« Next Series! 攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG (5-8) | トップページ | 機動戦士ガンダム種運命~ORIGINAL SOUNDTRACK Ⅳ、にもの思い。 »

2006/02/14

小説版「交響詩篇エウレカセブン2 UNKNOWN PLEASURE」其の②・・・ホランドとゲッコーステイト

アニメでは描かれていない「クーペ・シティ」のエピソード。
小説版ウエレカは、”3、4冊で刊行予定”とのこと。それでは50話あるアニメのエピソードを全て書ききれるわけがない。
アニメの設定やエピソードを生かしつつ話を纏めるは、オリジナルストーリーで(強引に)数話分を凝縮させる、という手法が有効かもしれない。それがこの2巻「クーペ・シティ」の出来事だと思う。

●ゲッコーステイトとは何か?

2巻では、実はゲッコーステイトのメンバーのそれぞれ従う”理念”がバラバラだ、ということが明かされた。メンバーは総勢18名。
ホランド、ハップ、タルホ、ミーシャで起こした謀反が月光号とニルヴァーシュの強奪。そしてエウレカと共に脱走。というのが始まり。
そこに軍に対抗する組織で活動してたマシューやヒルダといったLFOライダーが加わり、その活動を世間に訴える為に押しかけてきたのが軍属カメラマンのストナー、そしてホランドのカリスマ性に惹かれてやってきたリフボーダーでいつしか構成されることになる。
そもそも、ホランドらSOFのメンバーが謀反を起こした理由は何か?ということになる。それを知っているのはやはりSOFのメンバーだけらしい。

「アゲハ構想」と「アゲハ構想(改)」同一人物が書き上げたレポート。言うまでもなく、それはアドロック・サーストン
「アゲハ構想~対抗・破壊」を推し進めようとするデューイ。
「アゲハ構想(改)~共生・対話」の為に活動するホランド。
どちらの「アゲハ構想」を実現する為には、”ニルヴァーシュとエウレカ”が不可欠であり、だからデューイから遠ざけた。それが謀反の理由。
アミタドライブがベルフォレストに隠されていたのもその為。
ホランドがレントンをスカウトしたこと。これは”サーストン”が必要になったということ。レントンがアドロックの息子だったから。(サーストンでなければならない具体的な理由はまだ示されていない)

「クーペ・シティ」の”ノルブ救出作戦”はホランドの独断で決められた作戦であり、ほとんどのメンバーからは反対の声が上がる。
簡単に言えば”ヴォダラク”は反政府組織な宗教集団であり、その教祖がノルブだということ。ヴォダラク自体もノルブの思想に従う穏健派と強硬派、原理主義派も現れ様々な形で分裂しているという。
過激派よるテロ活動も多く、共に行動することはリスクが高い。罠の可能性も否定できない。とにかく得体が知れない連中と組むのは危険だということだ。
それぞれの意義や理念は違えども【ゲッコーステイトはテロリスト集団ではない】という”プライド”は皆が一致してるということなのだろう。
しかし「作戦計画」は進められていく。それは”リーダー・ホランドに服従”という形ではない。【それがゲッコー・ステイト】ということなのかもしれない。
この作戦での不安要素は、果たして現実のものとなる。
”ヴォダラクの裏切り” ゲッコー・ステイトは、ホランドは彼らに利用された。”無差別テロ”それを止めるために【ゲッコー・ステイト】を守るためにホランドは《ターミナスtypeR909》を駆る。

おそらく”レイとチャールズ”は小説版には登場しないと思う。その出会いがくレントンに大きく影響を与えるエピソードであり、アニメ版の中でも特にグっとくるエピソードなだけにもったいないとは思う。
けれど、”ホンランドがリフすることが出来なくなる理由”がココにある、といえば納得するしかないだろう。それ程のことがホランドの身に起こる。
私にもあの時のホランドの叫びが、聞こえたような気がした。

●ホランド

アドロックを親のように、師匠のように慕っていた。故に”サマー・オブ・ラブ”の真相を調べ続け、同じく、父の事を調べていたダイアンと心を通わせる。
「クーペ・シテイ」の作戦に手を貸す理由はそれが”ノルブ”絡みだったから。
ホランドの夢枕に立つノルブ。
「・・・エウレカの真実のパートナーを探せ・・・そいつこそが鍵だ・・・」
その”お告げ”に心酔したわけでもない、”サマー・オブ・ラブ”そして”コーラリアン”の謎に近づく為にどうしても欠かせないピース。それがノルブだということ。

そもそも「ゲッコー・ステイトとは何か?」「ホランドのやろうとしていることは何か?」それを一番知りたがっているのは当のレントンだった。
そのレントンにホランドは真実を告げる勇気がなかった。巻き込むことを恐れていた。
「似てない兄弟のようだ」それはレントンとホランドに中てたタルホの言葉。本当の”似ていない兄弟”はデューイとホランド。
兄であるデューイに「お前は知らなくていい」と真実を伏せられたまま、その言葉のままに活動していた昔のホランド。その兄の姿と今のレントンに対する自分を重ねる。
ホランドが【ゲッコー・ステイト】を守る際、断末魔に叫んだ名前は「レントン」だった。
ホランドの苦悩とは裏腹に、レントンが自分で道を切り開き《ゾーン》へと到達したと知った時、ホランドは知る限りの全てをレントンに告げる決意する。

子供の時に親のイヤだな、と思っことを、気がつくと自分が子供にしている、そんな感じだろうか。親の心子知らず、子の心、親は忘れているw
親になっていないから、親子の微妙な感覚は乏しいけれど、こういうことってほとんど親の確信犯だと思うけどなぁー。
やっぱり小説版ホランドはアニメ版に比べてかなり大人だ。そんなホランドがとてもステキだ。&指摘できるタルホもなかなかではないか!

