« ちょっとだけBLOOD+29話「呪われた血」 | トップページ | 機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション:3部作 »

2006/04/30

「小さき勇者たち~ガメラ~」みた。

Gamera ついに”ガメラ”デビュー!いままで”ガメラ”どころか”ゴジラ”だって観たことないのに(^^;) 
予告編での”ガメラ”の急速な成長に爆笑し『あれはもうトトじゃない。ガメラなんだ!』と瀬無さんにお話したら。。。
>「ねえ、ガメラは?」
>「ガメラは……もういないんだ。だが、君もガメラだ」
>「え?」
>「それが君の運命なんだよ」

とのお返事(わかる人にはわかる会話)。それで妙にウケてしまい(無関係なのに)観る事決定。
(以下ネタバレあり)

「でかくなったトトはもう、お前の知ってるトトじゃない!ガメラなんだ!」
「トトはトトだ!」


卵の孵化に偶然居合わせた透が、その”カメ”の愛らしさと一途さに思い入れを深めるのは当然のこと。一晩毎に信じられない成長を続ける”カメ”。フワフワと宙に浮かぶ”カメ”に戸惑いながらも、あくまでも”トト”として接する。
”ガメラ”なんかじゃない。”トト”なんだと。
33年前の”ガメラ”は人間を守って戦い、ついには自爆によって人々を救った。
「トトがガメラだとしたら・・・戦って最後は自爆して死んでしまう」その思いが”トト”を”ガメラ”だと認めたがらない理由。

突如現れた”怪獣ジーダス”にまだ成長しきっていない”トト”が立ち向かう。
「トトだってまだ子供なのに戦っている。僕も逃げない!」
”もう、子供の出る幕じゃない”と父親から叱咤されても、”トト”に元気の源である”赤い石”を届けるために奮闘する透と友達たち。更にその意思を継ぐ子供たち。
まさに”小さき勇者たち”。
タイトルの”たち”の意味をここでやっと納得。あのリレーにはちょっとぐぐっとくるものがあった。(何故わかる?と突っ込みたくもあるけど)

”元気の源”をもらい、逆転勝利のトト。
ガメラがどんな技を持っているのかすら知らなかったのだけど、ぐるぐる回って飛ぶのは見た記憶があった。「おお、これだ!」という感じ。
”火球”の破壊力もすさまじかった。「アレではあんなに近くにいる透たちは一瞬にして”灰”だよなぁ。」とまぁ、戦いとその周囲に対しての突っ込みどころは満載(なのは仕方が無いかw)

別れの時。戦いの後、バカな大人達は”ガメラ”の確保に乗り出すが、阻止に立ち上がる”小さな勇者たち”。「逃げろ!行くんだ!」と促され飛びたち、何度かの旋回の後、彼方へと消えていくガメラ。
「さようなら、ガメラ」
最後に”トト”を”ガメラ”と認める透のつぶやき。”小さな勇者”はほんのちょっぴり大人になったようだ。

怪獣映画にちょっとほろ苦いエッセンスを加えたこの作品。どうということはなかった。
予告以上に大笑いすることも、感動に涙が溢れるような感じでもない。
そもそも、最初からテーマを取り違えていたということが最大の過ちであり、そのまま路線変更できず、作品に入り込めずに終わってしまったのが原因かもしれない。

トトの家の中での大冒険と透のスケボーとの併せ技が印象的。オチの”ススだらけの包丁”が良かった。

名古屋駅周辺が舞台になった時にはちょっとワクワクした。どこか見知った風景が登場するのは面白い。つい見入ってしまう。
”JRセントラルタワーズ”に突き刺さったガメラ。「ああ、まだ新しいのに・・」いらぬ心配w
一度しか行ったことがない”大須商店街”が判った自分には「すごい私の記憶力」と思ったりもして(笑)

評価:★★☆☆☆+  オススメ度:★★★☆☆
可もなく、不可もなく。やっぱり怪獣映画には思い入れも知識もないから、こんな感じになっちゃうな。でも次はないかもしれない、私には。

Gamerac_1GW後半は忙しく、また5月以降観たい作品が多数な為に早めに鑑賞。(なにも初日でなくても...ではあったが)
おかげで貰ってしまった「ガメラのタマゴ~クリアバージョン」
どーしたものか(笑)

|

« ちょっとだけBLOOD+29話「呪われた血」 | トップページ | 機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション:3部作 »

