« NHK-BS2「THE・少女マンガ」追加記事 | トップページ | first impression!攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX (19-23) »

2006/01/18

「プライドと偏見」みた

pride ”感動のラブストーリー”というのが謳い文句でして、割と長めの作品だし、重苦しいとやだなぁと思いつつ「THE有頂天ホテル」を蹴っての鑑賞(笑)
そして・・・・うん、まるで大昔の少女マンガのような、完璧なラブストーリー&ハッピーエンドだった。でも、こういうの嫌いじゃない、というか、むしろこのストレートさには好感度が高かったりして(笑)・・・以下ネタバレあり。

エリザベスとダーシーのお互いの第一印象は最悪で、反発しながらも目が離せない、多分お互いに一目惚れ。外的要因から誤解が生じてすれ違い。一瞬雪どけを感じた矢先にまた誤解。そうとは知らない彼の勇み足。真実を知った後に後悔する彼女。そこで”運命”の演出かと思うくらいの”偶然”の再会の連続(笑)結局誤解も6階も解決して、身分違いもなんのその、ついにハッピーエンドで「THE END」パチパチパチ・・・
どろどろの愛憎劇も、目に余る意地悪もなく(若干の身分による蔑みは描かれているけど)とにかく、安心して観られるラブストーリーだった。(原作はしらないw)
ということで、物語については特に驚くべきこともなく、語るところはないかもしれない。

私が惹かれたのが「エリザベス」。とても素敵な女性だ。
あまり裕福ではない田舎貴族の娘でありながら、自分に誇りを持ち、決して人に媚びない姿勢がとても魅力的。(それが欠点でもある?)
容姿は美しいのに、周囲から敬遠されがちなのは、プライドの高さ、というより単に勝ち気な印象。いつも凛としていて言うべきことは誰にでもはっきりと言う。とてもカッコイイ。
それでいてダンスをしながら楽しそうに声を上げて笑う姿はとてもキュート。
原作からしてそうなのか、演じるキーラが醸し出している雰囲気なのか、とにかく、この「エリザベス」が良かった。

コミュニケーションをとろうとしないダーシー。「ダンスが苦手」だと言うダーシーに(人が親しくなるのに必要なことは)「ダンスが最適」と答えて、彼を置き去りにして颯爽と立ち去るシーンが好きだ。(「魅力を感じない」と言われた事に対しての逆襲?w)
それから、とにかく口を挟むことすらできないくらいに喋りまくって求婚する”ミスターコリンズ”を見事に撃退するところはスカッとする。(パパのフォローも良かったな~)
どこかコミカルな部分もちりばめられたこの作品に、私は飽きることなく楽しめた。

ゆったりとした、時には軽やかなピアノ曲、ダンス曲の生演奏の軽快さ、またイギリスの田舎の田園風景、自然の美しさ、古城を思わせるお屋敷の天井画などなど、一見の価値あり。

エリザベスが歩いて「姉」の見舞いに行く場面、オジたちとの旅の途中、崖の上で風に吹かれる場面が特に印象的だった。一度実際に見てみたい風景だなぁ。

ということで、
評価:★★★★☆+(個人的な好み大) 
オススメ度:★★★☆☆(退屈な人には退屈だろうから)

追記:ところで、ミスターコリンズは・・・その外見といいしゃべりといい、「ナイナイ岡村君」を彷彿したのは私だけではないと思うが(笑)

|

« NHK-BS2「THE・少女マンガ」追加記事 | トップページ | first impression!攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX (19-23) »

コメント

こんにちは~♪
私も個人的には大好きなんです、こういう文芸作品。
コリンズはそういえば岡村君に似てたかも!
すぐに相手を乗り換えるのがイヤだったわ~(笑)

投稿: ミチ | 2006/01/18 20:55

私はラブストーリーより、ノンストップコメディのほう、『THE 有頂天ホテル』を観てきました。私の感想を聞いた娘が見たいと言い出し、子供達には『アギト』より、こっちをお奨めかもしれないです。

