« 機動戦士ガンダム種運命~ORIGINAL SOUNDTRACK Ⅳ、にもの思い。 | トップページ | 小説版「交響詩篇エウレカセブン2 UNKNOWN PLEASURE」其の③・・・レントンとエウレカ »

2006/02/15

「PROMISE~無極」みた

promise ”PROMISE~プロミス”・・って言うと、どうしても「約束」とか思い浮かべちゃうのだけど、この場「運命」であり”DESTINY”なのかな?
中国語はまったくわからないので『無極』が”運命”という意味を含むのかはわからないのだけど。(以下、多少のネタバレを含む)

これは、おとぎ話とかファンタジーとかそういう作品なのかな?
「良く考えもせず、安易な道を”決定”していいの?本当に大切なものを見失っていませんか?」ってな教訓を盛り込み「そこに気がついたからご褒美にやり直させてあげましょう!」てオマケ付きの。
おとぎ話なのだと、そう捉えれば、”何でもあり”はすべてOK!って感じ。
だけど・・・どうして小ギャクをかましたりするのだろうか?
オチ的にバレバレとはいえ、スケールがでかい物語だし、ワイヤーアクションはもとより、美術装飾品も豪華絢爛。俳優陣も美男美女。私はカチコチのまんま押し通しても良いような気がしたけれどな。真面目なアクションでも充分笑えるわけだし。

真田広之は、それこそ”JAC”の頃から気になる俳優さんであり、「伊賀のカバ丸」時代から付かず離れず・・って具合で見てきた。今回も「大将軍様」を見事に(大げさなくらい?)演じている。どこまでも「大将軍」だった。芝居がかった殿様風かな?(笑)
「光明」はもっと正直者だと期待しただけにちょっと残念。
”正直者であるが故の葛藤”などの”苦悩”を演じさせたら間違いない演技をしてくれるだろう、真田さんであろうと期待できるが、「光明」に限らず、どの登場人物も、心の奥深い部分での感情を滲ます様な場面がない。一瞬の感情での喜怒哀楽はあるけれど、場面が変われば「ハイ次!」っていう感じ?全体的にサラッとしてしまっているから、感情移入することがない。
その中でも最終的に一番感情移入出来そうなのが、”白い悪魔”「無歓」。その名の通りの男であり、そうなった理由には納得しちゃった。


一番印象的なのはやっぱり”色”になっちゃうのかな?中国の映画は本当に”色”がすごい。
「華鎧」を身につけた、《赤》の男、二人。
信じる心を失ったがゆえにあえて”無”を表わしたのかのような、《白》の男。
この世と、この世ではないもの、時空をもつなぐ鳥を模した衣、《黒》の男、二人。
”色”の使い方は見事だと思う。
そして、なによりも【布地】の表現、まるで水のような流れを感じる動きと美しさには目を見張るものがある。またその色によって、原色のものは力強さを雄雄しさを、淡色系のものは柔らかさや優しさを、神秘的なイメージも演出していた。ただの布が・・これはと素晴らしいと思う。

評価は普通、可もなく不可もなくかな? ★★★☆☆
オススメ度も同じく ★★★☆☆

”歴史的大ロマン”とかで期待して観に行っていたら、★★だったろうなぁ。
まぁ、だからそこそこ楽しめたって感じ。

|

« 機動戦士ガンダム種運命~ORIGINAL SOUNDTRACK Ⅳ、にもの思い。 | トップページ | 小説版「交響詩篇エウレカセブン2 UNKNOWN PLEASURE」其の③・・・レントンとエウレカ »

コメント

こんにちは♪
この作品ってチェン・カイコーが大真面目に作ったのでしょうか?
それとも多少は笑わせようと思って作ったのでしょうか?
そこんところが謎です。
私は思いっきり笑って鑑賞してしまいました(汗)
真田さんがJAC時代に「伊賀のかば丸」をやったのですか???
亜月裕の??
うわ~想像つかない~!
なんでもやってたんですねー。

