« 買うしかないじゃないかっ! | トップページ | ひさびさに「新日本語の現場」より。 »

2006/05/31

「嫌われ松子の一生」みた。

Kiraware いやぁー、なんと波乱万丈で壮絶な一生だったことか。
笑っていいのか、泣いたほうがいいのが、とにかく忙しかった。人生の転落と挫折から再浮上まで、いったい何度繰り返したことだろう?
松子は「不撓不屈の精神の持ち主」と呼んで差し支えないと思う。あのスクワットは素晴らしいしw

(以下、ネタバレあり)

一体彼女が何をしたというのか?歌が好きで人気者だった先生があーまで浮き沈みの人生を繰り返さなければならなかったのか?
不器用だけど、一生懸命な松子。愛だけを求め、愛だけを頼りに生きた女。
どんなに欲しても、父親から充分に得られなかった愛の代償があの形で現れたのか?
その割には”若い男”ばっかりだったような・・・(笑)

男を選んでも地獄、一人でいるのも地獄、それならば...と待っているのが血の海だとしても「地獄の愛」と選ぶ松子のなんとも幸せそうなこと。
愛にかけては羨ましいくらいに超ポジティブ。薔薇色の世界どころか、原色だらけの極彩色の世界の住人と化す。繰り返すうちに段々とその色が痛々しく感じられてはくるのだけどね。。。

最初に死体となって発見された松子であり、最終的には犯人も判明する。
謎めいた伯母松子生涯の出来事をたまたま知ることになる甥のショウ。
犯人当てという謎解きの類のものはないのだけど、「一体どうなっちゃっうの?」と最後まで目が離せなかった。
・・・しかし・・何度も酷い目にあってきた松子だったけれど、その最後で最大の悲惨さにはあまりにも切なくて泣けてきた。

♪まーげて、のばしてー  歌がいつまでもが頭から離れなかった。

赤い靴とか、太陽の塔のキーホルダーとか、ずっと同じカバンとか、伏線感傷グッズ満載。ビデオテープなど伏線お笑い小道具も満載。上手い具合に散りばめられていた。
決して笑えない松子の人生を、「面白かった」というべきか否か。
大笑いはできないけど、笑って歌ったほうが松子の供養になるのかな?
なーんてね。

総評:★★★☆☆++  オススメ度:★★★☆☆

|

« 買うしかないじゃないかっ! | トップページ | ひさびさに「新日本語の現場」より。 »

コメント

こんにちは~!
ホステスって体力勝負なのねえ~あのスクワット、中谷ちゃんがずっとやっていたのか疑問ですけど…爆
なんか好きになってくれるなら誰でもいいのか~??っていいたくなりましたけど(笑)、そう考えると内海君は唯一人目惚れなのかなあ。(^^ゞ
でもお父さんに似てるわけでもないし…
やはりテレビって自分を見つめてくれるように見えますからね。内海君が松子を見つめてるって勘違いしたって事かしらねえ…

投稿: charlotte | 2006/06/01 12:06

■charlotteさん、こんばんはぁー♪
>中谷ちゃんがずっとやっていたのか疑問ですけど…爆
あ、そうかっ!壁に向かってスクワットが妙にツボだったけど、別人の可能性もありかぁ~

>誰でもいいのか~??
おそらく誰でもよかったんでしょうね。ひとりよりは。

>自分を見つめてくれるように見えますからね
返事・・・アイドルがくれるわけないだろっ!って思わないのも松子ですか(汗)

今日ランチに行った定食屋で流れていたのがなんと「光GENJI」でひとりで爆笑しちゃいました。
曲は覚えていたけれど、タイトルが思い出せなーい(笑)
一緒に行った21歳の子はにはあっさり「聞いたことない」と言われた・・・とほほ。


投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/01 18:46

こんにちは♪
笑っていいのか泣いていいのか分からなくて、ひたすら映像に驚きながら観ていました。
多分笑ってあげたほうがいいのでしょうね。
あの曲、ずーっと耳に残ってます(苦笑)

