« おさらい種運命に、もの思い「13~16」 | トップページ | おさらい種運命に、もの思い「17~20」 »

2005/12/18

「ロード・オブ・ウォー」みた。

load_of_war 「地獄へ堕ちろ」としか言えなかったバレンタインと同じ気持ちだ。(以下ネタバレバレ)

R-15作品、初っ端からやってくれますね。
弾丸の絨毯の上に立ち、「ひとり一丁の銃を目指している」とインタビューに答える風の武器商人”ユーリー”。そして”チャリチョコ”をほんの一瞬だけ彷彿させるような(ちょっと楽しげな)弾丸製造工場の”弾丸”の視線で始まる。その弾丸くんの最終到達地点は、まったく無関係だと思われる少年の額だ。(ぐっ・・)

”武器商人”ってなんだろう?
「極悪人」でもなんでも呼んでくれてかまわないと本人は言う。けれど、そう言いながら「自分が人を殺しているわけではない」という。むしろ「死なないで欲しいと願っている」とも。根っからの商売人。「物を仕入れ、売っている」だたそれだけで、それはそこいらのフツーの品物を売るよりちょっと(カナリ)儲かるだけ、ということでしかないように思えてくる。本当にそんなものなのかな?

合法か、違法か、そのギリギリでの攻防戦。”疑わしきは罰せず”に持ちこむ”気転”には恐ろしさすら感じる。取り締まる方は毎々辛酸を舐め続けることになる。
しかし、トラブルや失敗例も挙げられていた。
これも最悪の事態ながら、証拠隠滅により、”24時間の拘束”で終わる。
この証拠隠滅方法には、なんとも遣り切れない思いがこみ上げてきた。
「武器のサンプルだよ、タダだよ、持ってけドロボー」とばら撒いて隠滅を図る。
貧しい現地の人々は我先にと武器を貰いに集まって、あっという間に無事証拠隠滅。それで万事おしまい、危機回避完了。
これは一体どういうことだ?→彼らはその武器をどうするのだろう?→自分が使うわけないよね?当然”売る”のだろうな?・・・・思考はめぐる。
お金が欲しいのだから売る、わかるけど、武器を売るんだよ?売られていったその先に待つものは?
彼らにとってもそれは”武器”でありながら、タダの”売れる品物”でしかないのだろう。同時に放置された”飛行機”をも解体して骨組み以外の全てを持ち去っていく現地住民の行動の早送りが、逆にその憤りのようなものを中和してくれた。でもやっぱり泣きたい気分だ。それにしたって略奪の他ならない。けれど、それが現実なのか?むなしいやら切ないやら。
例え、そのように上手くいかなくても彼らが”完全に”捕まるということには決してならないだろう、という想像は難くなく、実際、ラストはそういうことなるわけで、それはそれで遣り切れない思いに駆られる。

そもそも武器はどこで使われているのだろうか?
少なくとも戦後の日本では考えられないし、島国日本、無宗教日本ではピンと来ない。
「戦争」なんて言うと国対国の大きなものを想像してしまうけど、本当の意味で武器が使用されている場面は「戦争」なんて大きなものではなくて、もっと日常的なものなのかもしれないと初めて思った。
バレンタインが言う、最悪なのは「核兵器」ではない、と。
大きな力である「核兵器」がどれだけの人の命を奪うか。それは一度に何十万人という犠牲を出す事は誰でも知っている。作っても、持っていても、持ち込ませても、いけない。もちろん使うなんてもってのほか。
人を殺す武器の9割は小さな「銃」だ、とバレンタインは続ける。それを売りさばくユーリーを拘束することは、その拘束した時間の分だけ、その売られた「銃」によって殺されることになる人々の命を長くすることができるのだと。

「自分は殺していない」という武器商人。
けれど間違いなくその先で確実に「人は殺されている」
ラスト前の弟の死に関わる場面は正にその証明であり、目の前でその事実が展開されるのがとても痛い。

この映画はどこまで本当で、どこからが創作なのだろうか?
戦争、紛争、争い、武器を売る者、武器を買う者、武器を作るもの、そして武器を取り締まる者。誰が踊って、誰が踊らされているのだろうか?そこの世界に常識は通用しない。
薄々感じてはいたけれど、こうも突きつけられると戸惑いは隠せない自分がいる。

|

« おさらい種運命に、もの思い「13~16」 | トップページ | おさらい種運命に、もの思い「17~20」 »

