« どんどん追加されるのに・・ | トップページ | おさらい種運命に、もの思い「1~4」 »

2005/12/14

「SAYURI」(字幕)みた。

sayuri-1 『Don't be afraid.Look at me, CHIYO!』

おもわず思い出す。
『おチビちゃん、君は泣いている顔より、笑った顔のほうがかわいいよ。』
ということで、”キャンディ=千代=さゆり”は(半分だけ)ハッピーエンド。

「これは・・・ハリウッド映画なの??」 そう思った。
何か何か、すごいよ、これ。
《芸者》・・今じゃ日本人だって、その本当の姿、真実を誤解している人も多いのではないかしら?それをよくもまぁ、なんと・・・という感じで声が出ない。とにかく、その世界に引き込まれた。

《芸者》とは何か?
私自身、間違った解釈はしていないと思うけれど、その世界は当然体験したことなんてないし、それこそ映画やテレビ、本、その他の媒体によって多少の知識がある程度。
それでも「見事」に表現されていたと感じた。

《芸者》とは・・・・動く芸術作品。決して娼婦ではない。
語源は「芸達者」からきているという。けれど、”芸”はもちろん達者でなければならないが、立ち居振る舞い、仕草、気の利い会話ができなければ、それは《一流の芸者》ではない。とにかく、全てにおいてキメ細やかに”創り上げられた美しさ”を持つ者、それが《真の芸者》なんだろうなぁ。
しかし・・・女優さんたち!なんて綺麗なんでしょう。ため息がでちゃうよ。


物語は「置屋」に売られた少女の半生、”何故芸者を目指したのか?”からであり、だから《芸者》の世界が展開されるのだけど・・・・必然”女の戦い”はすさまじいね。
”さゆり”の眠れる魅力をいち早く見抜き、先にその脅威を取り除かんとする「初桃」姐さん。最初は同じ境遇でもあり、唯一の友達とも言えた「おカボ(ぱんぷきん)」ちゃんの裏切り。「豆葉」姐さん、素敵だったなぁ。そして別格!”かおり”おかあさんは正にハマリ役。なんともまぁ・・・最高!

舞台は日本なのに「字幕版」当然、全編英語。(でも割とわかりやすい英語だったような気がする) 時折入る日本語。挨拶、呼び名。これがまた新鮮だったな。
少しだけ「吹き替え」が気になる作品。日本人勢は”自分の吹き替え”してるのかな?

「これはハリウッド映画か?」 そう思ったけど、完全に”報われない悲恋”で終わらないところはまさしく”ハリウッド映画”なんだと思う。絶賛的書き方したけど、”ハリウッド映画なのに・・・”というフィルターがちょっと付いてるかもしれないな。

評価:★★★☆☆+ オススメ度:★★★☆☆+

引き込まれたけど、物語はベタだからこんな感じ。
見て損は無いと思う。私自身「吹き替え行っちゃおっかな?」なんてちょびっと思ってたりもするし。

追記:相撲レスラー「舞の海」 ”ねこ騙し”を期待したが、はたき込み(笑)

|

« どんどん追加されるのに・・ | トップページ | おさらい種運命に、もの思い「1~4」 »

コメント

TB、コメントありがとうございます。
キャンディの一言で『キャンディ・キャンディ実写版』がハリウッド映画にならないかなぁ~と妄想してしまいました。

投稿: kossy | 2005/12/14 23:26

こんにちは♪
きゃ〜〜〜「キャンディ・キャンディ」だ〜〜〜!
ちなみに私が好きなのはテリィです(照)
映像はステキだけど不思議ちゃんだし、ストーリーはいまひとつだけど、女優陣の素晴らしさでオールオッケーになりました(笑)

投稿: ミチ | 2005/12/14 23:46

こんばんは
TBさせて頂きました
日本を題材にしているのに英語なのは確かに違和感ありましたね。でもハリウッド作品だから仕方ないとは思います。
これだといずれどこかの映画館でニアミス(多分どちらも気づかず)かもしれないですね。

投稿: PGM21 | 2005/12/15 00:01

■kossyさん、こんばんは♪
コメント感謝です!

