« SONY MUSIC ANIME FES. '06 SEED&SEED DESTINY  IN大阪 | トップページ | 不可解な現象~@niftyよ、どうなっている? »

2006/06/15

「DEATH NOTE (前編)」みた。

Deathnote 久々に試写会。例によって、この作品が「ジャンプ」で連載されていたことと、劇場予告くらいの知識のみ。
あとはちょっとだけ例のG君(仮)に「Lって何者?」質問したくらいかな(笑)
以下ネタバレあり・・といっても「キラ」が藤原竜也演じる「夜神 月(ライト)」であることはバレでもなんでもないからなぁ。

それにしても”キラ、キラ、キラ様”には、時折別のひとを連想しちゃって苦笑いも(笑)
レイなんかも出てきちゃうし(笑)

感想としては、すごく面白かった。10月の後編も必ず観に行く。
テーマも、トリックも、種明かしも、すごく上手くできている。(原作がしっかりしているからだろうけど)とにかく、犯人は判りきっているのにも関わらず引き込まれてしまった。
大抵、連続モノの作品の場合、最初は”登場人物の紹介と説明”で終わることが多いけれど、なかなかどおして、この作品。ライトが”キラ”になった理由は簡潔で判りやすく描かれていたし、「L」の登場とその手腕も「え?はやくもキラ様ピンチ?」なんて思っちゃうくらいのインパクトがある。原作はどうだか知らないけど、ここから”キラ”と”L”のどっちがどっちとも付かない攻防戦が繰り広げられるんだな、と開始そうそうで理解することができる。
時々入るデスノートの機能説明もいいタイミング。”同姓同名の謎”がすぐ浮かんだけど、程よく入って「なるほど!」って納得。
内容の割には後腐れもないし、後味も悪くない。(いっぱい死んじゃったけど。。^^;)

・・・・そもそも”キラ”とは何か?
善か悪か。”キラ様”とは崇め奉るべき存在か、否か。
多角的な意味での”正義”を考えるという点では、社会派作品ともいえると思う。
”キラ”のしていることは、本来罪を償うべき犯罪者たちをのさばらせておくしかできない理不尽な現実に対して一矢を報いるために、天罰の如く影から制裁を下すこと。制裁とは悪しきものに死を与えること。それが犯罪件数の激減につながり社会的貢献をも果たす。それが”救世主”といわれる所以。しかし”キラ”の行為は殺人となんら変わらない。”キラ”もまた犯罪者。詩織の言うように”恐怖”による支配ともいえる。”キラ”は本当に救世主なのだろうか?
(なんだかハマリそう。。。SEED並みの考察が書けそうな気がしてきたし・・^^;)

”L”の存在が”キラ”を変えていく。
正義の発動で得られた”救世主”という称号。自己満足。それが正義を掲げたゲームでの知恵比べに楽しみを見出し始める”ライト”になっていく。
結局のところ、”ライト”も”L”も同類なんだよね。
すでにどちらも狂ってしまっている。どちらも”正義”を前提にしているのに、”命の尊さ”がどこにも存在しない。自己中心的。それだけ現実に失望しているということなのかな?

この二人の戦いは、「生きるか、死ぬか」でしか決着しないんだと思う。
白熱し、どんどん周囲を巻き込みながら、過激なまでにエスカレートしていく戦いが「後編」なんだろうね。
最後に降ってきた、”新しい別のノート”。これは何?やっぱりデスノートなのかな?
完全に後編への布石。どうつながるのかな? 早くも続きが楽しみ!

ああ、そうだ、忘れちゃいけないライトのお父さん。「夜神総一郎」
彼の正義が一番”正義”らしい”正義”なんじゃないかなぁ(笑)
息子がキラだと知ったら・・・どうなる??

原作を知らないものとしてでも充分に楽しめた作品。でも、きっと、映画では描ききれ(て)ない葛藤や苦悩とか、もっと別の独自の世界観が原作にはいっぱいあるんだろうなぁ・・・と思うと...

