« Next Series! 攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG (12-14) | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(3/1号・・東武・を) »

2006/02/28

「県庁の星」みた。

kencho 織田くんの最新作。地方行政と民間交流にちょっとラブ要素を持ち込んだ作品。これも原作は未読。
官民・・・両方の視点とどちらでもない消費者としての視点、納税として一般県民としての視点。様々な視点からこの作品を見ることができる私としては、それぞれが”多すぎる”し、”足りなすぎる”しでそれを考えると「ダメだよぉ」というしかなさそうだ。
特に官と民の裏舞台、完全否定はしないし、できないけど、”近からず、遠からず”の程度。良くも悪くも県庁内部はあんなものではないし、スーパーのバックヤードや管理体制があんなものだと思われても困ってしまう。
どちらもいただけない部分を”わかりやすく強調”しているといことは、とにかく声を大にしたい。(以下、若干のネタばれあり)

官民の溝については、どちらの言い分もわかっちゃってるから何ともいえない。
それについて書き出したら、”論文”くらいの大作になるのは必至。だからやめておくことにする。
ただ、この”県庁さん”がなぜ職業として民間企業ではなく、公務員を、それも”県庁”を選んだのかが、どうしてもわからない。
このひとの考え方はどう考えても民間向き。その行動力も民間向き。権力がほしかったのかな?
ならば、交流によって、全然知らなかった、知ろうともしていなかった”民間のあり方”から影響を受けて、多角的に物事を判断できる能力を身につけたということで、このまま県庁職員で有り続けるからには、あの結末から考えて”自分が知事になるしかないなぁー”というくらいのおちゃめな野心を見せてくれてもよかったんじゃないかなぁ?なんて思った。

もう一つ、”マニュアル”についてはちょっと言いたい。
「マニュアル?そんなのないんじゃないですか?」と二宮さんは言うけれど知らないだけで無いわけがない。けれど、そんなものの存在は知らなくても”できている”というのがプロ。それが現場レベルの実態。
難しい”専門用語”なんて知らなくても、実行できているのが現場のプロの仕事の仕方。(良し悪しはまた別の話) ※マーケティングが難しい専門用語とも言わないけれどw
本当はどれも当たり前の事なんだよね。
要するに”察する””感じる”という能力の有無が、そのまま、使える人間とそうでない人間の差になる。とにかくあの二宮さんのセリフにはグッときた。(これらについてはもっと語りたいけど、今回はやめとこう・・・映画の話じゃなくなるし)

で、結局、この作品は何を訴えたいのか・・・なんだけど、何だろう?
社会派的になりうる要素は有りながら、最初に書いたように、多すぎるし、足りなさ過ぎる。ということで、これはラブ要素にも関係する、
『目の前の困難から逃げるということは、今後、いかなる人生の困難からも逃げることになる』
『たとえ気がつくのが遅くても、何かを始めるのに遅いことはない(チャンスを生かそうよ)』
なんだろうなぁ。・・・・普通だね。そのとおりなので、ココはこれで良いことにする。
小ネタの買い物カゴを持ちそうになるあたりとか、さりげない相合傘のシーンは微笑ましかった(織田くんに大甘なので)
一番好きなシーンは”シングルライフ”コーナー設置の為に現場の3人が盛り上がっているところ。女3人の知恵の出し合いも楽しいし、それを見て微笑む”県庁さん”が(この映画の中で一番)素敵だったから。

評価は微妙、★★★☆☆+  オススメ度:★★★☆☆ かな。

やっぱり織田くんは”青島俊作”が一番だなぁ。

|

« Next Series! 攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG (12-14) | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(3/1号・・東武・を) »

コメント

本当は中央の官僚になろうと思ってたのかな?
一人暮ししてるんだし、絶対に官僚向き!大学でも一番って言ってたし、国家上級に落ちたのかなぁ・・・

投稿: kossy | 2006/02/28 21:47

こんにちは♪
え~たいむさんは織田さんに大甘なの~?
ちょっと意外でした(笑)
官と民、どこまで行っても平行線っぽくてわれわれ市民が一番割を食ってませんか?
面白かったんだけど、私にはそれ以上でもそれ以下でもなかったなぁ。
そこそこヒットしそうと思いましたけどね。