コメント

こんにちわ!『カリスマ映画論』管理人の睦月です。TB&コメントありがとうございました。

物思うところが多い作品でした。たくさん考えさせられましたよ・・・。実際にこういう現実が世の中にあるという事実がしんどかったですわ。

そういえば!この作品のスタートは確かに『チャリチョコ』を思わせましたね。まあ・・あれが子供の頭を打ち抜いたときにはいきなりグロッキーになりましたけど・・・。

まさしく、゛必殺仕事人゛でした・・・。

投稿: 睦月 | 2005/12/18 17:01

■睦月さん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。
>物思うところが多い作品でした。
そうですね、重いです。
私の思い描いていた武器商人とズレがあったことが、まずズシンときました。

最初の「チャリチョコ」は重すぎにならないような配慮であり、しかし、終着点のズドン!で、けれど酷いことなんだよ、という予告のような意味として捉え、覚悟を決めましたよ(笑)
しかし衝撃的ですよね、あれ。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/18 21:18

こんにちは。観てきました。こういうの、案外好きです。ニコラス・ケイジ、役にぴったりでした。ジャレッド・レト(弟役)は、なかなかのイケメンですね。瞳がきれいでした。ナイーブな内面を持つ印象が、余計に痛々しかった。彼は死にたかったのでしょうか。
たいむさんの記事にもあるように、「日常的な殺戮」が、世界のどこかにはあるのですね。平和ぼけ日本で、実は良かったんですね…。

投稿: あかん隊 | 2005/12/19 15:51

こんにちは♪
TBありがとうございました。
本当に遣りきれない思いになりました。
「亀も空を飛ぶ」でもそうでしたが、一般人も子供も銃を持つのが普通の地域を思うと、日本って平和だなぁと思います。
証拠隠滅で現地人が飛行機を見事に解体するところも印象的でした。
あとは無罪釈放になるところも・・・。
バレンタインの胸中はいかばかりでしょうか。

投稿: ミチ | 2005/12/19 21:05

■あかん隊さん、こんばんは♪
私も嫌いじゃないです。
いろいろ思うこともあるし、脱力もしますけど。また誰かと語り合いたい気分にもなりますね。

弟は実在したのかな?
彼の変化にもやられた・・と感じました。
薬は実は今の仕事から逃げるの口実で(無意識で)、彼こそが”普通の精神”の持ち主だった、ということなのではないかと思った次第。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/19 22:24

■ミチさん、こんばんは♪
コメント感謝です。

>「亀も空を飛ぶ」
こちらでは上映されておらず、未見ですが、評論などは見ています。
この映画も14才の子供が武器を手に取り、「効率的」とかいわれてましたし、それもかなり遣り切れない部分でした。

>バレンタインの胸中はいかばかりでしょうか。
やはり「地獄へ堕ちろ」でしょう(笑)
それしか言えませんね、アレが現実なのであれば。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/19 22:28

たいむさんコメントどうもありがとうございました。

もうひとつの記事もTB送ります。

この映画をお気に召したのなら是非!映画「ガタカ」と小説「蝿の王」をお試しください(^^)

投稿: miyau | 2005/12/23 18:47

■ miyau さん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

>映画「ガタカ」と小説「蝿の王」
ちょっとリサーチしてみます。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/23 21:45

たいむ さん初めましてTB&コメントありがとうございました
>ニコラス・ケイジ
>ハマッていましたね。

確かにエンターテーメントで逆説的反戦映画と感じました。そんな意味でニコラス・ケイジはぴったりな感じでした。面白かったし色々考えさせられました

投稿: hide | 2005/12/26 21:25

■ hideさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

ニコラス・ケイジ以外にも、思い内容を軽くする工夫が随所に見えて、作り方がうまいなぁ~と思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/26 22:04

>少なくとも戦後の日本では考えられないし、島国日本、無宗教日本ではピンと来ない。

同感です。戦争とは何か、実際の体験者の声にしっかりと耳を傾けたいと思いました。

投稿: ETCマンツーマン英会話 | 2014/08/05 14:04

■ETCマンツーマン英会話さん、こんにちはsun
集団的自衛権の問題など、良く考えることが必要な時期が来ているのかもしれません。

本当にずっと平和ボケでいられる世の中ならば、それはそれで幸せな気がしないでもないのですが。

投稿: たいむ(管理人) | 2014/08/06 10:56

たいむさん、お返事ありがとうございました。

>集団的自衛権の問題など、良く考えることが必要な時期が来ているのかもしれません。

おっしゃるとおりですね。自分に何ができるのかを、あきらめずしっかりと考えて生きたいと思います。

投稿: ETCマンツーマン英会話 | 2014/08/28 20:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/7673970