「原作を読んじゃおうかなー」  

おそらく、そのくらい(私好み)の作品であることは間違いない気がしている。

|

« SONY MUSIC ANIME FES. '06 SEED&SEED DESTINY  IN大阪 | トップページ | 不可解な現象~@niftyよ、どうなっている? »

コメント

早っ! たいむさん、もう観たの!?
いいなぁ・・・試写会。
実は私、原作ファンですよ。特に息子1は大ファンで。
しかも藤原竜也くん好きなので映画は絶対観に行きたいと思ってました。

そうかぁ、すごく面白かったのねっ。これは期待していいかな。
ただ、たいむさんは逆に予備知識なしだからこその、この感想かもしれないですね。
ともあれ私も自分の目で観てみなきゃ~

あ、原作読むならコミックス貸しましょか?
たいむさんには日頃大変お世話になってるし(笑)、どーんと全巻お送りしちゃいますよ。
(但し最近最終回を迎えたばかりなので、コミックス最終巻はまだ出てません。)

投稿: 小波 | 2006/06/16 16:14

■小波さん、こんばんは♪
映画の試写会は、手当たり次第に応募しているので、2ヶ月に1度くらいの確立で当たってます。

>実は私、原作ファンですよ。
アニメフェアの時にそう言ってましたよね、確か。覚えてますよー。
「好きなのよ~」と嬉しそうにパンフを仕入れてた小波さん(笑)

>ただ、たいむさんは逆に予備知識なしだからこその、この感想かもしれないですね。
おそらくそうでしょうね。ホントに面白かったと思ってますから。
他の映画でもそうなのだけど、漫画でも小説でも原作がある作品の場合、原作ファンを絶賛させるものは皆無といって間違いないと思ってますしね。
原作ファンにはアレもコレも全然足りない、ということになるのではないでしょうか。
ここも、原作の奥深さを想像しつつ書いた感想ではあるけれど、見当違いになってなきゃいいなぁ・・と思ったりして(汗)

原作を知っているG君(仮)に映画のネタバレしたら微妙に違うらしいです。
その辺りでの原作ファンの反応が見ものかなw

藤原君、いい感じだったと思いますよ。
ただ、スポーツ万能(設定)の割りにバスケはどうみても上手ではないな。誤魔化しきれてない(笑)「なんでアレが入るんだよ」・・正にそのとおりです(違った意味でw)・・バスケ経験者談w

>あ、原作読むならコミックス貸しましょか?
きゃぁ~~!!本当ですか??
実はG君には「持ってない」と言われてどうしようか悩んでいたところです。
いいの?いいの??
映画の前におさらいしなくてもいいの??

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/16 18:52

こんにちわ!
TB&コメントありがとうございます。
原作ファンですが、面白かったです♪
そうですねぇ、、キツイところと云えば、
Lが甘いもの食べまくってるところが実写だと食傷気味。。。(;´∀`)
そんなもんでw

投稿: PINOKIO | 2006/06/18 11:58

■PINOKIOさん、こんばんは♪
原作とはちょっと趣が違うと聞きました。
尚更、原作に興味深々です。
キラとLにミサが加わる後編が楽しみです。

ドーナツのバーベキューには確かに「うえ~」でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/18 19:44

たいむさん、今晩は☆
久々の映画鑑賞となってしまったルーピーQです。^^:
原作はすっごい読み応えがある作品なので、実写化の話が出た時に「大丈夫かな??」って思ったんですが。
原作のイメージが崩れてしまうことの多い実写版で、これだけ描けたのは素直に驚きでした。

>キラ様には、時折別のひとを連想しちゃって
さすがたいむさん!!
たいむさんの記事を読むまで気がつかなかったです~
まだまだだなぁ~自分…

たいむさんの「デスノート」考察も期待してますね♪

投稿: ルーピーQ | 2006/06/19 01:26

こんにちは。
TB&コメントありがとうございました!
なかなかよくできてましたよね。
原作読んでる僕としてもかなり楽しめました♪

たいむさんも原作読まれてるみたいですね。
テーマとしても深いし、ハマっちゃいますよね。

映画の後編が本当に楽しみですo(^-^)o ワクワクッ

投稿: こーいち | 2006/06/19 14:18

■ルーピーQさん、こんばんは♪
>原作のイメージが崩れてしまうことの多い実写版で、これだけ描けたのは素直に驚きでした。
私も原作を少しかじってみて驚いてます。
原作との設定の違いも生きていると思うし、後編がどんなことになるのかすごく楽しみです。

>まだまだだなぁ~自分…
そんな連想するひとって少ないと思うし、しなくていいかと・・(汗)

奥深い原作なのでレビューが書けるかはわかりません。後編をみて、あわせて比較対象しつつ・・そんなかんじかな?まだわからないけど(1巻しか読んでいないのでw)


■こーいちさん、こんばんは♪
原作ファンでも未読者でも、どちらにもなかなか評判がいいですよね。

>テーマとしても深いし、ハマっちゃいますよね。
はまってしまいそうです。
原作の読破はこれからです。といっても最終巻が発売されるのは半年後?間に合いませんねww

ほんと、後編楽しみです!!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/19 17:20

こんにちは♪
てっきりたいむさんは原作のファンかと思っていました(なんとなくデス)
原作はキラとエルが裏の裏を読み合いするので文字数も多くて頭が疲れます。
絵柄もキレイで私好み。
是非お読みになってね!

