« じゃすと・IN・たいむ(2/1号・・999・エウレカ2巻・他) | トップページ | again!石坂浩二の「金田一耕助」 »

2006/02/01

「単騎、千里を走る」みた。

tannki 「単騎、千里を走る」というは”三国志”に登場する”関羽”の仮面劇なのだそうだ。
”三国志”というと、一番人気が高いのが”諸葛亮孔明”だと思うが(想像)、私は”関羽”が一番好きだ。忠義の為に独り闘う男、くぅ~っ!
・・っと話がそれたが、この「単騎、千里を走る」、一言でいうなら”ズキーン”とくる作品だった。(涙腺が弱いのもあるけど)なんだかずっと泣いていた。それも結構激しく(^^;)
先日の『博士・・』の時もずっと涙が流れていたけれど、それとはちょっと違う。けれど、どうにも上手く説明できそうにない。
でも『博士・・』同様で「感動!の涙」ではない、とだけは言えそうだ。

”純粋さに中てられた”そんな感じかも知れない。

自分より死を間近にした息子に、それも仲たがいしたままの息子に戸惑っているように見えた年老いた父親。それでも”何かをしなければ”という想いが年老いた父親に息子の軌跡をたどる、という行動をさせた。そして父は知る。息子も知る。
~何を?「仮面」のなかの素顔を。
”感じる”ことは出来ても、上手く文字で表現することが私には出来ないようだ。

少年の純真さがそのまま溢れ出している写真の数々。
撮る人間の心が透明でなければあそこまで見る人間の心を打つ事はないだろうと思う。

人々の、素朴な、真っ直ぐな、悪意のまったくない優しさと思いやり。

こんな陳腐な言葉でしが表現できないけれど、そんな作品。
是非それを”感じて”欲しいと思う。
私にはとても”痛い”作品だった。
(別に本当に痛いわけではない。”痛い”の意味、分かってくれる人、いないかなぁ)

とはいえ、重苦しい作品ではない、とだけ付け加えておこうか(笑)
いつもニコニコ風、カタコト通訳さん、「高田さーん」の練習が好きです(笑)
帰りの車の中、後部座席で本気で寝ちゃってた?


評価、そんなことは、言うまでもない。そんな作品。

|

« じゃすと・IN・たいむ(2/1号・・999・エウレカ2巻・他) | トップページ | again!石坂浩二の「金田一耕助」 »

コメント

こんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

自分は涙は流れなかったのですが、やはり胸に響くものがありましたね。
言葉で多く語らずとも、その立ち振る舞いで感動を与える健さんの演技もあいまって、楽しく観れたというよりも清々しく観れた・・・と言う感じでしょうか?・・・自分も言葉で表現するのが下手なようで・・(汗

投稿: メビウス | 2006/02/02 00:25

こんにちは♪
なんかね、とっても良かったの~。
中国の風景に健さんが立ってるだけでよかったの~。
(こんな感想ダメかな?)
言葉の壁があったって心って通じるんですよね。
政治が絡むとややこしいことになるけれど、末端の人々の心はわりと簡単に通じるのかもしれないって思いました。

投稿: ミチ | 2006/02/02 00:29

何時もお世話になっております。
このタイトルそのものが三国志の故事が題材なので、その点ではタイトル通り単騎千里を回りました。三国志で人気の人物は・・・やっぱり人によるかな?曹操と言う人もいるし、関羽と言う人もいるし、孔明だったりします。個人的には劉備と趙雲が好きなんですよね。劉備は人徳の人と趙雲は単騎で100万の包囲網を切り開いた武将はですから・・・
作品としては国を越えた人情ですね。これに尽きると思います。

投稿: PGM21 | 2006/02/02 01:35

■メビウスさん、こんばんは♪
コメント感謝です。

>言葉で多く語らずとも、その立ち振る舞いで感動を与える健さんの演技
あの高田さんがどうして仮面をかぶって殻に閉じこもるようなことになったのか・・・不器用な高田が熱かったです。

さすがは高倉健!に尽きるのでしょうね。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/02 20:25

■ミチさん、こんばんは♪

>中国の風景に健さんが立ってるだけでよかったの~。
あははっ。分からないでもないですが、残念ながら、私、健さんをスクリーンで見るのがはじめてで、健さんを語れませんっ!すみません!!(笑)

>末端の人々の心はわりと簡単に通じるのかもしれないって
あそこまで山奥には日本人の侵攻はなかったからか?とかひねくれて考えてしまうのですが・・・
知らないものどおしなら、偏見もなく、ただの人間同士、そういうものなのかもしれませんね。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/02 20:30

■ PGM21さん、こんばんは♪

>作品としては国を越えた人情ですね。
世界に広がれば戦争なんてなくなるだろうに・・・と思ったり。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/02 20:33