コメント

 TBありがとうございますm(_ _)m

 期待感もそれほど無かったのが救い
だったかもしれませんwたましょくの
中では、トト=ガメラではないと思っ
てます。トトの卵はガメラの力の源で
ある赤い石の上にあったことからも、
ある種のカメにガメラの力が宿ってし
まったと考えてます。

 それと「G2レギオン襲来」では、
あの火球よりもすっごい技を披露し
てくれるので、興味があれば是非♪

 透とトトの物語よりも父と子の物
語の方が熱かった!たましょくもあ
んな父親になりたいなぁ~。

投稿: たましょく | 2006/04/30 11:19

こんにちは。
TB&コメントありがとうございました♪
僕もガメラシリーズは観たことがなかったので
怪獣映画というより子供向けの映画のつもりで観ましたよ。
深く考えずに観たので感動もできました♪
トトの家の中での大冒険は良かったですよね。

投稿: こーいち | 2006/04/30 13:06

■たましょくさん、こんにちは♪
>ある種のカメにガメラの力が宿ってし
>まったと考えてます。
なるほど~私はガメラにもゴジラにも思いいれがない分、みためが”可愛いガメラ”ってとこです。

会話のなかった父と子の物語、そこは良かったですね。
結局、何一つ言うことを聞かない透ではあったけど(笑)


■こーいちさん、こんにちは♪
深く考えずに見ればよかったのでしょうが・・・
へんなとこだけ大人な私でした(笑)

年齢層も幅広く、ファミリーとか、いかにも怪獣好きそうな男性一人とか、
それぞれに見方がちがうんだろうなぁーと人間ウォッチングする感じも(笑)


投稿: たいむ(管理人) | 2006/04/30 14:38

「ガメラ」ですか。あちこちでポスター見かけますが、昔のガメラに比べて目元優しくなりましたね。
まだ子供だからかな?

投稿: batasy | 2006/04/30 22:21

■batasyさん、こんばんは♪

そう、ガメラです(笑)ちょっと血迷いました。
目元がかわいいのはまだ生まれて数日しか経っていないからですねw
あれでも数日。
成獣?になれば見覚えのあるガメラになるのでしょう、きっと。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/04/30 22:44

試写会で娘と見たんですが、最初っから最後までボロボロとずっと涙がこぼれて夢中になっていました。親の目線で見てたようですが、この映画は子供の目線で描いた話だと思います。私も娘も感動して、また見にいこうと言ってます。今までのとは全く違う怪獣映画。これぞ日本が生んだ新しい名作映画かもしれません。
タイトルの「たち」の意味が分ると、またグっと熱いものを感じます。ドイツ映画『エミールと探偵たち』が浮かびました。現代の子供達、そして大人達へのメッセージも色々と含まれていると思います。

投稿: ayuto | 2006/05/01 01:25

ついでにこちらにも♪

自分は結構感動しましたね。平成ガメラがまだ抜けてないんですが、子供達の熱演は目頭を熱くさせるものがありました。・・・でもあのリレーは子供でも突っ込んじゃいそうな予感・・(汗

※ちなみに自分もクリアバージョンでした。

投稿: メビウス | 2006/05/01 01:55

■ayutoさん、こんばんは♪
>今までのとは全く違う怪獣映画。
あちこちで言われていますね。
怪獣映画が初めてな私としても、そんな印象は受けました。

ただ、どうやら私はこの手の作品が苦手なようです。実感がわかないのが致命的なのかもしれませんね。
子どもと動物映画も苦手。
純粋なものに対して、素直に感動できないのか・・と思うと情けなくもありますが。

>現代の子供達、そして大人達へのメッセージ
とはいえ、それは感じました。
大人・・というより、今の子供がこれを見て、ガメラも、透たちも、素直にカッコイイと思ってくれたらいいなと思います。


■メビウスさん、こんばんは♪
いまひとつ入り込めなかった私です。
現実感がない分、子供たちに対してももう一歩現実味を感じられず・・・
受け取り方を初めから間違っていたので、そこが敗因かな?
嫌いではないのだけど、苦手かもしれません。
怪獣も子供も。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/05/01 21:43

『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです。
たいむさんTB&コメント有難うございます
(」 ̄ロ ̄)」しょっ、
  (」 ̄ロ ̄)」しょっ、
(」lll ̄ロ ̄)」しょえーーーっ!
たいむさん・・あの初日のみ配布の「ガメラのタマゴ~クリアバージョン」をゲットしたのですネエ
(σ_σ)・・・羨望の眼差し(笑い)

まあ、映画は(ファンタジー好きのガメラファンの大人)と新たな子供ファン獲得の為の、ガメラ番外編ファンタジーとしては成功してるかなあとは思います。
次は怖い大人のガメラで合って欲しいかも・・・

投稿: hide | 2006/05/03 12:08

■hideさん、こんばんは♪
コメント感謝です!