投稿: ミチ | 2006/06/20 16:34

■ミチさん、こんばんは♪
>てっきりたいむさんは原作のファンかと思っていました(なんとなくデス)
残念ながら未読でした。
オタクのようですけど、意外と守備範囲は狭いんですよw。
けれど、しっかり原作にハマリそうです。
おそらく後編までにはすっかり・・でしょうw
連載が終わったばかり、と聞いていましたが7月4日に最終巻の発売だそうですね。

>字が多い
「攻殻機動隊」以上でない限りは大丈夫ですw
>絵柄もキレイで私好み。
劇画タッチはあまり好みではないので、良かったと思ってます。
「L」ってそのまんまのよう。びっくりです。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/20 18:44

こんばんわ!TB&コメントありがとうございました!

面白かったですねえ!!睦月も原作未読ですが映画単体としてかなり楽しめました。
ライトとLの戦いだけとは限らず、悪とは?正義とは?といったこともいろいろ考えさせられる内容です。

それにしてももう一つのノート・・・大変に気になります。デスノートの逆でリバイバルノートだったりして?!

投稿: 睦月 | 2006/06/21 01:24

■睦月さん、こんばんは♪
原作があって、これだけ原作ファンからも好感触を得ている作品はめずらしいような気がしています。

>それにしてももう一つのノート
あはは、残念。
やっぱりデスノートですって(あ、ネタバレ。失礼を)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/21 16:57

TBどうもでした~♪
彼女にコミックを借りて読んで、最近のコミックはココまできてるのか!って吃驚した原作の映画化です。
あまりに思い込みが強いので、満足度低いのかもしれません・・・コミックは凄いよ!是非読んでみて~♪

投稿: はっち | 2006/06/21 23:01

■はっちさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

>あまりに思い込みが強いので、満足度低いのかもしれません
それは普通のことだと思います。そういうものですよねw
コレだけ原作を絶賛されている方のオススメがあると原作の読破がとっても楽しみになってきました。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/22 21:11

こんばわでっす♪

前編が大体1~2巻辺りの所で区切られていて、観終わってみるとコンパクトな内容でしたけど、原作に結構忠実だったのが嬉しかったです♪

たいむさんもマンガの方を読んでると思いますが、見事にハマッていますでしょうかな?(笑

投稿: メビウス | 2006/06/22 22:12

■メビウスさん、こんばんは♪
みんな読んでるんですね、びっくりしてます!
手配はついているのですが、まだ1巻しか読んでません。
漫画を読むのは早いので、一度ザァ~ッと流して、次にじっくりですね。
10月(11月?)までには完璧??(笑)

>までにもう少し目付きを厳しくしてもらいたいです
原作のライトより優しい感じですよね。正義もかんじられちゃって・・
ライトに感情移入っていうのは、現実的には「良くもない・・」ですからねぇ。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/22 23:33

 たいむさん、TB&コメント、どうもありがとうございました。
 >どちらも”正義”を前提にしているのに、”命の尊さ”がどこにも存在しない。
 共感しました。それなのに、二人に強烈に惹かれ、魅力を感じてしまいます。きっと、私にもそういう願望があるのでしょうね、きっと・・・。

投稿: とみ | 2006/06/23 08:20

■とみさん、こんばんは♪
こちらこそコメント感謝です。

>二人に強烈に惹かれ、魅力を感じてしまいます。
魅力的ではあるかもしれませんね。
一進一退の攻防戦はみものだと思いますし・・・。
あ、でも、あくまでもお話の中のキャラとして・・ということでw

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/23 21:08

コメントありがとうございました。
はっ、そういえばレイも居たんだ。
やっぱりシンはいないけど。

恐怖で支配しようとするキラは異常。
それに対するLも異常。
まともな夜神総一郎はじめとする警察は無力。
正しいとは何か?というテーマを上手く描けていたと思います。