投稿: ミチ | 2006/06/01 18:57

 TBありがとうございますm(_ _)m

 原作の「重さ」をどーゆー風に表現
するのか、けっこー楽しみだったので
すが、思いをしない演出に最初は戸惑
いました。

 松子が何も求めていたのかは、観る
側に委ねられた感じがします。愛なの
か、幸福なのか、それとも誰かの笑顔
だったのか…。

投稿: たましょく | 2006/06/01 19:50

■ミチさん、こんばんは♪
>笑っていいのか泣いていいのか
ほんとに。。とりあえず笑ったほうがいいのだろうなぁ。と思い、控えめながら笑って見てましたが、唖然とするしかない部分も多くって。

今日一日あの歌が頭の中でエンドレスでした。
時々「リミットちゃん」に変化もするのですが(笑)

■たましょくさん、こんばんは♪
原作とのギャップは激しそうですね。

>松子が何も求めていたのか
全てが行き当たりばったりという印象で・・・。
まったく何が欲しかったのか判りませんでした。
父親なのかな?と最初は思っていたのだけど、そうでもなさそうだし。。。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/01 20:29

たいむさんこんばんわ♪

救いようの無い松子の人生だったけど、彼女の前向きな生き方はなんか憎めませんね。松子の死の原因が何とも意外な犯人だっただけに、最後は自分も衝撃を受けました。
あそこをそのまま通り過ぎて、また人生をやり直していたかもしれないと思うと、やりきれないですね。

投稿: メビウス | 2006/06/02 20:13

またまたこんばんは☆

自分もこの映画を観たんですが、
>♪まーげて、のばしてー
終盤、登場人物たちがこの歌を歌い繋ぐ
場面で涙腺が緩みました。
この手の演出に弱いです。

それまではひたすらスカす演出ばかりだった
(警察はリュウ君に事情を聞きたかっただけ、
とか)だけに、最後だけスカさないなんて
ズルいよ、と思いました(笑)

ブログですが、映画の感想だけ復活させたいと
思っていますので、またよろしくお願いします。
スペエディ、未見です^^;

投稿: ひー | 2006/06/02 23:57

■メビウスさん、こんばんは♪
超ポジティブに変換できるってすごい。
そこは尊敬したいくらいですw

>あそこをそのまま通り過ぎて、また人生をやり直していたかもしれないと思うと
でも~やっぱりまた繰り返すのかな?
なんて思ったりもして。。。


■ひーさん、こんばんは♪
>終盤、登場人物たちがこの歌を歌い繋ぐ
過去を走馬灯のように思い出すというか、時間を遡る演出って私も好きです。

リュウ君は、、、刑務所に行き損ねちゃったし、どっかで犯罪起こしそう・・・。
って思ったのは私だけ??

こちらこそ、またこれからもよしなにw

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/03 19:59

何時もお世話になっております。
作品としてはどうも高評価できなかった私がいました。
原作無視して演出だけなら火サスパクッたり、PVのカエラ、などなど確かに見所はあったんですけれどね。
トリック2の予告はお約束ですからね。
これは外せませんからね。

投稿: PGM21 | 2006/06/03 22:39

■PGM21さん、こんにちは♪
原作は知らないのでわかりませんが・・
この映画をみたら、原作はちょっと読む気がしませんね。
こういう作品も珍しいかと(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/04 11:36

こんばんは。
いろんな意見が飛び交っているようで、中島監督も嬉しいかもしれませんね。(^^;)
「スクワット」は、良かったです。あれは、身体に良さそうだ。(爆)

投稿: あかん隊 | 2006/06/05 20:36

■あかん隊さん、こんばんはー♪
気合の入ったスクワットはちょっとばかり
マネをしようかな?
なんて思ったり(笑)

確かにいろいろな意見が飛び交ってますね。
私の中では。。ちょっと困った位置づけですが。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/05 23:14

そうそう!
クドカンのシーンが壮絶すぎて、思わずコメントできませんでした。
あまりにもミョーに違和感ゼロだったものですから・・・。

投稿: うぞきあ | 2006/06/09 22:29

■うぞきあさん、こんばんは♪

確かに違和感は無かったかも(笑)
でもそう何度も見たい場面ではなく・・・
そういう場面に限って回想までしっかりあるし(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/10 23:57

コメント&トラックバックありがとうございました。
「他人のフリみて自分を正す」ことがこの映画の肝のようで、不幸な松子の姿を見る事で、自分自身がそれほど不幸でないと感じてしまう不思議な作品でした。