投稿: ayuto | 2006/01/18 21:35

■ミチさん、こんばんは♪
見事に文芸作品ですね。

二女ってどうしてああなのだろうか?と「大草原の小さな家」なんかも思い出したりして(笑)

>すぐに相手を乗り換えるのがイヤだったわ~(笑)
誰でも良かったのですよね、結局。
ねちこい「プライドと偏見」を持っているのは彼かも(w)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/01/19 19:22

■ayutoさん、こんばんは♪

三谷監督作品って実は一度も見たことがないんです。面白そうだなぁ、イヤ、面白いに違いないのだろうけど、なんとなく足が向きません。(DVDでも観てない)
作品はどうあれ、きっと三谷監督が好きじゃないからなんだろうな~と自己分析w

投稿: たいむ(管理人) | 2006/01/19 19:25

こんにちは。

私は、最初は気に入らなかったダーシーに惚れて帰ってきました。
まるでエリザベスみたいです(笑)

でも、正統派恋愛映画では久々のヒットだったような気がします。

投稿: toe | 2006/01/22 01:31

■toeさん、こんばんは♪
まさに正統派恋愛映画でしたね。
ダーシーも素敵だけど、やっぱりエリザベス!最高でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/01/22 21:48

たいむさま、こんばんは。

以前にコメントありがとうございました。
このレビューを見て、ちょっと、これもいいかな?っていう気がしてきました。

自分の好みだけですと、偏ってくるんです。
また、参考にさせていただきますね。よろしくお願いします。

投稿: 雪華 | 2006/01/23 22:01

■ 雪華さん、こんばんは♪

>このレビューを見て、ちょっと、これもいいかな?っていう気がしてきました
すごく嬉しいコメント、どうもありがとうございます。
素敵な作品ですし(思った以上に)周囲でも好評のようで、きっと「観て失敗」はないと思いますよ。(好き好きでしょうけど)

偏る気持ちは、わかる気がします。
私もまず話題作に目がいきがちになりますね。韓流は喰わず嫌いでw、その他の外国語映画にいたっては、英語以外にしり込み。

参考になるレビューかどうかはわかりませんが、お気軽にどうぞ!
こちらこそ今後ともよろしくお願いしますね。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/01/24 18:02

コメント&トラックバックありがとうございました。
シェイクスピアしかり、ジェーン・オースティンsかり、200年以上昔の作品であっても人間の本質(特に恋愛感情)は普遍的だと改めて思わせる作品で、CGに頼らないロケ撮影の良さが出てましたね。

投稿: まつさん | 2006/01/25 17:52

■まつさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。
人間が進歩していないとは言わないけれど、いつの時代も恋愛の迷宮は同じなんだなぁ~と確かに思いましたね。

>CGに頼らないロケ撮影の良さ
ありえる風景の迫力は、CGの圧倒されすぎる風景と違う、「風」のような、そんな感覚的なものが感じられました。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/01/25 23:12

ご無沙汰してます!こんばんんは!!

この作品、めちゃめちゃ原作ファンな私としては…素通りできず。。。笑

原作とBBC製作ドラマが素晴らしくて…大好きなんです。
大好きなジェーン・オースティン作品の中でもこれは突出して面白いです。英国のカントリーサイドの景観描写も、人物描写も、映画では尺の問題であっさりでしたが、原作の写実性は秀逸ですvvv

投稿: くりっぷ | 2006/01/25 23:18

■くりっぷさん、こんばんはぁ~♪

くりっぷさんもご覧になりましたか!
イギリス好きだとおっしゃってましたから、ひょっとして・・とは思っていましたがw

原作は残念ながら未読です。
乙女な頃なら”ほわほわぁ~”っと入ってしまう作品な気がします。(最近は毒も欲しかったりしてw)
原作から脳内で想像する世界は広大ですからね!映画で例え3時間費やしてもまだ足りない、そんな感じだと思います。
それでもこの作品、伝わってくるものは強く、大きいと思ったので、私は満足できました。

>BBC製作ドラマ
かなり気になります。DVDとかあるのかな?