投稿: キャスト | 2006/06/24 09:30

何時もお世話になっております。
琴線に触れましたか・・・
確かに心理戦という点では面白い作品ですよね。
キラは善か?悪か?と言われると難しいですね。
ただ権力を持ち過ぎると善でいられなくなるというのはこの作品で描かれている1つなのだろうと思います。
この作品観ながら3年後に裁判委員制度執行された時真剣に事件の案件を考えるべきだなとは感じながら観ましたけれどね。

投稿: PGM21 | 2006/06/24 23:13

■キャストさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

>やっぱりシンはいないけど。
残念ながらいませんね(笑)お付き合いありがとうございましたw

>正しいとは何か?というテーマを上手く描けていたと思います
正しいのが何かをみいだせない・・と言う結果で終わらないで欲しいところですね。


■PGM21さん、こんばんは♪
面白いですね。私だけでなく原作に興味をもった方は多そうです。

>キラは善か?悪か?と言われると難しいですね。
難しくないですよぉ。善ではないのですから、選択肢の残りが悪しかないのなら悪です。
逆はないですし、選択肢が他にあればまた違うのでしょうが。
強いて言えば、ただ傲慢なだけでは?

>裁判委員制度
地方裁判所でシュミレーションか何か映画を上映するようです。日報に参加者募集の記事が載ってました。現実はどうなんでしょうね。


投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/25 00:00

たいむさん、こんにちは!

デスノの試写会行かれていたのですね!!
あぁ、どうして先週BLOOD+でお邪魔した時に
気付かなかったんだろう;

中々良い感じだったようで…。
あぁ、観たいな〜。テニプリは友達と行ったのですが
デスノの映画観に行く友達はいないんですよね。
う〜む。(ー_ー;)

たいむさんも
これを機に原作の方も是非、味わってみて下さい!!

投稿: アオ | 2006/06/25 08:58

■アオさん、こんにちは♪
ハイ。当たってしまったので、一足先に鑑賞しちゃってます(笑)
アオさんのところでお話しするまで、そんなに気にしていなかった作品でしたがすっかりハマりました(笑)

原作ファンにも好評ですし、DVDと言わずに是非劇場で!
同伴者かぁ。映画はほとんどひとりで見に行きますが・・この手の作品(SEEDとかも)なら、見終わってから仲間でわいわいやりたいですねw

あ、私のテニプリはDVDになりました(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/25 11:12

こんにちわ、TBさせて頂きました。
> 「原作を読んじゃおうかなー」  
読んじゃったほうがいいですよ(笑)
コミックの方がずっと面白いですから。
今月12巻(完結)が出ます。がんばれ〜!

投稿: Boh | 2006/07/01 01:31

■Bhoさん、こんばんは♪
コメント感謝です。

>読んじゃったほうがいいですよ(笑)
はい、そのつもりです。
既に手元に揃っているのですが、まとまった時間が取れなくて・・・。
4日(5日?)の最終巻の発売を待って来週あたりで一気読みかな?(笑)
頑張ります!!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/07/01 20:11

ということで、こんな遅くにおじゃまします(笑)。TBは、どうもうまくいかないようなので、コメントのみでご容赦を。

アニメがよくできているせいか、やっぱり実写版は物足りなさ感がありあり。きっとのだめのように、順番が逆だと、また感じ方も違うのでしょうね。

松山くんのハマり加減に比べて、藤原君はやっぱりミスキャストだと思えました。松山くんって、透明というか、演技が上手、というより、「松山ケンイチ」を全く感じさせない、最近珍しいタイプの俳優ではないかと。最近、けっこう彼のファンです、わたし(笑)。

後編は出来がいいらしいので、日テレが放送してくれたら、観てみます。でも、Lのスピンオフのほうが楽しみだったりして。(^^ゞ

投稿: ラフマニノフ | 2007/05/10 14:20

■ラフさん、集中攻撃ですか?♪
24のTBはありがたくいただきましたから~。(なんの差でしょうね?)
アニメはまだ1話しか観ていませんが、カナリいい感じでしたね。
実写は確かにライトがちょっと~というご意見には賛同いたします。悪くないけど黒さがアニメや原作より弱いかなーとかありそうです。(Lが良すぎっていうのもw)
松山君は誰もが「いい」っていう俳優さんですよね。
期待の若手ですね。

>後編
TV・・とか言わずにDVD借りましょうよ(笑)
前後セットで観るのがきっといいですよ。
アニメでのLのラストの印象が覆ります!!