投稿: ミチ | 2006/02/15 23:06

■ミチさん、こんばんは♪
いつもありがとうございます。
本当に大真面目で作ったのか、そうでないのか謎ですね。
それはそれで楽しかったけど。

>真田さんがJAC時代に「伊賀のかば丸」をやったのですか???
そう亜月裕のマンガ、ですw
正確に言うと、カバ丸役ではありませんが。(甲賀の敵キャラかなんかで)役どころは忘れちゃいましたが間違いなく出演してましたよ。
千葉真一はじめ志保美悦子も出演(笑)
ギャクとはいえ忍者者でしたしね。
若さゆえ・・何でもやってましたよねぇ。なつかしい~~

まさかそこに反応があるとは思わず(笑)
どうしてこうマンガやアニメネタを絡めて感想を書いてしまうのか・・・(汗)

自信ないけど、なんとなく思い出した・・・シャドーが濃いメイクで・・影丸とかなんとかじゃないかなぁー

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/15 23:41

何時もお世話になっております。
これストーリーで考えると要らぬ戦略図とか考えてしまうので、途中から結末はどうなる?という感じで観ました。中国映画の戦闘ものになるとどうしても三国志の戦略を思い浮かべてしまうので、最初のシーンでそれにハマったら混乱してしまいますね。
真田さんは「亡国のイージス」以来でした。真田さん出演していなかったら絶対パスでした。

投稿: PGM21 | 2006/02/16 00:29

こんにちは!
>真田広之は、それこそ”JAC”の頃から気になる俳優さんであり、「伊賀のカバ丸」時代から付かず離れず・・って具合で見てきた。

=激しく反応!そういえば出てましたね~千葉さんも志保美悦子も・・・笑

どうも私は昔々のカッコイイアクションスターの真田さんのイメージが抜け切れず、ちょっと親父くさくなってしまったところが受け入れがたいです。笑 ラヴシーンもイマイチのれない…爆
でも個人的には結構面白くて大笑いしてました。

投稿: charlotte | 2006/02/16 17:49

■ PGM21さん、こんばんは♪
いつもありがとうございます。
日本人が出演していればご覧になるのですねw
始まる前までは「HIRO」のようなものをイメージしていたのでずっこけましたが、最初の世界感の説明で、おとぎ話に気持ちを切り替え、問題なしでした。
真田さんはいいですよね。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/16 18:59

■ charlotte さん、こんばんは♪
コメント&TB感謝です。
ココにも反応された方が(笑)うれしいです!

>親父くさくなってしまったところが
それでも未だにアクションには期待してしまうあたり・・昔のカッコよさは消去出来ませんよね。やっぱw

近頃、主演や助演でもどこか冴えない人物の役が多いからなおさらオヤジっぽいのかしら・・
若さだけで押し捲っていたあのときよりも、俳優としては大きくなっていると思っていますので、今後もまだまだ楽しみです。

気持ちを切り替えたので、楽しめましたw

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/16 19:09

たいむさま!コメント&TBかえしありがとうございます。
たいむさんの書かれているように色の使い方が、意図的で面白かったです。無歓はなかなか美味しい役だったと思います。彼の旗頭のコンセプト・デザインが八咫烏だったのですが、実際はどうだったか?確認しませんでした。最初は、びっくり@@でわやわやと見過ごしてしまった部分が多かったので、もう1回見たいように思います。これからもよろしくお願いいたします。またお邪魔します。

投稿: A・C・O | 2006/02/18 08:35

たいむさんTB&コメント有難うございました

>最初の説明でおとぎ話と気がつかなければ、かなりダメダメ評価・・・・

(^_^;)確かにそうですね。
hideは、神話?ファンタジー?と理解し始めて頭を切り替えて楽しめました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿: hide | 2006/02/18 10:42

