« おさらい種運命に、もの思い「17~20」 | トップページ | おさらい種運命に、もの思い「25~28」 »

2005/12/18

おさらい種運命に、もの思い「21~24」

SEED-D6 ディオキアでの休暇から、ステラの救助、オーブ・黒海派遣によりダーダネルスにてAA&フリーダムの戦闘介入、そして・・ついにすれ違ってしまうアスランとキラ&カガリ(泣)
主役の座に復帰する為にキラ出陣(違うって)。わけが分からない三つ巴戦がついに幕開け。口数が経るかもしれない
・・・・・わけないな(笑)

ハイネ・ヴェステンフルス・・・「ヴェステンフルス」はドイツ語で”WEST RIVER”つまり”西川”ということらしい。安直だなぁ。

休暇?のアスラン・・・パソコンで一応オーブ関係を検索してるよ、うわぁ、気にしてなかった。ちゃんと”AA情報”を探していたんだな。

ステラの落ちた崖・・・あの高さはゆうに30~40mはありそうだよなぁ。海面はコンクリートに近い硬さになってるはず、無事じゃないよ、普通。

スティング・アウル・ステラ&シン・アスラン対面・・・3人そろった為に、”アーモリーワン”で一瞬見たときのことを回想するアスラン。そういうところは抜け目ないし、めちゃくちゃ優秀なのに、なんでミーアの不法侵入が分からないのか・・・ちくしょっ!

ハイネ&アスラン・・・ミゲル&アスランと何が違うんだろう?(笑)「死ぬなよ」OR「割り切れよ、でないと死ぬぞ」か(笑) しかしハイネ、割り切り過ぎじゃないか?豹変してるし。「おイタをする子はお仕置きよ」バリにムチ打つまくり(汗)

「気持ちだけはまっすぐなヤツだよ、彼女は」・・・アスランの口からカガリの名前が出たのはどのくらいぶり?「気持ちだけ」”だけ”?と突っ込むのはよしておこう。

タンホイザーを砲口を打ち抜くフリーダム・・・アラスカでのフリーダム初登場の再現。そのカッコよさは「SEED」のなかでも一番をつけるシーンでもあり、再現に当時は拍手喝采「きゃ~キラ様!」と黄色い声援(SEEDドツボ時期のため)、やっぱりカッコイイよ、フリーダム。

キラの独り舞台・・・♪ミーティア だぁ!!

天使の湯・・・ココだったのなぁ。(見ているほうも)キツイ戦闘の後だし、癒しといえば癒しだね。

「まず決める、そしてやりとおす」・・・「それが何かをなす時の唯一の方法ですわ。」 ”FINAL PLUS”に間に合うように、って決めちゃったんで、その言葉によって、私は今大変なことになっています(汗)

「ぼくが一人で行きます」「いいよ、僕とカガリで」・・・アスランかもしれない、けれど罠の可能性もある。そう思ったから”AAに動くな”と言ったのだよね? 君、銃とか撃たないでしょ?どうやってカガリを守る気だったんだろう?

♪あんなに一緒だったのに・・・キラ&アスランの場面でBGMにこの曲がかかる時って、そういうことなんだよね。フリーダムとAAのテーマ曲以外で「SEEDのサントラ」が使われたことは無かったけど、よりによってこの曲だということが、SEED好き・サントラ好きでも、なんとも言えない気分。