>次は怖い大人のガメラで合って欲しいかも・・・
まだ子供ですしね、続編で「帰ってきたガメラ」
ガメラははたして透を覚えているのか?
なんていうのかもしれませんよ(笑)

クリアバージョンガメラ、よろしかったら差し上げますが・・・(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/05/03 22:32

こんばんは!
可もなく不可もなく、という感じわかります(笑)
破壊されたのが地元だったり、トトが必要以上に愛らしかったり、この前に見た映画が激つまらなかったりで、なんとなく点を甘くしてたんですが(苦笑)、冷静に考えると、中途半端だなぁという感じがぬぐえず。…もったいないなぁと思っちゃいました☆

投稿: かりめろ | 2006/05/05 01:31

■かりめろさん、こんばんは♪

>可もなく不可もなく、という感じわかります(笑)
ああ、私だけじゃなくてよかった・・と安心してよいのかしら?(笑)

親子愛の物語とか、ファンタジーとして鑑賞すればよかったのですが、そこの気がつくまでに時間がかかってそのまま乗り切れず・・・

新しい怪獣映画として評価はできそうですが、私にとってはそれ以上でもそれ以下でもなさそうです(^^;)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/05/05 22:05

『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです。
たいむさんコメント有難うございます
(」 ̄ロ ̄)」しょっ、
  (」 ̄ロ ̄)」しょっ、
(」lll ̄ロ ̄)」しょえーーーっ!
たいむさん・・あの初日のみ配布の「ガメラのタマゴ~クリアバージョン」を
下さる・・・・・・・・・・
(; ̄□ ̄)ゝんーどうしようかな?
?(__!)んー?(!__)?んーんー
・・・と熟慮の末、ご辞退する事にしました。
やはり、たかがオマケですので心苦しいのです。(されどレア物で羨望の眼差しは本気だったのですが。('-'*)(笑い))

( ̄▽ ̄人)♪こんなhideにお声を掛けて頂いた事は、本当に大変嬉しかったのです。そこで!ですがブックマークに入れさせて頂きました。
コレからもお暇な時にでも、覗いてみてやってください

GWで出かけまして、御返事が遅れましてスミマセンでした

投稿: hide | 2006/05/06 22:16

■hideさん、再びども♪
こんばんは。
>・・・と熟慮の末、ご辞退する事にしました
そうですか?
普通〒で送るだけなので、なんてことないのですけどねw
気が変わったらいつでもおっしゃってくださいね。

ブックマーク件はありがとうございます。
こんなヘンなとこ貼っちゃっていいのですか?(笑)
ではでは今後ともよろしくお願い致します!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/05/06 23:17

こんにちは!いつもありがとうございます!
この映画は、そういう見方が正しいと思います。
過去のガメラを知らない、全く新しいガメラとして見る。そして興味がわいたら、過去のガメラを見てください。
とにかくお子ちゃま映画なんだから、過去を知っている、固執している大人が批判するようなものではないです。
映画自体の出来としての突っ込みどころは、いろいろありますが、、、
ぁ、あの包丁は、ギロンという怪獣のことだと思います。

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006/05/14 14:54

■猫姫少佐現品限りさん、こんばんは♪
こちらこそ毎度どうもです。

知らないで見てもなにやらノリ切れなかった私です。
相性(好みの問題)はあるかもしれませんね。
このテーマでもう次回作、というのならどうかな?
成長したガメラになり、また違った目で見ることが必要になりそうですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/05/14 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/9821849

この記事へのトラックバック一覧です: 「小さき勇者たち~ガメラ~」みた。:

» 21世紀ガメラも凄い!「小さき勇者たち〜GAMERA」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
製作時から気になり 先日4月1日にはキャンペーンまで観に行った 昭和・平成に続く21世紀ガメラ 「小さき勇者たち〜ガメラ〜」の 試写会に行ってきました。 懐かしい昭和大映ガメラ みごとな平成金子ガメラの後に 公開される21世紀ガメラ 期待と不安で観ましたが・・・ なんと出来は最高! 冒頭で昭和・平成でのオマージュ 松竹映画ということで 「HINOKIO」「子ぎつねヘレン」に続く ほのぼの路線(ガメラが一番良... [続きを読む]