原作の翻訳でオススメはありますか?
翻訳でかなり印象が変わりますよね。
古い作品だとなおさらにw
ヘンな日本語に悩まされた、母親の蔵書の「エラリー・クイーン(各種)」という教訓があるもので(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/01/25 23:58

ふたたび今晩はです。

私は岩波で読んだんですが、訳が古いので言葉は脳内変換。。。

この原作は「毒」に関してはむしろお勧めです。超シンプルで緩やかな作品ですが、至極大人な内容です。

毒だらけなのに、それを包み込む田舎の寛容というか、警察いらずな社会というか。。。普遍的な人間社会を描いていると思います。映画は私には甘過ぎでした。。。ちなみにBBC製作ドラマはDVDレンタル禁止作品なのです。。。買うとお高い。。。でもお勧めなんですけど。
この作品でコリン・ファースが世の女性達のハートを掴んでしまい、ブリジット・ジョーンズの日記が生まれたという伝説つきのドラマです。

岩波で「高慢と偏見」上下巻
新潮で「自負と偏見」
で、出ていたと思います。

お堅い文学大丈夫なら岩波お勧めです。
私は一晩で読めました。(眠らずに読破、ですが笑)

は、つい熱くなってしまいました…

投稿: くりっぷ | 2006/01/26 00:48

■くりっぷさん、再びどうもです♪
お忙しそうなのに・・・ありがとうございます。

職場と同じ建物に、ひっそりある書籍のコーナーを昼休みに覘いてみました。
岩波しかなかったけど、しっかり上下2冊揃ってましたw

>訳が古いので言葉は脳内変換。。。
数ページ立ち読みしましたが、まさしくそんな感じですね。
ああ、でも嫌いじゃない、というか、許容範囲というか・・・そんな感じw
岩波、イケルと思います。

>毒
これもなんとなく理解w

エリザベスとダーシーのやり取りが、どうしても映画の二人として浮かんでしまいますが、その分会話のテンポとか、すんなり入ってくる気がしました。

明日には机の上の待機中の本の山の天辺に、積み重ねられていそうです(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/01/26 18:35

コメント有難うございます。
昨今の刺激的な映画に比べれば
地味な物語ですが、良質な正統派
ラブストーリーの佳作ですね。

エリザベスは才色兼備で自己主張もする
イギリス人の理想の女性像なんでしょうね。

投稿: YOSHIYU機 | 2006/02/07 00:41

■YOSHIYU機さん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

ステキな作品で、原作本を買ってしましました。
BBC制作のDVDも見たいと思っていますが・・・
エリザベス、その名のとおりイギリスの代表かもしれませんw

投稿: たいむ(管理人) | 2006/02/07 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/8212565

この記事へのトラックバック一覧です: 「プライドと偏見」みた:

» プライドと偏見 [ネタバレ映画館]
 なぜカタカナ英語と漢字?  戸田奈津子先生も頑張ってました。平坦な現代英語なのに無理してカタカナ英語を使わないようにして、気品のある格調高い翻訳を目指したのでしょう。しかし、邦題は後から付けたのでしょうか、戸田先生の努力が報われていません。わざわざ“jealousy”を“やっかみ”などという言葉に置き換えたりしたんですよ。「やっかみって何だっけ?」と思わず考えてしまい、戸田先生の顔を思い浮かべてし... [続きを読む]

受信: 2006/01/18 20:45

» 映画「プライドと偏見」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「プライドと偏見」★★★★ 原作である「自負と偏見」(オースティン著)が大好き。 18世紀末のイギリスの上流階級では女性に財産相続権が無かったということを、まず頭に入れておかねばならない。だから、その時代、女性にとって“結婚”は人生のすべてだった。 ベネット家には5人姉妹がいて、母親はなんとか娘たちにいい嫁ぎ先を探そうと躍起になっている。隣に大金持ちが引っ越してくれば娘たちを売り込みに行き、軍隊が駐屯すれば将校と�... [続きを読む]

受信: 2006/01/18 20:53

» 映画館「プライドと偏見」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
5人姉妹バージョンの「若草物語」って感じの作品でした。 設定が18世紀後半なので、仕方が無いのかもしれませんが金持ちと結婚させようとする母親や人が不幸になったときでもケラケラ笑う妹達になんだかムカつきながら観ていました。 今の時代でも、多少なりとも差...... [続きを読む]