>『キャンディ・キャンディ実写版』
もともと舞台がアチラの話ですしね、いいかも知れない!逆”さゆり”?(笑)

しかし、日本では著作権問題で揺れたしなぁ・・ムリだろうなぁ(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/15 00:17

■ミチさん、こんばんは♪
毎度ありがとうございます。
>ちなみに私が好きなのはテリィです(照)
私もテリィ派です(笑→泣)

幼少時の出会いの時のセリフが、将来繰り返される・・という点で似ていたものですから、思わず引用。影でのスポンサー的役割も同じだし。(夜の妻にはならないがw)

>女優陣の素晴らしさ
本当に女優陣、良かったです!

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/15 00:22

■PGM21さん、こんばんは♪
コメント感謝です!

>日本を題材にしているのに英語なのは確かに違和感ありましたね
新鮮でもあった・・というか、不思議な感じですね。
とにかく吹き替えが気になってます。
逆にそっちがもっと違和感だったらどうしよう・・そんな風にも思えて・・・

>これだといずれどこかの映画館でニアミス
ありそうですねぇ。
だったらいっそのこと、一度ご一緒にいかが?なーんてね。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/15 00:28

こんばんは

コメントありがとうございます。
映画は今年あと1本見る予定です。
次は私にはアウエーの映画館(そこしか上映されないので)なので、あの映画館行くと待つ、混む、金掛かるので好きな映画館ではないんですよね。
というより映画会社の関係ですから仕方ないのですが・・・
見るのは時間があれば何時も初回の朝1番ですね。
これだと何の映画見るかわかっちゃいますよね。
一応予告という事にしておきます。

投稿: PGM21 | 2005/12/15 00:51

どうもありがとうございます!>TB&コメント
『キャンディキャンディ』ですか! 想像しなかったな。なるほどなぁ、と思いました。オープニングの歌は、よく覚えているんですけど、なんだかあんまりお話の記憶がない…。(泣) ハリウッド、やるじゃん…というところですね。でも、これ桃井かおりが出てなかったら、観なかったかもしれない(爆)。ミシェル・ヨーは、めっけもんでした。知らなかったから。

投稿: あかん隊 | 2005/12/15 01:08

外人から見たフシギ日本世界ってことなら、主人公だけでなく、渡辺謙とかのメイン男性陣も日本人じゃない俳優が演じていたら、また違った魅力と統一感もあったかもなぁと思ったりします。
『ヒマラヤ杉に降る雪』がちと浮かんだりして。工藤夕貴も出てるしw。これの吹替え版に石田さんが出てるし、SAYURIも吹替え版を見たい気がしています。
『キャンディ』では私もテリィが好きでしたv。『ベルばら』は外国で映画化されたんでしたっけ。

投稿: ayuto | 2005/12/15 12:17

おじゃまします。

たいむさんはきっと「水曜日だろうな」と思ってました(笑)。

意外に世間の評判がよろしくなく、ブログでも賛否両論、ランキングも「おいしそうなお友達」に負けるなど、ちと意外です。やっぱり日本人、という立場で観ちゃうと、違和感あるのかなぁ。

アメリカでの順位が気になるところです。

投稿: ラフマニノフ | 2005/12/15 13:07

こんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

劇中でも芸者は『動く芸術作品』と言ってるように、美しさも然る事ながら、仕草1つとっても絢爛そのもの。
豪華女優陣がこなしているので本当に芸術と呼べますね。

日本語、英語のごちゃ混ぜは少し難儀でしたが、これが吹き替えだとどうなるんでしょうね?