投稿: たいむ(管理人) | 2007/05/10 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/10539739

この記事へのトラックバック一覧です: 「DEATH NOTE (前編)」みた。:

» DEATH NOTE -デスノート- 前編 [Akira's VOICE]
見応えと眠気が同居した曖昧な映画。 原作を知らない人にはつまらないかも・・・ [続きを読む]

受信: 2006/06/18 09:46

» DEATH NOTE 前編 [ちわわぱらだいす]
見てきました~♪(o=゜▽゜)人(゜▽゜=o)♪ルンルン♪ 今日も予習なしで。 宣伝でおもしろそうだったからどうしても今日見たかったの。 んで、瑠璃さん連れて行きました~#63899; すっごくおもしろかったです#63889; なんと映画館満員でした。うさぎかなり映画見..... [続きを読む]

受信: 2006/06/18 10:41

» リュークってかわいいっ。~「デスノート・前編」~ [ペパーミントの魔術師]
初日9時40分R170にて。 混んでるのかと思いきや意外にシートの半分くらいといったとこ。 ほとんどが中学生男子の友達同士で 多分原作読んで期待してやってきたカップルとか あと、ぽつんぽつんとどう見ても私よか年上のおっちゃんがひとりで 鑑賞に来てたのが印象的だ..... [続きを読む]

受信: 2006/06/18 11:02

» DEATH NOTE デスノート 前編 [色即是空日記+α]
累計1500万部突破の大人気コミックの映画化。 もちろん!!コミックのほうでも読んでるファンでありますw 若干、原作とは違った展開するんですが、面白いっっ 原作を知らなくても楽しめる、引き込まれちゃうと思います! ... [続きを読む]

受信: 2006/06/18 11:52

» DEATH NOTE デスノート 前編 [映画鑑賞★日記・・・]
『DEATH NOTE』公開:2006/06/17(06/17)監督:金子修介原作:大場つぐみ    『DEATH NOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』連載)    小畑健 (作画)出演: 藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、津川雅彦、藤村俊二、鹿賀丈史 名門・東....... [続きを読む]

受信: 2006/06/18 11:54

» 劇場鑑賞「DEATHNOTE」 [日々“是”精進!]
「DEATHNOTE」を鑑賞してきました累計1400万部超の人気コミックを、金子修介監督が2部構成で映画化。人を殺すことのできるノートを拾った天才少年と、彼の計画を阻止しようとする天才少年との息詰まる頭脳戦を描く。ストーリーは・・・大学生の月(ライト)は、黒い...... [続きを読む]

受信: 2006/06/18 12:13

» DEATH NOTE /デスノート(前編) [Rohi-ta_site.com]
映画館で、出演:藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/満島ひかり/五大路子/津川雅彦/藤村俊二/鹿賀丈史/原作:大場つぐみ/小畑 健/脚本:大石哲也/監督:金子修介/作品『DEATH NOTE/デスノート(前編)』を観ました。 ●感想  ・原作コミックが大人気で、主役を務める藤原竜也くんの演技とCGでの死神・デュークの出来映えが気になり初日の2回目の上映を観て参りました。  ・いや〜、それにしてもこの作品は原作が大人気なだけあって、みんなの期待度が高いで..... [続きを読む]

受信: 2006/06/18 15:00

» DEATH NOTE デスノート 前編 [まぁず、なにやってんだか]
近所の映画館の招待券が当たったので、昨日に引き続き一人で映画を観てきました。 今日は「DEATH NOTE デスノート 前編」です。 小学生から高校生に混じっての鑑賞です(ちょっと居心地が悪い)。私の座った列には私の隣に高校生くらいの男の子が一人で座っているだけ。後ろから見たら私たちカップルみたいね(←親子だろ!)。 映画は面白かったです。「おっと、そうくるか!」という大ドンデン返しならぬ小ドンデン返しが続き、夜神月(やがみライト)の天才ぶりに、すっかり感服いたしました。私のようなスキだら... [続きを読む]

受信: 2006/06/18 17:05

» DEATH NOTE デスノート前編 [ネタバレ映画館]
ノートに書いた名前を消しゴムで消したらどうなるんだろ? [続きを読む]

受信: 2006/06/18 19:10

» デスノート 前編 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  この天才、光か闇か・・・神か悪魔か?   [続きを読む]

受信: 2006/06/18 22:27

» ■DEATH NOTE/デスノート (前編) [ルーピーQの活動日記]
そのノートは人の死を操ることのできる“死のノート”だった。退屈な死神・リュークが人間界にノートを落とし、エリート大学生・夜神月(藤原竜也)が「デスノート」を手にした時から運命の歯車は回り始める。「デスノート」によって犯罪者たちを次々と裁いていく月は、い..... [続きを読む]