■A・C・O さん、こんにちは♪
>彼の旗頭のコンセプト・デザインが八咫烏
3本足のカラス・・というところまで気が回りませんでした。
色使いはとにかく意味がこめられているように感じましたね。
鳥の羽と花びらと、はらはらと舞い散るもの。それも繰り返し。その意味までは考えていませんでしたが、何かの象徴のようには感じられました。
絵的な美しさはどれも見事だったと思います
(2つ目の記事も拝見させていただきました)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/18 15:38

■hideさん、こんにちは♪
ファンタジーとしては、伏線もオチもしっかりしていたと思うのでよかったですね。
とにかく最初、これを見逃すとヤバイですね。

アクションもそうですが、美術的なものは本当に見事だったと思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/18 15:45

こんにちは(^_^)
お礼に伺うのが遅くなってすみません
ツッコミどころは多かったけど、さすがに中国映画、色の使い方は素晴らしかったですね~(^^♪

投稿: honu | 2006/03/03 06:33

■ honu さん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

毒々しいのだけど、イヤミになっていないのが不思議なところです。
とても効果的でしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/03/03 21:30

こんにちは。

チェン・カイコーだからシリアスだと思って行ったら、チャン・ドンゴンが四つんばいでダッシュするバカ映画でした。
でも、それは、それで、それなりに笑えたから良かったです。
ストーリーは・・ですが、美術と衣装はキレイでしたね。

投稿: toe | 2006/03/15 01:16

■toeさん、こんばんは♪

>チャン・ドンゴンが四つんばいでダッシュするバカ映画でした。
韓流オンチの私は、”ちゃん・どんごん”が何者かもわかっていませんでしたw

気持ちの切り替えができたおかげで私も楽しみました。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/03/15 21:51

こんばんは!いつもありがとうございます!
あたしは、最初の走りを引きずってしまって、、、
いっそ、ギャグファンタジー?という新境地を開いて欲しかったです、、、

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006/10/05 01:41

■猫姫少佐現品限りさん、こんばんは♪
>最初の走り
あははははははは
そうそう、4本足から2本足の走りねっ!(笑)
何の映画?って思った思った(爆)

いっそギャグならギャグで・・ってファンが怒りそうです(汗)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/10/05 18:07

古い記事にお邪魔します!
私は公開当時は歴史的大河ロマンを期待して行ったので
★1個の評価でしたが
このたびコメディ・アクション・ファンタジーのジャンルと割り切って観たら
★4個くらいに昇格しました~
>真面目なアクションでも充分笑えるわけだし・・・
真田さんの回転する戦い方とドンゴンの走り方はツボです。
中国映画って本当に色がすごいですね。
特にイーモウ監督とカイコー監督さんはそう思います。

投稿: なな | 2009/01/17 09:49

■ななさん、こんにちはsun
レッドクリフとか見ると、こうした作品もなんとなく観たくなる気持ち、分るような気がします。

この作品は、いかにファンタジーをして見られるか、ですよね。気持ちの切り替えがポイント。色遣いも独特で愉しみ方次第って感じですね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/01/17 14:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/8678705

この記事へのトラックバック一覧です: 「PROMISE~無極」みた:

» 映画「PROMISE」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「PROMISE」★★★ 武侠映画です。人と神が住んでいた頃のお話です。ファンタジー映画です。だから、その辺は割り切って見ましょう。突っ込みはやめておきましょう。 ↑のことを念頭において見ると、なんだかとっても楽しめる。ワイヤーアクションてんこ盛り、特殊効果もてんこ盛り。まず初っ端から野牛の群れを追い越す全力疾走などの超人的アクションに目を見張り、風景や色彩も美しい。 ストーリー的には「真実�... [続きを読む]

受信: 2006/02/15 23:01

» PROMISE -無極- [きょうのあしあと]
「愛で運命を超えろ」 監督:チェン・カイコー 出演:真田広之、チャン・ドンゴン、セシリア・チャン、ニコラス・ツェー、リウ・イェ、他 劇場:TOHO Cinemas Kawasaki ■ストーリー 幼き日運命の女神・満神との約束により、「真実の愛」と引き換えに、この世の全ての男の寵愛を受けることを約束された王妃・傾城(セシリア・チャン)。彼女をめぐり捜索する男たちの運命。運命の約束を超える闘いが今始まる。... [続きを読む]

