« スペシャル・エディションⅡ それぞれの剣(つるぎ)? | トップページ | ちょっとだけBLOOD+35話「希望のない明日」 »

2006/06/08

「花よりもなほ」みた。

Hana_naho まず、面白かった。好きだなぁーこういうの。
ぼけぼけの、ほのぼのだったり、ぴりぴりの、ちくちくだったり、笑いの中にもしりあすちっくなスパイスも散らされた、でも基本的には軽快な音楽のとおり、明るくて楽しい作品だった。
”仇討ち”が武士(もののふ)の誉よ、美学よと、もてはやされ賞金まで出ちゃうご時勢。
「父が討たれた、それ長男よ、仇討ちに行け!」と、当たり前のように言われてもねぇ。自分の実力を知っていたらまず考えなくはない・・・「死ぬのはどっちだ?」
(以下ネタバレあり)


”仇討ち”という、所謂”憎しみの連鎖”にも似た、無駄な殺し合い。
同じ時、同じ場所に、仇討ちをしたがっている者(赤穂浪士)と仇討ちをできればしたくない者(宗左衛門&おさえ親子)が居るわけで、その行動の対比がなんともいえない可笑しさを醸し出していた。その長屋を取り巻く個性的な人々がまたいいし。

お笑い要素満載なのだけど、話の引き締めどころもちゃんとある。
”仇討ち”といえども、これもひとつの人殺し。
本当に”殺す”ということの大変さや、”殺される”ということのもっと大変さが、そで吉によって語られた。「やるだけやって潔く散ろう」そんなのは口先だけの建前でしかないということ。憎まれ口ながら、本当は宗左衛門の仇討ちをやめさせたいと思う気持ちからの、単なる作り話かと思いきや、自分の経験からついクチに出てしまった事だったと知った時はホロリ。
「やっぱり仇討ちはしたくない。すべきことではない。」 結論は出ても、武家である限り、不名誉もまた困る。それを回避する手段、、、なんとも上手いことを考えたものだ(笑)
その愉快な仇討ち成就後、そで吉と宗左衛門との間で再び交される会話がいい。「バラバラ」と「死闘」、これにはついつい笑みがこぼれた。

天下泰平の江戸時代。「仇討ち」に賞金だなんて、これも一種の平和ボケなのかな?どこかに刺激を求めている民衆、という感じか。賞金の100両の出所をだーれも考えないっていうのがなんともね。これって簡単に言えば公金、つまり税金なわけでしょ?

個性的な面々。
私としては、「叔父上」が一番ツボだった。何がってあの色ボケぶり・・ではなく、別れ際の言葉で株が急上昇w。

寺子屋のお習字。
「いろは」「ひなまつり」からはじまって、「ほたる」、「すずむし」(だったはず)、「たこあげ」など。季節の移り変わりを何気なく”字”で見せる、という演出も好きだなぁ。

総評:★★★★☆   オススメ度:★★★★☆

テーマを真面目に考えれば、ちゃんとメッセージも伝わるし、ただ楽しく笑ってみることもできる、そんな作品だと思う。

|

« スペシャル・エディションⅡ それぞれの剣(つるぎ)? | トップページ | ちょっとだけBLOOD+35話「希望のない明日」 »

コメント

こんばんは。コメントありがとうございました!
なかなか、巧妙にできた映画でしたね。キャストも豪華でした。いろんなキャラクタを「まるで子どもを観察する」かのような雰囲気があって、観客側も、必要以上に特定の人物に感情移入することなく、冷静に楽しむことができたように思います。是枝監督らしさかな、とも。(^^;)
たいむさんが、こうした映画を高く評価されるのは、少し意外な感じもしますが。そういえば『大停電の夜』の評価も高かったな、と思いだしました。ふむふむ、なんとなく、解るような気もしてきました。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/06/08 22:02

こんばんは~。
報復というテーマを描く作品は多いですが、このようにさりげなく示されると、うなりますね~。
スピルバーグに見せたい。あ、問題発言?…爆
「叔父上」…なかなか臭かったし…笑
音楽と岡田君に惹かれて見たのですが、たまには腰の弱いそばもゆるいギャグも、花よりだんご気分で堪能するのもいいなあ~と思いました。^_^;

投稿: charlotte | 2006/06/08 22:19

叔父上 確かにツボですね(笑)
今日は、ついついメーキング借りてきてしまいました。
実は結構気に入ったサントラが堪能できるとの情報得て♪
メーキング映像もなかなか楽しく、昨日の映画思い出しながら
楽しんでしまいました。