やっぱマジで涙が出た「戦火の蔭」。『オーブ軍、私の声が聞こえないのか!戦闘を止めろ!』 ウズミ様の演説を回想して泣き叫ぶカガリの姿がツライ。けれど、同時にシンの『自分達のその言葉で、誰が死ぬことになるのか、ちゃんと考えたのかよ』も思い出す。どちらにしても痛いよ。シンサイドとしてはほとんど見たことがなかったけど、なんか思い出したなぁ、今回は。(見たばかりだからかな?)
ハイネの撃沈は”フリーダム”とそれに逆切れした”ガイヤ”の間にふらふらと入ったために巻き込まれだと思っていたけれど、どうやら違う。小説のとおり、と判断するのが正解のようだ。”フリーダム”の標的はあのままなら次は間違いなく”セイバー”だ。それに気がついたハイネが”フリーダム”の背後に着いたから、と考えるのが自然みたいだ。
通信不能だったキラとアスラン。もしここでハイネのことがなく、そのまま接触していたらどうだっただろう?”接触回線”ならあるよね?そんなヒマないか?キラだし瞬殺!
「すれ違う視線」、当時本当に決別しちゃうなんて全然思っていなかった。なんだか別れちゃったけど、きっと直ぐに元鞘に戻ると軽く思っていた。ずっと「アスランはラクスの暗殺の件を知らないのだから」と思い続け、そのことを知った今、なにかアクションがあるだろうと希望を持っていた。バカでした(泣)
その反面、”指輪”を強調するあたりにその仕組まれた別れとそのお膳立てに冷めた思いもよぎり、どこか思考を停止させた。「そういうことか」なんて思ったりしてね。「DESTINY」より「SEED」に没頭していた時期。(それは今も?w) だからそんなハズはない、と考えようとしていたのかもしれない。その後、小説にてアスランがあそこまで議長を信じてしまっていたことに驚き、それほどまでにキラやカガリと思いが別れてしまっていたなんて・・とかなりのショックを受けることになる。(だから小説3巻は書けなかったのだ)
ミネルバをに突き刺さる一筋の光、普通にどころか拍手喝采で”フリーダム&キラ”の登場を待ち望んで見ていた当時。しかし「タンホイザー起動!」の声から「あぁーくる!」と涙目になっていく自分が可笑しいやら悲しいやらで忙しい今回の「21-24」かな?
痛い時間はこれから佳境に差し掛かる(TT)

・・・つづく

|

« おさらい種運命に、もの思い「17~20」 | トップページ | おさらい種運命に、もの思い「25~28」 »

コメント

アスランジャケットおめでとう
だけど内容はアイタタタ

辛いですよねここからは、でも9話~14話で免疫が出来ていたので結構平気だったかも。
しかもこの頃アスランに対して怒っていたから(ごめんなさい)

>「割り切れよ、でないと死ぬぞ」か(笑)
それが出来たら、こんなにも苦しみませんてば(笑)

>タンホイザーを砲口を打ち抜くフリーダム
最後においしい所を掻っ攫っていくのは、もうお約束となった登場ですよね。そうあの時もさっそうと登場して、AAの危機を救ったのだよなあ。

>まず決める、そしてやりとおす
がんばれ~

>あんなに一緒だったのに
ちくしょう、ここで使うかこの曲を。
効果抜群のBGM(涙)

なんというかアスランが空回り出した巻でしたね。カガリが落とされ、アスランも落とされるだろうなと予想していたけど、まさかあそこまでとは予想していなかったこの頃。
ルナの盗聴も何かの伏線になっていると信じていたあの頃。

投稿: すずしろ | 2005/12/18 23:57

たいむさん、こんばんは! 瀬無です。

連日の“おさらい”お疲れ様です~。
というかもうすぐあの『だるま事件』目前まで見終わっているんですねー。

自分は、時折見せるホーク姉妹のつばぜり合いや、いろいろ頑張る(笑)ルナマリアに注目していた時期です。(今もですが)
あのステラ捜索騒動は、シンを迎えに来るアスランや、スティング(礼儀正しいなぁ)アウルの話も、いろいろ想像させられて面白いなーと思ってました。

>「割り切れよ、でないと死ぬぞ」
これは本当に同感でした。アスランが悩むのはもちろんいいのですが、戦場に立ったその時も悩み続けているのは……実力見せてくれっ! と何度、願ったことか……。
この後のキラの割り切りぶりと比較しても……。

この頃のシンは、キラの眼中にすら入っておらず……結局最後の最後まで「アウトオブ眼中」だったのが非常にもったいないなーと思います。

ストーカーなルナマリア……コミカルでありながら結構重要そうなシーンだったのに、終わってみたらさほどそうでもないのには、正直肩透かしだったなーと思う今日この頃です!

