« 交響組曲『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』到着! | トップページ | 『あなたが決める今年の最高作品』 »

2005/12/16

おさらい種運命に、もの思い「5~8」

SEED-D2 「ユニウス7」落下報告から破砕作業、地球降下を経て「オーブ」へ。
「ユニウス7」の落下をそそのかしたのは最終的には”議長”?ってことになるようなならないような、結局明確には示されなかったけど・・・・どうなのかな?

ジブリール&ロゴス、初登場・・・「戦争はいいが、災害は困る」そんなようなことを言ってたんだなぁ。なんて奴らだ。

シンのカガリ攻撃・・・ブリーフィングルームでのミネルバクルーとアスカガ対峙の一件。どうしても”SEEDフレンズ”のCMばかり思い出しちゃうんだよなぁ。良くない、この傾向は。

「アスラン・ザラ、出る!」・・・アスランは”ドラグーン”に対抗できるのか?と少し前に疑問を投げかけたのだけど、”カオス”のドラグーン攻撃は全て交わしてた。やっぱりフリーダムVSジャスティス、懐にさえ入り込めればジャスティス優勢かな?(戦わないって!)

「アスラン・ザラ、出る!」2・・・イザディアとの再会。何度見ても楽しいなぁ。「キサマァ~!こんなところで何をやっている」の時のイザークの表情、言葉とは裏腹に微笑んでるよ
「相変わらずだな。」 「キサマもだ!」 「┐( -"-)┌ヤレヤレ・・・」 O(≧▽≦)O ワー

カガリを思いやるアスラン、アスランを思いやるカガリ。今なら感じられる。けれど同時に”今”だから、既に生じていたズレを感じてしまった。
破砕作業から戻らないアスラン・・タンホイザーを撃つ決意をするタリア。その決定に辛そうに顔を背けるカガリだけど、決して「止めろ」とは叫ばない。国を、地球を守ることが最優先なんだよね、もうこの時から。タンホイザーが撃たれ、その後ずっと下を向いているカガリの姿が切ない。でもそこに涙はないんだよなぁ。(ちょっと痛い) 「きっと生きている」と確証のない希望を持っている・・とアスカガ組としてはそう思いたいところだけどね。
アスカガの互いを想う気持ちはずっと変わりないのだと思う。でもこの先の二人を取り巻く環境や背負っている立場・過去によってズラされていく、そんな展開を裏付けるエピソードの数々がここにあったのだと思えてきた。
ルナに誘われて”銃”のお手本を見せるアスラン。なんか生き生きして見える。カガリが「アスラン?」とどこか不安な声をかけ、我に返るアスラン。ここでのカガリのアスランを見つめる目には、今はただの護衛の役割に甘んじているけれど、「これが”アスラン”なんだな」と思ったのではないか?そんな風にも受け取れる。シンの言葉も影響して、”そんなアスラン”を束縛している自分にショックを受けているとも感じられた。これはあくまで”今”見て、なんだけどね。

アスランとキラ・・・対比させるように交互入る、それぞれの現在のカットの連続。これもなにか今後の展開を暗示させるものだったのかな?

「1-4」で暴露したとおり、まだこのあたりでのカガリの評価は微妙。やっと”SEED”を一回ビデオで通したか、まだ終わっていないか、そんな頃。(実はカガリの評価はなかなか上がらなかった。・・暴露その2w) だから「シン」と一緒に「やっぱりあんたは何もわかってないな。あの人(アスラン)」がかわいそうだ」と思っていた・・と思う。それなのに”指輪”渡してるし、「簡単だなコイツら」と危うさも感じたのは事実。アスカガに特に思いいれのない、そんな冷静な目で見た感想。実際そのように展開していったのは周知のこと。我ながら苦笑い。ホントにそうなっちゃたから冷めた部分もあり、逆にそれが”アスカガ組”になるきっかけにもなるから不思議だね。
もうバレバレだから暴露その3。私は常に”アスラン”中心だということ。カガリにしてもはじめのはじめは(納得してないけど)”アスランの幸せにガカリが不可欠”と判断したところから始まったとも言える。もちろん今は納得しているし、”カガリだから”であり”カガリでなければ”だし、”カガリ以外は考えられない”になってしまっているけどね(笑) 


「何とどう闘わなければならなかったのか?まだ見つからない」とキラに言うアスラン、これが私の「SEED DESTINY」にハマる最大のきっかけであり、だからずっとアスランと共に”答え”を探してきた自分だった・・と思い出させた「5-8」かな?

・・・つづく!

|

« 交響組曲『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』到着! | トップページ | 『あなたが決める今年の最高作品』 »

コメント

たいむさん、お疲れ様でした~。
私も懐かしくは意見させていただきました!
そうなんだよね~。絶対Destinyからこの話を見た人は、なんでアスランの恋人がこの時点でカガリなのか、さっぱり分からなかったんじゃないかな、と思います。

SEEDから私は見ていたのですが、アスランとカガリって、実は育ってきた環境が、よく似ていると思うのですよ。
アスランは、プラントの最高評議会議長の息子。カガリは、オーブ国家元首の娘。二人とも「トップとして」という帝王学を叩き込まれて育ってきていると思うのですよね。つまり、同じような環境で育ってきていると。
SEEDの頃の話なんですけど、カガリからしてみれば、それゆえに、アスランの危うさがよく見えて。どこをどう支えれば、アスランにとってベストなのか、手に取るように見えてしまった。んで、実際そう接してみたら、予想以上になつかれた(←おい!)というところではないでしょうか。
「二人の恋は勘違い」と、某監督さんがインタビューで答えているようですが、これ以上お似合いのカップルもいないのでは、と、まったくの私見ながらそう思っています。
クリスマスに、爆弾が落とされなきゃいいんですけどね~(笑)。

長々とすいません。また、次のおさらい記事も楽しみにしています。
ではでは(^_^)/~

投稿: 農家の嫁 | 2005/12/16 23:45

こんばんは!!!