受信: 2006/02/15 23:07

» PROMISE(女に約束(PROMISE)を翻弄される男たち) [オールマイティにコメンテート]
「PROMISE-無極-」は約束(PROMISE)という名の定めに翻弄された5人の主人公が定めに基づいて運命が進んでいくストーリーである。中国映画という事もあり戦闘シーンとアクションシーンの迫力は十分過ぎるほど見応えはあった。... [続きを読む]

受信: 2006/02/15 23:25

» 神と人がいる景色・武侠風ファンタジー/『PROMISE』無極 其の一 [活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世]
●PROMISE/無極● 監督:チェン・カイコー  主演:真田広之/セシリア・チャン/チャン・ドンゴン    ニコラス・ツェー/リウ・イエ 日(真田広之)・韓(チャン・ドンゴン)・香(ニコラス・ツェー)の新旧2枚目対決の話題作だ。 チェン・カイコー監督は『...... [続きを読む]

受信: 2006/02/15 23:32

» PROMISE/無極☆独り言 [黒猫のうたた寝]
予告で観ていて映像の美しさには目を奪われるものがあった『PROMISE/無極』を 一足お先に鑑賞できちゃいました。 映像もそうだけど、物語的にも惹かれるものがあったのよね(笑) 運命の女神とかわした約束=運命  一人の女は真実の愛よりも、豊かさの中...... [続きを読む]

受信: 2006/02/16 00:00

» PROMISE 無極 [ネタバレ映画館]
 闘牛士ごっこ、勘違い愛、鼻血対決、うそつき合戦、告白大会、殺し合い・・・最後まで嘘をつかなかったは誰だ?  [続きを読む]

受信: 2006/02/16 00:01

» 映画館「PROMISE/無極」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
真田広之、チャン・ドンゴン出演ということで話題になっていますが、私が一番楽しみにしていたのは、ニコラス・ツェー様~~!武侠作品でありながらファンタジー!結構好きです、この手の作品♪ すべてを手に入れる代わりに真実の愛を得られないという運命を背負った女...... [続きを読む]

受信: 2006/02/16 00:30

» PROMISE [Akira's VOICE]
映像とアクションは満喫したものの, 中身のドラマは薄くて印象に残らない・・・ [続きを読む]

受信: 2006/02/16 10:05

» 「Promise 無極」 [Input/Output]
 「Promise 無極」を観た。空中で何の足がかりもなく下から上へ飛び上がったり、5回転ぐらいしたり、いかにも中国アクション。 [続きを読む]

受信: 2006/02/16 11:38

» PROMISE 無極 [Saturday In The Park]
中国 監督:チェン・カイコー 出演:真田広之     チャン・ドンゴン     セシリア・チャン     ニコラス・ツェー 戦乱の世で親を亡くし行き倒れ寸前だった少女・傾城は女神から真実の愛と引き 換えにすべての男からの寵愛と何不自由ない暮らしを約束され...... [続きを読む]

受信: 2006/02/16 13:13

» PROMISE プロミス/-無極- [我想一個人映画美的女人blog]
日韓香港を代表するキャストの共演!チェンカイコー監督作品 セシリアチャンの新作として、出演が決まった時点から ずーっと楽しみにしていた作品{/hearts_pink/} 豪華絢爛、煌びやかなアクションファンタジーの誕生{/kirakira/} いきなり王妃を愛してしまう大将軍、日本代表・真田広之。 運命に身を委ねる、美しき姫君 香港代表・セシリアチャン。 いつのまにか姫のとりこ、ありえない俊足�... [続きを読む]