投稿: にゃんこ | 2006/06/08 23:29

■あかん隊さん、こんばんは♪
意外ですか?(笑)
>ふむふむ、なんとなく、解るような気もしてきました。(^^;)
私自身、よくわかってないかも?(汗)・・・感覚的な好き嫌い。

時代劇って結構好きだったりします。
「剣客商売」とか「鬼平犯科帳」とかは特に。
「仕事人シリーズ」も好きだし「腕におぼえあり」とかも。みんな古いぞ!(意味が違うかw)

「ぷっ。」って吹き出す程度のバカなんだけど、馬鹿過ぎなのは好きですねー。


■charlotteさん、こんばんは♪
光ゲンジの次はV6(笑)・・なんか違うぞw
>このようにさりげなく示されると、うなりますね~。
未だにハマっているアニメ(ガンダム)で考え続けた「憎しみの連鎖」
断ち切れなくてどれだけ苦しい思いをしたか(笑)
こうサラッと言われちゃうと、「そーだよねー」なんて簡単に考えられちゃうんですけどねぇ。

>花よりだんご気分で堪能するのもいいなあ~と思いました。^_^;
こういうだんごが不思議と美味しかったりするんですよねw


投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/08 23:37

■にゃんこさん、こんばんは♪
>ついついメーキング
なんだか面白そうですね。
もともとサントラ好きの私としては、そちらが気になりますね。
ちょっと探してみようかな?

>叔父上
しん坊が8歳なのにいろいろ納得している叔父上がなんとも(笑)
わかっていてボケてるんですよね、アレ(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/08 23:41

こんにちは♪
たいむさんと同様こういうの大好きです!
復讐の連鎖を断ち切るときって発想の転換もいるし勇気も必要ですよね。
仇討ちの入れ子の仕組みが上手いと思いました。
HPもスタッフの遊び心満載で楽しかったですよ!

投稿: ミチ | 2006/06/09 13:17

■ミチさん、こんばんは♪

>復讐の連鎖を断ち切る
ひとと違うことをしようとすることは大変ですよね。
それをどう昇華させるのか、そこも考えなくてはだし。

ミチさんと好みが似ている・・というのは、私も密かに感じてました(おそれおおくも笑)
なんか嬉しいです。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/09 17:52

コメント有難うございます!

観る前は「どうだろう?」と少しの不安がありましたが、以外にはまっていましたね。
あの声のトーンで演技をしている岡田君を見たことがなかったので、新しい演技の幅も広がったと思います(^-^)

ここ数年は時代劇の当たりが多くて嬉しいですね☆

投稿: マッキー | 2006/06/09 20:02

>”仇討ち”という、所謂”憎しみの連鎖”にも似た、無駄な殺し合い。

まるで、どこかのアニメショーンにも似たシュチュエーションですね。(笑)
ちょっと耳が痛かったりして…。

でも、赤穂浪士の討ち入りと、対比させながらストーリーが進む所は、見事な演出ですね。
笑いが多くて、一見コメディの様なのだけど、以外のメッセージ性の強い作品ですね。

投稿: nicK_right | 2006/06/10 20:12

こんばんは♪

>季節の移り変わりを何気なく”字”で見せる
うわ~そこまで全然気がつかなかったです・・・。
段々と字が上手くなっていっているのだけは
気がついたんですがね・・・r(^^;)
ボクも叔父貴が一番ツボでした♪

投稿: Notorious♪ | 2006/06/10 22:56

■マッキーさん、こんばんは♪
俳優としての岡田君は結構好きです。

>ここ数年は時代劇の当たりが多くて嬉しいですね☆
ほんとそうですよね。
勧善懲悪だけが時代劇じゃない!
今後も良いものが沢山登場することを願いたいですね。


■nick_right さん、こんばんは♪
>どこかのアニメショーンにも似たシュチュエーション
ここでの言い回しはそれを彷彿させる書き方にしました(笑)
アチラは悩み苦しんで苦しんで苦しんで・・・あすらん(笑)個人レベルと国レベルじゃ大きく違うけどw
こちらは意外にあっさり。難しく考えないほうが本当は”納得”なのかもしれませんね。

赤穂との対比は途中でアイディアが浮かんで書き直した・・とううようなことを監督がインタで答えてました。お見事でしたね!