投稿: ミチ | 2006/02/28 22:06

■kossyさん、こんばんは♪

>大学でも一番って言ってたし
そうそう、そこなんです。成績一番でなんで”県庁?”ってw
それは官僚に進むだろう~と思った次第。

>国家上級に落ちたのかなぁ・・・
妙にリアルに想像してしまいますよねw

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/28 22:17

■ミチさん、こんばんは♪
いつもありがとうございます。

>え~たいむさんは織田さんに大甘なの~?
はい、今のところはw
織田裕二が好き・・というよりも、青島俊作が好き、なんですね。
同一人物なんで、とりあえずは・・という感じですがw

>われわれ市民が一番割を食ってませんか?
かもしれません。
実際はお互いがお互いを知らずに、知っている部分だけで批判しあっている部分もありますが・・・
官の一般的職員は自分たちも”民”であるというし・・・
でもどこか大柄で安穏としているというような、どう見ても官な人に対してはイライラしますが。
やっぱりギャップは大きい・・

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/28 22:29

 TBありがとうございますm(_ _)m

 社会派作品にしてしまうことで敷居が
高くなってしまうと考えたんですかね。
しかし、その分、幅広い層にウケること
を狙ったのか。

 ま、確かにスーパーの実態が全部あ
んなのではないとたましょくも思います。
一部の事実を拡大解釈していますね。

投稿: たましょく | 2006/02/28 23:02

こんばんわ♪TB有難うございました♪

う~・・ん、野村は何故県庁なんていう堅物な職業に身を置く事になったんでしょうね?一番素朴な疑問ですね。
そう言えば野村の私生活とか何も描かれていなかったですね。彼の人物描写がおざなりだったかな?

投稿: メビウス | 2006/02/28 23:57

TB&コメントありがとうございました。

国家公務員ではダイレクトになるんで「K県庁」にしただけの話じゃないですかね?ただ、田舎ほど、大学出たら戻ってきて地元の県庁に入って、将来的には家の跡をついで、・・・みたいな風土はまだまだありますよ。特に成績優秀な長男は周囲の期待も高いでしょうねえ。
でも、国家のキャリア職全般に対する偏見や、一方的に悪者にする昨今のマスコミの風潮も嫌気がさします。スポーツ報道なども・・・持ち上げといて落とすみたいなのはどうかと思うんですよね・・・

あ、これ作ったのフジテレビでしたっけ。

投稿: カオリ | 2006/03/01 00:20

何時もお世話になっております。
なるほどそれぞれの事情という事ですね。確かに内情を知るものから見れば中間(もしくは守勢)意見になるのはある意味わかります。
二宮あきの言った事は物事マニュアル通りには動かないという事なので、マニュアル通りに動いてくれれば確かに苦労はないですね。
お客ほどマニュアル通りに動かないものもないので・・・(これで過去に痛い目あっているので)個人的には誰でもできると考えるな的な思考があるので、誰でもできる的言い方は個人的にはしないようにしています。
確かに変えるなら知事になった方が速いけれど、議会を纏めるのが大変だからね。(長野県知事の例があるので)
映画のコンセプトとしては税金の使われ方考えましょうなんだと個人的に結論を出しました。

投稿: PGM21 | 2006/03/01 00:56

■たましょくさん、こんばんは♪
いつもどうもです。
どっちもちょっとづつ、って感じでしたね。
賛否両論はいつものこと、役者だけで集客は可能でしょうね。


■メビウスさん、こんばんは♪
いつもどうもです。
>彼の人物描写がおざなりだったかな?
そうですね、なんだかよくわからなかったですね。
ホント、もう少し軽いのりにして、コメディっぽくしたら大ヒットかも・・・なんてねw


投稿: たいむ(管理人) | 2006/03/01 19:19

■カオリさん、はじめまして♪
コメントありがとうございます。
皮肉るのなら、ダイレクトでも良かったですが、県庁ではちょっと弱すぎで・・軽くもなりきれていなくって。
>国家のキャリア職全般に対する偏見や、一方的に悪者にする昨今のマスコミの風潮も嫌気がさします。
どちらも内情を知りもしないでモノをいう部分がありますから、平行線は平行線のままです。
まず知るところからなのですが・・・この映画ではムリですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/03/01 19:27

■PGM21 さん、こんはんば♪
いつもどうも!