受信: 2006/02/16 16:28

» PROMISE〜無限〜 [シャーロットの涙]
アジアのどこか「未来における3000年前から」現代へ届けられた「約束〜PROMISE」 ・・・映画的にはスゴク面白い作品ですよ。映像のインパクトさ、無限の発想力、ありえないと思わせる技てんこ盛り。ありえない…なんて思わせない映像の支配力に屈して何も言わずに楽しんだ。{/hiyo_do/} 加えて音楽が結構秀逸だったと思うのですが。SAYURIほど中華和風洋風ミックスでうるさくなく、でもストーリーには十分絡んで、見てい... [続きを読む]

受信: 2006/02/16 17:44

» 『PROMISE』2006・2・12に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『PROMISE』  公式HPはこちら ●あらすじ 戦乱の世の孤児である少女・傾城(セシリア・チャン)は、女神満神(チェン・カイコー監督の奥さんらしい)から究極の幸せを手に入れる事と引き換えに、真実の愛が一生、手に入らないリスクを約束した。 時がたち... [続きを読む]

受信: 2006/02/16 22:35

» ★「PROMISE」 [ひらりん的映画ブログ]
真田広之、チャン・ドンゴン、ニコラス・ツェー、セシリア・チャン主演。 日本、韓国、香港のトップスターを主演に迎えるとはちょっとスケールがでかそう。 監督はチェン・カイコー。 [続きを読む]

受信: 2006/02/17 02:43

» PROMISE-無極- [Alice in Wonderland]
はっきり言って予告編を見て少々馬鹿にしながら観に行ったのですが・・・やられました。とにかく独創的な発想に素晴らしいカメラワーク、衣装や建物の色彩やデザインも美しくって圧倒されました。極めつけは主人公四人がそれぞれに魅力的で芸術品のように美しかった事、我...... [続きを読む]

受信: 2006/02/17 16:07

» チェン・カイコー監督 『PROMISE / 無極』 ☆今年11本目☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『PROMISE』 公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/promisemovie/原題:THE PROMISE/無極製作:2005年中国/日本/韓国監督:チェン・カイコー出演:真田広之/チャン・ドンゴン/セシリア・チャン/ニコラス・ツェー/リィウ・イエ/チェン・ホン 《公開時コピー》[...... [続きを読む]

受信: 2006/02/19 12:38

» 『愛』がテーマのチャイニーズファンタジー(2006年5本目) [ON THE ROAD]
「この世のすべての男からの寵愛と、 不自由ない生活を約束しましょう。 その代わり、お前は決して真実の愛を得ることはできない。 それでもいいですか?」・・・ もし自分が生きる術さえも持たず、空腹に震える幼い少女だったとしたら、 そんなふうに神様にいわれたら女の人ってどう答えるんだろう? この映画のヒロイン傾城は『それでもいい』と答えた。 『プロミス』(無極){/arrow_l/... [続きを読む]

受信: 2006/02/20 00:19

» 【劇場鑑賞15】PROMISE(無極 THE PROMISE) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
●契約内容をご確認ください。 ●収支と支出のバランスを大切に。 ●無理のない返済計画を。 井上和香は出てません。ヾ(ーー )ォィプロミス違いだって・・・ 運命、それは誰も破ることのできない約束(プロミス)。 ある日、何もかも失った少女の...... [続きを読む]

受信: 2006/02/20 23:58

» PROMISE [俺の話を聴け〜!]
壮大なロケーション撮影、豪華キャスト、最新のデジタル技術を駆使した歴史スペクタクルメロドラマ・・・ってことで、中国映画大好きなオレとしてはワクワクしながら劇場へ!おおおお〜、なんと雄大で美しい映像、真田広之も渋いぞぉー!ん、なんだなんだ、チャン・ドンゴン....... [続きを読む]

受信: 2006/02/22 15:20

» 映画〜 [ボソっと言ってみっか・・・]
みのりさんから頂いたチケットでプロミスを見てきました。 とても映像には凝っていて、 アクションとかはHEROの延長線上って感じです。 [続きを読む]