受信: 2006/06/19 01:23

» 「DEATH NOTE デスノート」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「DEATH NOTE デスノート」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演・声優:夜神月:藤原竜也、松山ケンイチ、中村獅童、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、戸田恵梨香、藤村俊二、鹿賀丈史、青山草太、中村育二、奥田達士、清水伸、小松みゆき、満島ひ..... [続きを読む]

受信: 2006/06/19 04:05

» 『DEATH NOTE デスノート 前編』 [アンディの日記 シネマ版]
緊迫度[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]    2006/06/17公開   (公式サイト) CG度 [:結晶:][:結晶:][:結晶:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】金子修介 【脚本】大石哲也 【原作】大場つぐみ/小畑健(漫画)  『DEATH NOTE デスノート』 【出演】 藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/藤村俊二/鹿賀丈史/五大路子/満島ひか... [続きを読む]

受信: 2006/06/19 14:13

» B4.5:DEATH NOTE (前編) [〜勝手に映画評価〜]
そう記された“デスノート”をエリート大学生の夜神月が拾う。司法の力に限界を感じていた月は“デスノート”を使って法では裁けない犯罪者たちを裁く事を始める。大人数の犯罪者が裁かれて死んでいく中、人々の間にはキラと言う存在が生まれる。そして、キラを捕まえるために世界中の難事件を解決してきたLが、ついに動き始める。・・・原作がとても面白いので映画はどんな感じなのか凄く気になり映画館にて鑑賞してきました。... [続きを読む]

受信: 2006/06/20 00:54

» 映画「DEATH NOTE デスノート 前編」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「DEATH NOTE デスノート 前編」 大人気コミックの実写映画化。コミック版は私も読んでいて大好き!前編は3巻半ばくらいまでの内容(11巻まで発売中)で、映画独自のキャラも登場している。 ストーリーは、書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる“デスノート”を所有する夜神月(ヤガミライト)とそれを阻止しようとするエル(松山ケンイチ)の心理戦、頭脳戦を描く。 自分の好きな本や漫画の映画化にはとても複雑�... [続きを読む]

受信: 2006/06/20 16:30

» デスノート DEATH NOTE/感想 [映画★特典付き前売り券情報局]
2006年06月17日公開の藤原竜也、松山ケンイチ出演の映画「デスノート DEATH NOTE」を見ました。 前編はノートの説明、ライトの性格をメインにデスノートの世界観を描き、後編にライトとLの頭脳戦を持ってくる二部構成は... [続きを読む]

受信: 2006/06/20 19:47

» DEATH NOTE 実写版 前編 [オイラの妄想感想日記]
金子修介は当たり外れの大きい監督だから出来が目茶苦茶不安だった。 でも水準以上の作品だったのでホッとした。 『あずみ2』のようだったら目も当てられないからぬ。 ネタバレ妄想感想いきます。 ... [続きを読む]

受信: 2006/06/20 19:52

» デス・ノート 2006-33 [観たよ〜ん〜]
「デス・ノート」を観てきました〜♪ 大学生の夜神月【ヤガミ・ライト】(藤原竜也)は、或る日1冊のノート”デス・ノート”を拾う。デス・ノートには「このノートに名前を書かれた者は死ぬ」と書かれてあった。面白半分にテレビに映った凶悪犯の名を書き込んだ月、翌日の新聞でその凶悪犯が変死した事をしる・・・... [続きを読む]

受信: 2006/06/21 06:46

» 映画vol.65『デスノート 前編』*試写会 [Cold in Summer]
『デスノート』(2006年公開)*試写会 監督: 出演:藤原竜也 瀬戸朝香 映画「デスノート」公式HP 漫画デスノート公式HP 06.06.05 福岡市営地下鉄で撮影されたとの事で、注目の作品です。 「ノートに名前を書かれた人物は死んでし....... [続きを読む]

受信: 2006/06/21 11:55

» 「DEATH NOTE〜前編〜」死のノートは天才を悪魔に変貌させた [オールマイティにコメンテート]
「DEATH NOTE〜前編〜」は人気コミック「DEATH NOTE」を実写版にした作品で、天才大学生がある日偶然に拾ったデスノートは名前を記載するだけでその人物を殺す事ができる殺人ノートを手にした主人公が次々と法で裁けない犯罪者をノートに記載して殺していくストーリーである...... [続きを読む]