>個人的には誰でもできると考えるな的な思考があるので
現場レベルではその通りです。誰にでも出来る・・なんてこと無いですから。
現場で一番必要なのは臨機応変ですね。
けど、役所の人間はある程度、マニュアルだけで動けちゃうから不思議なところ。
一口にマニュアルと言ってもいろいろです。

>映画のコンセプトとしては税金の使われ方考えましょう
少なくとも、わが県にはあんなエスプレッソ装置はないでしょう。
わが県は財政破綻ギリギリですから(笑)


投稿: たいむ(管理人) | 2006/03/01 19:34

ここ1ヶ月多くの記事に対するお返事の遅れ申し訳ありませんでした。
この映画は官と民の構造をデフォルメしたと思えばそれほど目くじら立てずに見れそうな作品なのでヒットも頷けるのですが、僕は少し焦点のずれが気になりました。
それとたいむ氏同様、やはり織田裕二には青島刑事を演じてほしいと思いました。

投稿: まつさん | 2006/03/04 16:10

■まつさん、こんにちは♪
お忙しい中、お返事ありがとうございます。

>官と民の構造をデフォルメしたと思えば
ですね。どちらかといえば、フィクションとして見てほしいです。

織田くんはもう2度と青島君をやってくれないのでしょうか?もったいない・・・

投稿: たいむ(管理人) | 2006/03/05 16:08

たいむさん、今晩は☆
この作品、連ドラの方が面白くなりそうな題材だなぁ~と思いました。
所々、頷けるセリフやエピソードはあったんですが映画よりもTVサイズかな、と。
決して面白くないって訳ではありませんが…。
あ、そんな中で相合傘のシーンは微笑ましくて印象的でした。^^
TBいただいていきます~

投稿: ルーピーQ | 2006/03/08 23:23

■ルーピーQさん、こんばんは♪
TB&コメント感謝です。

>連ドラ
それなら起承転結、時間をかけてもう少し突っ込んで(社会派的要素、ラブコメ含め)できそうですね。
題材は悪くないので、勿体なかったかもしれませんね。

>相合傘のシーン
意外にどこのブログさんも突っ込まれていなくって・・・
どうでもいいシーンなのか、気がついていない・・わけないですよね?(笑)


投稿: たいむ(管理人) | 2006/03/08 23:59

こんにちは。
私はそれなりに楽しめました。けっこうツッコミ所はありましたし、なんだか全てが中途半端な気もしましたが…ちょっとお金をかけた2時間ドラマってところでしょうか。

ラストの知事の裏切り(?)と、県庁のコーヒーが料金制になっていたのが、よかったです。

投稿: しいな | 2006/03/11 01:33

■しいなさん、はじめまして・・ですよね♪
TB&コメント感謝です。

突っ込みどころは満載ですね。
それを前面に押し出して、明るく楽しく仕上げるか、ブラックユーモア的に仕上げるか、バリバリ社会派に仕上げるか・・ちょっと中途半端になっちゃって残念。

>料金制
最終的に裏切ったけど、料金制では意識改革の一歩前進てことですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/03/11 17:46

たいむさん、こんにちは。

この作品の県庁は、「K川県」らしいので、個人的には「あの
食品」が出てくることを期待していたのですが、考えたら制作
はこちらのほうが早かった(笑)。しかも、監督違うし。(>__<)

織田裕二は、もう青島はできないでしょうねぇ。すでに中堅、
のイメージになってしまったし。新米刑事と一緒の青島君って、
想像できません(笑)。


「事件は県庁で起こってるんじゃない!スーパーで起こってる
んだ!」ということで、ひとつ。(なんじゃそりゃ)

投稿: ラフマニノフ | 2007/06/14 15:12

■ラフさん、こんばんは♪
「サマー・タイムマシン・ブルース」には何気に出てたんですけどねw
和久さん亡きいま、益々踊る本編はありえなさそうです。
10年後とか、1皮くらい向けていれば、後輩指導する青島もアリかも知れませんが。
スミレさんとは相変わらずなんだろうな・・・とこれは妄想(笑)

普通の作品が似合わない織田君ですよねぇ。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/06/14 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/8879486

この記事へのトラックバック一覧です: 「県庁の星」みた。:

» 「県庁の星」(行政は民あってのもの!民が求めている事に投資、還元を!) [オールマイティにコメンテート]
「県庁の星」は県庁のエリート公務員が民間のスーパーなどに派遣され、物事の考え方が変わっていく姿を描いたストーリーである。さすが話題作という事で内容そのものは実に良い仕上がりになっている。 ... [続きを読む]

受信: 2006/02/28 20:13

» 県庁の星(05・日) [no movie no life]
県庁のエリートで敏腕係長、野村(織田裕二)は特別養護老人ホームを主軸とした「ルネサンスタウン」プロジェクトの担当者。総予算額200億。しかし箱物行政に対する住民の反対もあり、県はその緩和のために「民間との人事交流」を打ち出す。抜擢された野村は派遣先のスーパー「満... [続きを読む]