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロード・オブ・ウォー」みた。:

» ロード・オブ・ウォー [□film-navi〔フィルムナビ〕]
映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトのロード・オブ・ウォー情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。... [続きを読む]

受信: 2005/12/18 16:25

» 「ロード・オブ・ウォー」ニコラス・ケイジの新作 [soramove]
「ロード・オブ・ウォー」★★★ ニコラス・ケイジ主演 最初は古い銃を 売りさばく せこい売人だった主人公。 だんだんとコネクションを広げ、 でかい商売で莫大な利益を上げていく。 もちろんその一方で その武器で人が死んでいく描写もある。 その頃、...... [続きを読む]

受信: 2005/12/18 17:44

» 『 ロード・オブ・ウォー 』 試写会に行ってきました [やっぱり邦画好き…]
昨日は「ロード・オブ・ウォー 」の試写会に行ってきました。お話は、1980年、ユーリー(ニコラス・ケイジ)は、崩壊以前のソビエト連邦ウクライナから自由の国・アメリカへ渡り、武器の密売に手を染めることになる。混沌とする世界情勢が追い風となり、いつしか彼は、その独特... [続きを読む]

受信: 2005/12/18 20:37

» 『ロード・オブ・ウォー』 [ラムの大通り]
----この映画、最初『アメリカン・ビジネス』という タイトルで公開される予定だったよね。 結局、原題に戻っちゃったね。 「うん。なぜだろう?あまりにも生々しいからかな。 旧ソ連のウクライナから家族とともに 移民としてアメリカに渡ったユーリー(ニコラス・ケイジ)。 武器の密売に手を染め始めた彼を インターポールの刑事バレンタイン(イーサン・ホーク)が追いつめていく…」 ----ということはアクション�... [続きを読む]

受信: 2005/12/18 22:14

» 「ロード・オブ・ウォー」レビュー [映画レビューTBセンター]
「ロード・オブ・ウォー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 感 [続きを読む]

受信: 2005/12/19 01:53

» ロード・オブ・ウォー [Alice in Wonderland]
今年90本目の映画鑑賞です。目標のあと10本は今年は無理そうですね。 ウクライナに生まれ一家でアメリカに移住したユーリー・オルロフは、ある日をきっかけに弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)とともに武器ブローカーとしての道を歩みだす。世界各地の軍事政権や...... [続きを読む]

受信: 2005/12/19 03:14

» 「ロード・オブ・ウォー」評/スーツ姿の死神はかく語りき [I N T R O+blog]
『ロード・オブ・ウォー』(2005 / アメリカ / アンドリュー・ニコル) Text By 仙道 勇人  「今世界には5億5千丁の銃がある。ざっと12人に1丁の計算だ。残る課題は"1人1丁の世界"」そう嘯いてみせる男の独白から始まる本作は、この男――ユーリー・オルロフが「死の商人」と呼ばれるほどの...... [続きを読む]

受信: 2005/12/19 13:42

» ロード・オブ・ウォー(試写会) -LORD OF WAR- [Chic & Sweet * びいず・びい]
ドンパチ映画と思っていたら違いました。 娯楽映画でありつつも社会派テイスト? シリアスです。 下手な啓蒙映画より考えさせられてしまうかもしれません。 -Story- ニューヨークのロシア移民ユーリー(ニコラス・ケイジ)は、世界情勢を追い風に各地の紛争地域に武器や弾薬を売りさばき、合法と非合法のはざまをすり抜けながら巨万の富を手にする。そしていつしか史上最強の武器商人として“死の商人”呼ばれるようになる。だがその動向を嗅ぎつけたインターポールのバレンタイン刑事(イーサン・ホーク)が背後に迫... [続きを読む]

受信: 2005/12/19 15:22

» ロード・オブ・ウォー、私にはできそうにありませんが… [cococo]
これは、初っぱなの映像にしてやられた! こうも巧みに、まるで自分が「銃弾」になっ [続きを読む]