たいむ さん TB&コメント有難うございます
映画は清涼感の有る映画でした

>孤児同然の子供の扱い方については、共産国家(中国)と厳然たる階級社会(過去の英国)の違いを大きく感じました。

については映画ですから、虚構の世界で有る事は分かりつつ。
貧しい時は、中国の方が優しく健全に感じました

「オリバー・ツイスト」を観られるとか?
『戦場のピアニスト』の巨匠、ロマン・ポランスキー監督とか。おすぎさんの宣伝を鵜呑みにしなければ(笑)、其れなりに文芸大作で楽しめますよ

投稿: hide | 2006/02/03 13:21

■ hide さん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。
>清涼感の有る映画
空の青さも印象に残りますが・・・(違うって)
鑑賞後はすがすがしい思いに浸れますね。

>「オリバー・ツイスト」を観られるとか?
観て参りましたので、TBさせていただきます。

>おすぎさんの宣伝
ああ~いつも参考にしてませんw

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/03 22:46

こんにちは~。

たいむさん、ごめんなさい。
トラバを2回送ってしまいました(^^;)
一つ削除をお願いします。

この映画ですねぇ。
私もガン泣きでした(T▽T)
息子に対する愛情を、見ず知らずの人たち、それも中国の人たちに教えられるなんていいじゃないですか・・。
だめだ、また泣きそうです・・・・(笑)

投稿: toe | 2006/02/05 01:07

■toeさん、こんにちは♪
ここのところ、ココログ同士のTBが調子悪いような気がします。お気になさらずに~

食わず嫌いは改めないといけませんね。
純粋さ、素朴さが心を洗いますね~
そういった意味でイタイ感じです。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/05 14:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/8456141

この記事へのトラックバック一覧です: 「単騎、千里を走る」みた。:

» 単騎、千里を走る。 [まったりでいこう〜]
前宣伝でうっかり涙ぐんでしまいました。そしてやっぱり本編も涙・涙の連続でした。 ずっと会っていなかった息子が病気になり、その息子のために何かできないかと思って単身中国へ渡った高田。この高田という男を高倉健が演じていましたが、彼のわずかな表情や朴訥な言葉のひとつひとつが胸を打ちました。そしてまた中国において旅行の手助けをしてくれた通訳の人、村の人、それぞれの優しさや真心に涙が零れました。 ... [続きを読む]

受信: 2006/02/01 23:40

» 単騎、千里を走った先にあった国と人種を越えた人情 [オールマイティにコメンテート]
「単騎、千里を走る。」は高倉健4年ぶり主演の映画で日中共同制作、末期がんの音信不通だった息子のやろうとしていた仕事を息子に代わり中国各地を回るストーリーである。 [続きを読む]

受信: 2006/02/01 23:45

» 映画「単騎、千里を走る。」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「単騎、千里を走る。」★★★★ ストーリー: 長年の間絶縁状態だった息子が病に倒れ、余命わずかだと知った父親の高田(高倉健)は、息子のやり残した仕事を代わりに完成させようと、単身中国に旅立つ。 私が映画を見始めた頃、高倉健はすでに大スターで、不可侵の存在だった。「自分は不器用ですから」という言葉で有名な彼は寡黙で辺鄙な場所が似合う男ナンバーワンかもしれない。この映画での「高田さん」という役はそれを満たしている。 ... [続きを読む]

受信: 2006/02/02 00:25

» 単騎、千里を走る。 [Saturday In The Park]
中国&日本合作 監督:チャン・イーモウ 出演:高倉健     寺島しのぶ     リー・ジャーミン     チュー・リン 静かな漁村に暮らす高田剛一のもとにある日、長い間仲たがいしていた息子の健 一が重病だとの報せが届く。最後に息子との和解を望む剛一は嫁...... [続きを読む]

受信: 2006/02/02 14:16

» 『単騎、千里を走る。』2006・1・30に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『単騎、千里を走る。』  公式HPはこちら ●あらすじ 長年絶縁状態であった息子の健一(中井貴一《声のみ》)が、病で余命も危ぶまれる状態と知った高田(高倉健)。 彼は息子が中国で遣り残して居た仕事の存在を知り、それを完成させる事が息子ともう一度向き合... [続きを読む]

受信: 2006/02/02 21:22

» 『 単騎、千里を走る。 』 [やっぱり邦画好き…]
 公式サイト 映画 『 単騎、千里を走る。  』   [ 試写会鑑賞 ] 2005年:中国/日本 【2006年1月28日ロードショー】[上映劇場 ] 監 督:チャン・イーモウ ?降旗康男(日本編監督) 脚 本:ヅォウ・ジンジー [ キャスト ] 高倉健?... [続きを読む]

受信: 2006/02/03 03:22

» 映画「単騎、千里を走る。」 [いもロックフェスティバル]
高倉健主演の映画「単騎、千里を走る。」の試写会に行った。 監督は「HERO」、 [続きを読む]

受信: 2006/02/04 01:54

» ホント単騎で千里を走るって感じ。 〜映画編〜 [弓に生き、夢に生き]
弓道の大会の後、 本日公開の映画「単騎、千里を走る。」観てきましたよv これ、実は去年から絶対観に行くと決めていた映画でして。 何と言っても映画のモチーフが『三国志』の関羽ですからね♪ (正直言うと関羽を期待していたのではなく、 ひょっとして大好...... [続きを読む]

