船内に残る者と、混乱する船内で出口を探すサバイバルに向かう者達と別れる事に成る・... [続きを読む]

受信: 2006/06/12 21:55

» ポセイドン [金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等]
2006年6月3日公開  何故か知らないけど海の映画が大好き!なウォルフガング・ペーターゼン監督、「Uボート」「パーフェクト・ストーム」に続き、1972年公開の名作をリメイクした本作で [続きを読む]

受信: 2006/06/12 22:01

» ポセイドン〜 [ナイス旦那日記]
ポセイドン観てきました。 海猿に続く船モノのパニック映画。 これがポセイドン号 近代的な客船だね。 外観は全てCGを使用しているらしく、オープニングシーンでは、実写では不可能であろうカメラワークをみせてくれる。 そしてこの船が、巨大な波におそわれる。 でけー波! この大きな船が全て飲み込まれる程の大きさ。 そして、完全に逆さになった船内から脱出する、というストーリー... [続きを読む]

受信: 2006/06/12 22:47

» ポセイドン (Poseidon) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ウォルフガング・ペーターゼン 主演 カート・ラッセル 2006年 アメリカ映画 98分 パニック 採点★ リメイクの是非については、後日たっぷりと。基本的には肯定派ですが。 さて、映画ファンならタイトルぐらいは聞いたことがあるであろう『ポセイドン・アドベンチャー』..... [続きを読む]

受信: 2006/06/13 03:11

» 「ポセイドン」 [理力や特撮や美女と共にあらんことを。。。]
ワーナーマイカルシネマズで「ポセイドン」を観ました。 ややネタバレあります。 もうとにかくテンポ良くドンドン話が進んでいきます。 それはもう登場人物に感情移入するヒマもないくらいに(笑) 考えるヒマも無いので、どう反応していいのかも分からないという...... [続きを読む]

受信: 2006/06/13 23:18

» ★「ポセイドン」 [ひらりん的映画ブログ]
見たい映画が溜まってきたので一挙3本見てきました。 これは2本目。 (招待券も溜まってたので2本は無料です) むかーーーし、テレビで見た事のある「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク。 パニック映画なんだろうけど、CG技術が超進歩したので・・・ 迫力映像を堪能できるのかなっ???... [続きを読む]

受信: 2006/06/14 03:35

» 『ポセイドン』★★★☆・ [ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ]
『ポセイドン』原題;ThePoseidon制作データ;2006米/WB ジャンル;パニック 上映時間;98 監督;ウォルフガング・ペーターゼン出演;ジョシュ・ルーカス/カート・ラッセル/エミー・ロッサム/マイク・ヴォーゲル観賞劇場:6/14(水)ピカデリー1◆STORY◆大晦日の夜。...... [続きを読む]

受信: 2006/06/19 11:42

» ポセイドン(DVD) [ひるめし。]
その瞬間、運命もさかさまに転覆し始める。 [続きを読む]

受信: 2007/03/04 13:25

« よみがえる源氏物語絵巻~平成復元絵巻のすべて | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(6/7号・・佐藤直紀・バレバレ) »