>以外のメッセージ性の強い作品
社会派時代劇ってヤツですねw


■Notorious♪ さん、こんばんは♪
>段々と字が上手くなっていっている
これも感じましたね。
筆使いはどんどんと上達(爆)
”にげあし”とか朱書きで足してある張り紙とか、見せる笑いも多数。
こういう芸の細かいところがすごく好きです。


投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/11 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/10429887

この記事へのトラックバック一覧です: 「花よりもなほ」みた。:

» 【劇場鑑賞61】花よりもなほ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
てぇへんだ、てぇへんだぁ! あだうちだぁ〜!! 時は元禄十五年 舞台はお江戸の貧乏長屋 若侍の抱える使命は 父の仇を討つことだとさ ところがこの侍 えらく弱えときたもんだ ... [続きを読む]

受信: 2006/06/08 20:28

» 花よりもなほ [ネタバレ映画館]
 風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残をいかにとやせん [続きを読む]

受信: 2006/06/08 21:35

» 花よりもなほ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
配役ですでに鑑賞決定(笑) だって、宮沢りえに岡田准一・・・好きなんだなぁ~ (面食いなんだもーーん(爆) 時代劇って、はまるか、はまらないか・・・すっごく微妙なときがあるんだけど この作品は、感覚的には、はまり!です。 でもね、ちょっと尺が長めなのが・・・ち...... [続きを読む]

受信: 2006/06/08 21:40

» 花よりもなほ [きょうのあしあと]
「ところがこの侍、えらく弱ぇときたもんだ」 監督:是枝裕和 脚本:是枝裕和 出演:岡田准一、宮沢りえ、古田新太、香川照之、田畑智子、上島竜平、千原靖史、木村祐一、加瀬亮、平泉成、絵沢萠子、夏川結衣、國村隼、中村嘉葎雄、寺島進、石橋蓮司、田中哲二、遠藤憲一、中村有志、勝地涼、トミーズ雅、原田芳雄、他 公式HP:http://kore-eda.com/hana/ 鑑賞:CINECITTA\' ■ストーリー 江戸は元禄15年、父の仇を探して信州から出てきた青木宗左衛門(岡田准一)はオンボ... [続きを読む]

受信: 2006/06/08 21:58

» 花よりもなほ [シャーロットの涙]
ちょっとリアルでない、日本昔話〜の世界で、300年も前の出来事のようにはどうも見えませんでしたねえ。 どこでもドアを開けたら、そこは長屋だったという印象…笑 カッコいいヒーローでなく弱くて逃げ足が速い普通の人を取り巻く、臭くて可笑しくて、ちょっとほろりのゆるい時代劇。。。 キャスト陣が汚くて嫌だけど、でも本当に臭そうで逆に可笑しい。 仇討ちを背景に「弱い」という事を考えるにはいい作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2006/06/08 22:14

» 『花よりもなほ』 [この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!]
かな~り期待していた作品。 今日は札幌から約20km離れた 江別のワーナーマイカル・シネマズ江別に遠征。 現地に着くまでは『(遠いから)もう2度と来ない#63911;』と 思っていたのですが...訂正lt;(_ _)gt; 設備が素晴らしい#63913;#63893;..... [続きを読む]

受信: 2006/06/09 08:49

» 花よりもなほ [Saturday In The Park]
 日本   時代劇&ドラマ&コメディ  監督:是枝裕和  出演:岡田准一      宮沢りえ      古田新太      浅野忠信 時は元禄15年徳川5代将軍綱吉の時代。生類憐れみの令が幅を利かせた泰平の 世。巷では赤穂浪士が切腹させられた浅野内匠頭の....... [続きを読む]

受信: 2006/06/09 09:43

» 花よりもなほ [Akira's VOICE]
日本の過去から届いた「戦わない強い意志」 ちゃんと受け取りました。 [続きを読む]

受信: 2006/06/09 10:23

» 映画「花よりもなほ」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「花よりもなほ」 是枝監督最新作は時代劇。 元禄15年、仇討ちに藩が賞金を出していた時代の話。父の仇を討つために貧乏長屋に住み着いた田舎侍・青木宗左衛門(岡田准一)の仇討ちの顛末を描く。 この貧乏長屋がありえないほど汚くて匂ってきそうなほど。そこに住む住人たちがまたみんな個性的。なんせメンバーは古田新太、キム兄ィ、香川照之、上島竜平などだから、彼らを見ているだけでも充分おかしい。そんなメンバー�... [続きを読む]

受信: 2006/06/09 13:14

» 『花よりもなほ』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]   6/3公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】是枝裕和 【脚本】是枝裕和 【出演】 岡田准一/宮沢りえ/古田新太/香川照之/田畑智子/上島竜兵/千原靖史/木村祐一/寺島進/浅野忠信/夏川結衣/加瀬亮/石堂夏央/遠藤憲一/田中哲司/中村有志/絵沢繭子/平泉成/石橋... [続きを読む]