受信: 2006/01/18 23:00

» ★「プライドと偏見」 [ひらりん的映画ブログ]
キーラ・ナイトレイ主演の文芸・ラブストーリー。 [続きを読む]

受信: 2006/01/18 23:17

» 『プライドと偏見』★★・・・60点 [ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ]
「愛してる」と認めるには、男のプライドは高すぎた。「愛してる」と応えるには、女の偏見が邪魔をする。なんとも深い言葉でしょうか。大人の恋愛作品ですねぇ。しみじみ。。『プライドと偏見』公式サイト 制作年度/国;'05/英 ジャンル;恋愛             ...... [続きを読む]

受信: 2006/01/19 15:51

» プライドと偏見 [toe@cinematiclife]
どっぷりハマッて見ちゃった。 お話は、とってもありがちなんだけどね。 いや~、すっかり世界に入り込んでたなぁ~。 <STORY> イギリスの田舎町のベネット家には、5人の姉妹がいた。 彼らは、決して裕福ではないが心豊かな生活を送っている。 しかし、父 (ドナルド・サザーランド)が死んでしまうと跡継ぎがいないために、娘たちが路頭に迷ってしまうという心配から、年頃になった彼女たちを両家の嫁にさせようと... [続きを読む]

受信: 2006/01/22 00:57

» 「プライドと偏見」ただひとつの恋 [soramove]
「プライドと偏見」★★★★ キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン主演 ジョー・ライト監督、2005年イギリス 18世紀末のイギリス、 階級社会が鮮明で 堅苦しい挨拶や言葉 そんな枠の中でも 生き生きと人物が描かれた秀作。 かんたんに男女が言葉...... [続きを読む]

受信: 2006/01/23 07:46

» プライドと偏見 [まつさんの映画伝道師]
第339回 ★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  人気女性作家は常に時代の先を行く。  それは「流行」という意味ではなく、時代における「普遍性」を先取りするということだ。  もともと作家は「無頼」な存在だった。型にはま....... [続きを読む]

受信: 2006/01/25 17:47

» 『プライドと偏見』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『プライドと偏見』レビュー Pride and Prejudice 製作国 イギリス 初公開年月 2006/01/14 上映時間127 min (2時間7分) ♥スタッフ♥ 監督:ジョー・ライト 製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー ポール・ウェブスター 原作: ジェーン・オースティン  脚本: デボラ・モガー  撮影: ロマン・オーシン  衣装デザイン: ジャクリーヌ・デュラン  音楽: ダリオ・マリアネッリ 『愛... [続きを読む]

受信: 2006/01/28 07:45

» 「プライドと偏見」観ました。 [GOOD☆NEWS]
1月14日から公開されているキーラ・ナイトレイ主演の「プライドと偏見」を観てきました。イギリスを代表する女流作家ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」の映画化だそうです。・・・が、私は今まで恋愛物や純文学は苦手で殆ど読まなかったので、この「高慢と偏見」...... [続きを読む]

受信: 2006/01/31 15:44

» 『プライドと偏見』’05・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ18世紀末。イギリスの田舎町が舞台。娘ばかり5人のベネット家の隣に、大金持ちの貴公子ビングリーが引っ越してくる。美しく慎み深い長女ジェーンと読書が好きで才気溢れる次女のエリザベス。そして、快活なビングリーとその親友で気位の高いダーシー。ジェーン...... [続きを読む]

受信: 2006/02/05 22:06

» ★プライドと偏見@池袋ヒューマックスシネマズ:土曜日午後 [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
イギリスの広大で美しい田園に嵐のような雨が降っている。 男と女がふたり、激しい雨に叩きつけられている。 男はこの雨のような激しい胸の内を、今、同じく雨に打たれている美女に打ち明けようとしている。 「貴女とお姉さんは違うが、貴女のご両親と妹さんたちはあまりにも..... [続きを読む]

受信: 2006/02/12 16:53

« NHK-BS2「THE・少女マンガ」追加記事 | トップページ | first impression!攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX (19-23) »