« 簡易感想:攻殻機動隊2nd.GIG Individual Eleven | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(1/31号・・ハロ・ガラスの仮面・コナン) »

2006/01/30

BS2:THE・少女マンガ!~竹宮・里中・木原

1月23日から3夜連続でBS2にて放映された「THE・少女マンガ」
今回は竹宮惠子さん、里中満智子さん、木原敏江さん

実は、それぞれの代表作的何作かは読んだことがある、という程度で私にはさほどお馴染!という作家さんではなかったりする。それでも3夜共番組には見入ってしまった。

takemiya  「一枚の絵」に魅入られて、そこから溢れ出でる才能を開花させ、「風と木の詩」の世界(構想)が受け入れられる世の中、自身の実力(=技量・表現力)が整うまで我慢強く待ち続け、執念で書き上げたともいえる竹宮さん。


satonaka 若干16歳にしてその才能を世間に認められ、見事なまでに王道を進む里中さん。
論理的で完璧な構想を練った上で描き始めるというのが当初からの作り方。
離婚をきっかけに「愛かエゴか」を常に問いかけながら、登場人物の成長にまかせる、流れから生まれる結末、という作風に変化したという。


kihara ”滅び行くものに対するシンパシー”木原作品の根底にあるもの。「描きたいものが描けないのなら、そんな漫画家は続ける意味がない」と自分を決して偽らない強い心。そのために一時期筆を折ってしまったことがあった木原さん。

三者三様、それぞれの熱く強い想いがそれぞれの作品に、それぞれにとてもよく現れていると思う。
やはり何かを生み出す者達のパワーは常人には計り知れない何かを感じる。
そしてそのパワーが読者の心を打ち、共感を誘い、自らをシンクロさせ、さらに大きなパワーになって作者の元に戻っていく。
どちらかの一方通行ではなく、そのサイクルこそがパワーそのものであり、作品の源なのではいかしら?それは決して一人で創り上げた作品ではないのだということ。
作者と読者と作品、良い作品というのはこの図式が必ずある。(完成度はまた別の話だけどw)
お三方にはいつまでもそんな作品を描き続けて欲しいなぁ。


米国を始め、翻訳がどんどん進んで世界中に輸出されているマンガ。
最近では特に少女マンガの進出は目覚しいとのこと。
また、世界的にも評価の高く”ジャパニメーション”と言われる日本のアニメーション。
既にどちらも日本の文化といえよう。
その内容の緻密さ、メッセージ性、映像や画のクオリティーの高さも含め(そうじゃないのも沢山あるけどw)”「マンガ」だの「アニメ」だの”といって馬鹿にはできない今日この頃。
そんなマンガやアニメが私は大好きだ。

冒頭で「さほど馴染みではない」と書いたとおりで、本当はこのまま(放映予告記事を2回もアップしておきながら)バックレちゃおうかとも思ったのだけど、ちょっと(その予告記事に)訂正もあるので簡易感想としました。

こそっと訂正・・・
(速報)HNK-BS2「THE・少女マンガ」にて
NHK-BS2にて「THE・少女マンガ」(第1回)が1月23日(月)~25日(水) 放映されます。(第1回は8月に放映)
と書きましたが、間違いでした。第1回目の3作品以下のとおり。2005年1月24/25/26日放映
第一夜「ガラスの仮面」美内すずえさん   
第二夜「生徒諸君!」庄司陽子さん
第三夜「エロイカより愛をこめて」青池保子さん

リアル放映も再放送も両方とも見ているというのに・・・・
『NHK-BS2 BSこだわり館 THE・少女マンガ!~作者が語る名作の秘密~』
というのがこの番組に正式名。
「~作者が語る名作の秘密~」というところだけ覚えていた為に違う番組と勘違い、お詫びして訂正を。

青池さんは「Z-ツェット」のほうがなじみがあるのだけど、「ガラスの仮面」「生徒諸君!」こそ、私の王道中の王道!このころにブログやっていたら、書きまくったに違いない(笑)

|

« 簡易感想:攻殻機動隊2nd.GIG Individual Eleven | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(1/31号・・ハロ・ガラスの仮面・コナン) »

コメント

「ガラスの仮面」続きを待ってるんだけどなー。
「生徒諸君」とっても泣きました。面白かったなー。
「エロイカ」名前は良く聞くけど読んだ事が無い。
最近の少女漫画は全く読まないのでわからないけど、見てみたいなー。
BS加入してないから無理だけどね。

投稿: 千羽鶴 | 2006/02/04 23:14

■千鶴さん、こんにちは♪
ガラス・・の続き、気になりますよね。
生徒・・は全巻&外伝、持ってます。現在の教師編も相変わらずナッキーしてますけど、ちょっと違和感かな?

私も最近の少女マンガには縁がなく・・・少年漫画はいくつか・・なのにねw

NHKだから、マンガ夜話やアニメ夜話のようにきっと総合でやりますよ、いつか!それまでお楽しみに!

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/05 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/8419809

この記事へのトラックバック一覧です: BS2:THE・少女マンガ!~竹宮・里中・木原:

« 簡易感想:攻殻機動隊2nd.GIG Individual Eleven | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(1/31号・・ハロ・ガラスの仮面・コナン) »