そうそう!と思ったのでですが、8話のジャンクションで、指輪シーンに引いてしまった理由、アスランを育ちのいい人と知らなかっただけでなく、私にはアスランがカガリを「愛」レベルで想っている人とは全然知らなかったし7話まででは感じられなかった(これで1話を見てれば違ったのかもしれませんが)からびっくりだったんですよね。。。

ひたすら、カガリって超個性的で面白いけど、これで為政者か???大丈夫か???とひたすら心配していました。あのころ…懐かしいです。

私って、カガリありきのアスカガなのか、アスランありきだったのか…そういえばわかりません。共感キャラはアスランでしたけど。SEEDを見てからはカガリへの想いも募ったし……あの頃はとにかくこの二人はこのままではイカンと。。。冷静に…見ていたのが可笑しいです。

投稿: くりっぷ | 2005/12/17 01:18

■農家のお嫁さん、いらっしゃい♪
>なんでアスランの恋人がこの時点でカガリなのか
そうそう、そうなんですよ。
よくわからないけれど、「ユニウス7」での出来事がアスランにカナリのダメージを与えていてのに対して、カガリの的外れな発言に憤りスラ感じちゃう(笑) 反発している割に、シンがアスラン擁護にたったの事もありますしね。

とにかくアスカガに関してはSEEDを理解している人なら、誰しもお似合いの不器用カップルとみるのでしょうが、知らなければ、まったく正反対の反応になってしまう可能性を持つ。いいのかなぁ、そんなのでと思ってしまいますね。
DESTINYは単独では成り立たない物語、というのが結論ですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/17 15:12

■くりっぷさん、ようこそ♪

ええ、”指輪を渡す程の関係”には到底思えませんよね、DESTINYだけでは。
アスランの正体もわからないし、ちょこちょこ出るけど、キラとかラクスとか、とにかくわからないことばかりでした。
今思えば笑い話に近いんですけどねぇ。

>カガリありきのアスカガなのか、アスランありきだったのか
私は完全に”アスランありき”ですね。

>あの頃はとにかくこの二人はこのままではイカン
同じく、とても冷静だったのになぁ。それなのに今は
・・というのも可笑しいw

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/17 15:25

凄いよたいむさん、コメントが記事に追いつかないよ。

この頃のアスランとカガリのすれ違いは、見ていて辛かったです。互いの想いを判っているからこそ、かける言葉が出てこなかったり。
7話の同胞に囲まれ和んでいるアスランを見て、カガリが、種族間の違いを感じるようになっていったらどうしようと、この後に待つ二人の別離が、辛いものになりそうな予感に凹んだり、その後の指輪で、二人がちゃんと恋愛してた事に喜んだり、下げて上がった珍しい巻(笑)(その後は下がりまくり)

>でもそこに涙はないんだよなぁ
一般論的に、人前で涙を見せる立場ではないといえる事ですが、やはりアスランの無事を信じているからこその行動ですよね。
地球の人々が最優先、それは逆の立場でも同じ事をすると思うし、そうしなかった場合には、喜んだりしないでしょうね、お互いに。

>あの人(アスラン)がかわいそうだ
判ってないのはあんたでしょ、子供じみた正義感でカガリに当たるな!と怒ってました。
何処までも、カガリの味方です(笑)

投稿: すずしろ | 2005/12/17 23:17

■すずしろさん、こんばんは♪
>コメントが記事に追いつかないよ。
申し訳ございません。
私としても強行突破スケジュールでへとへとです(笑)
それでも台所の大掃除は完了させましたから、そっちはエライと褒めてやってください(笑)

>下げて上がった珍しい巻(笑)
SEEDからの付き合いならば、そうなんですよね。
このおさらい、そういうギャップのようなものが見えてきて、ちょっと面白く感じました。

>それは逆の立場でも同じ事をすると思うし、そうしなかった場合には、喜んだりしないでしょうね、お互いに。
まったくもってその通り!
ほんのすこしでも自分達を優先に考えることもできる二人なら、こんなことにはならないんですよ。そしてその自分達以外の守備範囲の広いこと広いこと、全ての人々ですからねぇ。自分らを犠牲にするのも大概にしなさい!って言いたくなりますよ!

>判ってないのはあんたでしょ
はい、その通りです。ゴメンナサイ。
修正している途中で消えちゃって、書き足すのわすれていたのだけど、、
『今なら言える、それはおまえだ!』
という突っ込みの一文、本当はあったんですよ(笑)


投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/18 02:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/7637160

この記事へのトラックバック一覧です: おさらい種運命に、もの思い「5~8」:

« 交響組曲『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』到着! | トップページ | 『あなたが決める今年の最高作品』 »