受信: 2006/04/30 02:31

» 小さき勇者たち 〜ガメラ〜 [Akira's VOICE]
「平成ガメラ」好きとしては物足りない映画でした。 何もかもが中途半端すぎる・・・ [続きを読む]

受信: 2006/04/30 10:19

» 小さき勇者たち GAMERA [何を書くんだろー]
「小さき勇者たち」 GAMERA 評価 ★★★★☆ (3.5) 『あらすじ』  1973年、ギャオスの群れとの攻防戦の果てに、「自爆」をすることでギャオスを消滅させたガメラ。 その後の日本では、巨大生物も確認されず、政府も巨大生物に対する研...... [続きを読む]

受信: 2006/04/30 11:20

» 『小さき勇者たち 〜GAMERA〜』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]        (公式HP) (公式ブログ) (壁紙) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:]  癒し度[:おはな:][:おはな:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】 田崎竜太 【出演】 富岡涼/津田寛治/夏帆/寺島進/奥貫薫/石川眞吾/成田翔吾/石丸謙二郎/田口トモロヲ <ストーリー> 美しい海に臨む伊勢志摩地方。事故で母を亡くした透(富岡涼)は、沖の孤島で赤く光る石の上に乗った卵を見つ... [続きを読む]

受信: 2006/04/30 12:57

» 小さき勇者たち ガメラ [ネタバレ映画館]
 4月26日、金沢でTOTO来日コンサートがあった。学生時代から一番好きなバンドだったのに行かなかった・・・ [続きを読む]

受信: 2006/04/30 13:23

» 「小さき勇者たち ガメラ」田崎竜太/監督 [スチャラカランナーの日々]
 映画「小さき勇者たち ガメラ」田崎竜太/監督観てきました。昼から仕事をして、夕方から。 今日は封切り日でしたが、観客は約200名の会場で入りは1/4程度だったので50名くらいでしょう。  ストーリーは、少年がある日卵を見つけると孵化して亀が生まれ、トトと名づけて育てることになるが、この亀は宙に浮かんだり1日で大きくなるなどの奇妙な現象が。その時海から巨大なトカゲのような生物が上陸して・・・、という話です... [続きを読む]

受信: 2006/05/01 08:53

» 小さき勇者たち GAMERA [ワーキングマザーの日常]
息子にせがまれ「小さき勇者たち GAMERA」を見に行ってきました。 以前は怪獣映画なんてと馬鹿にしていたのですが、数年前に「ゴジラ FINAL WARS」を見て意外とおもしろく、怪獣映画もすてたものではないと、認識を改めていまいした。 今回のガメラは、予告を見たときから実は「見たい」と思っていた映画。 息子にせがまれしぶしぶの振りをしつつ、じつは内心期待して見に行きました。 さて、内容は・・・・感涙ものです(T_T) よかった~!! 怪獣映画というと、怪獣が出てきて戦う... [続きを読む]

受信: 2006/05/02 00:50

» 祝!21世紀のガメラシリーズ再開 [再出発日記]
80年代に入り、お金の余裕が出来てからというものは、怪獣映画は残さず観る様にしている。数ある怪獣映画の中で最高傑作は「ガメラ3 邪神(イリス)覚醒」であった。だから今回の作品には多くは期待していなかった。心配だったのは、初期ゴジラシリーズがファミリー路線...... [続きを読む]

受信: 2006/05/02 06:09

» 小さき勇者たち〜ガメラ [メディア遊歩道]
今日は一日なので、映画も1000円均一。 なので、映画を2本見た。 「ドラえもんのび太の恐竜2006」(これが3回目の鑑賞) 「小さき勇者たち〜ガメラ」(もちろん初回) の2本。 どちらも少年が、巨大生物を育て上げるという同じストーリー。 片方は実写で、敵役は同じ怪獣でしたが。 久しぶりのガメラだけど、平成ガメラ3部作(金子修介監督作品)とは接続していない。 クライマックス、ツインタ�... [続きを読む]

受信: 2006/05/02 09:48

» 必見!小さき勇者たちガメラ 公開中でっせ〜〜!!(笑) [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
※ ガメラリンク集は→http://blog.goo.ne.jp/masashisandesuka/e/33e336c6e99c6854dcad4bfe222dadc7 天保山ガメラトレーラーレポートは→http://blog.goo.ne.jp/masashisandesuka/e/b1469825c77d07a144e7b657d87c6edc yahoo無料公開(現在は終了しています)昭和ガメラ5作品の紹介は→http://blog.goo.ne.jp... [続きを読む]