投稿: メビウス | 2005/12/15 21:40

■PGM21さん、再びどうもです♪

>あの映画館行くと待つ、混む、金掛かる
あそこですね(笑)
私はほとんど行きません。あそこでしか・・という作品が多いのですけど、洋邦両方の私はそこまで手がまわらないというのが現実。

>何の映画見るかわかっちゃいますよね。
今週末からのアレかな?
見たいけど・・キングコングもロード・オブ・ワーもあるし、微妙です。
ロード・・は「ロゴス風」の話だし、特に(笑)

真面目な話、来年当たり、一度くらいはご一緒しましょう。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/15 22:40

■あかん隊さん、こんばんは♪

いやぁ「キャンディ・キャンディ」想像するなんて私くらいなものでしょうよ、きっと(笑)
かおり母さん、(姐さんのほうがしっくり?)ものすごい存在感ですよね。”置屋のやり手婆”まさしく!って感じです。

>ミシェル・ヨー
これもなかなかの貫禄でしたね。誰も彼もはまっていたと思います。おちびちゃんも含めて。

「キャンディ・・」今読んでも泣けます。お貸ししましょうか?(笑・・冗談ですから!)

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/15 22:46

■ayutoさん、こんばんは♪
いつもありがとうございます。

>メイン男性陣も日本人じゃない俳優が演じていたら
なるほど・・・まったく考えませんでした。女優陣が日本人なら・・と考えて、該当なしで思考中断でした(笑)

>工藤夕貴
英語だし<小夜>とか思ったりして(汗)
でもやっぱりさすがですよね。

>『キャンディ』では私もテリィが好きでした
ですよね。アンソニーは優男で、さらにすぐ死んじゃうし。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/15 22:51

■ラフさん、こんばんは♪
毎度どうもです!!

>きっと「水曜日だろうな」
バレバレですね(笑)

>ランキングも「おいしそうなお友達」に負けるなど・・
思ったより芳しくないですね。英語・・というのがいけないのでしょうか?やはり。

>アメリカでの順位が気になるところです。
ですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/15 22:57

■ メビウスさん、こんばんは♪

>美しさも然る事ながら、仕草1つとっても絢爛そのもの。
そこなんですよ。
これは既に日本の日常ではないし、外国人の目に映った古き良き(?)日本の文化、芸術作品なんですよ。
けどそれは日本人にとっても芸術なんじゃないかしらって思うんです。

>これが吹き替えだとどうなるんでしょうね
ほんと、気になってます。
見るかも知れません。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/15 23:03

はじめまして
ほかの方のトラックバックからきましたが、
同じようなことを思った人がいてうれしいですw
キャンディ・キャンディ・・・・

たいむ様は私と同県でしょうか?
ほかの記事にTBしました。
腐女子ですみません(^^;

投稿: ともきち | 2006/01/02 11:12

■ともきちさん、こんにちは♪

停電は大変でしたね。
オマケに昨日も新幹線が停まるし・・・
そっちは巻き込まれてませんけど、頑張れ東北電力!ですね。

同県人仲間が増えるがなんか嬉しいです!
コメントありがとうございました。

投稿: たいむ(管理人) | 2006/01/02 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/7622759

この記事へのトラックバック一覧です: 「SAYURI」(字幕)みた。:

» 映画「SAYURI」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「SAYURI」★★★★ ストーリー:幼いころ祗園の置屋に売られた千代は、不思議な瞳をした美しい少女に成長し、その魅力を武器に一人前の芸者さゆり(チャン・ツィイー)としてデビューする。  外国人が「日本」と聞いて想像する言葉の一つに「ゲイシャ」がある。一人のゲイシャの人生をアメリカ人監督、中国人俳優で描くという不安要素一杯の作品だったのに、見事なエンタテインメント性高い作品に仕上がっていて、とても楽しめた。 ツ�... [続きを読む]

受信: 2005/12/14 23:42

» 映画「SAYURI」 洋画作品だが、邦画作品でも十分通用する [オールマイティにコメンテート]
「SAYURI」は製作スティーブン・スピルバーグとそのスタッフが結集して日本の芸者の世界を描いた作品である。邦画中心の私がこの映画を見る事事態が珍しいのだが、外国人が作る日本を題材にした映画がどう描かれるのか?を楽しみに見る事にした。 ... [続きを読む]