受信: 2006/02/28 20:34

» 県庁の星 [ネタバレ映画館]
 スーパーが舞台となった映画では伊丹十三監督の『スーパーの女』が思い出されますが、『キャプテン・スーパーマーケット』も忘れてはならない・・・違う? [続きを読む]

受信: 2006/02/28 21:48

» 映画「県庁の星」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「県庁の星」★★★☆ 原作がしっかりしているのか、映画も普通に誰でもお手軽に楽しめる作りになっていた。年配のお客さんが多かったのも頷ける。 キャリア官僚・野村(織田裕二)とパート店員・二宮(柴崎コウ)の掛け合いはコミカルで楽しい。スーパーの裏側を覗く楽しさもある。お惣菜部門のお弁当対決は面白かった。 エリートの野村が「素直に謝ること」や「仲間の大切さ」を学びつつ、徐々にスーパー店員たちと心を通わせてい... [続きを読む]

受信: 2006/02/28 22:02

» 県庁の星 [何を書くんだろー]
「県庁の星」 評価 ★★★★☆ 『あらすじ』  県庁のエリート公務員として、巨大公共事業プロジェクトに加わることになった野村聡(織田裕二)。 将来を約束され、プロジェクトの推進に欠かせない県議会議長とのパイプを太いモノにしよーと奮起 する。...... [続きを読む]

受信: 2006/02/28 23:03

» 「県庁の星」鑑賞 [Cafeアリス]
火曜日がレディスディの映画館で、「県庁の星」鑑賞しました。 予告編を観た時から、こんなストリーじゃないかと想像してましたが、まったくそのとおりでした。 原作は読んでないですが、原作の書評を読んでみたら、最初の30ページでストリーがわかるそうです。でも、...... [続きを読む]

受信: 2006/02/28 23:57

» [ 県庁の星 ]赤VS青 [アロハ坊主の日がな一日]
[ 県庁の星 ]@吉祥寺で鑑賞。 去年、この原作本を読んで大いに楽しませてもらった。 映画では、エンターテイメント性を高めるため、大きく登 場人物の設定が変えられていることに、観る前はいささか 不安を感じていたが、いざ観ると、そんな不安はどこへや ら。テンポのいい見事な仕上がりになっている。 脚本は、佐藤信介。彼は、最近では[ 春の雪 ]も手がけ ていて脚本家としてひっぱりだこ。最近は、監督業はあま りお目にかかれず非常に残念だ。 監督は、本作が映画初メガホンの西谷弘。初め... [続きを読む]

受信: 2006/03/01 00:43

» 「県庁の星」気楽に見てたら、いつの間にか感動してた [soramove]
「県庁の星」★★★☆ 織田裕二、柴咲コウ主演 西谷弘監督、2005年 混んだ劇場で 画面を見つめ、 皆と同じ場面で笑い、 同じセリフにジーンと来る。 驚くような展開は無いが、 登場人物が それぞれの場所にぴたりとハマって すごく楽しめた。 このところ...... [続きを読む]

受信: 2006/03/01 09:28

» 県庁の星 [Akira's VOICE]
テンポの良い展開で見せる対立バトルは, 熱くさせるものが無く,普通に楽しい映画。 [続きを読む]

受信: 2006/03/01 10:42

» 『 県庁の星 』 [やっぱり邦画好き…]
 公式サイト 映画 『 県庁の星  』      [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日本   【2月25日ロードショー】 [ 上映劇場  ] 監 督:西谷弘? 脚 本:佐藤信介? 原 作:桂望実  「県庁の星 」  桂 望実 [ キャスト ] 織... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 00:59

» 県庁の星 [色即是空日記+α]
『しっかり手を洗 て』 県庁の星ならぬ市庁の星の友人と試写会行ってきました(爆 しかぁーしっ!! これは文句なしに面白かったです!!!!(*^ー゚)b エリート街道まっしぐらの役人野村(織田裕二)はビックプロジェクト参加でさらに上を目指していた。県政の目....... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 01:17

» 映画『県庁の星』 [音の鳴る木]
 織田裕二主演の最新作『県庁の星』見てきました。これまでの織田裕二の役どころを見てみると、”成り上がり”系が結構多かったように感じていたんですが、この作品では全く逆。県庁が偉いということは無いですが、民間のスーパーマーケット”満天堂”へ派遣され、そこで役所では見えていなかった県民の姿を学んでいくというもの。派遣された”満天堂”もいろいろと問題があり、織田裕二演ずるところの県庁さんと解決をしていきます。... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 01:45