投稿: まつさん | 2006/06/11 13:07

■まつさん、こんにちは♪
彼女が不幸か?というと、よくわかりません。
ただ、やっぱり彼女のような人生を送りたいとは思わないですよね。
あそこまで自己中になれる松子はすごい、と逆の意味で感心してしまった次第です。(汗)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/06/11 17:49

こんにちは!
最後の文章ですねぇ、、、
なんか、笑えないのですが、、、笑った方が良いのかな?
同情できない、共感できないオンナなのに、
最後は、泣いてしまいました、、、

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006/07/06 17:58

■猫姫少佐現品限りさん、こんばんは♪
コメント感謝です。
>笑った方が良いのかな?
松子自身は、自分で「なんで?」なんていっておきながら、不幸だなんて思っていない気がします。
一緒に笑って歌って踊ってあげたい気がしますが(笑)
ほんと、同情できないオンナなんですけどねw

投稿: たいむ(管理人) | 2006/07/06 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/10334472

この記事へのトラックバック一覧です: 「嫌われ松子の一生」みた。:

» 嫌われ松子の一生 [ネタバレ映画館]
 波乱万丈転落人生、でも松子は神や天使のような存在。だって相手の男が、クドカン、劇団ひとり、荒川良々etcだもん・・・恋なんて嘘だな・・・ [続きを読む]

受信: 2006/05/31 23:45

» 「嫌われ松子の一生」史上最悪の男運でも男を愛し続けた一生 [オールマイティにコメンテート]
「嫌われ松子の一生」は昭和22年(1947年)福岡県大野島生まれの川尻松子の波乱万丈の一生を描いた作品である。これだけ不幸で、史上最悪な男運の女性がそれでも男たちを愛してやまなかった人生をコミカルに描いている。 ... [続きを読む]

受信: 2006/05/31 23:59

» 【映画】嫌われ松子の一生 [かりめろ日記]
■観覧場所 TOHOシネマズ■ ■脚本・監督 中島哲也■ ■cast 中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之 市川実日子 柄本明 ほか、ものっそいたくさん■ ■あらすじ■ 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教...... [続きを読む]

受信: 2006/06/01 00:46

» 嫌われ松子の一生 [シャーロットの涙]
ポップでディズニー的?なミュージカル仕立ての底抜けに明るい映画と思いきや…ちょっとほろり(いや、涙ぽろり)とさせられる映画だった。 昭和という時代背景に、そこに生きた一人の不運続きの女性の一生。 それが嫌われていたかというとそんな事もなく、好かれている事に気がつかないというか、気がつけないというか、思い込みの激しい松子。 これ、全て自分で蒔いた種で堕落人生の花を咲かせてしまっ�... [続きを読む]

受信: 2006/06/01 12:02

» 映画「嫌われ松子の一生」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「嫌われ松子の一生」 山田宗樹の同名小説の映画化。松子のあの壮絶な転落人生をここまでエンタテインメント作品にしてしまうとは驚いた!原作からはタイトルと話の流れのみを借りてあとは中島監督の脚色によって別印象に仕上がっている。 ケバケバしい色の映像、画面手前にはいつも花が添えられ、安っぽいミュージカルの舞台まで登場する。そんな中で語られるのは松子の不幸のてんこ盛り。教師にまでなった人なのに、最初の「修学旅行窃盗事件」での行動... [続きを読む]

受信: 2006/06/01 18:53

» 嫌われ松子の一生/MEMORIES OF MATSUKO [何を書くんだろー]
「嫌われ松子の一生」 MEMORIES OF MATSUKO 評価 ★★★★☆ (原作チェック済み評価・★★☆☆☆) 『あらすじ』  親元を遠く離れ東京で独り暮らしをする笙。恋人に愛想尽かされ、目指していたハズのミュージ シャンとゆー夢も諦め...... [続きを読む]

受信: 2006/06/01 19:50

» 嫌われ松子の一生 [うぞきあ の場]
〜思わず、予期せず、何度も泣いてしまった〜 予想に反して、切なさがいっぱい。 でも、この作品は、人によって感じ方がいろいろあるんだろうナァ・・・。 ということで、短評でまとめてみました。 中谷美紀 ★ 少なくとも私には、ヨク演じてたと思います。 瑛   太 ★ “語り手”的なよいポジションでした。 伊勢谷友介 ★ “川の乱闘シーン”思わず泣けました。 黒沢あすか ★ あすなろ白書 以来で�... [続きを読む]