受信: 2005/12/14 23:57

» SAYURI (Memoirs of a Geisha) [cococo]
久しぶりに劇場へ。がんばったけど、どうしても「1本」しか観られない時間になってし [続きを読む]

受信: 2005/12/15 01:05

» ★「SAYURI」 [ひらりん的映画ブログ]
公開初日のナイトショウで観てきました。 時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。 あんまり混んでなかったよ。 チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。 [続きを読む]

受信: 2005/12/15 04:15

» 『SAYURI』を観た [TV視聴室]
観に行く前は「かなり歪められちゃってる、よくアメリカ映画に出てくるわけわからん日本のようなところが舞台」のように描かれているのかと思いましたが、意外にまともな描写で驚きました。... [続きを読む]

受信: 2005/12/15 12:59

» SAYURI [Akira's VOICE]
監督の美意識をたっぷり堪能できる大河ドラマ。 話は普通・・・。 [続きを読む]

受信: 2005/12/15 16:46

» SAYURI [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  異国情緒溢れる熾烈な女の世界 [続きを読む]

受信: 2005/12/15 20:41

» 『 SAYURI  』 [やっぱり邦画好き…]
 公式サイト 映画 『 SAYURI  』      [ 劇場鑑賞 ] 2005年:アメリカ   【12月10日ロードショー】  [ 上映劇場 ] 監 督:ロブ・マーシャル 製 作:スティーブン・スピルバーグ      ダグラス・ウィック      ルーシー... [続きを読む]

受信: 2005/12/15 22:06

» *SAYURI・・・美し過ぎる!* [うさくま広場]
監督:ロブ・マーシャル  原題:MEMOIRSOFAGEISHA製作:スティーヴン・スピルバーグ出演:チャン・ツィイー(さゆり)/ ミシェル・ヨー(豆葉)/ コン・リー(初桃)    渡辺謙(会長)/ 役所広司(延)/ 桃井かおり(お母さん)    工藤夕貴(おかぼ)...... [続きを読む]

受信: 2005/12/15 22:29

» SAYURI 字幕版 [ららら★E!blog*自分TV*amuk]
みてきたよ~♪ チャンツイーと渡辺謙さん10何年想って、最後はどうなるのかな~と [続きを読む]

受信: 2005/12/15 23:46

» 『SAYURI』 [京の昼寝〜♪]
不思議な瞳によって、伝説の運命を背負った少女・・・・・・“SAYURI”。 ■監督 ロブ・マーシャル■原作 アーサー・ゴールデン(「Memoirs of a Geisha」)■キャスト チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、桃井かおり、役所広司、コン・リー、大後寿々花、工藤夕貴□オフィシャルサイト  『SAYURI』 9歳で花街の置屋へ売られた千代は、下女として働いていた。... [続きを読む]

受信: 2005/12/16 08:40

» SAYURI [まつさんの映画伝道師]
第299回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  僕は昔から外国製作の「日本」を描いた作品に並々ならぬ興味を抱いている。  それは20年ほど前に初めて海外へ行った時、日本人に対する「誤解」が自分の予想していた以上に凄ま....... [続きを読む]

受信: 2005/12/18 08:29

» SAYURI [toe@cinematiclife]
この映画の中で、すこしでも、え??と思うことが起こるたびに、これはアメリカの日本風アジア人街で起きてることなんだわ・・・。 なんて、勝手に自分に言い聞かせながら観てた。 結局、一人前の芸者になるために苦労を重ねた人が誰も出てこなかった映画だった気がする・・・。 <STORY> 第二次大戦直前の日本。 千代と佐津の姉妹は、家が貧しいために花町の置屋へ奉公に出される。 置屋を取り仕切るおかあさん(桃井... [続きを読む]