» 県庁の星 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  マニュアル通りにはいかない・・・人と政治   [続きを読む]

受信: 2006/03/02 02:01

» 県庁の星 評価額・1290円 [Blog・キネマ文化論]
●県庁の星をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 K県庁のキャリア公務員・野村聡(織田裕 [続きを読む]

受信: 2006/03/02 10:10

» 映画館「県庁の星」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
織田裕二さんは、あまり好きな男優さんじゃないんです。。。でも、演技は嫌いじゃないです。 県庁の人間と、民間スーパーの店員。めぐり合うことの無い2人、、、って、別に実際は普通に知り合うことあるんじゃないのかなぁ~?そんなこと無いの?? 映画としては、...... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 20:45

» 映画「県庁の星」を観て [空から、海から、文庫から]
 ファーストデイに見てきました。織田雄二が演じる県庁マンがスーパー研修に出て、悪戦苦闘するストーリーですが、あんなにイケメンでかつ、研修に出た当初にあんなに露骨 [続きを読む]

受信: 2006/03/03 00:22

» 【劇場鑑賞17】県庁の星 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
素直に謝る。素直に教わる・・・ カイカクするのは、ココロです★ [続きを読む]

受信: 2006/03/04 00:01

» 県庁の星 [まつさんの映画伝道師]
第378回 ★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  僕が学生の頃バイトをしていた某超大手スーパーは、何から何まで事細かにマニュアルがあり、徹底したコスト意識と予算管理で日本随一の「売り上げ」ではなく「経常利益」を誇っていた....... [続きを読む]

受信: 2006/03/04 16:08

» 「県庁の星」見てきました。 [よしなしごと]
 今回は県庁の星。ホワイトアウトでは、テロリスト相手に奮闘し、踊る大捜査線では、警察官僚や犯人達と戦う、あの織田裕二が三流スーパーのパートの柴咲コウに「お前の将来なんか知るかっ!」と怒られて、たじたじになってしまう、あの映画です。今までの作品と違ってちょっと弱っちい(?)織田裕二も楽しみです。... [続きを読む]

受信: 2006/03/05 01:06

» 県庁の星(映画館) [ひるめし。]
カイカクするのは、ココロです★ CAST:織田裕二/柴咲コウ/佐々木蔵之介/和田聰宏/紺野まひる/石坂浩二 他 ■日本産 131分 DVDレンタルまで待とうか迷ったけど、せっかくチネで公開しているんだし、丁度ポイントでタダで観れるから会社帰りにフラっと観賞〜。 全国公開しているのになんか地味な印象。スーパーが舞台だからなのかもしれないからかな。 全然期待しなかったけど、地味におもしろかった〜。地... [続きを読む]

受信: 2006/03/05 14:05

» 『県庁の星』舞台挨拶@日劇1 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
織田裕二・柴咲コウ出演『県庁の星』の舞台挨拶に行ってきた。客層は9割以上が30〜40代女性。苦手な香水の香りがあちこちから漂って来る。。。いくらつけたところで、その香りは舞台上の織田裕二までは届きませんから(爆)まずは舞台挨拶の模様から。恒例?になった「暗が....... [続きを読む]

受信: 2006/03/05 17:40

» 映画のご紹介(97) 県庁の星 [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(97) 県庁の星-織田裕二は、 熱き理想に燃える公務員になった。 今週末公開の「県庁の星」を試写会で観た。 試写会なんて、本当に久しぶり、10年以上前に行ったきりだ。 いつ....... [続きを読む]

受信: 2006/03/05 19:37

» 「県庁の星」 [Authentic=ホンモノ?]
封切られたばかりの話題の映画を見てきました。なお、ボクは原作本は読んでいません。 織田裕二は色々な役が出来るいい役者になったなあ、というのが一番の感想ですね。 県庁職員が「民間交流」と称する研修に出ることになり、織田裕二が演じる主人公はスーパーに行くことになります。そこは行政指導を受けたり売り上げが減ったりしている閉店間際という感じのスーパーなのだが(以下略) この展開、伊丹十三監督の「スーパーの女」を思い出してしまいました。 オフィシャルページのアドレスがkaikakuです... [続きを読む]