受信: 2006/06/21 18:26

» デスノート /DEATH NOTE ☆前編☆ [我想一個人映画美的女人blog]
先行オールナイトに行ってしまった〜{/face_warai/} 少年ジャンプのコミックにハマってしまったのはこれが最初で最後{/face_nika/} 以前も書いたことだけど、こんなに面白いとは{/kirakira/}と。。。 (ジャンプの連載じゃなく単行本で読んでます☆)  コミック原作{/fuki_suki/} 同じくコミック原作の映画化というと楳図かずお作品が思い浮かぶんだけど (ワタシの場合は) 映画化す�... [続きを読む]

受信: 2006/06/21 18:45

» 劇場版『DEATH NOTE 』前編 [心は永遠の♂中学生〜そんな腐女子〜]
板チョコ丸かじりしたいーっヾ(*´∀`*)ノキャッキャ 以下、感想につきネタバレ注意ヽ(´∀`)9 ビシ!! 個人的な感想なんで、偏ってますwww DEATH NOTE (1) [続きを読む]

受信: 2006/06/22 10:29

» 『DEATH NOTE デスノート 前編』 [映画館で観ましょ♪]
なんと邦画・・・子供たちにも驚かれた。 実は、結構、藤原竜也くんファンなのです... それと【L】役の松山ケンイチくんがすご〜く気になって、 ドラマで見た彼とあまりにも違うから、どんな風に演じてるのか見たかった。 ... [続きを読む]

受信: 2006/06/22 12:10

» 映画「デスノート・前編」を観て [とみのひとりごと]
 いちばんショックだったのは、エンドロールの後に死神が出て来て、「後編は11月公開」と言ったとき。10月の予定がいつの間にか11月に変更になったらしい。ガーン。な、ながい・・・。... [続きを読む]

受信: 2006/06/22 16:38

» 【劇場映画】 デスノート 前編 [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 名門大学に通い、将来の警視総監を嘱望される天才・夜神月(やがみライト)。彼は偶然手に入れた、名前を書かれた人は死んでしまうノート“デスノート”を使い、法で裁かれない犯罪者を次々と殺していく。その目的は犯罪のない理想社会の実現だ。一方ICPO(インターポール)は犯罪者の大量死を殺人事件と考え捜査を開始。世界中の迷宮入り事件を解決してきた謎の探偵・Lを捜査に送り込んできた。そして月とL、2人の天才による壮絶な戦いが始まるのだった。 (goo映画より) えー、原作を読んだことも... [続きを読む]

受信: 2006/06/22 20:31

» DEATH NOTE デスノート(評価:○) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】金子修介 【出演】藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/藤村俊二/鹿賀丈史 【公開日】2006/6.17 【製作】日本 【ストーリー】 退屈な死神が人間界に1冊のノートを落とし、退屈... [続きを読む]

受信: 2006/06/22 22:07

» DEATH NOTE -デスノート-前編 [映画をささえに生きる]
漫画原作、という時点で地雷の匂いがぷんぷん。しかも超大人気のカリスマコミックとくれば、集客的に楽になる分、批評的には厳しくなると相場はきまっています。某有名映画サイトで25点(100点満点)のダメだしをくらった本作。賛否両論の嵐が吹き荒れておりますが、さてさて...... [続きを読む]

受信: 2006/06/23 20:10

» 「デスノート」 [しんのすけの イッツマイライフ]
ストーリーは大きな2点除けば、ほぼ原作通り。 一種独特な「デス・ノート」の世界観を 短い映画の時間内にどうにかうまくまとめられて好感もてますね。 [続きを読む]

受信: 2006/06/23 21:49

» DEATH NOTE デスノート 前編 [ナナシ的エンタメすたいるNet]
丸の内ピカデリーで「DEATH NOTE デスノート 前編」を見てきました。 「週刊少年ジャンプ」で連載スタート後、 1,400万部以上を売り上げている人気コミックを 前編と後編の2部構成で実写化。 人間の名前を書き込んだら死をもたらすという デスノートというノートを持つ夜..... [続きを読む]

受信: 2006/06/23 21:52

» 【劇場鑑賞64】DEATH NOTE デスノート 前編(DEATH NOTE) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
ルール このノートに名前を書かれた人間は・・・ 死ぬ。 ルール 死因を書かなければすべてが心臓麻痺となる ルール 書く人物の顔が頭に入っていないと効果はない 退屈な死神がノートを落とし 退屈な天才がノートを拾った ... [続きを読む]