受信: 2005/12/24 00:45

» SAYURI(映画館) [ひるめし。]
CAST:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/工藤由貴/コン・リー 他 ■アメリカ産 146分 さすがアジアン・ビューティーのチャン・ツィイー!!ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたみたい!!芸者のお稽古の成果が出てよかったね。 ミシェル・ヨーとコン・リーはこの映画で顔と名前を知ったけど、お二人とも存在感があってスゴイ!日本人キャストより�... [続きを読む]

受信: 2005/12/25 21:43

» 「SAYURI」映画の魔法が幸せな気分にさせる [soramove]
「SAYURI」★★★★ チャン・ツィイー、渡辺謙、大後寿々花、ミシュエル・ヨー主演 ロブ・マーシャル監督、2005年、アメリカ この映画に嫉妬した。 日本で描けない 日本の「美」を そこに見たからだ。 戦前までは あんな文化が 日本に存在していたのだと ...... [続きを読む]

受信: 2005/12/27 09:22

» SAYURI@シネマメディアージュ:レディースデー夕方 [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
ブログ引越後初、かつ2005年の映画鑑賞最後を飾ったのは『SAYURI』。 まだ映画を見る趣味がなかった頃、『ラストサムライ』の“ヘンテコリンなニッポン”の話を映画好きの大学の後輩から聞いても、その時は「ふ~ん」としか思わなかった。 その私が昨日(12/28Wed)、..... [続きを読む]

受信: 2005/12/30 22:28

» SAYURI/ロマンティック・ラブ・イデオロギー [マダム・クニコの映画解体新書]
本作のテーマは、家父長制文化の中で女性の従属的位置を認める”ロマンティック・ラブ・イデオロギー”である。 SAYURI  ロブ・マーシャル監督の前作「シカゴ」は、男性優位の文化に意義申し立てをするという内容だった。ハリウッドのミュージカルは”カーニバル”という概念を内包している。”カーニバル”には、疎外され抑圧されている者たちが、自らの文化を創出しうる力を持つという側面がある。  「SAYURI」は�... [続きを読む]

受信: 2005/12/31 01:00

» SAYURI(MEMORS OF A GEISHA) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
その少女は、特別の輝きを持っていた・・・ 運命の出会い・・・ 絢爛 無垢 毅然 昔、ダウンタウンがやっていたGEISHA GIRLSの話ではありません・・・(笑) [続きを読む]

受信: 2006/01/02 00:01

» SAYURI−映画を見たで(今年3本目)− [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり 評価:85点(100点満点) 公式サイト ハリウッドが描いた日本としては、十分に許容範囲。 幻想的な映像は、日本よりも日本的で美しく、俳優陣の存...... [続きを読む]

受信: 2006/01/09 18:07

» SAYURI [さやの映画&日記]
(CAST) チャン・ツィイー:さゆり 渡辺謙:会長 ミシェル・ヨー:豆葉 役所広司:延 桃井かおり:おかあさん 工藤夕貴:おカボ 大後寿々花:さゆり(少女時代) ケネス・ツァン [続きを読む]

受信: 2006/01/09 20:41

» SAYURI [欧風]
実家宮城県は映画のメンズデー王国(109シネマズ富谷が金曜日、MOVIX利府が月曜日。他の映画館でもやってる)って事は前にもここで書きましたが、そんなメンズデー王国にせっかく帰省してるヒマメンINDYが、これを利用しない訳がないじゃないですか!奥さん!って事で、密かな野望を打ち立てた。 それは、「休み中に上映してる作品(観てないもの)を全部観る!」という事。割と気軽に観に行ける映画館は上記の2館なんですが、調べてみると観てないのが結構ある。しかしさすがに「ムシキング」や「プリキュア」はオトナと... [続きを読む]

受信: 2006/01/15 14:59

» SAYURI [横浜すたいる]
先週見てきました☆@本牧MOVIX この作品は、封切られてからずいぶん時間が経 [続きを読む]

受信: 2006/02/05 12:55

« どんどん追加されるのに・・ | トップページ | おさらい種運命に、もの思い「1~4」 »