受信: 2006/06/04 16:31

» 『嫌われ松子の一生』 [京の昼寝〜♪]
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌われ松子の一生』 福岡県の大野島で産声を上げた川尻松子(中谷美紀)は、幼い頃からお姫様のような人生を夢見る少女。 生徒に人気の中学教師に成長した彼女だった... [続きを読む]

受信: 2006/06/04 23:06

» 【劇場鑑賞55】嫌われ松子の一生(MEMORIES OF MATSUKO) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
『私、川尻松子。大きくなったら素敵な王子様と結婚するんだぁ♪』 だけど、現実は・・・ 教師をクビ 家出 同棲相手の暴力 不倫相手に捨てられ ソープ嬢になり ヒモを殺害 自殺未遂 刑務所行き ヤクザの女に 松子。人生を100%生きた女。 ... [続きを読む]

受信: 2006/06/04 23:43

» 嫌われ松子の一生(2006/日本/中島哲也) [CINEMANIAX!]
【新宿ジョイシネマ】 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子(中谷美紀)。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて男性遍歴を重ねるたびにますます不幸になってゆく松子。いつしかソープ嬢に身を落とし、果ては同棲中のヒモを殺害して刑務所に服役してしまう…。...... [続きを読む]

受信: 2006/06/05 01:12

» 嫌われ松子の一生 【A面】 [まつさんの映画伝道師]
第470回 【A面:不幸】 ★★★★☆(劇場) (例え話になっているので、ご注意あそばせ)  子供の頃、女の子は多かれ少なかれ「白馬の王子」のような存在に憧れ、明るい未来を「夢」見たはずだ。  しかし成長と共に「夢見る少女」は非現実的と悟り、現....... [続きを読む]

受信: 2006/06/11 13:01

» 嫌われ松子の一生 【B面】 [まつさんの映画伝道師]
第471回  昨日からライブドアブログの閲覧及び投稿障害が発生したようで、ブログ仲間の皆様にはご迷惑をおかけしました。 【B面:幸福】 ★★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 「約三十の嘘」(2004)に出演した中谷美....... [続きを読む]

受信: 2006/06/11 13:05

» 映画よりも面白い 『嫌われ松子の一年』 [海から始まる!?]
 映画『嫌われ松子の一生』は、  ①主人公・松子の堕ちっぷりが見事  ②その松子を演じる中谷美紀の“ここまでやるか”感が凄い!  ③宮藤官九郎、劇団ひとり、武田真治、荒川良々、伊勢谷友介等、松子をめぐる男たち&その他のキャストが豪華で、ゴージャス!  などに関して評価しつつも、そして2006年を代表する映画の1本であることはまず間違いないと思いながらも、(私が)どこかでひっかかってしまうという印象を持ったのにはいくつか理由があるように思います。観ている間中、「凄い、凄い」と思いなが...... [続きを読む]

受信: 2006/06/16 01:15

» 嫌われ松子の一生見てきました。 [よしなしごと]
 正直最初は見なくても良いかなと思っていたのですが、他の方のブログを読むとかなり評判がよいので嫌われ松子の一生見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006/06/16 04:28

» 嫌われ松子の一生(5月27日公開) [オレメデア]
平成13年,荒川の河川敷で,松子(中谷美紀)の遺体が発見された. 松子のアパートの整理を任された松子の甥(おい)の笙(しょう:瑛太)は, 少しずつ,松子の数奇な一生を知ることになる……. 昭和22年,福岡県の大野島という街に生まれた,川尻家の長女・松子. 幸せな....... [続きを読む]

受信: 2006/06/16 11:44

» 嫌われ松子の一生/山田宗樹 [文学な?ブログ]
やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。 体の弱い妹に父の愛情を奪われ、父の希望をかなえようとなった教師の職を追われ、失踪してあちこちを彷徨いながらも、必死に生きてゆく松子。感情に流され、積み重ねてきたものを根底から壊して、また一から、というよりむしろマイナスから人生を何度も繰り返します。 偶然のように起こる事件に翻弄される松子を見ていると、なんでもっと機用に生きら... [続きを読む]