エウレカを叱り飛ばすホランドというのがいい。若干エウレカに贔屓の部分もあるから、その分レントンがとばっちりなのは仕方が無い。
男の子と女の子の扱いの違い・・・アニメでエウレカがレントンに「子供の叱り方」を聞くエピソードがあるが、それに引っ掛けてあるのかも知れない。どうでもいいような”パンジャの実”もさりげなく登場。”巨大パフェ”同様アニメとの細かいつながりは見事!といっていいだろう。

●ホランドの命名:”ゲッコー・ステイト”

ゲッコー・ステイトの名前の由来の秘密
「これはただの船じゃない。おれたちはただの兵士でも、ボーダーでもない。国家にさえ歯向かい、抗いはするが、決して国家の外にはいない。ただのテロリストじゃないんだ。王さまとして君臨などしたくない・新しい国家づくりの痛みを背負うのもごめんだ。だからおれたちは、おれたちを・・・ゲッコーステイトと呼ぶ」
”ステイト”は”州”。国ではなく、”州”なのだ、という意味だろう。では”ゲッコー”すなわち”月光”なのだが、これは何か?ホランドによって明かされてはいない。メンバーの間で議論が交わされたようだが、特に意味は無い、というのが真相の模様。
その演説をしていた時、”空に月が出ていた” ホランドは「・・・」の間にチラっと見ていたらしい。(ハップ談) 

”いい加減”もしくは”適当”ともいうけれど、意外と”ロマンティスト”なホランドかもしれない(笑)ちなみに「月光号」は、それを受けてハップが呼び始めたのがはじめとのこと。こちらは実に”安直”。

やっぱり2回はムリだったね(^^;) ってことで ・・・つづく。

|

« Next Series! 攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG (5-8) | トップページ | 機動戦士ガンダム種運命~ORIGINAL SOUNDTRACK Ⅳ、にもの思い。 »

コメント

こんにちは。姫鷲です。
怒涛のTB、有難うございました。1日に数件のTBなんて種が終わってからこっち、なかったものですからちょっとビックリしました(w

>”レイとチャールズ”は小説版には登場しないと思う。

でしょうね。仮に出てきたとしても単純に敵キャラとしてであって、ホランドの過去がらみのことだけでしょう。
月光号内部に潜入してきたときのハンデとしてホランドを「あんな状態」にしたのだとしたら、なかなかニクい演出ではありますが・・・。

>ホランドがとてもステキ

小説版はしっかりリーダーしてますよね。アニメ第2クールと違って不快な面が目立たないだけ「上に立つべくして立っている男」という印象を受けます。ただアニメは「カリスマリフライダーの日常は意外とだらしない」というギャップの妙を描いてますから、一概に悪いとは言えないんですけどね。


>意外と”ロマンティスト”なホランドかもしれない(笑)

エウレカに執着しているのはその辺が理由なのかもしれませんね。


最後に、事後承諾で恐縮ですが、これを機にこちらへリンクを貼らせていただきました。あらためまして今後ともよろしくおねがいします。

投稿: 姫鷲 | 2006/02/14 10:21

■姫鷲さん、こんばんは♪

ひとりで何個も・・・(ひょっとしてダブりもあった?ココログ調子悪いしなぁ)
怒涛のTB申し訳ありません!(^^;)
もう一個つけさせていただく予定(ただいま頭の中で作成中)ですのでよろしくお願いいたしますm(__)m

レイとチャールズは、単なる敵キャラで登場するくらいなら、でないほうがいいですね。(大好きなんで)
何かしらの敵と、月光号での白兵戦があるのかないのか・・・
私は、ホランドのアノ状態と、チャールズVSホランドの結末をイコール(リフできない)と捉えたのですが・・・
とにかく先がまったくよめません。
とはいえ、今週(TV)の909はカッコよかった!

今のところアスランを越えるキャラはどこにもいませんが、小説ホランド、なかなか魅力的です。
アニメの「カリスマといえども普通の人間」という意味では(多少感情的過ぎの嫌いはあるけれど)あのレントンに対する理不尽さも日常なことなのかもしれませんね。
アニメと小説、あまりにも違っているから、ついカッコいいほうが素敵に見えてしまう・・・イカン。

>エウレカに執着
あーやっぱり執着ですか?ですよねぇ。
夢想家でなければリーダーはつとまらないかな?なんて思っていましたが。

>リンク
いいんですか?こんなトコ貼っちゃってw
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

追伸:ほんとでっかいですね、あのガンダムの「手」(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/14 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/8614793

この記事へのトラックバック一覧です: 小説版「交響詩篇エウレカセブン2 UNKNOWN PLEASURE」其の②・・・ホランドとゲッコーステイト:

« Next Series! 攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG (5-8) | トップページ | 機動戦士ガンダム種運命~ORIGINAL SOUNDTRACK Ⅳ、にもの思い。 »