受信: 2006/05/02 09:58

» 『小さき勇者たち ~GAMERA~』2006・4・30に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
  公式HPはこちら ●あらすじ 母親を亡くし、父親と海沿いの町で暮らす少年・透。ある日、奇妙に光る卵を見つけた彼は、生まれてきた子亀にトトと名付けて育てた。その頃、近郊の海では漁船の遭難事故?事件が頻発していた。 ●コラム 以前の怖いガメラ映画を... [続きを読む]

受信: 2006/05/02 14:47

» 「小さき勇者たち〜GAMERA〜」(2006・日本) 試写 [MY HIDEOUT〜私の隠れ家〜]
4/29(土)より全国ロードショーです。監督・・・田崎竜太出演・・・富岡涼、夏帆、津田寛治、寺島進、奥貫薫、成田翔吾、石丸謙二郎、田口トモロヲ、他。まず最初に言わせて下さい。伊勢志摩はあんなに田舎じゃないぞ〜。確かに田舎だけど、最近は開発が進んでいるんだ...... [続きを読む]

受信: 2006/05/02 15:09

» 小さき勇者たち 〜GAMERA〜 [映画をささえに生きる]
金子監督のよるガメラ3部作、「平成ガメラ」と呼称されてきましたが、今後は「金子ガメラ」と呼ぶことになるんでしょうか。その金子作は日本の特撮技術の底力を示す傑作となりましたが、本作はジュブナイル路線に回帰。クリッとした目が印象的なガメラとなっています。... [続きを読む]

受信: 2006/05/02 21:29

» 映画館「小さき勇者たち~ガメラ~」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
今回のガメラの幼少期トト、可愛かった~! 大きくなってからのトトはガメラになったんだけど、やっぱり可愛い♪ これじゃ、ガメラファンには納得できないような、、、私はあまり怪獣モノにこだわりはないのでどっちでもOKよ~~! ガメラの元気の元らしい、赤い石...... [続きを読む]

受信: 2006/05/03 15:22

» 【映画】小さき勇者たち GAMERA [かりめろ日記]
■観覧場所 ピカデリー(センチュリー豊田)■ ■監督 田粼竜太■ ■脚本 龍居由佳里■ ■CAST 富岡涼 夏帆 津田寛治 寺島進 奥貫薫 石川眞吾 成田翔吾ほか■ ■あらすじ■ ガメラは少年のために。 少年はガメラのために。 美しい海辺が広がる伊勢志...... [続きを読む]

受信: 2006/05/05 01:37

» 小さき勇者たち〜GAMERA〜 [まつさんの映画伝道師]
第439回 ★★☆(劇場) (極個人的な懐かしい思い出話になっているので、ご注意あそばせ)  かつて春休み、夏休み、冬休みと学校が長期の休みに入るたびに「東映まんがまつり」や「東宝チャンピオンまつり」という子供向きの映画上映が行われていた時代があっ....... [続きを読む]

受信: 2006/05/06 10:38

» 【劇場鑑賞47】小さき勇者たち 〜GAMERA〜 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
ガメラ〜♪ ガメラ〜♪ つぉいぞガメラ つぉいぞガメラ つぉいぞガメラ〜♪ ガメラは少年のために。 少年はガメラのために。 [続きを読む]

受信: 2006/05/09 23:19

» 小さき勇者たち 〜GAMERA〜 06年100本目 [猫姫じゃ]
小さき勇者たち 〜GAMERA〜 田崎竜太 監督 ありがとう! あたしのG3に対する昔年のわだかまり、ほぼ解消しました! 京都から志摩まで、ず〜っと戦ってきたんでしょ? その間に、あれだけいっぱいいたギャオスも、残りわずかになったんでしょ? そして最後に、...... [続きを読む]

受信: 2006/05/14 01:27

» 小さき勇者たち〜GAMERA〜鑑賞記 2008/01/28 [ガメラ医師のBlog]
 前回の「小さき勇者たち〜GAMERA〜鑑賞記 2008/01」はこちらから。  以前は、07年2月の更新「上旬のフィギュア関連情報」にて、伊豆アンディランドの寝トトくんレポをご紹介。 『パパカメのマル秘だった日記』 http://blogs.yahoo.co.jp/papa_kame2005/ さん、1月21日の更新。 カメ助とトトを見る【写真あり】 http://blogs.yahoo.co.jp/papa_kame2005/39730417.html 「小さき勇者たち ガメラ  今さらな... [続きを読む]

受信: 2008/01/28 18:37

« ちょっとだけBLOOD+29話「呪われた血」 | トップページ | 機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション:3部作 »