受信: 2006/02/05 00:34

» 単騎、千里を走る。 [toe@cinematiclife]
このところ、仕事に追われ、出張に行ったりしていたので、映画を観に行く時間もなく、ブログの更新もせず、コメントやトラバの返しも遅れてしまいました。 コメント、トラックバックを送っていただいた皆さま、必ずお返事致しますので、もう少しお待ち下さい。 ご迷惑をお掛けしておりますm(_ _)m そんな忙しい日々の中で、思うことはただ一つ。 「映画館に行きたい~!!」 そして、昨日、念願叶って時間ができたので... [続きを読む]

受信: 2006/02/05 00:45

» 【劇場鑑賞11】単騎、千里を走る。(千里走単騎) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
張芸謀(チャン・イーモウ)監督、高倉健主演。 まごころが世界を変える。 [続きを読む]

受信: 2006/02/07 00:05

» 映画館「単騎、千里を走る。」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
チャン・イーモウ監督、高倉健主演の作品。 まず、観に行く前に「単騎」ってなんのことかもわからなかったのでチョット不安がありましたが、そんな心配は無用の作品でした。 あることがきっかけで10年間も会うことも無くなってしまった父と息子。しかし、息子は病に...... [続きを読む]

受信: 2006/02/08 14:38

» 名子役が高倉健を食う「単騎、千里を走る。」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 「紅いコーリャン」(87年)以来、チャン・イーモウ(張芸謀)監督にひかれ続けてきた僕にとって彼の最新作「単騎、千里を走る。」は観なくてはならない映画だった。それにしても、予告編の出来が悪かった。どうにも暗く、広がりのないストーリーに思えた。しかし、実際....... [続きを読む]

受信: 2006/02/09 14:35

» ★「単騎、千里を走る。」 [ひらりん的映画ブログ]
ひらりん的には「高倉健の初・劇場鑑賞」です。 すっごい数の映画に出演してたんですね。 おん年○○才の健さんは凄かったっ。 [続きを読む]

受信: 2006/02/11 02:58

» 「単騎、千里を走る」荒野の夜空に響く笛の音を聞け [soramove]
「単騎、千里を走る。」★★★☆ 高倉健主演、チャン・イーモウ監督作品 ★昨年10月に東京国際映画祭に主演の高倉健さんを 迎えての上映で見てから、3ヶ月ぶりに再度見ました。 感想はほぼ同様なので、再掲載します。 年齢層が高い客層ですが、健さんの映画だが、 ...... [続きを読む]

受信: 2006/02/15 19:24

» 「単騎、千里を走る」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
映画「単騎、千里を走る」*1を先週末見て来た。土曜日というのに余りにも観客が少なく、心配になって数を数えた所、自分等を含めて僅か15人しか居なかった。こんなに観客数の少ない映画を観たのは、勝新太郎氏主演の「迷走地図」以来かもしれない。若干の心細さを抱える内に映画は始まった。 ************************************* 或る日、漁師の高田(高倉健)*2は、長期に亘って絶縁状態だった息子・健一(中井貴一)が病に倒れたとの連絡を息子の嫁で在る理恵(寺島しのぶ�... [続きを読む]

受信: 2006/02/23 05:42

» 張芸謀監督、高倉健主演の「千里走単騎」について [じゃんす的北京好日子]
最近、中国では高倉健主演の「千里走単騎」と真田広之、チャン・ドンゴン主演の「無極」が話題になっており、メディアでもよく報道されています。新京報も見開き2ページで、真田広之の顔をアップを使って大々的に報道していましたし、先ほどのエントリーで紹介しました北...... [続きを読む]

受信: 2006/02/23 19:34

» 単騎、千里を走る』鑑賞 [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
 『単騎、千里を走る』鑑賞レビュー! 単騎、千里を走る。 千里走単騎 2006年1月28日より 全国東宝系にてロードショー 製作国▶中国・日本 配給▶東宝 上映時間▶min108(1時間48分) 張芸謀(チャン・イーモウ)×高倉健 2人の夢が、世界に羽ばたく それは、映画「君よ憤怒の河を渉れ」 からはじまった コピー まごころが世界を変える ★スタッフ★ 監督▶チャン・イーモウ 脚本▶ツォウ・ジン... [続きを読む]

受信: 2006/02/26 12:45

» 寡黙で不器用…、永遠のアイドル/『単騎、千里を走る。』高倉健主演 [活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世]
●単騎、千里を走る。● 監督:チャン・イーモウ/降旗康男(日本部分) 脚本:ヅォウ・ジンジー 出演:高倉健/寺島しのぶ    リー・ジャーミン/ジャン・ウェン/チュー・リン/ヤン・ジェンボー 午前中9:50開始の『男たちの大和』を観ようと高崎109シネマズ....... [続きを読む]

受信: 2006/03/04 07:43

« じゃすと・IN・たいむ(2/1号・・999・エウレカ2巻・他) | トップページ | again!石坂浩二の「金田一耕助」 »