受信: 2005/12/19 15:41

» 「ロード・オブ・ウォー」を観る [Cinema Satellite Neo]
12/16にメルマガ第105号配信してました。お題は「ロード・オブ・ウォー」です。 本作は、ソ連崩壊の混乱に乗じて巨万の富を築き上げた武器商人の半生を描いた作品。 監督・脚本のアンドリュー・ニコルが「映画の出来事のほとんどすべてに実例がある」と言うだけあって、武器..... [続きを読む]

受信: 2005/12/19 16:43

» 映画「ロード・オブ・ウォー」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ロード・オブ・ウォー」★★★☆ ストーリー: レストランで働く平凡な男ユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、偶然銃撃戦に巻き込まれたことから、武器商人として生きていく道を思い立ち、弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)とともに武器売買の事業を始める。 金属が成型されて一発の銃弾になり、様々な人の手を経て、銃に装填され、発射される。それは確実に一人の人間の命を奪う。このオープニングが印象的。 見たあと何... [続きを読む]

受信: 2005/12/19 20:57

» ロード・オブ・ウォー [よーそろー]
ニコラス・ケイジ主演の実在した武器商人をモデルにした映画。 テレビCMの「ランボーの銃ある?」「1,2,3全部あるよ」というセリフにかなりウケたので、てっきりブラックコ [続きを読む]

受信: 2005/12/22 23:45

» 「LORD OF WAR」最大の死の商人はアメリカ合衆国だ [そぞろ日記]
製作開始の声を聞いてからかなり首を長くして待っていた。楽しみにしていた甲斐がある [続きを読む]

受信: 2005/12/23 15:49

» 映画「ロード・オブ・ウォー」に見る「蝿の王」へのオマージュ [そぞろ日記]
アンドリュー・ニコルをなぜ好きなのか? おそらく彼が好きなものと私の好きなものが [続きを読む]

受信: 2005/12/23 18:49

» 『ロード・オブ・ウォー』 23日に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『ロード・オブ・ウォー』 公式HPはこちら ← 旧ソ連ウイクライナ生まれのユダヤ系アメリカ移民のユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)。父のレストランを手伝って居たが。上昇志向の強い彼はやがて銃の密売に手を染め始め、自分の商才に目覚める・・・・ ●コラム... [続きを読む]

受信: 2005/12/24 00:11

» ロード・オブ・ザ・ウォー [ネタバレ映画館]
 「ランボーが使ってた銃をくれ!」「1、2、3・・・どれ?」「1しか観てない」「じゃ、M60だ。それ」  僕は弾丸。真鍮板から生まれたんだよ。検査を受けて、箱に詰められ、遥かな異国の地アフリカに渡って来ちゃった。今まさに銃に込められ撃たれたんだ。あっ、ぶつかる!人間の頭にぶつかっちゃう〜〜といった具合にオープニング映像がはじまった。  武器商人ユーリー・オルロフの独白でこの映画の凄さ、世界の戦争の裏舞台を思い知らされる。... [続きを読む]

受信: 2005/12/24 11:01

» ロード・オブ・ウォー(LORD OF WAR)―史上最強の武器商人と呼ばれた男― [わかりやすさとストーリー]
●しっかりエンタメしてる異色の人間ドラマ●そこでしか作れない題材を扱った本作は、まさに映画の醍醐味。こんな作品はありそうで滅多にない。 [続きを読む]

受信: 2005/12/26 16:11

» ロードオブウォー/ lord of war [我想一個人映画美的女人blog]
       無数の弾丸の上を歩いてたニコちゃんが、突然振り向く。 「今、世界には5億5千丁の銃がある。  ざっと12人に1丁の計算だ。残る課題は1人1丁の世界」 ジュードロウをこの世に知らしめ、(たぶん)ユマサーマンとイーサンホークを出逢わせてしまった(別れたケド)名作映画、「ガタカ」が初監督/脚本作品のアンドリューニコルの新作。 「シモーヌ」や「トゥルーマンショー」などの脚本もしていて、ツ�... [続きを読む]

受信: 2005/12/27 09:54

» 映画館「ロード・オブ・ウォー」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
実際にあった話を映画化したという、武器商人のお話。 悪いことがはびこる世の中、でもそれで儲かる人がいるっていうのも事実。最近話題になっているマンション問題を思い出しちゃいました。スケールは違いますが「人が死のうが生きようが私には関係ありませぇ~ん!」...... [続きを読む]