受信: 2006/06/17 00:54

» 『嫌われ松子の一生』 [My Favorite Game.]
を梅田HEPで鑑賞しました。 当初この作品、見るつもりはなかったのですが、 コミックを購読してから『下妻物語』中島監督がこのストーリーをいかなる具合で映像化するのかと、 たいへんな期待を寄せてしまったのです。 ・ ・ 観てみて、期待どおり良かったですね....... [続きを読む]

受信: 2006/06/17 00:57

» 映画「嫌われ松子の一生」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
昭和22年福岡で生まれ、男に恵まれず堕ちて53年の生涯を荒川の河川敷で閉じた一人の女性。山田宗樹の小説嫌われ松子の一生の映画化。 川尻松子(中谷美紀)、物語は松子の生涯に興味を抱いた甥(瑛太)が、彼女に成り代わり一生を回想するように進む。・・家族... [続きを読む]

受信: 2006/06/17 00:57

» ★「嫌われ松子の一生」 [ひらりん的映画ブログ]
たまには邦画でも・・・(なんでーーー) たまにはTOHOシネマズ川崎に・・・(なんでーーー) 下妻物語の監督の最新作だから・・・(なんでーーー) 見てみることにしてみました。 そう、この映画の主人公は「何でーーーー」ばかりの人生。 [続きを読む]

受信: 2006/06/18 03:19

» 嫌われ松子の一生(映画館) [ひるめし。]
不幸って何? CAST:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明 他 ■日本産 130分 中谷美紀があのおちょぼ口をするたんびに濱田マリに似てるな〜って思ってたら、濱田マリ本人がカメオ出演してたのが自分の中でも一番のツボだった。 この監督の前作「下妻物語」は主演の深田恭子が嫌いなため未見。そしてこれからも絶対観ないでしょう。 だからあの独特な映像はとっても新鮮だった。小鳥とかキラキ... [続きを読む]

受信: 2006/06/18 21:47

» 嫌われ松子の一生 [ブログ:映画ネット☆ログシアター]
映画、嫌われ松子の一生の一生を見てきました。ネタバレです。最初に松子が死んでいるところから話が始まるのですが本人は、いないのにどうやってこの先話を進めていくのだろうと思っていたらうまい具合に話が繋がっていって見ていて飽きなかったです。もともとの素材としては、充分ですが、映像としてあらわすのは、難しいと思いますが、見事に描かれていたと思います。中島監督に拍手を送りたいです。私は、時々ミュージカルタッチになるところが好きです。中谷美紀の濃厚なキスシーンも見ごたえあります。... [続きを読む]

受信: 2006/06/19 09:33

» 嫌われ松子の一生 [めざせイイ女!]
♪ま〜げて 伸ばしてお星様をつかもぉ♪ラスト 松子は天国への階段を登っていきました。まるで ハッピーエンドのように・・・父親に愛してもらいたかったのに父親はい... [続きを読む]

受信: 2006/06/22 14:57

» 「嫌われ松子の一生」中谷美紀は代表作を手に入れた [soramove]
「嫌われ松子の一生」★★★★オススメ 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介主演 中島哲也監督、2006年 リアルを排除し、劇画タッチで夢のような作品。 悪趣味に近い表現が随所に散りばめられて、 「これは映画じゃない」と 正統派の心の声が叫ぶが、 「一人になるより...... [続きを読む]

受信: 2006/06/23 20:54

» 嫌われ松子の一生 06年134本目 [猫姫じゃ]
嫌われ松子の一生 中谷美紀≒ 濱田マリ≒ 柴咲コウ≒ あたし> 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの??http://ti...... [続きを読む]

受信: 2006/07/06 17:57

» 嫌われ松子の一生 〜 天国と地獄の連続!でも人生は終わらない 〜 [Prototypeシネマレビュー]
〜 天国と地獄の連続!でも人生は終わらない 〜 先日の第30回日本アカデミー賞で、主演の中谷美紀が最優秀主演女優賞に選ばれたことでも話題のこの作品。CMディレクターとして活躍する中島哲也が監督を務め、映画『下妻物語』でも見せた、独特のビビッドカラーを多用する....... [続きを読む]

受信: 2007/02/24 10:51

« 買うしかないじゃないかっ! | トップページ | ひさびさに「新日本語の現場」より。 »