受信: 2006/06/24 21:17

» 「デスノート 前編」本当に怖いのは人間の心の中にある [soramove]
「デスノート」★★★☆ 藤原竜也、松山ケンイチ、香椎由宇 主演 金子修介監督、2006年 そのノートを持つ者が、 そこに名前を書くと、書かれた人は死んでしまう。 殺人を犯しながら罪の意識も無いまま、 司法の壁に阻まれて、刑を免れる悪人を バンバン殺...... [続きを読む]

受信: 2006/06/25 01:34

» デスノート・前編 [MONYABLOGDO]
率直な感想を言うと 面白かった!! です。予想以上に。 漫画の映画化なので、ものすごい期待はしていなかったのですが。 それでも、かなり楽しみにしていたので良かったですvv どれくらい楽しみにしていたかは以前書いたブログを参照→こちら 原作の漫画は人気コ... [続きを読む]

受信: 2006/06/26 01:50

» デスノート前編 [勝弘ブログ]
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/最寄りの映画館で鑑賞。#というかMOVIXさいたま停電トラブルのでの招待券で。ご存じ週刊少年ジャンプで好評連載されたデスノートの実写化(前編)この原作を2時間映画で表現しよう... [続きを読む]

受信: 2006/06/27 22:11

» もう後編を観なくていいくらい満足しました(笑) 映画『デスノート 前編』 [海から始まる!?]
 『デスノート』が凄い人気だということは、時折覗かせてもらっている鈴木杏さんのブログや安藤希さんのブログを通して知っていました。作品の盛り上がり方から言って、少女コミック系の雑誌に連載されているのかと思ったら、「少年ジャンプ」に連載されていた作品なんですね。... [続きを読む]

受信: 2006/06/28 11:24

» 【Review】『DEATH NOTE デスノート』 [蒼穹六華]
◆公式サイト◆ 本日、観に行ってきました。 [続きを読む]

受信: 2006/06/29 00:54

» 原作に囚われ過ぎない後編を見たい。『DEATH NOTE デスノート(前編)』 [水曜日のシネマ日記]
「週刊少年ジャンプ」で連載されていたマンガを実写化した作品。 書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる不思議なノートを 一人の青年が拾った事から始まる物語です。 [続きを読む]

受信: 2006/06/30 14:16

» あなたのお名前なんてーの?【DEATH NOTE前編】 [犬も歩けばBohにあたる!]
「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」 退屈な死神が人間界に落とした一冊のノ [続きを読む]

受信: 2006/07/01 01:28

» 映画『デスノート 前編』観て来ました。 [SOPHIST1CATED BOOM BOOM]
やっと観てきました♪待ち焦がれた映画『デスノート』。以下、激しくネタバレの感想ですのでご注意ください。まだ観ていない方は読まないことをオススメします(^-^;) *** 結論から言うと、めちゃくちゃ面白いです!... [続きを読む]

受信: 2006/07/02 14:05

» 「DEATH NOTE」とてもおもしろかった! [よしなしごと]
 今回はDEATH NOTE前編です。 [続きを読む]

受信: 2006/07/05 01:42

» 映画「DEATH NOTE~前編~」 [FREE TIME]
話題の映画「DEATH NOTE~前編~」を観賞してきました。 [続きを読む]

受信: 2006/07/08 23:09

» デス ノート 前編、めちゃめちゃおもしろかった [日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。]
おはようございます 先日、土曜の夜中にかけて、 DEATH NOTE をみました タイトル:DEATH NOTE デスノート 主演:藤原竜也 出演:松山ケンイチ、瀬戸朝香、中村獅童 監督:金子修介 漫画デスノートの実写化です 漫画をみてなくて、いきなり実写化から... [続きを読む]

受信: 2007/07/30 07:35

» ガンダムOO&4姉妹探偵団&K-1MAX [別館ヒガシ日記]
ガンダムOOはマイスター同士が対面してネーナが刹那にキスしたりなどし スローネガンダムがユニオン本部を急襲で知り過ぎたエイフマン教授を殺し 結論は120年前の木星&戦争根絶と違う理由もスローネ暴走し過ぎだ 4姉妹探偵団は見合いから事件が発生しドラマ撮影に参加... [続きを読む]

受信: 2008/02/03 19:20

« SONY MUSIC ANIME FES. '06 SEED&SEED DESTINY  IN大阪 | トップページ | 不可解な現象~@niftyよ、どうなっている? »