受信: 2006/01/01 22:44

» 映画「ロード・オブ・ウォー」(アンドリュー・ニコル)のメッセージ1 [メッセージジャーナル]
私たちが本当は知っていて、知らないふりをしている世界の現実 良い映画です。観客は主人公への共感と反感の間で小刻みに揺さぶられ続けます。そして波の振幅が大きくなり、感情がある意味”昇華”された果てに、明確な事実が理性に突きつけられます。何の装飾もない、事....... [続きを読む]

受信: 2006/01/02 22:10

» ロード・オブ・ウォー LORD OF WAR [travelyuu とらべるゆうめも MEMO]
ニコラス・ケイジ、イーサン・ホーク主演 武器商人の物語 ロード・オブ・ウォー=戦争の主 ニコラス・ケイジのナレーションで  銃弾の製造過程が弾の視点にたっています そして アフリカの子供に・・・・ ユーリはウクライナ出身でブルックリンの リトル・オデッサで暮らしています 彼の家のレストランでギャングの抗争があり 使われていた銃器をみて ユーリは銃砲火薬類の商売人になり 一流の兵器ディーラーになることを目指します 不法武器取引を繰り返すうちに 彼はその手法も巧みになり セントラルパーク・... [続きを読む]

受信: 2006/01/07 22:37

» ニコラス・ケイジ主演「ロード・オブ・ウォー」 [西沢千晶のシネマ日記]
ニコラス・ケイジ主演の映画「ロード・オブ・ウォー - 史上最強の武器商人と呼ばれた男 - (Lord Of War)」を観た。 映画「ロード・オブ・ウォー」は、実在する何人かの武器商人たちの実話を元に、一人の“史上最強の武器商人の物語”として描かれた作品で、“Lord Of War”....... [続きを読む]

受信: 2006/01/08 13:45

» ★「ロード・オブ・ウォー」 [ひらりん的映画ブログ]
2006年1本目の劇場鑑賞映画。 戦争物は余り得意じゃないけど・・・ この映画は武器商人の話らしいし・・・ 今のニコラス・ケイジじゃ、シリアスな戦争物は作らないだろーーし。 [続きを読む]

受信: 2006/01/09 03:02

» 【劇場鑑賞】ロード・オブ・ウォー ―史上最強の武器商人と呼ばれた男―(LORD OF WAR) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
今世界には 5億5千万丁の銃がある。 ざっと12人に1丁の計算だ。 私が目指すのは・・・ ”1人1丁の世界” [続きを読む]

受信: 2006/01/09 19:01

» 映画「ロード・オブ・ウォー」 [しょうちゃんの映画観賞日記]
劇場レイトショーで観ました。2006年初の劇場鑑賞です。鑑賞した日は偶然にも主演のニコラス・ケイジにお誕生日でした。この映画を戦争アクション映画を期待して観ると、期待ハズレになると思います。冒頭の弾からの視点で、工場で弾が作られてアフリカに渡りカラシニコフか...... [続きを読む]

受信: 2006/01/09 21:55

» 映画 : ロード・オブ・ウォー [青いblog]
見落とされてる作品のような気がするんですがこれ・・・ 何気にアカデミー賞では!?!?!? すごい、面白かったですよ!!!!!!!! 公式サイト: http://www.lord-of-war.jp/ 監督: アンドリュー・ニコル あらすじ: goo 映画 キャスト:ニコラス・ケイジ、イーサン・ホーク、ジャレッド・レト ロード・オブ・ウォー―史上最強の武器商人と呼ばれた男作者: アンドリュー ニコル出版社/メーカー: 竹書房発売日: 2005/12メディア: 文庫 戦争や病気や人... [続きを読む]

受信: 2006/01/13 10:55

» ロード・オブ・ウォー−映画を見たで(今年8本目)− [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:アンドリュー・ニコル 出演:ニコラス・ケイジ、ブリジット・モイナハン、ジャレッド・レト、イーサン・ホーク、イアン・ホルム、ドナルド・サザーランド 評価:95点(100点満点) 公式サイト 強烈。 軽く繰り出されたように見えるのに、と...... [続きを読む]

受信: 2006/01/15 17:35

« おさらい種運命に、もの思い「13~16」 | トップページ | おさらい種運命に、もの思い「17~20」 »