投稿: 瀬無 | 2005/12/19 00:05

■すずしろさん、感謝!感謝!
せっかくのアスランジャケットなのに・・・ですよ。

>しかもこの頃アスランに対して怒っていたから
そうだったんですか?カガリサイドですものね、そりゃそうだ(笑)

>「割り切れよ、でないと死ぬぞ」
そうそう、できないから悩むんじゃん!「なんて余計なことを!」って叫んでいたかもしれない、そういえば。

>もうお約束となった登場
本当は好きなんです、好きなんですが、このおさらいは「始まりの合図」だと知っているから・・・ツライ・・・

>ちくしょう、ここで使うかこの曲を。
本当にココだけなんです。演出には脱帽ですが、痛さが倍増するばかりで。

>ルナの盗聴も何かの伏線になっていると信じていたあの頃。
ルナ、アスランを好きっぽかったから、必ずやってくれると信じてたのに・・・実際にやったのは何も知らない伏線なしのメイリンだったとは。


投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/19 20:37

■瀬無さん、またまたありがとう♪

>というかもうすぐあの『だるま事件』目前まで見終わっているんですねー。
ぐさっ!傷心です。さっき観終わりました。

>いろいろ頑張る(笑)ルナマリアに注目していた時期です。
ストーカーとまで呼ばれたルナですからね、頑張っていたのに、その後に何も活かされず・・・残念なことです。

>スティング(礼儀正しいなぁ)アウルの話
旧連合の3人と違って仲が良かったですよね。イザークたちと違って出番が少なく、てそういう意味でも不憫でした。

>この後のキラの割り切りぶりと比較しても……。
そっかぁ、同感でしたか。私はキラの割り切りぶりが理解できなかった口かな?すっかりアスランと同化してましたしね。(議長も信じてたし)

>この頃のシンは、キラの眼中にすら入っておらず
ないですね、石碑での出会いがお互いを認識できるものであったら・・ちょっと違う結果になったかも。最後の最後まで面識ないし、アスランからもう少し語られると思っていたのだけど、ちょっぴりでしたね、そういえば。
まったく知らない相手だから本気で殺しあえる、ということをやったのかな?とも思いましたが。

伏線がない。あっと驚くこともない。それがDESTINY。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/19 20:52

 またまた失礼します~。瀬無です。

>割り切り
 キラの割り切りっぷりは自分も……「かなり」共感できかねます(セイバーの恨みではありませんよー……多分)

 部下の命を預かる以上は、せめて戦場ではそういう思いを封印してほしい……といった感じです。
 でもそれが簡単にできたら……、アスランじゃないかも……とたいむさんの記事を読んだり、seedを思い出したりして、改めて思い直しました(えー)

 それこそ、前作で同じ想いをもった、イザークやディアッカが側にいれば、悩みパートももっとドラマになったんじゃないか……と思います。
 ハイネは面白そうなキャラでしたが、西川キャラ(ゲストキャラ)のためか……イザ・ディアに比べると、言っている内容が軽く感じてしまったような気がします。

>伏線がない……
同感です! 付け加えるならば、伏線を張っても回収もしない……といった感じでしょうか。

投稿: 瀬無 | 2005/12/19 21:33

■瀬無さん、またまたどうも!感謝です♪

>……「かなり」共感できかねます
キラの思考は2つ3つ先の宇宙からの発想で、なにか飛び越えてしまっている感じですね。答えだけがあり、計算式がない、そんな数学の試験の答案用紙のようなもの。でも正解なんですよねぇ(笑)
で、なければ目の前のことだけか。

>部下の命を預かる以上・・・
そういう意味での瀬無さんの「同感」の意味は良くわかります。
またそういう意味では、アスランでも割り切ることができる優秀な上官だと思いますよ。私の「余計なことを!(割り切っちゃうじゃないか)」っていう気持ちはそこからきています。(すずしろさんへのコメント)
でも最終的には「アスランでしょう?」そういうことかな。

>イザークやディアッカが側にいれば
結局キラのところに戻るまで、誰も分かち合う相手がいませんでしたね。
さらにシンを何とかしなければ・・という自分以外の重荷も背負ってしまったから、これまた大変。
ハイネには期待ができないとわかっていたから、「割り切れ」&瞬殺で、アスランの心をかき乱しただけ・・と低い評価です(笑)

>伏線を張っても回収もしない
座布団1枚!!

投稿: たいむ(管理人) | 2005/12/19 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/7680114

この記事へのトラックバック一覧です: おさらい種運命に、もの思い「21~24」 :

« おさらい種運命に、もの思い「17~20」 | トップページ | おさらい種運命に、もの思い「25~28」 »