受信: 2006/03/06 01:33

» 『県庁の星』 [京の昼寝〜♪]
出会うはずのない二人が出会った時、その奇跡は始まった。 ■監督 西谷 弘■脚本 佐藤信介■原作 桂 望実(「県庁の星」小学館刊)■織田裕二、柴咲コウ、石坂浩二、井川比佐志、和田聰宏、佐々木蔵之介□オフィシャルサイト  『県庁の星』 県庁のエリート公務員・野村は、200億円をかけたプロジェクトを踏み台にキャリアの躍進を狙っている。 プロジェクトに必要な「県と民間の交流」をクリアするため、半年間の研修... [続きを読む]

受信: 2006/03/06 12:14

» 映画「県庁の星」見てきたよ [雪華と、うふふ]
はい、こんにちは。 土曜日に、織田様(!)主演の「県庁の星」見てきました。もう、見た方多いでしょうか?斬新なストーリーとか、未知の内部告発とか、そうゆーもんはありませんでしたけど、私の大好きなラブコメと言っていいかなあ。 この方と武田鉄也さんの”説教....... [続きを読む]

受信: 2006/03/06 13:47

» 県庁の星 [ミニシアターからの贈り物]
まだ,こんな県が存在するのか? 今までに,こういう地方自治体の実態はあまり知られていなかった。マスコミがあまり取り上げなかったからだ。最近はやりくりしないとやってけない貧乏県が増えているらしいが,この映画に出てくる数十億かかるプロジェクトというのは,....... [続きを読む]

受信: 2006/03/06 21:01

»   Movie:『県庁の星』 [Curry Life!]
県庁の星 なんて、元気の出る映画だ。 まったく、予想通りの展開で、 先が読めるのだが、 なぜかワクワク、ドキドキ、 ウルウルしてしまうw。 織田裕二という役者は、相変わらずスゴイ。 メチャクチャうまいのか、○○なのか良くわからないのだがw、 刑事の青....... [続きを読む]

受信: 2006/03/07 15:16

» ■県庁の星 [ルーピーQの活動日記]
K県庁のエリート公務員・野村(織田裕二)は、200億円をかけた一大プロジェクトに必要な「県と民間の交流」をクリアするため、三流スーパー「満天堂」に半年間の研修に出されることになる。そこではパート従業員の二宮(柴咲コウ)から仕事を教わることになるが、役人..... [続きを読む]

受信: 2006/03/08 23:19

» 世の中甘くない『県庁の星』 [今日はどこへ行きましょうか]
『県庁の星』試写会 言わずと知れた、織田裕二×柴咲コウ共演映画です。 ストーリー「書類第一でエリート街道を突き進む、県庁職員野村(織田裕二)が研修で派遣された先は、三流スーパー。しかも彼の教育係の二宮(柴咲コウ)はお客様第一の現場主義で、スーパーを裏...... [続きを読む]

受信: 2006/03/11 01:32

» ★県庁の星@川崎チネチッタ:祝日午後 [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
2週間ぶりの映画。 ここのところ、私にしてはハイペースで映画館に足を運んでいた日々だったので、2週間も見ていないと、シアターもずいぶんと久しぶりのような気がする。 久方ぶりの鑑賞となったのは織田裕二主演の『県庁の星』。 織田裕二もストーリーも、不思議なほど予..... [続きを読む]

受信: 2006/03/21 23:40

» 県庁の星 [シネクリシェ]
 黒澤明『生きる』の現代版とでもいうべきか。  かの名作との誉れ高い作品に対しては、大いに反撥させられましたけど、この作品にはそういうところ [続きを読む]

受信: 2006/03/23 07:09

» 「県庁の星」気楽に見てたら、いつの間にか考えさせられた [soramove]
「県庁の星」★★★☆ 織田裕二、柴咲コウ主演 西谷弘監督、2005年 混んだ劇場で 画面を見つめ、 皆と同じ場面で笑い、 同じセリフにジーンと来る。 驚くような展開は無いが、 登場人物が それぞれの場所にぴたりとハマって すごく楽しめた。 このところ...... [続きを読む]

受信: 2006/03/27 12:36

» 『県庁の星』を観た [TV視聴室]
題材としてはおもしろいし、織田裕二は相変わらずいい味出してるし、柴咲コウもそれなりにいい感じで、テンポもいいのでサクサク観ることができたんですけど…。 [続きを読む]

受信: 2007/06/14 15:05

« Next Series! 攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG (12-14) | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(3/1号・・東武・を) »