受信: 2006/02/23 11:26

» PROMISE [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  過剰なほどの美しさ・何か足りない物語 [続きを読む]

受信: 2006/02/27 02:53

» 映画「PROMISE」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:無極/THE PROMISE 日本、韓国、香港のスターを競演させて、運命に導かれながらも運命を打ち破り、本当の愛を追い求める、時代感覚を無視したファンタジーな物語・・・。 「この世のすべての男からの寵愛と、不自由ない生活を約束しましょう。その代わり、お前は決し... [続きを読む]

受信: 2006/03/04 01:26

» ★PROMISE@川崎チネチッタ:日曜日午前 [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
見るまで、どんな内容のどういう映画なのかわからなかった。 だから、たいして期待してもいなかった。 でも、見始まったら10分足らずで、これは見て良かったと思った。 映画鑑賞歴半年の私には、新しい映画の世界。 もう、ひたすらきれい…#63903; まるで2時間が、薄..... [続きを読む]

受信: 2006/03/05 21:34

» 『PROMISE』その3(今度こそラスト!) [ストーリーの潤い(うるおい)]
『PROMISE』、何かと『HERO 英雄』と比較されがちですね。 で、私から観た両作品の特色、ちょこっと書いてみます(もちろん私のことですから、「ちょこっと」とはいっても、長くなりそうです)。 ご意見などいただけると、楽しいやり取りになるかも(?) ... [続きを読む]

受信: 2006/03/05 23:40

» 『THE PROMISE』—無極—を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『THE PROMISE』—無極— 英題▶THE PROMISE 製作年▶2005年 製作国▶日本・中国・韓国 日本公開▶2006年2月11日 全国松竹・東急系にてロードショー コピー ▼ [愛]で運命(プロミス)を超えろ 上映時間▶Run Time: 128 min.(2時間8分) 配給▶ワーナー・ブラザース映画 オフィシャルサイト 1 ▼ ▼▼ ▼ ★ポチッとナ! オフィシャルサイト 2 ▼ ▼▼ ▼ ★ポチッとナ! ... [続きを読む]

受信: 2006/03/07 06:39

» THE PROMISE -無極- [toe@cinematiclife]
『さらば、わが愛/覇王別姫』、『北京ヴァイオリン』の監督、チェン・カイコー最新作。 出演は、日本の真田広之、韓国のチャン・ドンゴン、香港のニコラス・ツェー、セシリア・チャン共演のファンタジー。 スケールは大きいけれど、真田広之とチャン・ドンゴンを出演させる必要があったのかどうかはちと疑問・・(ーー;) <STORY> 幼い頃に、神と駆け引きをして「世の中全てのものを手に入れることができるが、本当の... [続きを読む]

受信: 2006/03/08 00:56

» PROMISE 06年162本目 [猫姫じゃ]
無極 The Promise 2005年   チェン・カイコー 監督・脚本真田広之 、チャン・ドンゴン 、セシリア・チャン 、ニコラス・ツェー 、リィウ・イエ かなり微妙、、、てか、冒頭の戦闘シーン、ギャグでしょ??その後もほとんどギャグのようなVFX、、、 いやぁ、、...... [続きを読む]

受信: 2006/10/04 13:28

» THE PROMISE/無極 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
これは,公開当時に劇場で鑑賞したけど,あまりにも予想していた作風と違うことにがっかりして,セシリア・チャンの人間凧のシーンで,それ以上我慢できなくなって,劇場を途中で出た記念すべき作品である。(口直しに観たのが「フライト・プラン」。こっちもイマイチだったけど。)・・・なのに鬼狼(雪国の刺客)を演じた... [続きを読む]

受信: 2009/01/17 09:51

« 機動戦士ガンダム種運命~ORIGINAL SOUNDTRACK Ⅳ、にもの思い。 | トップページ | 小説版「交響詩篇エウレカセブン2 UNKNOWN PLEASURE」其の③・・・レントンとエウレカ »