受信: 2006/06/09 16:13

» 「花よりもなほ」 [ハッピーエンド]
父親の仇にあだ討ちする為、信州松本から上京してきた青木宗佐衛門。 剣の腕はからっきしの若侍が、共に長屋で暮らす貧しい人々との触れ合いから、自分自身の“生き方”を見つめ直していく姿が、温かい笑いと涙と共に描かれた作品です。 ... [続きを読む]

受信: 2006/06/09 18:00

» 花よりもなほ [しんのすけの イッツマイライフ]
実は映画が始まった序盤、 あ、なんかこの世界感だいじょうぶかな~、 ついていけるかな~、、なんて危惧しちゃいましたが、 なんのなんの!! そんな心配した序盤がうそのようにドップリはまり、 とても楽しめました(^▽^)... [続きを読む]

受信: 2006/06/10 19:27

» 『花よりもなほ』 [Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐]
時は太平、元禄の世。 お犬様が持てはやされ…、ポツリを呟かれる、「俺たち人間も生き物なんだけど…。」 そんな時代を生きる人々の小さいな希望と、過ぎ行く日常を淡々とした描写で見せきった作品「花よりもなほ」 その時代に住む人々の小さな変化や、日常にスポットを当てている…。 ただそれだけなの、面白いんですよね。 ごくごく普通。 感動した…とか、そんな言葉を使わなくても、面白いと感じてしまう。 ちょっと不�... [続きを読む]

受信: 2006/06/10 20:04

» 花よりもなほ [わたしの見た(モノ)]
「花よりもなほ」 「誰も知らない」の是枝裕和監督が時代劇に初挑戦した作品。 父の仇を討つために東京・深川の貧乏長屋に暮らす青木宗左衛門(岡田准一)。 人情味溢れる長屋で暮らすうちに“仇討ちしない人生”について考え始める。 青木宗左衛門と赤穂浪士の仇討ちを平行... [続きを読む]

受信: 2006/06/10 23:49

» 花よりもなほ [マボロシログ]
花よりもなほ監督:是枝裕和出演:岡田准一/宮沢りえ/古田新太/國村準/中村嘉葎雄/浅野忠信/他父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門は、おんぼろ長屋で実家からの仕送りだけが頼みの貧乏...... [続きを読む]

受信: 2006/06/14 20:13

» 花よりもなほ(映画館) [ひるめし。]
仇討ちだよ、全員集合! CAST:岡田准一/宮沢りえ/古田新太/加瀬亮/中村嘉葎雄/浅野忠信 他 ■日本産 127分 仇討ちがテーマだけどゆるゆるな感じの時代劇でした〜。 つまらなくなかったけどこれと言って何かひっかかるでもなかった映画だった。 へっぴりだけど優しい侍役の岡田くん素敵だったよ〜。 でもカツラ似合わなかった・・・。 宗左とおさえとの関係よりもそで吉とおちょうの関係の方が気にな�... [続きを読む]

受信: 2006/06/15 20:39

» 【劇場映画】 花よりもなほ [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門は、おんぼろ長屋で実家からの仕送りだけが頼みの貧乏生活を送りつつ、憎き仇、金沢十兵衛の所在を探っていた。仇討ちに成功した暁には、名誉の回復だけでなく藩からの賞金も手に入るはずだ。ところが、この宗左、剣の腕はからっきしで、その不甲斐なさは長屋の住人たちもあきれるほど。刀を差してはいても武芸にとんと疎い宗左は、近所の子どもたちを集めて寺子屋を開く。 (goo映画より) おんぼろ長屋に住む、バラエティ豊かな面々が個性ありすぎで、... [続きを読む]

受信: 2006/06/15 22:51

» 「花よりもなほ」 [ ]
時代劇とは言ってもコメディタッチのなので抵抗はありませんでした。コレと言った山場はないものの、見終わった後には心が温まる、そんな作品でした。仇討ちの為に上京してきた宗左が、長屋の住人達と交わるうちに、仇討ちとは何なのか考え始める。その成長の過程を見ていると、人の心の強さや生き方について考えさせられます。それは何もこの時代に限ったコトではなくて、現代にも通ずるものがあるのでは? [:URL:] 『花よりもなほ』... [続きを読む]

受信: 2006/06/25 14:16

» 花よりもなほ [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
2006年6月3日 劇場初公開 公式サイト: http://kore-eda.com/hana/top.html 池袋シネマ・ロサ2(地下1階) 2006年6月29日(木)10時30分の回 ゴウ先生総合ランキング: A-   画質(ビスタ): A-   音質(ドルビーデジタル): A-... [続きを読む]

受信: 2006/07/01 12:21

« スペシャル・エディションⅡ それぞれの剣(つるぎ)? | トップページ | ちょっとだけBLOOD+35話「希望のない明日」 »